この記事を書いたライター

伊藤璃帆子

伊藤璃帆子

芸術大学で美術、写真を学び、ITマーケティング会社を経て、独立。現在フリーでライター、編集、撮影、イラスト、フードスタイリングなどを手掛ける。

2020年6月15日

ボーナスをカットする企業が続出!?コロナ禍でのボーナス状況から業種・業界をみる

緊急事態宣言が少しずつ解除されるとともに経済活動も再開していますが、多くの企業が受けたダメージは長引くことが予想されます。新型コロナウイルス感染症による経済的打撃が、この夏のボーナスに大きく響くことは間違いありません。一部例外を除きほとんどの業界、企業でも減収・減益は免れず、2020年夏のボーナスはカットや減額が避けられないでしょう。
ではなぜ、減額になるのか。ボーナスの仕組みも合わせて確認しておきましょう。

そもそも「ボーナス」って何?

ボーナスは、企業や業種で内容が大きく異なる

日本におけるボーナス(賞与)とは、定期給与(月給)とは別に支払われる「一時金」を指します。一方、欧米では「一定以上の業績・成果を収めた社員等に支給される能率給の一種」という解釈で意味合いが異なります。

「ボーナス」(英語表記「bonus」:語源は、ラテン語「bonus(ボヌス)」=意味は「良い」)とは、ローマ神話に登場する成功と収穫の女神「Bonus Eventus(ボヌス・エヴェントス)」に由来しているそうです。

国家公務員や地方公務員は法律で規定されたボーナスの支給基準や支給日がありますが、民間の企業には法律による縛りがなく、企業側で自由に決められることになっています。

「ボーナス」の支給時期やその仕組み

日本における「ボーナス」の起源は、江戸時代の「お仕着せ」(主人から奉公人に与えられる着物)であるといわれています。この時代には、盆休み、故郷へ帰る奉公人に新調の着物を与えて労をねぎらう習慣がありました。また、暮れ(正月)の休みには「餅代」を支給していたようです。このことから「夏と冬に特別に支給される手当」という概念が生まれたといわれています。

現在、ボーナスの支給時期は、毎年6月頃と12月になっている場合がほとんどです。もともと利益配分の意味合いがあるため、企業の収益が思わしくないときにはボーナスが支給されなかったり減額されることもあります。

ただし、企業によっては「就業規則」「労働協約」「労働契約書」といった書類を根拠とし、規定に反して経営者側が勝手に支給額や支給回数を変更することは契約違反であるとして労働争議になることもあります。

現在、日本の企業におけるボーナス支給額の目安としては「月額給与の1か月~2か月相当分」とするところが多いです。

また、ボーナスも課税対象となります。所得税(※)(源泉徴収税)はもちろんのこと、社会保険料、厚生年金、雇用保険などが天引きされます。そして残った金額が手取り額になります。

※所得税は、支給金額から社会保険料額を引いた金額に対して課税されます。

ボーナスのある企業とない企業

すべての企業でボーナスが支給されるわけでありません。前述のように民間企業を対象としたボーナスに関する法律はないため、ボーナスが支給されない企業もあります。これまではボーナスが支給されていた企業でも収益が上がらずに業績が低迷したら、ボーナスカットや減額、場合によっては現物支給などの措置がとられることがあります。

ボーナスの支給がない企業の場合、基本給を高くしているところが多いです。たとえば外資系企業は、日本で考えられているようなボーナスが出ないことも多いですが、年収は比較的高額で年棒は高い水準にあります。

就活でも「ボーナス」について一考してみる価値はありそうです。

企業が提示する年収を確認するときは、ボーナスも含めて計算してみましょう。「基本給はいくらになるのか」「ボーナスはその何か月分と決められているのか」といった情報も企業の優劣を判断する材料になります。

業種で大きく異なるボーナス事情

どんな企業がボーナスを出してくれるの?

2019年度の夏のボーナス支給状況調査(※厚生労働省「毎月勤労統計調査」令和元年9月分結果速報等)からは、以下のようなことがわかります。

ボーナスの平均支給額が比較的高い業界

  • 電気、ガス
  • 金融、保険
  • 情報通信、学術研究

ボーナスの平均支給額が比較的低い業界

  • 飲食サービス
  • 生活関連サービス(娯楽、旅行、映画館、清掃、理美容など)

この調査結果をふまえると今年度の「飲食サービス」「生活関連サービス」の業界におけるボーナス事情は、これまで以上の悪化が予想されます。「電気、ガス」の業界にしても、緊急事態宣言などで多くの企業の事業が圧縮され使用量が激減したため楽観はできません。「情報通信、学術研究」の業界は、新型コロナウイルス感染症による企業のテレワーク導入などがプラス要因となり、増収が見込まれる企業が多くあります。

従業員500人以上の大企業は、多少の減額があるにせよボーナスカットは避けられると考えられています。一方でコロナ禍で減益となり、雇用を保持することさえ難しくなっている中小企業は、ボーナスどころではない状況です。

公務員(国家、地方に限らず)は、こうした各業界の浮き沈みにかかわらず常に一定の昇給、ボーナスの支給が保証されています。

この夏、ボーナス減額は避けられない

新型コロナウイルスの影響で経済が落ち込むなか、ボーナスはどうなる?

内閣府経済社会総合研究所は、今年の4月に2020年度の「実質GDP(国内総生産)成長率」を大幅に下方修正しました。国の緊急経済対策は、雇用維持、事業継続を中心に次々発令されていますが、効果が現れるには時間がかかりそうです。総務省は「4月の家計調査」を発表し、一世帯あたりの消費支出は前年比−11.1%で、全体としての減少幅が拡大しているとしています。このマイナス傾向は7か月連続しています。経済は急降下していて上昇に転ずる要因が見いだせない状況です。

新型コロナウイルスの影響でボーナス大幅減額か

現在、どのシンクタンクでも悲観的な見通しが大半を占めています。コロナ禍による経済への影響は、予想を大きく上回るものになりつつあります。

この夏のボーナスは、ほとんどの企業が支給額を減らすと見られています。事業へのマイナス要因が大きく働いた業種の企業では、ボーナスカットもあり得るでしょう。新型コロナウイルスによる経済的打撃があったうえにいつ収束するのかわからないため、事業収益どころか企業そのものの存続さえ危ぶまれる事態に陥るところも多くあります。

さらに、ボーナスのカットや支給額の急減による家計への影響も無視できません。自由に使える可処分所得が減ることで、自粛ムードのなか、ただでさえ落ち込んでいる個人消費がさらに落ち込み、社会全体としての景気回復を遅らせてしまうことになりかねないからです。

ボーナス時期も変更の可能性

ボーナス払いにしている方は要注意!

新型コロナウイルス感染症の影響は、経済低迷の比較対象としてよく出てくる「リーマンショック」(※下記参照)に続く、大規模な経済的危機という見方が大半を占めています。

ボーナスの支給時期が変更になる可能性もあります。民間企業ならば、6月下旬から7月上旬という支給時期の慣例(公務員は6/30)ですが、支給が遅れる可能性も否定できません。この事象は、労働組合の有無で大きく左右されるため大企業は慣例通りで、中小企業は延期となる傾向が予想されます。

緊急事態宣言が解除されはじめ、少しずつ平常に戻りつつあるとしても、コロナウイルスの第2波、第3波があると予想されており経済活動が元通りになるには相当の時間が必要です。コロナ禍の経済への影響はまだ序盤といえます。これから数年にわたり影響が残っていく可能性も否定できません。

※「リーマンショック」(概略)
2008年9月に米国の投資銀行リーマン・ブラザーズ・ホールディングス社の経営破綻を端緒に起きた世界規模の金融危機。日本でも経済への大きな影響が出た。

ボーナスだけでなく、残業代なども減少傾向

テレワークや在宅ワークの普及が進むと、勤務時間の見直しや勤務形態(交代勤務など)の変更により、オフィスでの作業時間が限定的になります。その結果残業や休日出勤なども減少し、残業代といった所定外給与も少なくなることが予想されます。仮に残業があったとしても、残業代は以前より減額されるでしょう。

事業収益が大きく落ち込んだ場合、ほとんどの企業は経費節減を採択します。収益アップのために奔走したいところですが、コロナ禍が収束されない限りそれは難しく、またアフターコロナの社会でどの程度の事業拡大を見込めるか予想が立てられない状況です。

企業規模に関係なくコロナ禍以前から厳しい経営環境にあったところは、この状況下で経営存続が危ぶまれます。こうした傾向は、アパレル大手レナウンの倒産でも明らかなように大企業にも暗雲がかかりはじめています。大手銀行から1兆円近い規模での融資を受けている巨大企業は、コロナ禍による急激な需要の落ち込みに直面し、手元資金の確保のために追加融資を求めています。大手銀行は対応するようですが、企業の業績がこのまま低下し続ければ大手銀行そのものの経営に影響する可能性も出てきています。

コロナ禍で業績アップする企業

コロナ禍で大きく変化した産業界の様相は、今後どうなっていくのか?

コロナ禍でも業績を伸ばした業種、業界もあります。テレワークへの対応で必要となったインフラに関わる業種(通信サービス、情報サービスなど)や急激に需要が伸びたマスクや医療器具に関わる業種(医療関連商品製作・研究、販売するドラッグストアなど)、さらには生活必需品(食品など)を販売する小売業(スーパーなど)です。

またケースバイケースですが、医療法人やテレワーク関連の企業では職員や社員向けに臨時支給を行ったところあります。

コロナ禍で事業拡大した業種、業界

多くの業界が大幅な業績悪化を経験しているなか、業績が伸びた業界があります。就活の際にはアフターコロナの社会を想像することも重要です。

コロナ禍でも事業拡大できた業界例

  • フードデリバリー
  • スーパー、コンビニ
  • 医療用品、医療器具メーカー
  • オンライン会議サービス
  • オンラインショップ(EC)
  • 代行サービス(買い物代行、家事代行など)
  • オンライン医療(リモート診療、遠隔医療)
  • オンライン教育(Edtech、学校、塾、英会話教室などへのサービス提供など)
  • オンラインフィットネス
  • Web面接等へのサービス(スクリーニングサービス提供など)
  • VRイベント
  • ゲーム、動画サービス
  • オンライン認証サービス
  • クラウドサービス
  • 物流 など

コロナ禍が収まったとき、急速に存在感がなくなってしまうような業種なら要注意。よく見定める必要があります。

コロナ禍で繁忙を極めた業種では臨時ボーナス支給の例も

ある地方の医療法人財団では、2020年3月半ばに運営する病院や施設などの従業員260名すべてに対して総額2,500万円の臨時ボーナスを支給し、一時はTwitterでも話題になりました。またテレワーク関連のサービスを提供する企業では、4月初旬、グループ企業の全従業員200名に特別賞与支給(総額約1,700万円)を行うことを発表しています。

そのほか、小売業界ではイオン系企業やライフ、島忠、ドラッグストアのスギ薬局なども一時金を支給しています。自粛生活の長期化で繁忙を極める物流でも、ヤマト運輸が従業員22万人に「見舞金」(一人最大5万円)の支給を発表しました。

先に挙げたコロナ禍で事業拡大した業種は、アフターコロナに推移してもおそらく順調に事業を拡大していけるでしょう。ただし、医療そのものに従事する業種の場合は、今後も難しい局面にぶつかる可能性(院内感染、クラスター発生など)があることは否定できません。コロナ禍でも伸びた業種なのだから、と安易に考えてしまうのは禁物です。

現在の状況から、多くの企業でボーナスが減額またはカットとなってしまうのはしかたのないことなのかもしれません。コロナ禍で経済が大きく減速している時期での就活は困難を極めますが、アフターコロナで伸びる業種や業界を見定めるために情報収集は欠かせません。

新型コロナの経済対策で施行されている緊急支援、特別措置は?

自分に該当する支援策がないか調べてみよう

国も地方自治体も、新型コロナウイルスによる景気悪化への経済対策として、緊急支援や特別措置を次々と発表しています。主要なものを挙げてみましょう。

個人向けの支援

  • 特別定額給付金(一律10万円)
  • 学生支援給付金(住民税非課税世帯の学生 20万円、それ以外の学生 10万円
  • ひとり親世帯臨時特別給付金(児童扶養手当受給世帯 1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円+収入が大きく減少している世帯 1世帯5万円)
  • 子育て世帯への臨時特別給付金
  • 住宅確保給付金
  • 個人向け緊急小口資金等の特例(緊急小口資金)
  • 個人向け緊急小口資金等の特例(総合支援資金(生活支援費))
    ほかに 民間金融機関で特別融資を行っている場合があります。

企業向けの支援

  • 家賃支援給付金
  • 雇用調整助成金の特例措置
  • 自治体別の休業協力金
  • 働き方改革推進支援助成金(テレワークコースなど)
  • 小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援助成金(労働者に休暇を取得させた事業者向け)
  • 新型コロナウイルス感染症による学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)
  • 新型コロナウイルス感染症特別貸付
  • 固定資産税等の軽減
  • セーフティネット保証4号、5号  など

こうした特別措置は手続きが煩雑なこともあり、申請から実施までに時間がかかる場合が多く、効果が経済に反映されるにはさらに時間を要するとの見方が多いようです。どのような特別措置も新型コロナウイルスが収束しなければ、根本的に経済を持ち直すという目的を果たすことはできません。同時に日本の経済だけが突出して持ち直すことはなく、世界的にパンデミックの収束を待たなければ本当の意味での経済回復は望めないといえるでしょう。

今夏よりも今冬が怖い。そのまま来夏にも影響が?

ウイズコロナ、アフターコロナ……影響は、いつまで続く?

新型コロナウイルス感染症が収束したとしてもすぐに景気回復を期待できるとは考えにくく、経済の悪化は継続すると予想されます。そうなれば、直近であるこの夏のボーナスだけでなく、その後のボーナスにも悪影響が出ることになります。もしかするとこの夏のボーナス減少という事態は、今後続く最悪の状態の始まりに過ぎないかもしれません。

未来に向けて自身の生活をどのように守っていくのか、就活生も考えておく必要がありそうです。

民間企業ボーナスの行方から見えるもの

おそらく民間企業のボーナスは、この夏の減額を皮切りに今年冬、来年夏に向けてますます減額傾向が続くでしょう。この夏のボーナスにはコロナ禍以前の業績が含まれているため大幅な減額は免れることができるかもしれません。ですが、今年の冬のボーナスはコロナ禍の影響が直接影響し減収・減益となった時期の結果が強く反映されます。そうなれば、この夏よりも厳しい状況になることは必至です。こうした状況は、来年の夏へと継続していく可能性が高いのです。

今後、大企業であっても下支えする国の援助が限定的となり、中小企業に至ってはこの夏以降に壊滅的な状態になるところが増えるおそれがあります。ボーナスに限ってのことではなく、就業自体が難しくなる要素が増えていきます。

現に失業率が上昇傾向です。アフターコロナでは新しい生活様式が定着していくでしょう。そこで必要とされ、業績を伸ばせる企業はどんなところなのでしょうか。テレワークが定着し、働き方が大きく変わると同時に「人間の労働力」をさほど必要としない業務形態が推奨される可能性もあります。

就活生も視点を変え、企業財産の人材として自分の価値を企業に認識してもらうにはどうすればよいのか、よく考えなければならないときがきています。一極集中型の就労は崩壊しつつあり、新しい価値観が地方で生まれるようになるのかもしれません。

政府の緊急経済対策が有効に機能すれば?

何かと批判の多い政府の緊急支援対策ですが、その効果はこれから現れてくるはずです。しかし、この夏のボーナスから始まる個人所得の激減からの可処分所得の減少、さらには働き方の変化で残業がなくなり、給与もカットされかねない状況……。所得に関する不安が世の中に充満するようになると、個人消費が促進されず、経済対策が機能不全に陥ることもあり得ます。

そうなれば景気は回復どころか、より一層深刻な事態に陥っていく可能性があります。なぜならコロナウイルスの収束後、順調に景気が回復するためには、個人消費の回復速度が素因となるためです。

コロナウイルス対策→自粛→経済低迷→企業等の業績悪化→倒産、失業、個人の所得激減
という順がここまでのざっくりとした経過だとすれば、その後は個人消費激減(自粛からの延長線上)→さらなる企業の業績悪化→さらなる倒産、失業……と続き、政府の緊急経済対策が機能する余地はなくなってしまいます。この間にコロナウイルスの第2波、第3波が来る確率が高く、そのたびに対策を取るようなことになると景気回復は到底望めないことが想像できます。

ウィズコロナともいわれていますが、現時点ではコロナウイルス対策を行いながら、経済対策を進めて行く方法でバランスをとっていく覚悟が必要です。最終的には特効薬やワクチンが完成すれば、インフルエンザのように対応できるかもしれませんが、それがいつになるのかまだわかりません。

厳しい時期は、どのくらい続く?

経済回復の見通しは……?

経済が持ち直すには、新型コロナウイルスを完全制圧した状態にならなければならず、その時期は現時点ではわからないため楽観的な見方はできません。年内の完全制圧は難しい、というのが大方の予測のようです。アメリカのエコノミストは、アメリカがコロナ禍を脱して経済が再び回転するようになるまでに4年くらいかかる可能性もあると記事にしています。少なくとも2021年以降になることは確実といえるでしょう。

経済的損失を少しでも持ち直すために緊急事態宣言は徐々に解除されていますが、ウイズコロナの状況ではさほど回復できないだろう、と推測されています。日本経済には、昨年10月の消費税率10%に変更されたことによる経済へのマイナス効果が残っていました。そこへ追い打ちをかけるように生じたコロナ禍の影響が解消されるには、年単位での時間がかかります。

民間も政府も多大な借金を抱えることになったため、金融不安のリスクも考えられます。感染の長期化はあらゆるリスクの確率を高めます。少しでも早く、特効薬やワクチンが開発されるように祈るしかないのです。

まとめ:歴史的転換期のいま、企業も個人も変化が求められている

新型コロナウイルス感染症の世界規模での悪影響は、人命だけでなく経済も危機的な状況にしています。これから訪れるアフターコロナ時代に「ニューノーマル」として考えられる「新しい生活習慣」が当たり前になるでしょう。

歴史的変換期にあるとされるいま、就活も「採用側」「応募側」の両者がともに変化する必要に迫られています。求められる人材とは? 必要な人的資源とは? 首都圏での就職が理想とされてきた価値観は? 地方への活路はあるのか?

ソーシャルディスタンスが基本のスタイルになるとすれば、サービスのオンライン化などが推奨され、日本ではなかなか進まなかったデジタルシフトが加速していくはずです。こうした流れに対応するためにも情報収集を怠らず、知識とスキルを蓄えておくようにしましょう。

この記事を書いたライター
伊藤璃帆子

伊藤璃帆子

芸術大学で美術、写真を学び、ITマーケティング会社を経て、独立。現在フリーでライター、編集、撮影、イラスト、フードスタイリングなどを手掛ける。

TOPへ戻る