この記事を書いたキャリアカウンセラー

土屋美乃

土屋美乃

株式会社エスキャリア 代表取締役 慶應義塾大学卒業後、株式会社リクルートエージェント(現リクルートキャリア)に入社。法人営業として主にIT業界に対する採用支援、人材紹介を行う。その後同社人事部に異動、新卒採用業務全般を担当。 2009年にキャリアカウンセラーとして独立し、企業内や大学、専門学校でのキャリアカウンセリングを行う。 2011年に株式会社エスキャリアを設立し、一人ひとりの大切な『es(=本来の自分、欲求)』を実現することをミッションに、キャリア支援を行っている。

2019年11月5日

40代を越えてしまいましたが人生を楽しめる仕事がしたいです。|仕事の悩み相談【第15回】

土屋美乃

現役キャリアカウンセラーが読者の皆様の「仕事」や「職場」、「キャリア」に関するお悩みにお答えする本企画。今回のご相談者は「人生を楽しめる仕事がしたい」そう悩む40代の方。回答するのは「親身で頼れるお姉さんタイプ」土屋美乃カウンセラーです。

相談者

40代を越えてしまいましたが人生を楽しめる仕事がしたいです。

営業職に不向きなまま今の年齢まで来てしまいました。人生を楽しめる仕事がしてみたいです。宜しくお願い致します。

土屋 美乃

土屋美乃

これまでの経験の”できたこと”にフォーカスし、強みを活かした働き方を

こんにちは!土屋美乃です。
「営業」というと、達成が難しいノルマ、上司からのツメ……などネガティブなイメージを持たれやすい職種であり、実際それに苦しみ、「営業職は不向き、苦手」と感じている方は多くいらっしゃるように思います。

ご相談者様はどのような出来事から、「不向き」だと感じられるようになったのでしょうか?

「営業職」といっても様々な商材、売り方、顧客等などあり、それによって必要となる力も異なってきますので、一概に現職での「営業」という職種に苦手意識を持たずに、ご自身の可能性について考えて頂きたいと感じました。

「人生を楽しめる仕事をしたい」とのことですが、組織において仕事を楽しんでいるなと感じる方の共通点の中に、

①個人と組織のミッションがリンクしていること
②個人の強みが活かせていること

が挙げられます。

まず①個人と組織のミッションがリンクしているというのは、会社(組織)にも存在意義、理念、ミッション(使命)があるように、個々人にも「何のために働くのか、何のために生きるのか」といったミッション(使命)があります。

個人のミッションがその組織で働くことによって実現していっている状態が、ミッションがリンクしている状態イメージです。

これは個人も組織もミッションが明確になっていると、コミュニケーションによって実現可能ですが、中々自分のミッション、組織のミッション共に明確になっていないケースもあります。

そんな時には、②個人の強みが活かせている、こちらを意識してみてください。まずこれまでのご経験から「できたこと」のみをピックアップし、そこで培われた力や強みはどのようなものがあるか言語化してみてください。

強みを見つける観点として、「ポータブルスキル」という概念がありますが、職種を変えたとしても持ち運び可能なスキルのことを言います。

参考:ポータブルスキル セルフチェック

上記のように無料で診断できるサイトもありますので、是非参考にしてみてください。

私たちの会社でも、それぞれが強みを活かして仕事をするために「ストレングスファインダー」という有料ツールを使って全員が自分や仲間の強みを認識し、目標設定時には自分の強みを活かす行動目標も作成しています。

強みは認識するだけでなく、それを意識的に使っていくことでより磨きをかけることができますが、まずは、客観的に自分の強みを認識するということがスタートになります。

日々忙しく働いていると中々自分の持っている力や強みなどを振返り、認識する機会が少ないかと思いますが、100年時代といわれる現代、40代はまだ折り返し地点です。

個人と組織の関係性もより柔軟なものになっていくと予測される時代の中で、「自分のミッションは…?」「自分の強みは…?」など自分と深く向き合う機会を創り、ご自身の可能性を探りなおしてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

この記事へコメントする

プライバシーポリシーへの同意は必須です。(チェックボックスにチェックしてください)

※コメントは審査制となっており、投稿後すぐには表示されません。

投稿中です 画面が切り替わるまでお待ち下さい...

コメントの投稿が完了しました

※コメントは審査制となっており、投稿後すぐには表示されません。

この記事を書いたライター
土屋美乃

土屋美乃

株式会社エスキャリア 代表取締役 慶應義塾大学卒業後、株式会社リクルートエージェント(現リクルートキャリア)に入社。法人営業として主にIT業界に対する採用支援、人材紹介を行う。その後同社人事部に異動、新卒採用業務全般を担当。 2009年にキャリアカウンセラーとして独立し、企業内や大学、専門学校でのキャリアカウンセリングを行う。 2011年に株式会社エスキャリアを設立し、一人ひとりの大切な『es(=本来の自分、欲求)』を実現することをミッションに、キャリア支援を行っている。

TOPへ戻る