この記事を書いたライター

上沢 聡子

上沢 聡子

大学卒業後、戦略系コンサルティング会社に勤務。MBA留学後、中国関連の書籍を上梓。外資系メーカーやベンチャーを経て2011年にライター活動を開始。 得意分野はビジネス、法律、旅、中国。 これまでに外国機関広報誌コンテンツ、行政委託のNPO団体取材、就職記事などの執筆経験多数あり。 現在はライターの他、翻訳・社会人向け教材制作なども手掛けている。 乳幼児親子向け防災講座を行うNPO団体の代表で、一児の母でもある。趣味はヨガと旅行。(中国・広州在住)

2019年9月29日

インターンや内定式・研修で茶髪・ネイルはNG?内定後に確認したいポイント

油断禁物!

内定おめでとうございます。入社までの学生生活を有意義なものにするべく、たくさん楽しい計画をされていることでしょうね。

そうはいっても、内定を得たということは、すでにその企業の一員とみなされているのです。インターンから始まり、入社前から、あなたという社員の評価は始まっています。

というと、気が重くなりますので今回は、内定式や入社までまずは失敗せずに過ごすために、これだけは押さえておいた方がよいのでは、と思われる点をまとめました。茶髪やネイルなど、気になっているあなたは必読ですよ。

【この記事のポイント】
①内定が出た! 浮かれすぎて内定取り消しにならないために気をつけること
②内定式どうする? 社会人の一員としての自覚をもって。服装や心構えは見られている!
③会社の一員としての“ふるまい”ってなに? 具体的に気をつけること

内定後すぐ茶髪にする……その前に。インターンでお世話になった人に連絡した?

brown

安心してのんびりしている暇はない

過酷な就職活動を終え、内定が出た! と、思わず気が抜けてしまう。つい羽を伸ばして、メールチェックを怠ったり、奇抜な髪形に挑戦したり……気持ちは分かるのですが、その前にやることがあります。

・内定後のスケジュールを確認

早速、長期旅行に飛び出したい、とワクワク。しかし、いきなり音信不通になってしまっては企業側が困ります。内定式、研修、フォローアップイベント(懇親会)の予定を確認してから、自分の予定を組みましょう。

なるべくすべてに出席したほうがよいのですが、どのイベントが必須なのか、を把握しましょう。そのうえで、長期旅行・帰省などの場合は、人事に予定と連絡先を知らせておけば万全です。学生とはいえ、「報(報告)・連(連絡)・相(相談)」を重視する姿勢は、企業側の負担を減らし、好印象につながります。

・必要書類の返送

契約書類、個人情報の確認などが行われます。押印、返送期限、返送方法、添付書類など指示に従い、締め切りギリギリではなく早めに返送しましょう。また、重要書類の場合、書留での郵送がベターです。

ポストへ投函

書類の返送は迅速に!

面倒だからと、普通郵便で出すような対応では真剣さが疑われるかもしれません。内定が出たからと安心せずに、エントリーシートや履歴書並に気を遣うべきです。

・企業訪問などでお世話になった人達への報告・御礼

brown

緊張して送れない……は損! お礼メールをしよう

メール1本でもかまいませんので、話を聞かせてもらったり、相談に乗ってもらったりした人達に進路報告をしましょう。もともと何らかのつながりがあっての出会いです。

今後、仕事をする上でもどこかで再会し、あなたの力になってくれるかもしれません。その際、もし何の報告をしていなかった場合、バツが悪く思うのはあなたです。面倒くさがらずにお礼を伝えておくのが大人です。

インターンを思い出して……茶髪ってどうだった? その場に適したふるまいや服装で

内定後、必ず一度は会社に足を運び、内定者同士顔を合わせる機会があります。内定式という形をとったり、懇親会として先輩社員や内定者同士のカジュアルな交流会が持たれたりする場合があります。服装や持ち物の確認はもちろん、企業から見られているという意識をもって臨みましょう。内定後は学生であっても、すでに社会人・企業人として常識ある対応を期待されています。

・身なりのポイント

内定式は、リクルートスーツでの参加がおすすめです。懇親会や研修では事前に、「私服」「カジュアル」と通知されるかもしれません。その場合も、初回は「ビジネスカジュアル」を目安として、悪目立ちしないものを選んだほうが無難です。

ビジネスカジュアル(男性)

男性はジャケパンスタイルが無難

ビジネスカジュアル(女性)

女性はジャケットorカーディガン

社員が参加しない、内定者だけの私的な(企業主催ではない)集まりなどでは自由な服装でよいと思われますが、やはり未来の同僚ですので、「友達と飲みに行く」ほどのくだけた服装や、浮かないほうが良いでしょう。リクルートスーツを脱ぎ捨て、個性を訴えたい気持ちは理解できますが、ここはひとつ慎重に。

あとあと、「あの時すごい身なりで、話しかけられなかった」と同期の間で伝説にならないように、少し我慢してください。

ところでビジネスカジュアルってどうすればいいの?という疑問ですが、「お付き合いしている人の両親に初めて会う時」くらいをイメージすれば外しません。

brown

その場に適したファッションを選ぼう!

男女ともに、清潔感を意識し、茶髪にしすぎない。インターンではサンダルはNG。
男性:髪が長めの場合は固める。
女性:まとめたほうがよい。派手なアクセサリー・ネイルは控える。胸元やスカート・パンツの丈に注意。

ふるまいのポイント。インターンでは許されたことでも今回は?茶髪も?

brown

浮かれるのは大学の友達とで十分。研修や懇談会では、6割パワーでハメを外さず。

内定式では、社員の一員として、前向きに決意をもって臨むという態度を心掛けてください。研修では当然ですが居眠りは厳禁、懇親会でも社員がいる場合は、学生ノリは封印しましょう。特に、就活中に応募した他社の合否や悪口、内定辞退の顛末などは話題として避けるべきです。

また、内定者同士で連絡先を交換して後日飲み会をするということも予想されますが、くれぐれもハメを外しすぎないように……というと堅苦しく聞こえますが、内定者同士の飲み会で救急車が出動したり、店舗から内定先企業にクレームが入ったりし、人事が激怒したという話はちらほら聞きます。服装と同じく、「お付き合いしている人の両親と初めて会う」程度の打ち解けぶりをイメージしてください。同期とは、入社後に苦楽を共にすることで、いくらでも仲良くなれます。最初は6割くらいのパワーでちょうどよいのかもしれません。

先輩社員をメンタ―(相談相手)としてつけてくれる企業もあります。その際も、礼儀をわきまえ、相手の忙しい時間に電話しない、など気遣いをもって付き合いましょう。連絡を取りたい場合は、本件の電話の前に一本、メールや電話で都合の良い時間帯を確認するくらいの心配りがあるとよいですね。

また、価値観が似ているからか、内定者同士の恋愛というのもよく聞く話です。こちらも、長く同僚として働く仲間ですので、将来に爪痕を残さない、障害にならないようプラスになるようにしたいですね。周囲や先輩にあまり気を遣わせないように節度をもって。

企業から選んでよかったと思われる人材になるための、内定後のコミュニケーションについては、詳しくこちらの記事で紹介しています。一度見てみてはいかがでしょう。

研修やインターンでも見られている! あなたの茶髪、どう思われる?

brown

どこで見られているか わからない!

最近は、インターンを打診されることも増えていますね。時間の過ごし方として有意義だと考えられる場合は積極的に行いましょう。内定後のインターンは、先輩や職場環境を知る貴重なチャンスです。もちろん周囲から評価されますので、気を引きしめて臨むべきですが、うまく使えば職場になじむことができます。また、社員ではなくまだ学生なので、お試し期間として、質問しやすい雰囲気の場合が多いと思われます。

入社前研修や懇親会が行われることもあります。必須の場合は当然受けましょう。自由選択の場合もできる限り都合をつけ参加するのが好ましいでしょう。全額会社負担や一部費用補助が出るものなどに分かれますが、補助が出る場合は、領収書宛名、精算方法などを確認してから始めます。資格取得や課題が出される際には、必ず締め切り厳守で提出・修了しましょう。人事評価は、エントリーから始まり、内定後の対応についても行われていることを肝に銘じてください。

【まとめ】茶髪を楽しみたいけどインターンとは立場が違う。企業の一員である意識を持とう

brown

企業の一員として、周囲と仲良く!

今回は、つい注意事項が多くなってしまいました。内定後の解放感が格別で、学生ノリや、個性を打ち出したいという気持ちが出てしまいがちです。内定を得た後は評価には関係ないと思われるかもしれませんが、やはり企業は見ています。仲間、そしてライバルにもなりうる同期との関係も最初が肝心。くれぐれも悪目立ちは避け、大人として、そして内定の立場とはいえ入社予定企業の一員であることを意識しましょう。

この記事を書いたライター
上沢 聡子

上沢 聡子

大学卒業後、戦略系コンサルティング会社に勤務。MBA留学後、中国関連の書籍を上梓。外資系メーカーやベンチャーを経て2011年にライター活動を開始。 得意分野はビジネス、法律、旅、中国。 これまでに外国機関広報誌コンテンツ、行政委託のNPO団体取材、就職記事などの執筆経験多数あり。 現在はライターの他、翻訳・社会人向け教材制作なども手掛けている。 乳幼児親子向け防災講座を行うNPO団体の代表で、一児の母でもある。趣味はヨガと旅行。(中国・広州在住)

関連記事
おすすめ記事
人気ライター
TOPへ戻る