この記事を書いたライター

大橋 さやか

大橋 さやか

大学卒業後、食品メーカーに勤務し管理部門を5年経験する。 学生時代はスポーツクラブのインストラクターやバーテンダーなどを経験。 20代の長期休暇は、日本各地の神社仏閣を巡る一人旅や、友人と海外食い倒れ旅行を満喫。 得意分野は食品・生活・教育・歴史。趣味は読書、旅行。

2019年10月20日

新社会人に必要なPCスキルとは?資格取得などおすすめの学習方法

PC

内定を獲得したみなさん、おめでとうございます。気分的にはだいぶ落ち着いたのではないでしょうか?

さて、社会人になり仕事をするうえで切り離せないのがPC操作。程度の差はあれど、ビジネスソフトを使う機会は必ず発生します。

PCスキルに自信がなく戦々恐々としている方は、今のうちに知識を増やし、必要なスキルを身につけておくことをおすすめします!

この記事のポイント
  • デジタルネイティブでもPCは苦手? 会社に入ると、PCでしかできない仕事がある!
  • 社会人はどんなPCやソフトを使ってるの? いざという時戸惑わないためにどうすればいい?
  • 学生時代にPCの資格を取得しておけば、勉強もできPCスキルも証明できて一石二鳥!

学生と社会人でPCスキルはどう違う?

デジタルネイティブな若者たち

デジタルネイティブ世代が注意すべきこと

最近は学生であってもオフィス系ソフトのWord、Excelを使いレポートや論文を作成したり、メールでやり取りをしたりなど、ある程度のPC操作は経験しているのではないでしょうか。

生まれたときから、PCやモバイルなどのインターネット環境が身近にあり、スマホの操作も当たり前に行える「デジタルネイティブ」であれば、様々なデジタルツールを目の前にしても戸惑うことは少ないかもしれませんね。

PC

デジタルネイティブ世代にも、PCやタイピングが苦手な人はたくさんいる!

ただ、仕事の連絡でメールやSNSなど使う際は、「学生ノリ」と同じにならないように注意しましょう。スタンプやデコメッセージ、略語などは相手や場面をわきまえて!

また「スマホばかり使っているためPCが苦手」という場合もあるかと思います。スマホやタブレットが当たり前すぎて、PCが不慣れという学生が実は増えています。

社会人になると、スマホも使いますが、資料作成などは基本的にPCで行いますので、タイピングに慣れていないようであれば、今のうちから練習しておきましょう。タイピングトレーニングができるソフトなどは無数にあります。

社会人になる前にやっておくべきことは他にもあります。「社会人生活を最高の形でスタートさせる“内定獲得後の賢い過ごし方”」についてはこちらの記事をご覧ください。

社会人としてワンランク上のPCスキルを手に入れる

PC

ビジネスで活用するPC操作は奥が深い

社会人になると、高度な操作が必要となる場面が出てきます。最近ではGoogleやApple、Adobeなどのビジネスソフトを使用することも多くなりましたが企業ではまだまだMicrosoft社の製品を使用する事が多いでしょう。

例えばExcelでいうと、関数やピボットテーブルを理解していたりすると、効率よく仕事を進めることができるかもしれませんね。

プレゼン資料作成はPowerPointを使う機会が多いので、スライドにWordやExcelのデータを統合したり、ショートカットキーやアニメーションの追加など「技」を身につけておいて損はないでしょう。

それと、スキルアップだけでなくPC本体のバージョンアップも忘れずに。社会人になったらPCは会社から支給・貸与されることがほとんどですが、プライベート用のPCもこれを機に、ワンランク上のものに買い替えても良いかもしれません。

※ちなみに、自宅に会社の資料を持って帰ったり、データをUSBメモリにコピーしたり、クラウドサービスにダウンロードするなどはNGですので注意!

社会人は多様なPCスキルを目的に合わせて使い分ける!

PC

働き方の多様化と共に、使うツールも多様に

社会人になって初めて目にするソフトなどもあるでしょう。たとえば、WordやExcelと同じオフィス系ソフトでも、データを管理・編集できる『Access』を使用したことがある方は多くないと思います。

多様な働き方を推進し、オフィス内外で複数の人が効率よく作業することができるグループウェアやチャットツール、インターネット上にデータを保管できるクラウドサービスも、これまで使ってきたものとは違うかもしれません。

さらに近年、企業の価値を高める方法として、様々な顧客管理や 営業支援のシステムを導入している会社が増えています。

PC

無理せず、もし使えるツールがあれば体験しておこう

これらのサービスやシステムは、学生時代ではなかなか目にすることは少ないでしょう。中には有料サービスも含まれますので、「今のうちに身につけておこう!」というのは少し意気込み過ぎかも。

ただ、興味があるのであれば、期間限定の無料ダウンロードをしたり、デモ画面を提供しているものもありますので、触れてみるのは良いと思います。

入社直後に「なんだこれ?」と戸惑ってしまうのか、「一度使ったことがあるソフトだ」というのでは、多少でも気持ちが違うのではないでしょうか。

PCスキルを証明する「資格」。社会人になる前に、スキルアップも兼ねて一石二鳥!

資格取得に向けPCで勉強中

今のうちに取れる資格を取るのもあり!

せっかくPCの勉強をするのであれば、テキストを開いて黙々と取り組むよりも目標があった方が励みになると思いますので、参考までに以下のような資格をご紹介します。取得必須ではないものの、あなたの一定のPCスキルを証明するものにもなります。学生中に取得できる資格としては良いのではないでしょうか。

◆民間資格
・マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)…Word、Excel、 PowerPoint、 Access、 Outlookの5種類の科目がある。

◆国家資格
・ITパスポート…IT業界に必要な基礎知識
・基本情報技術者…ITエンジニアの基礎資格
・応用情報技術者…基本情報技術者の上位資格

社会人は皆使ってる! 苦手意識がある人は、楽しみながらPCスキルを手に入れよう

なにごとも楽しむ

好きこそ物の上手なれ!

さてここで、PCを苦手としているあなたにも少しアドバイスを。

事務職はもちろん、いまやどんな職種でもPCは使います。一方、入社後にどのようなソフトを使用するか、どのような作業が求められるかは、会社によって異なります。

しかし、安心してください。「デジタルネイティブ」であれば、スポンジが水を吸うように何でも吸収し、すぐに自分にものにすることができるでしょう。スマホの操作に苦しんでいる中高年(失礼!)とは違うのです。

ポイントは、毛嫌いせずに楽しみながら取り組むこと。そうすれば、最初は苦戦するかもしれませんが、少し経てばそれが嘘だったかのように使いこなすことができるようになっているはずです。

【まとめ】PCスキルは社会人にとって必要不可欠! スムーズに仕事を始めよう

PC

よりスムーズに仕事を始めるために、今できることはなんだろう

入社すると覚えなくてはいけない仕事がたくさんあります。そのなかで初めて作成するツールやソフトがあると、覚えることがさらに増えてしまいます。

メールについてはビジネス文書に目を通しておく、ソフトについては入社予定の会社の業界・職種にもよりますが使用しそうなソフトは軽くでも触っておくと、よりスムーズに仕事に取りかかることができます。

初めから全てが完璧にできる人はいません。今の生活のなかで無理なく始められそうなところから挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたライター
大橋 さやか

大橋 さやか

大学卒業後、食品メーカーに勤務し管理部門を5年経験する。 学生時代はスポーツクラブのインストラクターやバーテンダーなどを経験。 20代の長期休暇は、日本各地の神社仏閣を巡る一人旅や、友人と海外食い倒れ旅行を満喫。 得意分野は食品・生活・教育・歴史。趣味は読書、旅行。

TOPへ戻る