この記事を書いたライター

ひろみ

ひろみ

短大卒業後、アパレル業・飲食業・企業受付・事務など様々な業界を経験。 自分に合った仕事は一体なんぞやと模索したのち、2018年よりライター活動を開始。旅行・神社・ねこ・食べる事が好き。夢は子供と2人で海外旅行。

2019年12月21日

学ぶ姿勢を身につけよう! 内定後、社会人になる前にやるべき事とは

nyuusyamaeniyarukoto0-

企業から内定をもらった方は、ホッと一息つきながら、入社までの時間で何をしようかと考えているのではないでしょうか。

“思う存分羽を伸ばす”“今までしてみたかったけどできなかったことを実現する”など様々と思いますが、何も考えずただ毎日を過ごして入社日を迎えるのは、非常にもったいないです。

入社前で、まとまった時間が取れる今だからこそできることを考え、有意義な時間を過ごしましょう。

この記事のポイント
  • ①内定獲得後、社会人になる前の貴重な「自由」時間。ぼーっとしてたら終わってた! なんてことにならないために
  • ②まとまった時間で「海外旅行」「免許取得」や、「ビジネス英語」「中国語」「内定企業で役立つ資格やスキルの勉強」など、仕事に関する予習も!
  • ③社会人になってからでは遅い? 社会人必須スキル「学ぶ姿勢」を習慣化させること

学ぶ姿勢を手に入れよう!内定獲得後の時間を有効に使おう

nyuusyamaeniyarukoto1

内定後の自由な時間を使って、旅をしてみるのもGood

内定獲得後の時間は限られていますが、社会人になるとまとまった休みがとりにくくなります。そのため学生最後のこの時間はとても貴重なのです。忙しかった就職活動を終えて、「自由」を手にしたのは確かですが、だからといって思うままに好きなことだけをして過ごしてしまって良いのでしょうか。

せっかくですから、自分が今までやりたかったけど、どうしてもできなかったことに取り組んでみましょう。たとえば、海外旅行や一人旅、車の免許取得などは、まとまった時間が取りやすいこの機会にピッタリでしょう。

オススメはこれから社会人になることを踏まえて、学ぶことをひとつでも取り入れてみることです。ひとつでも「学ぶこと」をしておくと、社会人になってからとても役に立ちます。せっかくまとまった時間があるのですから、何か新しい知識やスキルを身につけることができると良いのではないでしょうか。

学生の時間の使い方に付いては、合わせて社会人の生活リズムに変えていこう!学生が入社前にできる準備とはもご覧ください。

学ぶ姿勢を手に入れよう!ビジネスに役立つ語学を学ぶ

内定後_英語

ビジネス英語を勉強しておくと、入社後何かと便利かも

「社会に出てから役に立つことは何だろう?」と考えた時、「語学」を思い浮かべる人は多いでしょう。

・学んでおくといい語学「ビジネス英語」

ビジネス英語は、社会人になってからも役に立つため、「語学」を学ぶのであれば「ビジネス英語」を学んでおくと良いでしょう。

英語が公用語化している企業もあるほど、これからの社会人にとって「ビジネス英語」は必須とも言えます。「ビジネス英語」ができると自分の仕事の幅が広がったり、チャンスが増えたりする可能性があります。また、英語の新聞やインターネットなどさまざまな媒体から、自分自身が得られる情報が今までよりはるかに多くなり、それが仕事に役立つかもしれません。

nyuusyamaeniyarukoto2

あらゆる国籍をもった人たちの中で働くこともあるかもしれません

・学んでおくといい語学「中国語」

また、英語以外では中国語もオススメです。今後の中国との関わりを考えると、企業から重宝されるかもしれません。実際、近年では第2外国語として中国語を勉強する人も多くなってきています。

現在中国の企業と日本の企業は、さまざまなやりとりをしていますので、今後みなさんが仕事上で中国の企業とやりとりをする可能性も十分あるといえるでしょう。そのときに、自分が中国語を話せることをアピールできれば、会社からの評価が上がり自身の仕事の幅を広げることにもつながります。

語学を学ぶと、今までと違う世界が見えてきます。視野も広がるため、将来や人生にさまざまな点でプラスに働きます語学を学ぶことで損をすることはありませんので、時間のある今のうちにぜひ、語学を学んでおきましょう。

学ぶ姿勢を手に入れよう!入社予定の企業に関連した資格の勉強をする

nyuusyamaeniyarukoto3

集中して勉強できるから、資格取得も実現しやすい

自分が入社予定の企業に関連した資格を取っておくこともオススメです。業務に関連した資格を持っていると仕事の幅が広がるかもしれませんし、それは自分の自信やモチベーションアップにもつながります。

資格取得などは実際に入社してからでも良いのでは? と考える人もいますが、入社後は慣れない仕事を覚えるので精いっぱいのはず。毎日があっという間にすぎていきますので、効率よく勉強をする時間はなかなかとれません。そのため比較的時間の取れる今のうちに学んでおくことをオススメします。

学ぶ姿勢を手に入れよう!社会人は、常に勉強し続けなければ取り残される

内定後_社会人の勉強

仕事は勉強の積み重ねが大事。今から自分を鍛えておこう

取る資格はどんな企業か、どんな業種かにもよって変わってきますが、入社前の時間に余裕がある今のうちに、仕事に役立つ資格やスキルを身につけておくことをオススメします。仕事に関する資格やスキルは、いくらあっても良いくらいで、今後の自分の仕事やキャリアアップにも役立ちます。きっと、社会人になってからも「入社前に、勉強しておいてよかった」と思うはずです。

また、「勉強をする」「学ぶ姿勢を身につける」ということは、あなたの人生においてとても大きな財産になります。社会人になると、常に勉強し続けなくてはいけません。

知識・技術を吸収し続けることを怠ると、それは取り残されることを意味します。勉強に限らず、情報を収集し続けることも重要です。自分に必要なものを見極め、それについて調べ学び、必要に応じて資格を取得するなどは、今後ずっと取り組んでいくことなのです。その姿勢を今身につけておけば、社会人になった時、少しでも楽に過ごせるかもしれませんよ。

【まとめ】学ぶ姿勢は社会人になる前、今のうちに身に着けよう

nyuusyamaeniyarukoto4

今あなたがやるべきことってなんだろう

社会人になると、学生時代には学べないさまざまなことを学ぶ機会が増えていきます。最初は慣れるまで時間が掛かるかもしれませんが、社会人になる前の段階で準備しておくと、冷静に対処できるでしょう。今回紹介した「語学」や「資格」などのスキルアップも、その準備できることの一つです。

そして、社会人として必要な「学ぶ姿勢」は、今のうちから意識して習慣化していくことが大事です。習慣づけていくことで、社会人になってから、わからないことを自分で積極的に調べて解決する力や、他人任せにせず自分で物事を決断する力を身につけることができます。そして、自分が今の時点でどのような知識やスキルが足りていないのか、どんな知識やスキルを身につけるべきかを把握するためにも、非常に役立ちます。

まとまった時間が取れる入社前だからこそできる有意義な時間の使い方をして、将来に役立てましょう。

この記事を書いたライター
ひろみ

ひろみ

短大卒業後、アパレル業・飲食業・企業受付・事務など様々な業界を経験。 自分に合った仕事は一体なんぞやと模索したのち、2018年よりライター活動を開始。旅行・神社・ねこ・食べる事が好き。夢は子供と2人で海外旅行。

TOPへ戻る