この記事を書いたライター

ひろみ

ひろみ

短大卒業後、アパレル業・飲食業・企業受付・事務など様々な業界を経験。 自分に合った仕事は一体なんぞやと模索したのち、2018年よりライター活動を開始。旅行・神社・ねこ・食べる事が好き。夢は子供と2人で海外旅行。

2020年3月28日

夢を実現する。あなただけの「就活ノート」の作り方

syukatuno-to

あなたは「就活ノート」というものをご存知ですか? 就職活動を進めるうえで、就活ノートがあればスケジュール管理はもちろん、気になる企業の情報などが一冊で管理できるため、就職活動中に大変役に立ちます。

まだ作っていない人はもちろん、すでに使っている人も要チェック! 内定を勝ち取るための、就活ノートの作り方や有効的な活用方法をお伝えします。

この記事のポイント
  • ①就活ノートは予定管理、企業情報、就活の感想・気づきなどを一冊のノートにまとめて、いつでも比較・検討・確認できる便利ノート!
  • ②就活をともにするパートナーである就活ノートの選び方と、作成のポイントをそれぞれ3つご紹介
  • ③行き当たりばったりの就活はもう終わり! いいことも悪いことも全部書き出して、過程と目標を明確化し、自信を持った就活を

“就活ノート”を作って就活を賢く管理しよう!就職活動のパートナー「就活ノート」を作ろう

syukatuno-to

自分の就活をマネジメントしよう

就活ノートを作るメリット、それは、煩雑になりがちなスケジュール管理や、気になる企業の情報、参加した会社説明会の感想や気づいたことなどを一冊にまとめて記録できることです。

手持ちのノートや手帳などにメモしておけばいいと思うかもしれませんが、まとめる場所を決めておかないと色々なところに書いてしまい、どれがどの企業の情報かわからなくなってしまったり、スケジュールを間違えてしまったりと混乱のもと。就職活動に関する情報は一箇所に集約するに限ります。

就活ノートに決まった形式はなく、自由に就活ノートを作成することになります。とはいえ、思ったことをただ書き連ねれば良いのではありませんので、ポイントを押さえて作成しましょう。

“就活ノート”を作って就活を賢く管理しよう!自分に合った就活ノートを選ぼう

就活ノートを就職活動のパートナーにしよう

まず、みなさんにお伝えしたいのは、就活ノートをただのツールとしてではなく「就職活動をともにするパートナー」として扱ってほしいということです。そのためには、自身が本当に気に入るノートを選ぶことが大切です。

一番のポイントは使いやすさ。つまり機能的かどうかです。現在たくさんの種類のノートが販売されていますが、以下をポイントに自分に合ったノートを選びましょう。

ノートの選び方

1. 罫線や行間
オーソドックスな横罫か、または方眼罫か、行間は太めか細めかなど、書きやすさや情報のまとめやすさを基準に選んでください。

2. サイズ
たくさん情報を書き込めるA4やA5か、携帯しやすいB6やA6かなど、就職活動で使うカバンのサイズや、利用のシーンに応じて選んでください。

3. 綴じ
一般的に使いなれている大学ノートや、折り返して利用しやすいリングノートなど、こちらも使いやすさや利用のシーンに応じて選んでください。

ちなみに、ルーズリーフを収めることができるバインダー式のノートであれば、後から企業の情報などを追加してもバラバラにならずにまとめられて便利です。

さらに、名刺やパンフレットを入れることができるポケットなどもありますので、用途に応じて使い勝手の良いノートを作ることができます。

“就活ノート”を作って就活を賢く管理しよう!自己分析や企業研究に有効。就活ノートの大事なポイント

後で比較や検討がしやすいようにしよう

では、就活ノートには何を記録していくのでしょうか? 基本的には、自己分析や企業研究の結果、会社説明会や面接などに参加した際に企業から得た情報や感想などをまとめていきますが、大切なのは“項目を揃えること”です。項目が揃っていれば後から比較や検討がしやすくなります。ここからは、まとめると便利なおすすめの項目を3つ紹介します。

①自己分析など自分の情報

自己分析のポイントは、とにかく自分のことを書きまくること。その後「そう思うのか?」を深掘りし、そこから自分が働くうえで大切にしたいポイントなどできるだけ具体的に書き出していきましょう。

また、フレークワークも活用しましょう。自分に関する情報を放射線状に書きだし、夢や目標、自分自身を整理する「マインドマップ」や、自分の強み・弱みから適した業界や職業を考えていく「SWOT分析」など様々なフレームワークがありますので、自己分析に役立ててください。

②企業研究や会社説明会で得た情報

会社概要や企業研究で得た情報はもちろん、会社説明会に参加して得た情報や人事担当者の話、自身の感想や気づきなど、企業ごとにまとめておくと良いでしょう。ポイントは、粗探しにならないこと。会社の将来性」「仕事のやりがい」「働きやすさや待遇」「社員の様子や活気」「自身の気づきや勉強になったことなど項目を揃えましょう。

③面接の振り返りや対策

「面接官から質問されたこと」「その質問にどう答えたのか」を記録しておきます。その質問の意図を分析し、その結果も書き記しておくと良いでしょう。こうすることで、面接官の意図を深く理解し、次の面接に備えることができます。

面接は緊張しますし、長時間に及ぶと細かく覚えていることは難しいかもしれません。しかし、面接記録は就活ノートに書き込む内容のなかでもかなりキーとなる個所です。できる限り思い出し、細かく書き記しておきましょう。

“就活ノート”を作って就活を賢く管理しよう!就活ノートが与える良い影響とは

syukatuno-to

いいことも悪いことも、就活ノートと一緒に乗り越える

就活ノートがあるのとないのでは、就職活動の進め方が大きく変わります。特に「行き当たりばったりの就職活動から卒業できる」という部分が大きなポイントです。

就職活動は、就活対策セミナー、会社説明会、面接など予定が次から次へと入り、合間に自己分析や企業研究など、とにかくやることがたくさんあり目の前のことで手一杯になってしまいます。就活ノートがあれば、スケジュールの確認はもちろん、会社情報も一冊にまとまっていますので、見返すだけで自分のやることが見え、落ち着きを取り戻せるはずです。

また、長い就職活動のなかでは、自分の思い通りに事が進まず落ち込んだり、不安になったりすることがあります。

そんなときも役に立つのが就活ノートです。就活ノートに、就職活動中に感じる不安や不満を書き出していきましょう。頭や心に溜まっている思いや言葉を紙に書き出す作業は、ストレス解消や頭の中をスッキリさせてくれるため、精神的にも良い影響を与えてくれます。

また、ネガティブな思いをいつまでも抱えているとせっかくの新しい情報が頭に入りません。不安や不満は書き出して頭から早く出してしまったほうが良いのです。

“就活ノート”を作って就活を賢く管理しよう!就活ノートを「夢ノート」に

syukatuno-to

そのノートはあなたのもの。なにを書いてもいいんです

就活ノートには、自分が成し遂げたい夢や目標を書き出していきましょう。夢や目標の大小は関係ありません。できるだけたくさん、具体的に書き出していきます。

たとえば、「〇〇の企業の〇〇部に就職をして、〇〇の仕事をする」といったように、自分が希望の企業に入った場合にどのような部署に配属されてどのような仕事を任されるのかを、できるだけ詳しく書きましょう。

この作業をしておくと、モチベーションを保ちながらポジティブな気持ちで就職活動に臨むことができ、実際の面接でも面接官に具体的なアピールができるようになります。

就活ノートについては就活ノートの作り方 整理収納アドバイザーが教えるスケジュール管理の記事でも紹介しているので、この機会に合わせてご覧下さい。

【まとめ】就活内容の管理はもちろん、“一生の宝物”にもなる就活ノート

就職活動には就活ノートは必須!

このように、就活ノートは就職活動に関する情報を一冊で管理できると共に、その記録を振り返ることができるので、たとえ就職活動中に失敗をしてしまったとしても、就活ノートを見直すことで同じ失敗を繰り返さないようにすることができます。

また、不安や不満などマイナスな気持ち、夢や目標といったポジティブな気持ち、両方を就活ノートに書き、気持ちや頭の整理を行うことで、就職活動の目的をより明確にすることができます。結果、ストレスに負けない強い精神力を得ることに繋がります。

そして、無事内定を得られたときにも、就活ノートを読み返すことで、今まで自分がどのように就職活動を頑張ってきたのかという自信にも繋がりますし、将来就職活動を行う後輩からアドバイスを求められたときにも役に立つでしょう。

就活ノートがあなたの努力の結晶、一生の宝物となることを応援しています。

この記事を書いたライター
ひろみ

ひろみ

短大卒業後、アパレル業・飲食業・企業受付・事務など様々な業界を経験。 自分に合った仕事は一体なんぞやと模索したのち、2018年よりライター活動を開始。旅行・神社・ねこ・食べる事が好き。夢は子供と2人で海外旅行。

TOPへ戻る