この記事を書いたライター

伊藤璃帆子

伊藤璃帆子

芸術大学で美術、写真を学び、ITマーケティング会社を経て、独立。現在フリーでライター、編集、撮影、イラスト、フードスタイリングなどを手掛ける。

2020年7月6日

就活だけで終わらせない夏休みの過ごし方。就活、バイト、遊びを両立させる方法は?

本格的な採用選考の前年にあたる大学3年生の夏休み。この時期は、「ライバルに遅れを取らないよう、就活だけに集中したほうがよいのでは?」と、悩むかもしれませんが工夫次第でアルバイトや遊びの時間を確保しながら過ごすことができます。
夏休みに就活、アルバイト、遊びを両立させるアイデアを実践してみましょう。

夏休みに就活、バイト、遊びを両立させるためには?

就活も大事だけれど、プライベートのバイトや遊びの時間も充実させたい!

大学卒業後に就職を目指す大学3年生は、大半が夏休みから就活やそのための準備に入ります。この時期に自己分析や業界・企業研究、筆記試験対策についてしっかり計画しておくことで2022年1月からの本格的な就活にスムーズに入ることができます。

かといって、就活ばかりに集中するのはしんどいですよね。せっかくの夏休みですから、アルバイトや遊びも充実させたいものです。そのためには優先順位のつけ方とスケジューリングが大切です。夏休みの過ごし方に疑問があれば、ゼミやサークルの先輩に経験談を聞いておくのも一案です。7月の空いた時間に夏休みに向けた戦略を練っておきましょう。

就活、バイト、遊びの順で計画する

まず夏休みの優先順位について考えてみましょう。「最優先するのは就活」と決めてしまうことをおすすめします。採用選考の時期に入ると自己分析や筆記試験にかけられる時間が著しく少なくなります。そのため時間がたっぷりとれる夏休みの間に就活に関する準備をしておくのが得策です。

就活の計画を立てたら、次はアルバイトについて考えてみましょう。アルバイトをする目的は人によってさまざまですが、夏休みは大学生にとって貴重な稼ぎどきです。また、アルバイト経験が就活の選考に有利になることも少なくありません。単純にお金を稼ぐことのほかに、メリットがある職種を探してみましょう。

夏休みを利用した短期留学や長期旅行、ボランティア活動もおすすめです。しっかりとした動機を持って活動に専念する時間にしてもよいでしょう。

社会人になると長期休暇は取りにくくなります。学生だからこそできる仲間たちと思いっきり遊べる夏休みはかけがえのないもの。友人との会話のなかで就活に関する貴重な情報が得られることもあります。しかし遊び優先になってしまうと、就活という名の厳しい戦いで苦しむことになりかねません。就活とアルバイトの合間に遊びの時間を確保するようにしてください。

就活はもちろん、アルバイトや遊びも充実した夏休みにするために、事前準備と計画を怠らず、何かしらの形で自己成長につなげられるようにすべきです。

就活と相性のいいバイトは?

フレキシブルな出勤形態のアルバイトがおすすめ

ここからは就活と相性のいいアルバイトを選ぶコツをご紹介します。夏休みに就活とアルバイトを両立させるには、「時間の融通が利く」「高時給」「就活に有利」の3点が重要です。

時間の融通が効くアルバイト

働く日が固定されたものではなく、日時を自分で選べるシフト制のアルバイトは、就活と両立するためにかかせないポイントのひとつです。シフト制のアルバイトなら「午前はセミナー参加、午後はアルバイト」というスケジューリングも可能です。

企業が行う大学3年生向けのセミナーやインターンシップは、平日の日中だけでなく土日に行われることもあります。出勤形態が固定時間制だと、希望の就活セミナーがあったとしても参加できず、アルバイト優先になりがちです。

シフト制のアルバイトを選ぶなら、シフト表の提出頻度が高い職場がいいでしょう。たとえば月初ごとに提出する場合、中旬から下旬の予定が大雑把なものになってしまうおそれがあります。最悪の場合、予定を入れる度にシフト表を変更する手間が発生することになることも。一方、1週間ごとの提出であれば予定が立てやすくなります。夏休みからシフト制のアルバイトを始める際は、面接時にシフト表の提出間隔を確認も合わせてすることをおすすめします。

シフト制のアルバイト例

  • コールセンター
  • 飲食店
  • コンビニ、ネットカフェ など

高時給のアルバイト

夜間バイトは時給が高いですが生活習慣が乱れやすくなります。特段の理由がない限り、昼間のアルバイトにしましょう。また、高時給のバイトはほかのアルバイトに比べて体力を消耗するケースが多く、就活や学業に支障をきたす場合も。アルバイトのためにほかのことができなくなってしまうことがないよう、無理のない範囲で検討してください。

高時給のアルバイト例

  • イベントスタッフ
  • 引越しスタッフ
  • コールセンター など

就活のアピールポイントにつながるアルバイト

アルバイトで社会人マナーを身に付けることもできる

アルバイト先での経験が就活の際、有利に働くこともあります。希望する業種に関連するアルバイトなら、面接で経験談をアピールポイントにできます。

たとえば、ITエンジニアは在宅ワークのアルバイト求人が豊富にあります。即戦力としての採用が期待できるため実績を積みやすい業種です。

社会人マナーを身に付けたいなら、ホテルのフロントスタッフなどもいいでしょう。しっかりとした敬語の使い方やホスピタリティを習得できるはずです。また、人にものを教える塾講師、家庭教師の場合はコミュニケーションのテクニックを養うことができそうです。

自分の弱点克服につながるような内容のアルバイトを探すのも就活をするうえで得策といえるでしょう。

社会人経験を養うアルバイト例

  • ホテルフロントスタッフ
  • ITエンジニア
  • 塾講師、家庭教師 など

日雇いのアルバイトもおすすめ

日雇い派遣で人気がある試験監督もおすすめバイト

30日以内で働ける日雇いのアルバイト(日雇い派遣)もおすすめです。このメリットはすぐに働けて現金が得られることです。遠方に行く際の宿泊費や交通費の確保にはぴったりの労働スタイルといえます。また、働きたいと思った前日でもアルバイトの予定を入れやすく、スケジューリングもしやすいです。

「日雇い派遣」と呼ばれる30日以内の労働者派遣の仕事は平成24年10月1日の施行の改正労働者派遣法により原則禁止されていますが、例外が存在します。働けるのは60歳以上の人、雇用保険の適用を受けない学生、年収500万円以上で副業として日雇派遣に従事する人、世帯年収の額が500万円以上の主たる生計者以外の人です。原則として学生は雇用保険には加入できないため、ほとんどの学生は日雇いのアルバイトで働けるといえるでしょう。

店や会社などの雇用主と直接契約する日雇いのアルバイトもありますが、日雇い派遣の場合は派遣会社への登録が必要です。日雇い派遣で気になる求人があれば、夏休み前に登録を済ませておくことをおすすめします。仕事内容は工場でのシール貼りや試験監督などが多いですが、ときには重労働が含まれることも。また派遣会社によっては前日に仕事を登録できないところもあります。不明な点があれば登録会の際にスタッフに質問するようにしましょう。

ただし仕事内容が就活と直結する可能性は低く、日雇いのアルバイトはあくまでもサブであると考えた方がいいかもしれません。

時間と場所を選ばないアルバイト

新型コロナウイルス感染症の影響により居酒屋やレストランといった飲食店でのアルバイトのシフトが減少する一方、オンラインでできるアルバイトが増えています。オンラインなら時間と場所を選ばないため、交通費や時間を節約できるメリットもあります。

また、今後の社会ではZoomをはじめとするオンラインツールを使いこなすスキルが求められます。就活の採用選考でもオンライン面接のような機会が増えるでしょう。アルバイトを通して、今後の社会で求められるオンラインのスキルも習得できれば、選考で大きな武器になるはずです。

代表的なオンラインのアルバイトは家庭教師が挙げられます。Zoomやオリジナルの通信ツールを用いて子どもたちに勉強を教えるのが仕事です。最初は慣れないかもしれませんが、塾の運営スタッフがオンラインを通じてサポートしてくれます。

すぐにお金を得たいのであれば、クラウドソーシングを利用したアルバイトもあります。クラウドソーシングの仕事を紹介するWebサイトではデータ入力やライティングといった求人が紹介されています。なかには内容に対して報酬が安く設定してある案件もあるため、メリット・デメリットを考えながら応募しましょう。

オンラインでできるアルバイト例

  • 塾講師、家庭教師
  • データ入力
  • ライティング(執筆) など

有給インターンにチャレンジして内定をゲット

インターンには有給と無給がある

希望の業種や企業が決まっている方は、有給インターンにチャレンジしてはいかがでしょうか。一般的にインターンには無給インターンと有給インターンがあり、給料が出る・出ない以外にもさまざまな違いがあります。

無給インターンは1日~1週間程度の短期間で、体験型のものが多いです。説明会やワークショップを延長したものがイメージとして近いでしょう。

一方、有給インターンは3か月以上を基本とし、長期間にわたることが多いです。こちらは実際の業務を任せられ、営業職であればお客様に会い、事務職であれば簡単な事務作業に従事します。給料は時給計算されるのが最も一般的です。有給インターンに参加するとアルバイトをする必要がなくなり、業務を通じて業界研究や自己分析ができます

「有給インターンは夏休み後の学業にも影響してしまうのでは」と、不安になるかもしれませんが基本的に心配はいりません。有給インターンを実施している企業は学業への配慮があり、大学の授業やゼミ、テストなどに支障をきたさないようにしています。またスケジュール変更にも柔軟に対応しています。

有給インターンにはお金が得られる以外にもビジネススキルやマナーが学べるなどさまざまなメリットがあります。競争率が高いため、早めにチェックしておきましょう。ほかにも、企業や業種の実態を肌で感じられることから、就職後のミスマッチを防げます。さらに有給インターンから、そのまま内定が得られることも少なくありません

しかし企業のなかには、インターン生を利用して過剰な仕事を押し付ける悪質なところもあります。有給インターンを選ぶ際は日程や業務内容を確認することはもちろん、その企業の評判も事前に調べておきましょう。

まとめ:学生生活を謳歌しながらニューノーマルの就活を

新型コロナウイルス感染症の影響により、今後の夏休みの過ごし方や就活の方法までもが大きく変わることが予想されます。就活ではオンライン説明会やオンライン面接の増加が予想される一方、大ホールで行っていた就活イベントは減少傾向となるでしょう。夏休みの時間を使って、新たな就活の取り組みや社会情勢の変化を確認しておきましょう。

海外経験や人との交流が嫌悪される社会だからこそ、そのなかでどのような工夫をして大学生活を送るべきなのか、という視点が必要です。夏休みから今後の就活準備を入念にしておけば、充実した学生生活を送りながらスムーズに就活を始められるでしょう。

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

関連記事をタグで確認
この記事を書いたライター
伊藤璃帆子

伊藤璃帆子

芸術大学で美術、写真を学び、ITマーケティング会社を経て、独立。現在フリーでライター、編集、撮影、イラスト、フードスタイリングなどを手掛ける。

TOPへ戻る