この記事を書いたライター

松岡つぐみ

松岡つぐみ

大学卒業後、薬剤師として社会人デビュー。 しかしその後、ビールが好き過ぎるあまり飲食業界に転職し最終的にはバーテンダーに転身。 趣味は新ビールの一人品評会。世界中のビールを飲み歩く「ビール旅行」を夢見る32歳

2020年8月8日

地方就職という選択はあり? 働く場所にとらわれない就職活動

uta-nita-n

あなたは卒業後、どこで働きますか? 都市部で働くか地方で働くか、慣れ親しんだ土地で働くか見知らぬ土地で働くか。

正解はありませんし、どれもあなたの選択次第。働き方改革の波もあり、これからはUターン・Iターンを選択する学生は増えていきます。就活はあなたの人生設計における大きなターニングポイント。この機会に、「どこで働くか?」を考えてみましょう。

この記事のポイント
  • ①Uターン・Iターンとは、地方から都市部へ、都市部から地方へなど「どこで働くか?」を考えるときの、選択肢のひとつ
  • ②Uターン・Iターン就活は、個々の情報収集が重要! キャリアセンターやハローワークを活用し、夏休み中にできる限りの活動をやろう
  • ③Uターン・Iターンで、どのような人生を送りたい? あなたの理由を明確に、後悔のないライフスタイルを考えよう

就活におけるUターン・Iターンという選択肢

あなたはどこで何をする?

就活をはじめるときに考えるのが、「どのような仕事をしようか?」「どのような会社で働こうか?」ということ。しかし、以外と忘れられがちですが、仕事選びや会社選びと同じくらい大切なのが「どこで働くか?」です

あなたが都市部の出身者であれ地方出身者であれ、「どこで働くか?」はあなたの人生観やライフスタイルと密接に関係します。

現在はインターネット環境が充実し、例え国外であろうと気軽にコミュニケーションがとれる時代です。また、新型コロナウイルスの世界的流行に伴い、テレワーク(在宅ワーク)を本格導入する企業も増加を始めました。さまざまな要因が積み重なり、「働く場所」の制約は徐々になくなってきているといえます

「Uターン・Iターン」とは?

ところで、UターンとIターンの意味を正しく理解しているでしょうか? Uターンとは、地方から都市部に移住した人が、再び故郷に戻ることを指します。つまり、学生時代を都会ですごしたひとが故郷に戻るパターンです。

Iターンとは、都市部から出身地とは異なる地方に移住して働くことを指します。つまり、都市部で生まれ学生時代をすごした人が地方の企業に就職し生活環境も移すというものです。

以前は、都市部ではなく地方で就職することに、ネガティブな印象を持つ人が多くいましたが、最近その様相は変わってきています。都会での生活を諦めたり地方に仕方なく戻ったりするという消極的選択ではなく、個々人の人生観やライフスタイルとして積極的選択をする人が増えているのです。

いまやUターン・Iターンは、全ての人の選択肢のひとつとして「アリ」なのです

ただ、都市部と地方では就活状況は大きく異なります。都市部での就職を目指す学生と同じような就活をしていたのでは、思うように結果がでないかもしれません。Uターン・Iターンを目指す人は、その就活のやり方を知り、移住に向けての準備を整えておきましょう。

夏休み期間中に地方企業をチェック!

地方での就活は勝手が違うことを想定しよう

Uターン・Iターンを目指すなかで気を付けたいのは、大学のキャリアセンターからのサポートはあまり期待できないという点です。

一部の地方大学では、都市部の企業への就職を目指す学生に対し、サポートセンターを設け職員を常駐させるなどのバックアップ体制をとっていますが、地方の企業への就職を目指す学生に対してのサポートはほとんどありません。Uターン・Iターン就活をする際は、限られた情報源を頼りに、個々で活動していかざるを得ないということになります。

そして普段、都会で暮らすなかでのUターン・Iターン就活は容易ではありません。最近はオンラインで説明会を開く企業も増えつつありますが、選考の過程などで直接足を運ばなければならない機会も多々あるでしょう。身体は都市部にあるのですから、そのなかで地方に何度も出向いたりしていたのでは身が持ちませんし、お金も時間も足りなくなってしまいます。

Uターン・Iターンは夏休み期間中が勝負?

そこでオススメしたいのが、夏休み期間中に地方企業をチェックする方法です。大学で授業がある期間は学業第一ですが、大学が休校になる夏休みはUターン・Iターン就活をまとめて行うチャンス!

大手就活サイトなどにはUターン・Iターン希望者向けの情報が掲載されていますので、夏休み期間中に開催される合同企業説明会などをチェックし、できる限り参加しましょう。そして地方企業も、企業説明会に参加してもらうチャンスであることを理解しています。そのため、夏休み期間中は地方でも説明会が多数開かれ、選考試験を行う企業もあります。

また、大学のキャリアセンターからのサポートは期待できないとお伝えしましたが、地方出身者向け求人情報が大学に届いていることは少なくありません。そのため、キャリアセンターに定期的に足を運び、あなたが希望する地方での求人がないか確認しておくことが大切です。

地方で就職するなら、狙い目はハローワーク主催の会社説明会

uta-nita-n1

就職イベントを利用してみよう!

民間の就活サイトの他に、Uターン・Iターン希望者にぜひ活用してもらいたいのがハローワークです。ハローワークは「仕事を辞めた人が通うところ」「中途採用向け」とイメージされがちですが、実はそれだけではありません。

最近では新卒者を含む若者の就職支援にも力を入れており、就職イベントも多く行っているのです。このほか、Uターンセンターなど都道府県が設置している関連施設もあり、求人検索ができたり、地方求人の情報が得られたりするほか、就活に関する相談に乗ってもらえます。

これは、大学のキャリアセンターのサポートが得にくく、孤立無援になりがちな学生にとっては大きなことです。就活は情報が命。とくに入手しにくい地方企業の情報は積極的に取得したいものです。

なぜ地方で働くの? 何のためのUターン・Iターンか考えよう

何を達成するためのその選択なのか?

ここまでUターン・Iターン就活についてお伝えしてきましたが、そもそも何のためのUターン・Iターンなのでしょうか。Uターン・ターンにはメリットもあれば注意点もあります

たとえば、Uターンであれば、「家族のそばで働くことができる」「生まれ育った地域の活性化に貢献できる」などがありますが、単に「地元に戻りたい」「地方でのんびり働きたい」だけではどうでしょうか? そのような理由では、おそらく地方での就活も難航するでしょう。

また、都会と地方では生活環境が大きく変わります。交通手段が車中心になったり、地方ならではの地域コミュニティがあったりと、とくにIターンを希望する人にとっては初めての環境ばかりです。

仕事においても勝手が違うことも多々あるでしょう。そのような状況を受け入れ、柔軟に対応していく心構えが必要です。

Uターンについても、あなたが幼少期をすごした街が、大きく様変わりしていることもあります。昔と同じような暮らしができる保証はありません。

なぜUターン・Iターンするのか、どのような人生を送りたいのか、より深く考えてみてください。きっと、Uターン・Iターンをしようと決めた、あなたらしい理由が見えてくるはずです。

働き方については人生いろいろ、働き方もいろいろ「フレキシブル・ワーク」で人も会社もハッピーに!の記事でも紹介していますので、あわせてご覧ください。

【まとめ】Uターン・Iターン就活の3つのポイント

uta-nita-n2

選択肢の中から、最善を考える

新型コロナウイルス流行の影響もあり、働き方は今後ますます多様化していくでしょう。働き方の多様化とは仕事のやり方に限らず、その人のライフスタイルも含めた意味での多様化です。その代表が、「働く場所」を選ばないテレワークや、フリーランスです。

そういう意味ではUターン・Iターンがこれから盛んになる可能性は十分ありますし、選択する学生も増えていくでしょう。都市部での就職を目指す学生にも同じことがいえますが、現在と異なる環境は良く見えがちです。しかし、そこにいざ身を置いてみると、慣れるまでに多くの時間が必要ですし、努力も欠かせません。

Uターン・Iターンに正解はありませんが、5年、10年後、人生のなかで納得のいく選択だったといえるよう、この機会に自身の人生観やライフスタイルを改めて考えてみましょう。

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

関連記事をタグで確認
この記事を書いたライター
松岡つぐみ

松岡つぐみ

大学卒業後、薬剤師として社会人デビュー。 しかしその後、ビールが好き過ぎるあまり飲食業界に転職し最終的にはバーテンダーに転身。 趣味は新ビールの一人品評会。世界中のビールを飲み歩く「ビール旅行」を夢見る32歳

TOPへ戻る