この記事を書いたライター

さかた えみ

さかた えみ

大学卒業後、生命保険業界に勤務。結婚退職し、二児の母となる。転勤を経験したことから「地方にいても働く方法」を模索し、ライターとして活動を始めた。現在は、ライター活動の他、広報やSNSの管理などもおこなっている。

2020年9月11日

ガクチカは誰にでもある?知れば見つかるガクチカの作り方

就活のESや面接で必ず聞かれるガクチカ=学生時代に力を入れたこと。「大学時代は遊んでばかりだった」「サークルやアルバイトしかしていなかった」などの理由で、「ガクチカがない」と焦っている人はいませんか? そんな人も安心してください! 自分にはないものだと思いこんでいるだけで、ガクチカは誰にでもあるものなのです。

今回は、ガクチカについて就活で聞かれる理由や評価のポイントからガクチカがどうしても見つからない人のための対処法まで深堀りしながら解説します。

ガクチカとは何か

勉強に打ち込んだこともガクチカのひとつ

ガクチカとは「学生時代に力を入れたこと」を略したもので、つまり「学生時代にがんばったこと」を指します。就活の面接やエントリーシート(ES)では必ず聞かれる事項です。単純に力を入れたことをまとめるだけでは不十分であり、志望動機や自己PRと同じぐらいの対策が必要です。

まずは、ガクチカを聞かれる理由や見られるポイントなどをしっかり抑えてから取り組みましょう。

ES・面接でガクチカを聞かれる理由

就活で必ず聞かれる「ガクチカ」

なぜ選考でガクチカについて聞かれるのでしょうか?  エントリーシートや面接でガクチカについて聞かれる理由はふたつ。ひとつめは、企業の求める人材と就活生がマッチするかどうかを見るため、ふたつめは就活生のコミュニケーション能力を見るためです。

ガクチカで就活生の価値観、企業との相性がわかる

人事はガクチカを通して、就活生がどんなことに関心があるのか、何を考え、どのような行動をしたのかといった価値観や人間性を見ています。「リーダーシップを発揮できる人」「コツコツ努力をするタイプの人」といったことです。

まだ社会人経験のない就活生は、実務スキルや経験で採用判断をすることができません。そのためガクチカを通して伝わる価値観や人間性を見て、企業の求める人材像とマッチするかどうかを判断するのです。

また、ガクチカの内容からは、本人の志向が企業の社風と業務内容に合うかどうかを推測できます。たとえば、就活生がガクチカとしてボランティアのエピソードを語った場合、社会貢献性の高い企業との相性がいいといえるでしょう。

ガクチカで「伝える能力」の有無がわかる

論理的思考能力に裏打ちされた、伝える力が重要

ガクチカを聞かれた際は、「人に伝える能力」があるかどうかも見られています。ガクチカで自分の経験をわかりやすく、魅力的に伝えることができたら、それは高い評価につながるでしょう。なぜなら伝える力は働くうえで重要なスキルのひとつだからです。

営業やサービス業など対人関係の多い仕事はいうまでもなく、それ以外の仕事でも円滑に仕事を進めるためには、上司や同僚とコミュニケーションをとらなければなりません。そのためにわかりやすく伝える力は絶対に必要なのです。

また、物事をわかりやすく人に伝えることは、「論理的思考力」があってこそできることです。課題や問題を要素別に仕分けして整理をしたり、さまざまな視点から物事を分析し結論を導き出したりする力のことでロジカルシンキングとも呼ばれています。

相手の理解を促し納得してもらえるように話を組み立てるにはロジカルシンキングが必要不可欠です。ガクチカを話す際も、「エピソードの構成」「課題を解決したプロセス」の内容から論理的能力に裏打ちされた伝える能力の有無が判断されるのです。

企業から見たガクチカの評価ポイント

企業はガクチカのここを見ている

ここまでに述べたとおりガクチカは、

  • 企業と就活生の相性
  • 伝える力の有無

をチェックするために聞かれます。つまり企業は語られた内容そのものを評価するのではないということです。就活生は「どのような経験をしたか」という内容に焦点を置きがちですが、企業はそれ以外の部分を大きく評価しています。

多くの就活生がいるなかでガクチカの内容は、アルバイトや部活、ボランティアなど、似たような話になりがちです。そのため、企業側も学生時代の経験についてのトピックを重要視していません。

企業がガクチカを評価するポイントは次の2つです。 

ガクチカの評価点①成果ではなくプロセス

企業がガクチカで評価するポイントは、

  • 就活生がどれだけ努力をしたのか
  • その努力は適切なものなのか

ということです。

たとえばガクチカにありがちな「アルバイト先で売り上げが一番になりました」というエピソード。成果としては立派ですが、そのプロセスはどうでしょうか。もしかしたら、その成果は偶然のものかもしれません。

そのため企業は、

  1. 面接をしている学生がこれまでどういった成果を上げたのか
  2. 適切なプロセスを踏んでいたのか
  3. そこで得た経験を元に入社後も成果を出せるのか

という3つの視点で、ガクチカを評価します。

先ほどのアルバイトの例だと、アルバイト先で売り上げを達成するために「毎日商品の特徴を書いたPOPを作った」「進んでチラシを配りに行った」といったプロセスを伝えることが重要なのです。

ガクチカの評価点②物事に対する姿勢や価値観

ガクチカで取り組む姿勢や価値観をアピール

ふたつ目の評価ポイントは、物事に対して取り組む姿勢・価値観が見えるかどうかです。ガクチカで何かに打ち込んだ事実だけを説明しても評価は期待できません。

たとえば、長年続けている野球についてガクチカでアピールしたいとします。

  • 小学1年生から野球を始めました
  • キャプテンを務めました
  • 県大会の決勝まで進みました

これらは単なる事実です。野球に対する姿勢や価値観は伝わりません。先にも述べましたが、ガクチカを聞く理由は「学生と企業の相性を判断するため」「伝える力を知るため」です。自分の志向や伝える力をアピールするためには、事実よりも取り組んだ際の姿勢や価値観をアピールしなければなりません。

では、ガクチカでそれらを伝えるためにはどうすればよいのでしょうか? それは事実に対して「なぜ?」「どのように?」と質問を自分のなかで繰り返していけばいいのです。先ほどの野球の例で考えてみましょう。

  • なぜ野球に打ち込もうと思ったのか
  • 目標(優勝)を達成するために何をしたか
  • キャプテンをすることで何が身についたか
  • 野球経験は今後どう生かせるか

上記の質問に対する答えを自分のなかで深めていけばエピソードに取り組む姿勢や価値観がわかってくるはずです。それが志望する会社にマッチしていれば、ガクチカが高く評価されるでしょう。

それでもガクチカがない場合

ガクチカは作ることができる

今年は新型コロナウイルスの影響で、アルバイトや部活、サークル活動や海外留学などに制限がかかり、ガクチカを作ることができない人も少なからずいるでしょう。しかし、解説してきたガクチカの意味や評価基準のとおり、ガクチカは決してトピックのすごさで優越が決まるわけではありません。

アルバイトでも、部活でも、ゼミの研究でも、まわりが同じようにしている経験のなかから、結果に至るまでのプロセスとそれに対する気持ち(価値観)をしっかり伝えればいいのです。「頑張ったことなんてない」と思っている人にも、ガクチカは書けます。

それでもガクチカがないという人は、とにかく何か新しいことを始めましょう。たとえば次の4つはどうでしょうか。

  • 長期インターンに参加する
  • 英語やプログラミングなど新しい学習を始める
  • 大学やゼミの卒論に注力する
  • ライターやハンドメイドなど自宅でできる仕事でお金を稼ぐ

大事なことは、始めたら自分で目標を設定し真剣に取り組むことです。目標を設定し達成するまでのプロセスと、そこで感じた気持ちをまとめれば、立派なガクチカになるでしょう。

まとめ:ガクチカは「普通」で大丈夫

ガクチカの優劣は、トピックの派手さでは決まりません。テーマはアルバイトや部活など、普通のことでいいのです。成果を出すまでのプロセス、物事に取り組み際の価値観に焦点を当てたガクチカを作りましょう。

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

この記事を書いたライター
さかた えみ

さかた えみ

大学卒業後、生命保険業界に勤務。結婚退職し、二児の母となる。転勤を経験したことから「地方にいても働く方法」を模索し、ライターとして活動を始めた。現在は、ライター活動の他、広報やSNSの管理などもおこなっている。

TOPへ戻る