この記事を書いたライター

伊藤璃帆子

伊藤璃帆子

芸術大学で美術、写真を学び、ITマーケティング会社を経て、独立。現在フリーでライター、編集、撮影、イラスト、フードスタイリングなどを手掛ける。

2021年3月26日

【就活のオンライン面接対策】面接官の心を鷲掴みにする方法とは?

就活のオンライン面接対策タイトルイメージ

新型コロナウイルス感染症の影響で就活の方法もずいぶんと変化しました。いまでは多くの企業でオンライン上でのコミュニケーションを積極的に取り入れています。オンライン企業説明会までは情報を得ることがメインなので聞き手であればいいのですが、面接ではコミュニケーション力が問われるため、オンラインならではの面接対策が必要になります。今回はオンライン面接で好印象を得られる方法を紹介していきます。

オンライン面接ならではの事前準備

まずは面接に臨むための準備をしましょう。対面での面接と同様にトーク内容やアピールの仕方について対策を練ることは大切ですが、オンライン面接ではそのほかに以下のような準備が必要です。

面接で使用するオンラインツールに慣れておく

就活のオンライン面接ではZoomやSkype、Google Meet(またはGoogle Hangouts)といったオンラインコミュニケーションツールを使用します。入室の仕方やカメラや音声のチェック、画面共有の仕方といった操作方法に慣れておくのがオンライン面接対策の第一歩です。

ただし企業によって使用するツールは異なり、面接に特化した有料サービスを使用する企業もあります。面接が決まっている企業で使用するツールが有料であったり、独自のツールであったりして事前練習ができない場合でも、いくつかの類似ツールに慣れておけば比較的簡単に使用できるはずです。

余裕を持って面接の当日を迎えられるように、事前に操作練習をしておくことをおすすめします。

オンライン面接のための環境を整える

オンライン面接を受けるための環境整備も重要です。面接における環境は通信環境と物理的環境の2点を考えます。

オンライン面接には安定したネット環境を用意しましょう。回線が不安定だと画像や音声に障害が起きやすく、途中で切れてしまうこともあります。できるだけ通信速度が安定している場所を選ぶ、いつも無線LANでつないでいるという方は有線LANを使用する、など万全な対策をしてから臨みましょう。

次に物理的環境の面接対策です。自宅で面接を受ける方は室内の整理整頓を心がけ、可能なら面接や自己アピールと関係のないものは別の場所へ移動しておきましょう。画面に映り込む場所だけではなく部屋全体を整理しておくほうが無難です。とくにスマートフォンでオンライン面接を受ける方は、面接中にスマホ画面が倒れてしまい散らかっている場所が映ってしまうこともあります。また、電球が切れそうな照明はチカチカして気が散りますし、薄暗い部屋の場合はも暗い印象を与える可能性があります。映り込まない範囲や、普段気にならない場所も抜かりなく対策をしていきましょう。

オンライン面接の服装はスーツ?カジュアル?

オンライン面接の服装については説明会や就職ナビサイトで確認することが前提ですが、指定がない場合はスーツにしましょう。これは対面の就活の場合と同じです。

「私服でも可能」という場合は私服で臨みましょう。ただし、面接での「私服」とは普段着ではなく「ビジネスカジュアル」であることをお忘れなく。あまり華美ではない襟付きのシャツなら安心です。

面接モードに切り替える

自宅でオンライン面接を受ける場合、ONとOFFの切り替えが難しいものです。「緊張を和らげたい」「リラックスモードで臨みたい」と考えてしまいがちですが、ギリギリまでほかのことで時間を潰すのは避け、通常の就活と同等の面接モードに切り替える時間を確保するようにしましょう。またオンライン面接で予期せぬアクシデントが発生するかもしれません。余裕を持って準備することを心がけましょう。

画面共有したいデータを用意しておく

オンライン面接ではPCに入っているデータを画面共有して相手に見せることができます。もし使用したいデータがある場合はデスクトップに置いたりファイルを開いておき、必要なときにすぐに対応できるようにしておきましょう。対応がスムーズに進めば、就活に対する事前準備や気遣いの面での評価につながります

オンライン面接で好感の持てるコミュニケーション

対面の面接とオンライン面接の大きな違いのひとつに非言語のコミュニケーションが減ってしまうことが挙げられます。対面での面接では視線の動かし方や身振りなどからも情報を伝えることができますが、オンライン面接では視線が合いづらく体も大きくは動きません。言語以外の情報量は対面に比べてかなり減ってしまいますので、オンライン環境ならではの面接対策を行って、伝える情報を補強していきましょう

受け答えは大げさに

オンライン面接では頷きや返事は大げさかなと思うくらいで行うことが面接対策につながります。PCの画面を通した面接は、実寸大よりも小さく映るものです。もし小さなウインドウにあなたが表示されていた場合、少しくらいの頷きでは反応しているかわかりません。最悪の場合フリーズしているのかと心配されることにもなりますので、通常よりも大きなリアクションを心がけましょう。

会話はハキハキ大きな声で

オンライン面接で使用する機器のレベルによっては小さな声もクリアに拾うことができます。しかし、あまり口を開かずに話していると覇気が感じられなかったり、話に勢いがつきづらくなります。ある程度大きな声で話した方が元気さや熱意を伝えることができるため、面接対策として有効です。使用するマイクの音声を調節したり、周囲が静かな環境で行える場合はマイクを使わずに行ったりすることも検討してみましょう。

ジェスチャーや表情を意識して

オンライン面接で理路整然と自己アピールができれば、優秀なイメージを与えられるかもしれませんが、同時に冷たい印象にもなりがちです。画面越しにあなたの熱量を感じてもらえるような面接対策として身振りや手振ぶりを使ったり、笑顔を意識したりすることが重要です。

カメラを見ることも意識する

就活のオンライン面接対策イメージ画像

画面を見て話すのではなく、カメラを見ながら話してみましょう


相手の目を見て話すことは就活に限らず対面コミュニケーションの基本です。オンライン面接において、あなたを映すのはカメラであることを忘れてはいけません。画面の向こうで映っているあなたの目と担当者の目が合うようにするために、相手の顔ばかり見るのではなく、時にはカメラに視線を向けることを心がけましょう。まったく目が合わなかったり、違うところを見ている時間が多かったりすると、カンペを見ているのかと詮索されるかもしれません。印象が悪くなってしまうことにもつながってしまうので避けましょう。

オンライン面接で起こりがちなアクシデントとその対応

オンライン面接では対面での面接とは異なるアクシデントのリスクがあります。あらかじめ面接対策をしておけば必要以上に焦ることもなくなります。ここではオンライン面接特有のアクシデントと対応の例を紹介します。

通信が切れてしまう

オンライン面接で最も心配なのは通信が切れてしまうことです。多くの場合、面接案内に緊急連絡先や担当者の電話番号が載っていますので、あらかじめチェックしておき、通信が回復しなそうであれば、まずは電話して現状説明を行いましょう。対面の就活でも何かしらのトラブルによって面接時間に間に合わなかったり出席できなくなってしまったりといったことはありえます。オンライン特有のトラブルで慌てずに報告と相談をすればいいのです。またメインとは異なるサブのWi-Fiを準備しておく、携帯でテザリングできるようにしておくなどの代替え案も用意しておくと安心です。

タイムラグが起こる

タイムラグが起こるのもオンライン面接特有のトラブルです。音声の遅延やノイズといったトラブルが発生した際、あなたが真剣に面接官の話を理解しようとしてる表情が険しく映ってしまうかもしれません。また、コミュニケーションのテンポが合わないといった印象を与えかねません。このような場合はできるだけ早めに相談することが面接対策になります。聞き取りづらい環境にいるこちらの状況を早めに共有しておくことで、配慮してもらいやすくなります。

家族が部屋に入ってくる

自宅でオンライン面接を受けている場合は、そのことを知らない家族が部屋に入ってきたり、話しかけたりするかもしれません。そのようなことで評価が下がることはないと思いますが、緊張の糸が切れてしまったり、パニックで頭が真っ白になってしまうようなことは大いに考えられます。集中して臨むために、面接する前に家族に一声かけたり、自室の前にその旨を書いたメモを貼ったりして面接対策しておきましょう。

オンライン面接も基本は対面面接と変わらない

ここまでオンライン環境における面接対策のポイントをお伝えしてきましたが、面接を受ける際に大切なことは対面面接でもオンライン面接でも変わりません。大切なのは、事前の準備と基本を忘れずにきちんと想いを伝えることです。やり方や見せ方は重要ですが、まずはあなたの内面や気持ちを十分に整理して、その熱意を思い切り表現することを心がけましょう

“面接に落ちる理由”もチェックしておこう!
最終面接に落ちる理由とは?その理由、現役採用担当が教えます

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

この記事を書いたライター
伊藤璃帆子

伊藤璃帆子

芸術大学で美術、写真を学び、ITマーケティング会社を経て、独立。現在フリーでライター、編集、撮影、イラスト、フードスタイリングなどを手掛ける。

TOPへ戻る