「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

「専門資格」の職業一覧

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

平均年収274万円

フードディレクターとは、レシピ開発やパッケージデザインを通して、食品メーカーや飲食店に対してコンサルティングを行う職業です。他にも、飲食店プロデュースや料理教室の運営、食に関するイベントの企画・開催を行うこともあります。

料理人というよりも食の魅力を引き出す演出家という役割が強いので、「食」にまつわる幅広い知識が要求されます。料理番組やグルメ雑誌など、メディア向けのレシピや料理を提供するのもフードディレクターの仕事です。

フードディレクターという資格はなく、調理師やフードコーディネーターなど、飲食従事者から転身することが一般的です。フードディレクターとして有名になると、テレビや雑誌などから依頼を受けて、番組の出演やコラムの執筆を行うこともあります。

平均年収218万円

清掃員は、オフィスビルや商業施設、ホテルの客室、公衆トイレ、商店街の通路、個人宅などを専用器具と洗剤を使って清掃する職業です。クリーンキーパーと呼ばれることもあります。

家事代行として個人宅の清掃を単独で任される仕事もあれば、新幹線のわずかな発着時間内に複数人のチームで素早く車内清掃を行う仕事もあります。高層マンションの窓拭きなどクレーン車を使う高所作業や深夜の道路清掃など、さまざまな場所で仕事があるため、自分に合ったタイプの仕事を都合の良いシフトで選べます。

体力勝負の仕事ですが、綺麗になった達成感と、施設利用者からの「いつもありがとう」の一言にやりがいを感じられる仕事です。

平均年収330万円

ダイエット美容家とは、食事法や運動法、マッサージ法など、ダイエットや美容法に関して研究し、インスタグラムなどのSNSや本を出版することで、独自のメソッドを情報発信する職業です。

世の中にはさまざまな美容・健康法がありますが、ダイエットに特化した美容法を提供しているのが特長です。無理なく痩せられるように、体質の改善やメンタル面のサポートも含めたノウハウを提供します。

ただノウハウを公開するだけではなく、おすすめのダイエット・美容グッズを紹介したり、オリジナルで制作した商品をネットショップなどで販売することで、自身の体型や見た目に悩んでいる人々をサポートします。

平均年収393万円

ハム・ソーセージ職人とは、食肉加工店や工場で、ハムやソーセージ、ベーコンなど、主に豚肉の加工食品を作る職業です。

ハムやソーセージに適した豚肉の選定から、加工、包装、保存、衛生管理まで、食品店に商品が並ぶまでの全ての工程を担当します。私たちが安全で美味しいハムやソーセージが食べられるのも、彼ら職人のおかげです。

日本にハムやソーセージの製造技術をもたらしたのは、第一次世界大戦の際に日本に連れてこられたドイツ人捕虜でした。本場ドイツでも廃れてしまった当時の製法技術ですが、伝統的な製法のままハムやソーセージを作り続けている職人が日本では生き残っています。

平均年収274万円

料理研究家とは、料理について研究し、新しいレシピを生み出したり、世の中に情報発信したりする職業です。

お客さんに料理を提供することを仕事としている料理人とは違い、料理教室で生徒に教えたり、レシピ本を出版したりすることが主な仕事です。人気が出ると、テレビの料理番組に出演したり、料理雑誌で特集が組まれたりすることもあります。ブログやインスタグラムなどでレシピを公開して情報発信を行うことも一般的になってきました。

最近では、ローカーボ(低糖質)専門の料理研究家や、オリジナルで制作した健康食品を販売している料理研究家もいます。

平均年収281万円

ペットトリマーは、犬などの長毛ペットの被毛をカットして見た目を整える職業です。トリミング(毛を刈って整えること)を行うことからトリマーと呼ばれますが、スキンケアや爪切り、耳掃除など、グルーミング(手入れ全般)も行います。

優れた理容技術と美容センスを生かして、飼い主の多様な要望にも柔軟に応えながら、ペットの健康管理と衛生管理をサポートします。全身を丁寧に触ることでさまざまな病気の予兆を発見しやすくなります。

ペットトリマーになるには必須の資格はありませんが、「JKC認定トリマー」「一般社団法人日本ペット技能検定協会認定トリマー」などの民間資格を取得しておくと、ペットサロンなどへの就職に有利になります。

平均年収493万円

クレーン運転士は、工場や港湾、建築現場などで、クレーンを運転・操縦し、人力では運搬できない重量物を運搬・移動させる職業です。事業所によっては荷物の移動だけでなく、部品の組み立てなどを任される場合もあります。

一定以下の小規模クレーンについては、所定の学科講習や実技講習、特別教育を受講することで運転・操作ができますが、それ以上の規模のクレーンになると、クレーン運転士免許試験(学科および実技)に合格し、国家資格(免許)の交付を受ける必要があります。

土木工事や建設工事現場などで需要が高い仕事なので、免許の取得費用は 入社後に会社が全額負担してくれることもあります。

平均年収513万円

動物看護師は、動物病院などで獣医師をサポートし、病気の動物を看護する職業です。動物の病気や治療法、服薬に関する基礎知識を持ち、入院動物の健康管理や診察・手術の補助、検査の実施、カルテ管理、飼い主への服薬説明、受付・会計などさまざまな業務を担当します。

最近は高齢ペットや肥満などの生活習慣病を患ったペットが増えています。動物看護師は、飼い主に老化のサインや介護技術、生活改善などをアドバイスしながら、動物たちの健康管理に関するトータルケアを担っています。

動物看護師はになるには、国家資格などの資格を取得する必要はありません。しかし、一般財団法人動物看護師統一認定機構が行う試験に合格すると「認定動物看護師」と称することができます。

平均年収409万円

料理人とは、レストランやホテル、居酒屋などで食材を調理し、お客様に料理を提供する職業です。仕事内容は調理だけでなく、食材の仕入れや仕込み、メニュー開発など多岐にわたります。

日本料理の場合は板前、西洋料理の場合はコックやシェフと呼ばれます。とくにシェフと呼ばれる場合は、ただの料理人ではなく、コックをまとめる”総料理長”を意味します。そのため、シェフの仕事にはスタッフや料理のクオリティのマネジメントも含まれます。

料理人になるには、調理師の専門学校に通ったり、飲食店で下積みをして技術を身につけたりする方法があります。最近では、料理に関することだけでなく、売上や原価計算などの経営感覚を持った料理人が求められています。

平均年収970万円

眼科医は、眼球の病気を治療する専門家です。コンタクトレンズや眼鏡の処方箋を発行したり、屈折矯正やレーシック、白内障、緑内障などの外科手術を行ったりします。

高齢化社会である日本では、白内障などの加齢に伴う眼科疾患が増加しており、また、パソコンやスマートフォンの普及により、若い世代でも眼への負担が増える傾向にあるため、ますます眼科医の需要は高まると予測されています。そのため、将来性のある職業であるといえます。

緊急度が比較的低い診療科であるため、他科に比べてワークライフバランスが取れやすく、開業率も高いという特徴があります。女性が働きやすいということもあり、眼科医全体の約40%を女性が占めています。

平均年収423万円

予備校講師は、主に大学受験を目指す高校生や浪人生向けに、予備校で受験対策に特化した講義を行う職業です。各教科のプロとして入試問題の解法研究を積み重ね、模擬試験の作問を通じて試験問題を予想しています。職業柄、難関大学卒の学歴を有する講師が大半といえます。

予備校講師が行う大学入試センター試験後の解答速報や分析、アドバイスは、難関大学や医学部を目指す受験生たちにとって貴重な参考情報となっています。

社会人経験を持つ兼任講師も多く、大学入試合格に特化したノウハウだけでなく、広い視野で語られる熱い大人のメッセージに生徒たちのやる気も鼓舞されます。また、林修先生のように、有名になるとテレビ番組から出演依頼がくることもあります。

平均年収330万円

盲導犬訓練士は、視覚障害者が使用する盲導犬を育成する職業です。さらに勉強と経験を積み重ねると、視覚障害者に盲導犬との歩き方を指導する盲導犬歩行指導員になれます。

盲導犬候補の子犬は約10か月間、パピーウォーカー(家庭で候補犬を預かるボランティア)の元で育てられた後、盲導犬に向けた訓練を開始します。

年齢や性格が異なるさまざまな視覚障害者のために、想像力を駆使して”見えない世界”をイメージし、より安全・快適にユーザーをサポートする盲導犬を育成する、社会貢献度が高くやりがいのある仕事です。

平均年収410万円

日本語教師とは、国内外の日本語教育機関などで、日本語を母語としない外国人に日本語を教える職業です。原則、授業は日本語のみで行われるため、 英語などの外国語スキルは必要ありません。

日本国内で日本語を学ぶ外国人は約24万人おり、日本語教師の需要は年々高まっています。また、海外でも約130か国で日本語教師が活躍しています。採用時に重視されるのは、実務経験や指導力です。 そのため面接時には模擬授業を課されることもありますが、応募資格さえ満たしていれば未経験者歓迎の求人も多数あります。

文化庁による平成27年度の調査では、教師数はボランティアが60%と最も多く、非常勤が28.5%、常勤が11.5%と続きます。また年代別では、60代が全体の23.2%、50代が18.2%を占めており、副業や退職後のボランティア活動としても定着しています。

平均年収1,159万円

私立大学教員とは、学校教育法で定められた学校法人に所属する教授や准教授、講師、助教、ポストドクター(ポスドク)などを指します。自然科学系や人文社会系など各専門分野に関する研究・教育活動を行います。

私立学校は、国公立とは違い私人等の寄附によって設立された法人であるため、独自の教育理念に則って運営されています。しかし、公教育の一翼を担っている点で「公の性質」を有するため、国の法令に基づき交付された私学助成の配分を受けて活動を行っています。

私立大学の教授として有名になると、国立大学教授よりも高い収入を得ることも可能です。また、なかには企業の顧問や社外役員といった兼業を行っている教員もいます。

平均年収917万円

国立大学准教授とは、学校教育法で定められた国立大学法人に所属し、自然科学系や人文社会系など、各専門分野に関する教育と研究を行う職業です。研究室を主宰する教授と連携しながら、独自の研究活動と、実質的な研究室運営に携わります。

公募情報は各大学の公式ウェブサイトやJREC-IN Portalなどの研究人材向けポータルサイトなどに掲載され、各機関の部局単位で置かれる教授会での審議などを経て採用が決まります。

かつては助教授と呼ばれていましたが、2007年4月の改正学校教育法施行に伴い、准教授に名称が変わりました。

平均年収1,159万円

国立大学教授とは、学校教育法で定められた国立大学法人に所属し、自然科学系や人文社会系など、各専門分野に関する教育と研究を行う職業です。他にも入試委員や公開講座講師など、さまざまな活動を通じて大学の運営に携わります。

国立大学教授は国立大学法人の職員という立場なので、公務員ではありません。しかし、公共性の高い職種であることから、「みなし公務員」として、公務員と同じような待遇を受けられます。

知を愛し、学問を深く希求する哲人の姿になぞらえて、自らをアカデミアと称することがあります。これは紀元387年頃、哲学者プラトンが創設した学園名に由来します。

平均年収410万円

家庭教師は、生徒の自宅に訪問し、生徒の個別目標に合わせて各教科の学習をサポートする職業です。専業のプロ家庭教師もいますが、多くの場合、大学生や他の仕事との兼業者が家庭教師登録会社から派遣されます。

難関校の入試対策を希望する受験生や、学習習慣を身につけたい、あるいは不登校で集団行動が苦手な子供など、さまざまな生徒の性格や性別、学習目標、希望スケジュールに応じて、最も適した家庭教師が選ばれます。

最近では、学校で学ぶ教科だけでなく、プログラミング学習やスポーツ教育なども需要が高まってきています。

平均年収330万円

ヨガインストラクターは、ヨガの正しいポーズや呼吸法などを指導し、生徒の心と身体の健康をサポートする職業です。

ヨガのポーズには様々な効果があり、それらの解説をしながら、自ら実演しアドバイスをします。また、生徒の年代や健康状態などに合わせて、指導計画を練り、ヨガの楽しさを伝えていきます。

ヨガサロンで社員として働く以外にも、フリーランスとしてスポーツジムや老人ホームなど、さまざまな場所で出張レッスンを行うインストラクターもいます。人気のインストラクターになると、個人サロンを開業したり、本を出版したりして、大きな収入を得ることも可能です。

平均年収330万円

ドッグトレーナーは、しつけ教室などで子犬のしつけ方を飼い主に教えたり、飼い主の手に負えない問題犬を調教したり、人間と犬が一緒に暮らせるように飼い主に指導したりする職業です。アジリティー(障害物競争)やフライボール(ボール競技)など、犬と愛犬家が楽しめるドッグスポーツを提供する役割も担います。

犬は社会性があり、個性豊かな動物です。犬の個性を的確に把握し、上位者として毅然とした態度で適切な距離を保ちながらも、愛情と情熱を持ってトレーニングすることで、犬と心を通じ合わせる喜びを感じられます。

ドッグトレーナーになるには資格は必須ではありませんが、専門ライセンスを発行している民間資格も存在します。なお、警察犬や麻薬探知犬などの使役犬を育成する仕事は訓練士と呼ばれており、公務員試験に合格し、警察官や税関職員になる必要があります。

平均年収298万円

ネイリストは、ネイルサロンや美容室などで爪の形を整えたり、アートを施したりして美しく飾る仕事です。

まず初めに、お客様の要望と爪の状態を把握します。
お客様の生活習慣も踏まえながら、どのようなケアやカラー、アートを施すか提案します。
方向性が決まったら爪のケアを行います。削ったりするだけでなく、修復や巻き爪対策をすることもあります。
カラーリングやジェルの塗布、シールやラインストーンを用いたアートは腕の見せ所です。

爪の状態を観察して、お客様に合ったネイルケア商品の紹介や販売をしたり、キャンペーンやイベントの案内もします。

最近は3Dアートやペイントアートなどのニーズが高く、流行を知ることだけでなく、常に進化している商材を扱う技術や知識を身につける必要があります。

平均年収298万円

エステティシャンは、フェイシャルやボディなどの部位ごとに全身の手入れを行う仕事です。

お客様の要望やライフスタイルの確認を行い、肌の状態や普段のケア方法などを細かく把握します。
サロンでの施術とともに、生活習慣とケア方法の改善を提案し、フェイシャルエステ、ボディケア、脱毛など行います。
お客様に合ったスキンケア商品を販売したり、キャンペーンやイベントを案内することも業務のひとつです。

また、お客さまにリラックスしてもらうため、施術中の会話やサロンの空間づくりなどに配慮することも大切です。
エステティシャンは約70,000人いると言われており、エステティックサロンの他、ブライダルサロンや美容室、ホテルなど幅広い活躍の場があります。

平均年収965万円

航空機パイロットは、旅客機や貨物機を操縦し、人や貨物を目的地まで安全に運ぶ仕事です。

出発前に気象データや空港の状態、航空機の整備状況などを把握し、機長と副操縦士の二人で分担して離陸の準備をします。
客室内の準備が整い、離陸の指示がでたら離陸します。
飛行中はフライトプランを基に、航空管制官と連絡を取り合いながら安全な航行を確保します。
着陸後は、飛行中の機体状態を整備担当者に共有し、フライトの振り返りと飛行日誌の記入を行います。

最近は自動運転システムの発展により、運転は比較的容易になっています。
パイロットへの負担が軽減される一方、従来より安価なプライベートジェットなどの開発も進み、航空機パイロットの需要がより一層進むものと思われます。

平均年収368万円

トラック運転手は、個人や法人などから依頼を受けた荷物を、トラックを運転して荷揚げ場所から荷卸し場所まで確実に配送する仕事です。

宅急便などの小包だけでなく、引っ越しの荷物から建築使われる大きな構造物、危険物に指定されるガソリンや高圧ガスなど様々な種類があり、それに合わせて小型、中型、大型、長距離、宅配、冷凍冷蔵車やタンクローリーなど、使用するトラックや積載量が変わったり、距離などにより種類や必要な免許も変わります。

以前よりトラック運転手の過酷な労働環境が問題になっていますが、最近では労働時間の短縮や有給休暇の取得など少しずつ働きやすい環境が整ってきています。

平均年収619万円

高校教師は、公立や私立の高等学校に勤め、クラスを担当したり、自身が専門とする科目について教育・指導を行う仕事です。

高校教師は小中学校と違い専門的な科目を担当し、クラスをまたいで授業を行います。
担当クラスにおいては、年間の授業スケジュールを組み立てたり、進路相談に乗ったり、常に生徒とコミュニケーションを取り、悩みがあれば相談に乗ります。
その他、部活動の顧問になった場合は、その準備や指導・活動を行い、体育祭や文化祭では主体となる生徒たちのサポートを行います。

長期休暇中に授業はありませんが、補習や講習があるので、一日2コマ程度は授業をすることがあります。また、中学生対象のオープンキャンパスや、文化祭の準備を生徒と行います。もちろん部活動の顧問になっている場合には部活指導も行います。

平均年収619万円

小学校教諭は、文部科学省が定めた「学習指導要領」の基準に沿って授業計画を立て、指導を行います。

基本的には全ての科目を一人で教えますが、音楽や体育などは専門の教諭を配置している学校もあります。
生徒が登校するまでに授業の準備を行い、出欠連絡などの対応を行います。生徒が登校したら、午前と午後に授業を行います。
生徒が下校した後には、テストの採点や翌日の授業の準備を行います。
その他に、運動会や音楽会などの学校行事の準備・実施や、PTA活動なども行います。

以前は一人の教諭が担任としてクラスを教えることがほとんどでしたが、近年は一つのクラスを二人の教師で教えるチームティーチングという取り組みも進んでいます。

平均年収288万円

保育士は、保育所や児童福祉施設で、主に0歳〜6歳までの子どもを預かり保育をする仕事です。

開園準備から始まり、親御さんのお迎えが終わる閉園まで一日中、子供達の安全を守り、健やかな成長をサポートし、運動や学習などのカリキュラムを実施します。
お祭りや運動会、発表会など頻繁にあるレクリエーションの企画や準備、当日の運営など幅広い業務を行います。

保育士は、子どもを心身ともに保護するというだけでなく、子供達の興味をひく遊びを考えて実践し、考える力や感性を育てていくことも大事な仕事です。

平均年収421万円

薬剤師は、主に調剤薬局やドラッグストアなどで、医師の処方箋に従い、患者さんに必要な薬の調剤・提供を行う仕事です。

処方箋に従って薬を調剤するだけでなく、飲み方のアドバイスなど服薬指導を行うことも重要です。
患者さんの薬歴をお薬手帳やデータベースで管理し、飲み合わせやアレルギーに厳重に注意します。処方箋の内容に疑問のある場合や、飲み合わせに問題があるような場合には、直ちに医師に確認をしてから調剤します。

医療機関に勤める薬剤師や、保健所や研究所、自衛隊薬剤官や麻薬取締官として働く場合もあります。
その他にも、製薬会社に勤務する場合もあり、創薬や新薬の研究開発を行う研究員として勤めたり、医療機関へ薬の説明を行うMRとして活躍することも可能です。

平均年収413万円

看護師は、病院や診療所、介護施設などに常駐し、医療チームの一員として患者の診察や治療の援助を行う仕事です。

患者さんの体調の測定や採血を行ったり、注射や点滴など患者さんに必要なケアを行い、それらの内容をカルテに記録します。
また入院患者さんに対しては、入浴介助や食事介助を行います。病院の場合には、日勤、夜勤があります。

近年、医療の専門化が進んでおり、看護師も医師や薬剤師、栄養士などとチームを組んで治療を行う「チーム医療」も進んでおり、看護師は患者さんに一番近い存在として重要な役割を担います。
ひと昔前までは「白衣の天使」と呼び女性中心の職業でしたが、近年では体力の必要な業務であるため男性の数が飛躍的に伸びています。

平均年収967万円

内科医は、内臓を中心とした臨床科学の専門医で、薬や栄養など体の内側から病気の改善や治療を行う仕事です。

不調の原因を探るため、患者さんから症状の聞きとりや検査を行います。病名が特定できたら処置を検討し、怪我や病気の治療に必要な注射や点滴の投与、薬の処方箋を作成します。

精密検査や手術が必要な際、小さな診療所では対応できないことが多いため、大学病院などの設備が整った病院に紹介状を書くこともあります。

平均年収576万円

歯科医は、患者さんの歯や口腔内の治療や予防を行う仕事です。

主な仕事は、患者さんの歯や口腔内の治療ですが口の中や舌に関する病気全般、ときにはあごの病気も担当します。
小児の成長に伴い歯列矯正を行ったり、歯並びやホワイトニングなど歯を綺麗に見せ審美歯科、第三の歯と言われるインプラントの治療を行います。

歯科医の治療範囲は歯や歯茎のみと思われがちですが、実際には喉の上までが歯科医の領域になり、大学病院や大手総合病院では舌癌など舌の疾患の手術、口唇口蓋裂に伴う手術など、時には全身麻酔を使い数時間に渡る手術を行います。

平均年収404万円

獣医は、飼育動物の病気や怪我の診察・予防・治療などの診療や野生生物の保護や捕獲を行う仕事です。

国家公務員や地方公務員として勤める獣医もおり、伝染病の検査や予防、飼育動物や野生動物の中にいる希少生物や絶滅危惧種の保護や繁殖など幅広い業務を行います。
また研究機関に勤める獣医は、動物用医薬品の研究開発分野にも携わります。

近年のペットブームから、動物病院では珍しい種類の動物の診察も増えており、幅広い知識や技術が求められます。

平均年収574万円

動物飼育員は、動物園で動物の飼育や調教、生態の研究などをする仕事です。

飼育業務や衛生管理の他、ショーのトレーニングや季節や生物に合わせた様々なイベント企画、水族館の設備や施設の点検や管理、さらにはふれいコーナーの整備や来園客の案内などを行います。
また専門とする生物の生態観察、研究を行い発表します。

大型動物や肉食動物を扱う動物園では、動物との信頼関係を気づくことや、生態を把握することが重要です。また、希少な動物には繁殖に関する仕事も大変重要となります。

平均年収574万円

水族館飼育員は、水族館で水生生物や海洋生物の飼育や調教をする仕事です。

飼育業務や衛生管理の他、ショーのトレーニングや季節や生物に合わせた様々なイベント企画、水族館の設備や施設の点検や管理、さらには来場客の案内などを行います。
また専門とする生物の生態観察、研究を行い発表します。

幼い頃から夢を持って飼育員になる方が多く、欠員も少ないことから狭き門として募集などに応募が殺到します。

平均年収269万円

介護事務は、保険適用施設において、施設運営と介護サービスに必要な事務全般を行う仕事です。

業務としては主に、介護報酬請求業務、ヘルパーや備品の管理業務、国や自治体との調整業務、ご家族や利用者の受付業務などを行います。特に、介護報酬請求書業務は、施設の運営と収入に関わるもので、正確さを求められる業務です。

高齢化社会に伴う、介護施設の増加により、需要が高まっており多くの人材が求められています。

平均年収344万円

調理師は、飲食店や宿泊施設、医療機関などで料理や栄養管理、衛生管理などを行う仕事です。

経営や所属するお店舗や施設に合わせて様々な料理を作ります。お店にあるレシピに合わせて、食材の仕入れや管理を行い、新たなレシピを作るなども行います。また設備の清掃を行うなど、常に衛生的な環境を保ちます。

最近ではレシピの本や動画サイトなどの人気により店舗や施設だけでなく、レシピ提供や動画出演など調理師の活躍の場が増えています。

平均年収348万円

パティシエは、「お菓子を作る職人」という意味を持ち、ケーキやクッキーなどさまざまな洋菓子を作る仕事です。

洋菓子店やレストラン、ホテルのカフェなどに所属して洋菓子の製造を行います。人気パティシエは複数店舗のオーナーやレストランのデーザートの監修、お菓子メーカーとのコラボ商品の監修などを行います。またスイーツを作るだけでなく、各種コンテストに出場したり、講習会の講師を行う場合もあります。

洋菓子の本場であるヨーロッパで修行を行い、日本に戻り人気パティシエとなる方々が増えています。

平均年収718万円

消防士(消防官)とは、地方自治体の消防本部や消防署に所属し、火災の消火や救急によって、人々の安全を守る職業です。

消防士は、火災が起きた際に行う消火活動や、事故や災害が発生した際に行う救助活動、怪我人や病人を搬送する救急活動、事故や災害による被害が増えないようにする防災活動、建造物が事故を起こしにくい構造になっていることを確認する予防活動の5つの活動が主な任務となります。 それ他にも、日々規則正しい生活や自己管理を行い、技術を磨く訓練や体力づくりを行うことも大切な仕事です。

その技術を持って模範となる隊員を育成するため、昭和47年から毎年、全国消防救助技術大会なども開催され各地の隊員が切磋琢磨を続けています。

平均年収560万円

航空自衛隊とは、空からの侵略に備え、日本の平和と航空交通の安全を守る職業です。

役割は主に3つに分かれており、領空を守る防衛活動、国内で災害が起きた時に出動する緊急救助活動、海外で災害や紛争が起きた際に行う国際平和協力活動があります。それ以外にも有事に備え、日々規則正しい生活や自己管理を行い、技術を磨く訓練や体力づくりを行うことも大切な仕事です。

航空自衛隊に所属するアクロバット飛行チームである「ブルーインパルス」は、その飛行技術の高さが海外からも評価されています。

平均年収560万円

海上自衛隊とは、海上からの侵略に備え、日本の平和と海上交通の安全を守る職業です。

役割は主に3つに分かれており、領海を守る防衛活動、国内で災害が起きた際に出動する緊急救助活動、海外で災害や紛争が起きた際に行う国際平和協力活動があります。それ以外にも有事に備え、日々規則正しい生活や自己管理を行い、技術を磨く訓練や体力づくりを行うことも大切な仕事です。

各地域の艦艇ごとの独自の秘伝レシピがあるといわれる海上自衛隊カレーが有名で、一般に販売されているものもあります。毎週金曜日に食されており、時間感覚を失う長期の航海で曜日を把握するために毎週カレーを食していたことがルーツとされています。

平均年収560万円

陸上自衛隊とは、陸上での戦闘や情報収集、補給に当たり、国民や国土を守る職業です。

役割は主に3つに分かれており、国土を守る防衛活動、国内で災害が起きた際に出動する緊急救助活動、海外で災害や紛争が起きた際に行う国際平和協力活動があります。 それ以外にも有事に備えて、日々規則正しい生活や自己管理を行い、技術を磨く訓練や体力づくりを行うことも大切な仕事です。

定期的に行われている演習は一般にも公開され、チケットを入手するのが困難なほど、大変な人気を博しています。

平均年収372万円

登山ガイドとは、登山に関する豊富な知識と経験を活かし、登山者をガイドする職業です。険しい山になればなるほど、登山者にとっては安全に登山をするためのサポートとして、なくてはならない職業です。

登山ガイドになるために必ず必要な資格はありませんが、取得しておいた方が良い資格は複数あり、その資格がないと恒常的に仕事を得ることはできません。利用者にとって登山ガイドが持つ資格は、登山に関する深く広い知識を証明するものです。命の危険が伴う登山において、登山ガイドの知識と経験は、その量と質がそのまま信頼になります。

フリーランスの登山ガイドとして、1,000万円を超える高収入を得る方もいます。登山が好きな人にとって、登山ガイドは豊富な登山経験と知識を生かせる職業です。

住職は、寺院の最高責任者として住み込みでお寺の管理や維持、運営を行う職業です。

僧侶を取りまとめて葬儀や法事で読経を行うなどして故人を供養し、安らかに成仏させる役割を担います。僧侶から住職になるためには、まず僧侶になる必要があります。僧侶になるには、まず自身のなかで仏教への理解や信仰心を深めたうえで、仏門に入る許可を得るための得度と呼ばれる儀式を受けます。仏教への知識を深めるためには仏教系の専門学部のある大学で学ぶことが一般的です。得度を受けた後に、寺院に奉職し厳しい修行を終えると晴れて僧侶になることができます。

これまで寺院の大きな収入源であったお布施や檀家制度は、だんだんと時代に合わなくなってきました。もっと気軽に仏教に親しんでもらうため、マインドフルネスやメンタル・マネジメントの観点などと合わせて勉強会やイベントを開く住職や僧侶もいます。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。