「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

検索結果
該当する職業 24
平均年収739万円

中小企業診断士は、中小企業の経営課題を診断し、助言を行う専門家です。独占業務を持たない国家資格ですが、公的な中小企業支援機関が業務を委託する際に指定されることが多いなど、社会的な評価の高い職業です。

企業で関連業務を行う「企業内診断士」と、資格取得後に開業する「独立診断士」がいます。経営改善や販路拡大、事業承継などの一般的な経営コンサルタント業務に加え、IT化、海外展開、特許取得、新エネルギー参入など、各人の得意分野を強みとして中小企業の経営をバックアップします。

中小企業診断士は経営コンサルタント職の唯一の国家資格ということができ、日本版MBAと呼ばれることもあります。

平均年収478万円

企画・経営職は、企業で経営幹部を補佐しながら経営業務を直接的に担当する職業です。中長期的な経営戦略を練り、各種情報の収集と分析を重ねて、コスト削減などの経営改善や経営計画の策定、内部統制業務などを行います。経営企画や事業企画などと呼ばれることもあります。

組織の規模や形態、上場の有無などによって担当業務は大きく異なりますが、経営者の視点に立ち、社外との交渉役を担います。関連業界や社会動向全般について自ら調査し、多角的な分析力を備えていくことで、出世コースに乗りやすくなります。

企画業務型裁量労働制を導入している企業も増えてきており、この場合、自分の都合に合わせて勤務時間を調整し、効率の良い時間配分で仕事を進められるなどのメリットがあります。

平均年収370万円

ウェディングプランナーとは、新郎新婦の理想とする結婚式や披露宴を実現するため、専門スタッフを取りまとめ、婚礼をマネジメントする仕事です。新規顧客の成約までを担当する営業が仕事内容に含まれる場合もあります。

伝統的な神前式やキリスト教式だけでなく、海外でのゲストハウスウェディングのような人前式など、挙式や披露宴スタイルの形態が多様化しています。顧客の予算やスケジュールに応じてブライダル市場のトレンドも取り入れながら、顧客の希望に合ったブライダルをコーディネートします。

様々な形の人生の慶事に立ち合い、多くの笑顔や嬉し涙を前に、繁忙期の苦労も忘れるほど大きなやりがいを感じられる仕事です。

平均年収679万円

ウェブ解析士は、WEBサイトを訪問したユーザーが、どのような経路をたどって来たのか、あるいはどこで離脱したのかなど、アクセスログをもとにデータを収集し、分析するスペシャリストです。

WEBマーケティングの幅広い知識や統計解析手法、ITスキルを駆使して、デジタル化されたユーザーの行動記録を読み解きます。

主な仕事内容は、運営者の置かれた状況を考慮しながら、事業の改善につながるウェブサイト構築をサポートすることです。分析結果をビジネスへどのように活用するのか、利益を生むためにはどうすればいいのか、WEBサイトの課題は何かなどについて、客観的な視点から具体的なソリューションを立案します。

Google アナリティクスなどのウェブ解析ツールだけでは判断できない情報の価値付けを行い、人間としての直感力も大事にしながら、データに基づくアクションプランを立案をします。

平均年収679万円

インテリアコーディネーターとは、依頼者の好みやライフスタイルに合った室内空間をコーディネートする職業です。

見た目やデザインだけでなく、実際の生活や使用シーンをイメージし、機能性も兼ね備えた家具や調度品を選定していきます。インテリアの仕入れから搬入、セッティング、納品後のメンテナンスなど、アフターフォローまで行います。顧客の幅広い要望に応えるため、日頃から住宅やインテリアに関する知識を深めていく必要があります。

最近では、3Dソフトを活用することにより、バーチャル空間の中で、インテリアを実際の部屋に合わせて立体的に配置することができるようになり、顧客に最適な提案が可能となってきています。

平均年収816万円

編集者は、本や雑誌を出版する際に、企画や構成、記事の編集など、出版物ができ上がるまでの過程すべてに携わる仕事です。

作家やライター、デザイナー、カメラマンなどと共に企画を検討し、企画実現に必要な体制の編成や、作成された原稿や制作物の品質の確認、修正依頼などの業務を行います。紙媒体の場合は、制作物を印刷所に納品し、印刷物に問題がないかチェックを行い、出版や掲載までの全ての工程を管理します。

最近ではWebメディアの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。

平均年収816万円

新聞記者とは、政治や経済、社会、文化、地域、スポーツなど、私たちの暮らしに関係するさまざまな分野の情報を収集し、新聞記事を作成・編集する職業です。

新聞記者には、幅広い知識と教養、取材力、人脈構築力、読者に分かりやすく伝える文章力が求められます。また、事件が発生すれば、昼夜を問わず取材を行う必要があるため、体力と精神力も必要です。

近年のWEBメディアの台頭により、新聞記者の数は全体としては減少傾向にありますが、新聞で培われた取材力や文章力は重宝されており、WEB媒体からヘッドハンティングされることもあります。

平均年収816万円

フリーライターとは、組織に所属せずフリーランスで新聞や雑誌、WEBメディアなどの記事を書く職業です。

企画のコンセプトや読者層を把握し構成を考え、文章を書くだけでなく、必要に応じてインタビューや写真撮影を行い記事を作成していきます。クラウドソーシングプラットフォームに登録したり、企画を出版社やメディア企業へ売り込んだり、SNSなどで実績(ポートフォリオ)を発信したりして、仕事を獲得していきます。読者や時代にマッチした記事を作成するために、日頃から世の中の変化にアンテナを張り、トレンドを把握しておくことが求められます。

最近では写真撮影も兼務するカメライターや、SNSなどで活躍するインフルエンサーなどもフリーライターとして参入してきています。

平均年収679万円

コピーライターは、商品やサービスが消費者の目に止まるように、パッケージやカタログ、ポスターなどに載せるキャッチコピーや、会社のブランド価値を高めるイメージジコピーを書く職業です。

ひとつのコピーを書くために、複数のコピー案を作成し、ターゲットとなる消費者に共感を得られるものを選定します。良いコピーを書くには、商品やサービスの特徴を把握するだけでなく、企業の理念やイメージ、消費者のメリット、時代背景などを理解しておくことが大切です。

最近ではAIがこれらを分析しコピーを自動作成するサービスも出てきています。そのため、今後は人間にしか書けない、感情に訴えるようなコピーライティングのスキルが求められるようになります。

平均年収409万円

ゲームプランナーとは、主にゲームの企画立案を行い、仕様書の作成とプロジェクトの進行管理を担う職業です。

市場調査や分析を行い、プロデューサーやディレクターとともに企画を立案します。企画をもとにゲームの設計図である仕様書を作成し、クリエイタースタッフに共有します。いざ制作がスタートすれば、プロジェクトの進行管理を行い、ゲームが完成するまで携わります。完成後にユーザーの反応をもとにゲームの改善を行うのも、ゲームプランナーの仕事です。

業務内容は写真素材の調達や攻略本のチェックなど多岐に渡り、「ゲームを作るため、売るために必要なこと全て」が仕事だと言っても過言ではありません。プロデューサーやディレクターの指示のもと、具体的な施策を実行するのが主な仕事であり、ゲームのヒットを左右する重要な役割です。

平均年収816万円

ジャーナリストとは、新聞やテレビ、雑誌、インターネットなどのメディアで報道を行う職業です。

政治や経済、社会、スポーツ、芸能、文化など、自身の専門分野において取材を行い、記事の執筆・寄稿を行います。また、メディアに出演してニュースの解説をしたり、講演を行ったりするのもジャーナリストの重要な仕事です。

ジャーナリストになるには決まったルートはありませんが、新聞社やテレビ局、出版社などのマスコミに就職することが近道です。一定の経験を積んだ後、フリージャーナリストとして独立する人もいます。

平均年収541万円

気象庁職員は、天候などの自然現象を観察・予報し、防災情報を発信するなどして、自然災害から国民を守る国家公務員です。具体的には、雨や風などの観測、地震や火山を監視するのが主な仕事です。

気象庁本庁の他にも、管区気象台、地方気象台、航空地方気象台など、全国に関連機関があり、日本中の自然現象に日夜目を光らせています。気象庁職員になるには国家公務員試験に合格してから、気象庁の採用面接を受ける方法や、「気象大学校」と呼ばれる気象庁職員の養成学校を卒業する方法があります。

世界規模の気象情報を各国関連機関と連携し共有することもあり、国内外に渡って“日本国民の生命や財産をまもる”取り組みを、広く行っているのです。日本は地震をはじめ、災害の多い国です。非常時のいち早い情報の発信と、災害が起こる前の防災情報の発信は、日本においてなくてはならない、意義深い仕事といえるでしょう。

平均年収486万円

Webマーケターとは、オンラインでの集客やユーザーとのコミュニケーション施策を企画・運用する職業です。

企業のマーケティング部門や広告代理店、ネット通販会社などに勤務し、SEOやオンライン広告で集客をしたり、アクセス解析を行いWebサイトの改善を行ったりします。

とくに、Webから集客を行うことは、Webマーケターの重要な役割です。そのため、Web広告の運用やSEO、アクセス解析などのスキルが求められます。

平均年収706万円

シンクタンク社員とは、さまざまな領域の専門家を集めた研究機関であるシンクタンクで働く人です。国の社会課題や企業の経営課題を解決するために、必要なデータを調査し解決策を提案します。

シンクタンクには「政府系」と「民間」の2種類があります。政府系シンクタンクは省庁などを母体とする非営利団体が多く、各省庁に対して公共政策に関する提言を行うことが主な仕事です。民間シンクタンクは企業に対してコンサルティングやシステムインテグレーションの提供を行うことが一般的です。

シンクタンクで働くためには、特定分野に対する深い知識が求められます。また、大手のシンクタンクになると大学院卒を必須条件にしているところもあります。

平均年収328万円

マーケティングリサーチャーとは、新商品やサービスを開発する際などに、さまざまな調査方法を用いてマーケットの需要をリサーチする職業です。

インターネットを使ってアンケート調査をしたり、顧客や消費者にグループインタビューを行ったりと、さまざまな方法で必要な情報をリサーチします。

マーケティングリサーチャーになるには、マーケティングリサーチ会社やコンサル会社、一般企業のマーケティング部などに就職するのが一般的です。また必須ではありませんが、数学や統計の知識があると有利になります。

平均年収410万円

防災・危機管理コンサルタントとは、行政組織や企業の防災計画を支援する職業です。災害対策マニュアルの作成、事業継続計画(以下、BCP)の策定・改訂、防災研修・訓練指導の実施、関連書類作成・届け出を中心に、さまざまな防災関連業務の作成支援を行います。

企業の防災計画には、自然災害に備えて人命および企業資産を守る防災と、有事の際に事業を継続するためのBCPの策定、双方が求められます。一方で、これらの業務は専門性が高く、外部にアウトソーシングする企業が増えています。それを一括して請け負うのが防災・危機管理コンサルタントです。

防災・危機管理コンサルタントに特定の資格は不要です。ただし、自ら消防設備の設置工事、保守・点検を行う場合には、消防設備士または消防設備点検資格者の資格が必要です。災害大国と呼ばれる日本において、今後もニーズが高まる職業と考えられます。

平均年収370万円

販売促進スタッフは、所属企業において販売促進活動を担当する職業です。販路開拓やイベントの企画・運営、さらに社内戦略を担った上で、顧客の購買意欲を促すために活動します。

販売促進には、何よりも企画力が求められます。自社の顧客データを分析した上で、予算内でどれだけ面白く、売り上げを伸ばす企画を提案できるかが重要です。柔軟な発想やアイデアの創出に自信があるならば、販売促進スタッフを目指すと良いでしょう。

具体的な施策として、百貨店勤務なら販促イベントの企画・運営、店内装飾、広告・ポップの作成が中心です。店内を華やかに彩り、雰囲気を盛り上げるのも販売促進スタッフの仕事となります。なお、たびたびマーケターと混同されますが、販売促進は「商品を対象としたPR活動」であり、マーケターは「消費者を対象としたPR活動」となるため、厳密には違います。

平均年収323万円

空港管理・運営職員は、空港ビル運営におけるさまざまな業務に携わる職業です。旅客ターミナルの建設・運営をはじめ、テナント物件の不動産賃貸や直営レストラン・ショップの運営、駐車の管理運営など、業務は多岐にわたります。

人によっては、航空会社の担当スタッフを任されます。空港ビルに新たな航空会社の新規誘致を行ったり、民間企業や自治体とPR活動を打ち出したりと、マーケティング業務に携わることもあるでしょう。基本はビル管理会社の従業員として働くため、事務仕事が中心です。

空港管理・運営職員は、配属先によって求められる知識・スキルが異なります。必須と呼べる資格もなく、“空の玄関口”を盛り上げる気持ちさえあれば、誰でも従事できます。ただし、語学力があると就職活動で有利に働きます。航空会社の担当スタッフになった場合、セールス目的の海外出張が増えるためです。自身の語学力を活かし、グローバルに働きたい人にもおすすめします。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収957万円

公認会計とは、企業や学校法人、公益法人などさまざまな法人を対象に、独立した立場から経営状況をチェックし、専門家として財務情報を検証・提言する監査業務を行う職業です。

専門家として第三者の決算書を確認し、企業の財務情報の信頼性を担保します。監査業務には、法令などの規定によって義務付けられた法定監査と、法定監査以外の自主的に実施する監査とがあります。監査業務だけでなく、コンサルタントとして経営全般にわたる相談・助言を行ったり、一般企業の経営企画室や財務部門で働いたりする人もいます。

公認会計士は会計系最高峰の国家試験となっており、医師・弁護士に並んで三大士業と言われ、主要業務である監査業務は会計士のみが許された独占業務になります。試験の合格率は10%程度と狭き門なので、公認会計士を目指す場合は、相当量の学習時間が求められます。

平均年収957万円

経営コンサルタントとは、企業の経営戦略や人事戦略の策定、M&A(企業の合併と買収)などの支援を行う職業です。

経営改善や事業立案、企業の買収など、コンサルティング分野は多岐にわたります。経営状態を把握し、問題点を調査・分析することで原因を追究し、解決を提案します。また、企業向けに経営セミナーを行ったり、従業員の能力開発セミナーの講師を務めたりすることもあります。

コンサルティングファームに所属したり、個人で活動したりと、業務形態はさまざまです。経営コンサルタントになるための資格はなく、中小企業診断士の資格やMBA(経営学修士号)の学位を取得することで基礎的なスキルの証明としている傾向があります。

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら