「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

検索結果
該当する職業 7
平均年収781万円

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、個人や中小企業に対して、資産や資金計画に関するアドバイスを行う職業です。

家計の見直しや住宅ローン、保険、教育資金、老後の生活、相続、税金など、暮らしにおけるお金の悩みは尽きません。そのようなライフステージごとのお金に関する相談に乗り、ライフプランニング(生涯生活設計)を行うのがファイナンシャルプランナーの仕事です。FPの9割は企業内で仕事をしていますが、経験をつめば独立開業も目指せる夢のある職業です。

ファイナンシャルプランナーになるには、資格を取得するのが一般的です。とくに、「ファイナンシャル・プラニング技能検定」は国家資格であるため、取得していると信用度が高くなります。

平均年収596万円

銀行員(総合職)は、融資の取引獲得や金融商品の販売など銀行内での審査や事務業務だけでなく、個人や法人に対する営業を行う仕事です。

個人や法人に対して金融商品販売などの営業活動を行い、資金を必要としている依頼者を探し融資の契約や資産の活用などのコンサルティングを行います。

総合職は本部の幹部候補生として、全国転勤や部署異動を繰り返しながら幅広い分野の知識やスキルを身に付け、キャリアを積み重ねながら管理職へと昇進していきます。

平均年収269万円

銀行員(一般職)は、主に銀行の窓口で預金口座の解説やローンなどの申し込み、受付業務などお金に関する様々な取り引きのサポートを行う仕事です。

銀行の窓口でお客さまの預貯金を管理する預金業務を行ったり、銀行口座を通して債権や債務の決済をするために振り込みや送金など為替業務などを行います。

主に支店に配属され、特定の業務を確実に実施することが求めらています。一般職位の場合、転勤や異動はありませんが管理職への昇進はありません。

デイトレーダーは、1日の中で株やFXなど金融商品の売り買いを繰り返し、利益を得る仕事です。

世の中の動きをや企業の決算書やプレスリリースなどをリサーチし、株式の変動を予測したり、過去の株価の動きからチャート分析などを行い、主にインターネット上で売買を繰り返し行います。
株式市場が開いている平日9:00~11:00と12:30~15:00で取引を行い、FX市場は土日を除く24時間で市場が開いているので1日中取引を行うことができます。

近年は高速インターネットやスマートフォンが普及したことや、証券会社が手数料を安くしたり取引に必要なソフトを無償で提供しているため、専業・副業問わずデイトレーダーは増えています。

平均年収781万円

証券アナリストとは、証券会社や投資顧問会社などの金融機関に所属し、企業動向や経営状態、国内外の政治・経済情勢などの幅広い情報を集めて分析し、株価の評価や金融の将来予測を行う職業です。

証券アナリストは、「セルサイド(売る側)」と「バイサイド(買う側)」の2種類に分かれます。セルサイド・アナリストは証券会社に所属し、投資家向けにマーケット情報を提供します。証券アナリストという場合には、セルサイドを指すことが一般的です。バイサイド・アナリストは投資顧問会社などに所属し、自社のファンドマネージャーが投資先を選定する際の判断材料としてレポートを作成します。

証券アナリストになるには資格は必須ではありませんが、CMA(日本証券アナリスト協会認定アナリスト)を取得することが一般的です。また、新卒で証券アナリストとして働けることは希ですが、証券会社によっては部門別採用を行っており、「リサーチ部門」で採用されれば近道となります。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら