「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

「営業系」の職業一覧

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

平均年収199万円

地域おこし協力隊は、総務省が2009年度に創設した、地方の活性化を目指す制度です。隊員は、都市部から人口減少や高齢化が著しい地方の過疎地へ移住してきた人で、地方自治体から給料をもらいながら地域協力活動を行います。

活動期間は概ね1~3年で、自治体の非常勤職員として、地域ブランド化や地場産品のプロモーション、都市住民の移住支援、農林水産業への従事など、さまざまな活動に従事し定住を検討します。隊員が起業をする場合は、起業支援補助金が交付されることもあります。

都市部から入ってきた新たな活力が地域に暮らす住民たちを刺激し、隊員自身も豊かな自然と温かい人々に囲まれて暮らすことで、真の”地域興し”が期待されています。

平均年収478万円

広報・PRは、プレスリリースなどを通じて自社製品やサービスの最新情報を発表したり、社会活動などの取り組みを伝えたりすることで、自社のイメージアップを図り、ステークホルダーからの信頼獲得を担う職業です。

仕事内容は、大きく【社外広報】【社内広報】【IR】の3つに分けられます。社外広報は、自社のブランディング目的で、主に顧客や消費者に対して情報発信を行います。社内広報は、社内報を作成するなどして、社内での情報共有を図ります。IRは、Investor Relations(インベスターリレーションズ)の略で、株主や投資家への情報提供を行うものです。

なお、広報・PRの”PR”とは、Public Relations(パブリックリレーションズ)の略語で、”社会との関係”を築くという意味です。宣伝のPRとは違い、売上アップが目的ではありません。関係者に向けて正確な情報を開示することで、企業の信頼度を高める役割を担っています。

平均年収781万円

商社マンは、三菱商事や伊藤忠商事、丸紅などの総合商社や、特定分野に特化した専門商社で働く営業などを行う総合職の社員です。国内外のモノやサービスについて輸出入の商取引(トレード)を仲介したり、高い配当収入が見込まれる国内外の企業に事業投資や経営参画したりすることで、利益を生み出します。

商社マンが取り扱う商材は多岐に渡り、特に総合商社では、”ミネラルウォーターから通信衛星まで”といわれるほど、幅広い製品やサービスの仲介を行います。

他業界と比較して、給料などの待遇面でとても恵まれており、世界を相手にダイナミックな仕事ができる商社マンは人気の職業です。しかし、専門商社は60社以上ありますが、総合商社は7社しかありませんので、狭き門であるといえます。

平均年収781万円

営業職とは、製品やサービスなどの商材を顧客に売り込み、注文を受ける(受注・成約する)職業です。顧客が来店するのを待つ販売職とは違い、基本的に社外で活動します。

営業職は大きく、企業向けに商材を販売する「法人営業」と、一般消費者向けに商材を売り込む「個人営業」に分かれます。また担当する顧客によって、既存の顧客を担当する場合は「ルート営業」、新規顧客を獲得する場合は「新規開拓営業」というように分類されます。

会社の売上を左右する職種のため、成果報酬などインセンティブがつくこともあり、収入は比較的高めです。また、さまざまな人々と出会うことで良い刺激をもらえることや、会社に寄らずに直行直帰できるといった自由な勤務スタイルも魅力の一つです。

平均年収816万円

アナウンサーとは、テレビやラジオのニュース番組などで、事前に用意されたニュース原稿をもとに視聴者に分かりやすく内容を伝えたり、番組の司会進行を行ったりする職業です。

ニュースでは正確に情報を伝達することが重要になるため、正しい言使いの勉強や発声トレーニングなどを日々行います。また、情報番組を担当することが多いため、日頃からアンテナを高く張り、世の中の変化やトレンド情報を収集しておくことも重要です。バラエティ番組に出演する際は、司会進行だけでなく、気の利いたコメントを求められることも多く、ユーモアのセンスも求められます。

人気アナウンサーになるとフリーランスとして活躍したり、タレント活動をしたりする道もあり、人気の高い職業となっています。

平均年収816万円

ゲームキャスターとは、eスポーツなどの対戦型のゲーム大会などで試合をわかりやすく解説しながら観客や視聴者を盛り上げる職業です。

スポーツと同じようeスポーツにも実況や解説がないと、スーパープレイや心理的かけひき、ゲームの展開などが観客にわかりずらくなってしまいます。そのため、ゲームの面白さを伝え、より関心を持ってもらうためにも、ゲームキャスターの仕事は重要なのです。

eスポーツの拡大により、アナウンサーなどがゲームキャスターになる機会も増えていますが、ゲームの知識が豊富なゲームキャスターの育成が求められています。

平均年収816万円

プロブロガーとは、自身のブログに専門的な記事を書いてアクセスを集め、広告を貼ったり、記事本文に対して課金したりして収入を得る職業です。

広告により収益を得るということではアフィリエイターと似ていますが、違いもあります。アフィリエイターが、広告する商品のための記事を書くことを目的としているのに対して、ブロガーは広告に関係なく、自身の興味や読者のニーズに沿って記事を書き、ブログを軸にしてさまざまな形で収益を発生させることが目的となります。得意とする専門分野の記事を公開し、広告を掲載したり、記事の閲覧自体を有料にしたり、自身のブログに企業の記事広告を書いたりして、収益を得ることができます。

その他にも、得意分野に関連した情報サイトやWEBメディアへコラムを提供したり、ブログに関する知識やノウハウを活かしたセミナーやコンサルティングを行うこともあります。

インスタグラマーとは、写真共有SNSの「Instagram」にプライベートの写真を投稿したり、企業からの依頼により商品紹介をしたりすることでスポンサー収入を得る職業です。

自身の特技やビジュアルを生かした”インスタ映え”する写真を撮影する技術と、編集アプリなどを活用した画像加工技術が求められます。とくにフォロワー数や閲覧数が多く、たくさんの人に影響力を持つユーザーをインフルエンサーと呼び、得意分野に関連した専門誌やWEBメディアへコラムを提供したり、セミナーやコンサルティングを行ったりすることもあり、Instagramを軸にしつつも仕事内容は多岐に渡ります。

インスタグラマーになるには、一般的に1万人以上のフォロワーが必要だといわれます。各ジャンルのトップインスタグラマーは何百万人というフォロワーを抱え、その道のオピニオンリーダーとなっています。

YouTuberとは、オリジナルの動画を制作したり、企業と契約して商品紹介動画を制作したりして、動画共有サイトの「YouTube」に投稿する職業です。

オリジナル動画を撮影し編集したら、広告を設定してYouTubeへ投稿します。これにより、広告収入を得ます。また、知名度の高いYouTuberの場合、メーカーなどの企業と契約を結び、コマーシャル動画や商品紹介動画を制作する人もいます。これにより、企業からスポンサー料を得ることができます。

他のYouTuberとの差別化や個性が重要なため、音楽やスポーツなどの特技を極めたり、奇抜なビジュアルで個性を演出したりするなど、さまざまなYouTuberがおり、子供の憧れの職業として注目を集めています。

平均年収388万円

旅行代理店とは、窓口スタッフ・営業担当として、個人や企業、学校などのお客様に対し、旅行業者が企画したパッケージツアーなどを代理で提案・販売する仕事です。

顧客の目的や要望、嗜好、予算などをしっかりと把握したうえで、旅行業に関する幅広い知識を活かし、ニーズに合ったプランを提案します。

「安全で楽しい旅行」を販売するため、店舗運営や接客も含め、明るく誠実な仕事ぶりが求められます。

平均年収781万円

保険外交員とは、一般家庭や企業を訪問し、顧客一人ひとりのライフスタイルやニーズに合わせて、保険商品のコンサルティング・販売をする職業です。

保険や税金の知識をもとに、お客様の不安や疑問を解消しながら、適切な保険商品の情報を提供し保険の加入を勧めます。また保険加入後のアフターサービスも大切で、ライフスタイルの変化に合わせ契約内容を見直し、必要に応じて特約や新商品を紹介するなど、顧客と長期に渡る信頼関係を築いていきます。

契約は知人や顧客からの紹介など人脈に依存する部分が大きく、日頃から幅広い人間関係を構築するための活動が求められます。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収370万円

ツアーコンダクターとは、通称「ツアコン」と呼ばれ、パッケージツアーや修学旅行、社員旅行などの企画旅行に同行し、参加者が安心して旅行できるよう行程を管理する職業です。

チケットの準備やレストランの予約、観光スポットの案内、トラブル時の対応など、ツアー旅行中の旅行客を総合的にサポートする仕事です。ツアーコンダクターになるには、「国内旅程管理主任者」か「総合旅程管理主任者」のどちらかの資格を取得する必要があります。ツアーコンダクターとして働くには、現在は専門の派遣会社に勤めることが多くなっています。

団体でのツアー旅行を安全に計画通りに進めるために重要な役割を担っており、参加者の思い出に残る旅行となるかどうかはツアーコンダクターの腕にかかっています。