「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

「事務管理系」の職業一覧

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

平均年収772万円

弁護士とは、依頼者の抱えるトラブルを法律を用いて解決する、法律事務の専門家です。

仕事内容は、まず金銭トラブルや離婚、相続をめぐる争いなどの民事事件の代理人業務があります。次に、窃盗や傷害、殺人などの刑事事件の弁護人業務です。他にも、企業に対して契約や知的財産権、M&Aなどのサポートを行うビジネスサポートの仕事もあります。

弁護士になるには、大学卒業後、法科大学院(ロースクール)に進むのが一般的です。法科大学院を修了すると、司法試験の受験資格が与えられます。司法試験に合格後、約1年間の司法修習を経て、司法修習考試という試験に合格することで、晴れて弁護士となることができます。

平均年収2,929万円

内閣官房長官は、内閣総理大臣に任命され、直接的に総理を補佐・支援する職業です。総理に近い政治家が就任することが多く、行政府のほとんど全てを担当するため、「内閣の要」「総理の懐刀」あるいは「女房役」といわれます。

政府や内閣としての公式見解などを発表するスポークスパーソン(政府報道官)としての役割もあり、定例記者会見を行ったり、時機に応じた談話を発表したりします。国政の運営上必要な場合、内閣官房報償費(通称:内閣官房機密費)と呼ばれる、原則使途を公開する必要のない経費を使う権限が与えられています。

近年では、元号が代わる際に、新元号を発表するのも内閣官房長官の仕事とされています。「平成」は当時の小渕官房長官、「令和」は菅官房長官が発表したことで話題となりました。

平均年収673万円

裁判所事務官とは、裁判事務の効率的な運用を図るため、裁判部門の事務や司法行政に関わる事務を担当する職業です。裁判所には裁判部門だけでなく、事務局(総務課・人事課・会計課など)業務を行う司法行政部門も設置されており、裁判所事務官は両部門の事務全般をサポートします。

裁判所事務官として一定期間在職すると、裁判所書記官となるための養成所に入る試験を受験する資格を得ます。裁判所書記官が立ち会わないと、法廷を開くことができないので、裁判所書記官は、どの裁判所にも配置されています。

また、裁判所事務官は10年以上職務に従事し法務大臣の認定を受ければ、司法書士の資格を取得することができます。そのため、退職後、司法書士として独立開業という道も開かれています。

平均年収671万円

検察事務官とは、検察官の指揮を受けて犯罪の捜査に関わるサポートを行うほか、総務・会計などの事務仕事を担う職業です。

被疑者の取調べや逮捕状による逮捕、緊急逮捕とこれに伴う逮捕状の請求、差押え・捜索・検証または身体検査の令状請求とその執行など、検察官をサポートするために必要なさまざまな職務権限が与えられています。

検察事務官として経験を積み重ね、一定の受験資格基準に達した後、昇進試験に合格すると、副検事や検事(検察官)へとキャリアアップすることも可能です。

平均年収673万円

官僚・国家公務員とは、福祉や医療、教育、財政運営、産業振興、外交、防衛など、あらゆる分野で国家の運営に携わる職業です。特別職と一般職に大別され、各府省庁によって担当する職務が異なります。採用試験合格後、各府省庁での面接(官庁訪問)を経て採用先が決まります。

中央官庁で働くのは、難関試験として知られる総合職試験に合格した国家公務員であり、官僚と呼ばれます。出世コースに乗った「キャリア官僚」は、国の政策立案や国会答弁作成など、国政に直に関わります。その他、多くの国家公務員は行政官や外交官、技官、税務職員、研究職員などとして国家の土台を支えています。

安定した給与や福利厚生など、充実した諸制度に守られながら、スケールの大きなプロジェクトに携わることができる魅力的な仕事です。政治に深く関わるので、国会議員を目指すことも可能です。実際に、官僚から転身した政治家の数は400人以上にのぼります。

平均年収478万円

商工会議所は、商工会議所法に基づき設置された特別認可法人で、地域で商工業を営む企業や小規模事業者を会員とする「地域総合経済団体」です。全国各地の商工会議所職員は、地域の会員に対して経営支援や国際支援を行ったり、行政機関に対して政策提言を行ったりしています。

日本商工会議所は各地の商工会議所と連携して、政府や政党に対して政策提言・要望活動などを行います。

創設は1878年で、東京商工会議所の初代会頭は、新1万円札の顔になった渋沢栄一、大阪商工会議所の初代会頭は、NHKの連続テレビ小説「あさが来た」で有名になった五代友厚など、名を馳せた実業家です。

平均年収549万円

市役所職員は、地方自治体の市役所で一般行政職や技術職に従事する地方公務員です。政令指定都市では人口が多いため区役所職員がその役割を担います。

一般行政職は戸籍や住民票に関する窓口業務などの事務を、技術職は道路工事や都市計画などに関するサポート業務を行います。市民と直接触れ合う仕事であり、地域住民の役に立っていることを肌で実感できる、やりがいのある仕事です。

多くの自治体では受験資格の中に住所要件を設けていないため、勤め先の自治体に住まずに、近隣の自治体から通勤することもできます。また、女性の育児休暇の取得率が99.1%と、女性が働きやすい職場であるといえます。

平均年収673万円

労働基準監督官は、厚生労働省に所属する国家公務員であり、労働者が安心して働ける労働環境を実現するため、労働基準法などに定められた労働条件を確保する職業です。労働基準監督官になるには、労働基準監督官採用試験に合格する必要があります。

事業場や工場、オフィスに立ち入り検査を行い、法令違反があれば事業主などに是正指導を行います。重大・悪質なケースであれば特別司法警察職員として任意捜査を行い、検察庁に送検することもあります。また、職場の健康診断の実施状況や有害物質の取り扱い状況を確認したり、労働災害に遭ってしまった労働者に対して保険給付を行ったりすることも仕事内容に含まれます。

賃金不払いや長時間残業、過重労働による過労死などを裏付ける記録は、もはや紙ではなくパソコンの時代です。デジタル・フォレンジック(犯罪の立証のための電子データ解析技術や手続き)など、さまざまな専門知識や人生経験を活かせる仕事です。

平均年収533万円

人事は、企業などで人材の採用や育成、評価、労務管理などを行う職業です。小規模な組織では総務などの管理部門が兼務することもあります。

「ヒト」という経営資源を最大限に活用した、強い組織を構築するため、人事に関わる諸制度を企画立案し、適材適所の異動や配置転換、採用などのオペレーションを実施します。人や組織に関わる仕事を一手に引き受けるので、業務内容は多岐にわたります。

人事に関わる事柄は秘密保持が前提であり、評価の公平性やコンプライアンスの徹底から、タフな精神力が求められます。しかし、福利厚生の充実やメンタルヘルス対策を実施したり、在宅勤務制度を採り入れたりと、労働者が働きやすい環境を整える頼もしい存在であり、やりがいのある仕事です。

平均年収323万円

営業事務とは、外回りの多い営業職を、主に事務面でサポートする職業です。営業アシスタントと呼ばれることもあります。企業によっては、内勤ではなく営業先に同行したり、営業職に代わって代理営業を行うこともあります。

販促資料を作成したり、顧客からの電話を受けたりと、営業活動全般に関わるだけでなく、営業職の営業成績を管理しているため、締日になると共に喜んだり、あるいは励ましたりするポジションでもあります。

求人数も多く、未経験でも比較的採用されやすい職種です。海外と取引をしている企業などでは、たとえ趣味レベルであっても英語や中国語などの外国語のスキルがあると歓迎されます。

平均年収470万円

司法書士は、身近な法律家として、不動産登記や商業登記、供託、裁判事務など法的な書類を作成する仕事です。

主な仕事として、不動産に関する不動産登記、法人に関する商業登記など登記業務を行います。また、民事事件の裁判事務業務、任意整理や自己破産などの債務整理業務、供託所へ寄託する供託業務、検察庁へ犯罪の告訴や告発業務を行います。

少子高齢化が進む今後の日本においては、財産侵害や尊厳侵害などを支援する成年後見業務が多くなると考えられています。

平均年収470万円

行政書士は、書類作成のプロとして、個人や法人から依頼を受け様々な書類の相談・作成・申請手続きを行う仕事です。

相談・作成・申請する書類は、「官公署に提出する書類」「権利義務に関する書類」「事実証明に関する書類」など10,000種類を超えるを言われ、専門的な知識や経験が必要な仕事です。
書類を作成する際、顧客との打ち合わせを行い要望を把握しますが、必要に応じて関係者への確認や現地調査を行い、事実に基づいた書類の作成・申請を行います。

行政書士は書類の作成・申請だけを行っているイメージが強いですが、実は行政書士の管理下なら誰でも書類作成を行なえるため、行政書士自身はコンサルティング業務が多くなります。

平均年収470万円

裁判官は、法曹三者(裁判官,検察官,弁護士)に属し、権力から独立し中立的な立場で、裁判を経て、判決・決定を言い渡す仕事です。

裁判には大きく分けて「民事裁判」と「刑事裁判」があり、裁判官は事前に提出された資料を読み込んでから裁判に臨みます。
裁判においては当事者や弁護士、検察官、証人などの話を聞き、判決を言い渡します。
逮捕状や捜索差押令状を発布するのも裁判官の役割です。

裁判官の判決は人生を左右する重大なものであり、また判例として後の裁判にも影響を与えるものであるため、大きな責任が伴います。

検察官は、法曹三者(裁判官,検察官,弁護士)に属し、犯罪の起訴をする権限を持ちます。起訴の判断から刑執行の指揮・監督までを行う仕事です。

事件の捜査、検討を重ね、起訴・不起訴を判断します。被疑者を起訴する必要がある場合は公訴し、裁判所で冒頭陳述・証拠提・証人喚問を行い、求刑を行います。有罪が確定したら、法の執行までを指揮・監督します。

国際化が進む現代では、国境を超えた犯罪も増えています。そのため検察官には、語学理解など国際犯罪にも立ち向かうことのできる能力が求められています。

平均年収1,300万円

外交官は、外務省や国外の大使館・領事館に勤務し、諸外国と日本が友好関係の構築や課題解決を行う為、様々な交渉・交流を行います。

現地の情報収集や分析を行い日本に報告したり、日本の情報を発信します。
大使館や総領事館で、国家を代表してほかの国々とさまざまな交渉をしたり、開発途上国ではODA(政府開発援助)にあたる仕事もあります。

日本は世界で最も多くの国交をもつ国であり、190ヶ所以上に大使館を置いており、様々な国で外交官が活躍してます。

平均年収322万円

ワインソムリエは、レストランやワイン販売店などで、ワインに関する接客とワインを適切に管理する仕事です。

お客様の好みや予算、食される料理などを把握し、最も合うワインを選定し、提案・提供します。
ワインだけでなく、料理や食材に関する知識、生産地の地理や歴史を学び習得し、店舗で扱う飲料全般の仕入れ・管理を行い、提供するグラスの選定や管理なども行います。

フランスやイタリアなどワイン大国では、ソムリエに高い教養が求められ、国家資格となっている。

平均年収269万円

総務は、社員の働きやすい環境を整え、仕事の成果が出せるようサポートする仕事です。

会社全体の備品や建物の管理をしたり、福利厚生など社内制度を検討・運用します。
組織や業務を合理化する取り組みを行いつつ、コンプライアンスやリスクマネジメントの仕組みを構築します。
また株主総会、入社式、納会など、全社で行うイベントの企画・運営を行います。

社内で最も多くの部署とかかわりを持つ総務は、組織の潤滑油として会社の成長に大きく関わる仕事です。

平均年収269万円

秘書は、政治家や企業の幹部などの上司が本業に注力できるよう、事務作業や調整業務を補佐する仕事です。

担当する上司がスムーズに仕事ができるよう、社内外の人との連絡や来客の調整、文書や資料の作成、スケジュールを管理、出張の際の宿泊手配、冠婚葬祭の対応、経費精算などあらゆる業務を代行します。

中には事務や周辺業務を補佐するだけでなく、経営者のブレーンとしての役割を担う秘書もいます。

仕事を通して、企業の役員や政治家、弁護士、大学教授など、各界の著名人とやり取りをすることがあるため、相手に好印象を与える人間性やビジネスマナーを身につける必要があります。

平均年収269万円

学校事務は、教職員と連携を取りながら事務職として学校運営を支える仕事です。

来校者の受け付け業務を行ったり、文書の受理や発行、施設管理、備品管理を行います。
また学費の管理など会計業務や、職員の福利厚生なども担います。
受験や入学シーズンになると、学校説明会や入学試験の準備、新入生の入学手続きなど仕事は多岐にわたります。

学校で働く職員のうち、教育に直接携わる教職員以外の職員のことで、公立の学校の場合は地方公務員扱いとなります。

平均年収269万円

経理は、企業や組織におけるお金の出入りを記録と管理をする仕事です。

パソコンで会計ソフトや表計算ソフトなどを使用して、収支、銀行預金、給与や保険、税金などの計算や管理を行います。決算書の作成にも携わり、月次・年次などの決算業務を行います。
取引き先の与信管理や、会社全体の経理ルールの作成・改善を行います。

会社の利益が出ているかなど、経営状況を知ることができる仕事であり、企業規模によっては経営者との距離が近く参謀的なポジションとなります。

平均年収269万円

一般事務は、民間企業や官公庁、団体といった様々な組織で特定の事務作業を担当する仕事です。

パソコンを使用して様々なデータを入力したり、社内外で必要な資料のデータを収集・処理し書類を作成・整理します。郵便物の仕分け・発送、電話対応・来客対応、メールやFAX送信を行います。

基本的に高度な専門知識やスキルが問われる仕事は行いませんが、企業や部署によっては海外とのやりとりに英語力が必要になったり、会計など専門知識が必要とされる仕事を任されることもあります。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収410万円

キャリアコンサルタントとは、職業の選択や職業生活設計、職業能力の開発及び向上に関する相談を受け、助言や指導を行う職業です。

面談を通して、相談者が自身の適性や能力などを自覚する手助けをします。また、自己理解を深めるとともに、さまざまな職種やそれらの業務内容について説明することで、自分に合った仕事を主体的に選択できるようサポートします。また、職場や仕事に関する悩みを聞くという立場から、メンタルヘルスケアを担うこともあります。

キャリアコンサルタントは平成28年4月から国家資格となり、現在では有資格者のみが「キャリアコンサルタント」という名称を用いることができます。

平均年収458万円

社会保険労務士とは、社会保険と労働に関する法律をもとに、企業に所属する従業員の労働に関する業務を代行する職業です。社会保険や労働法に精通したプロフェッショナルです。

企業に代わって従業員の社会保険や労働保険関係の手続きや書類作成をしたり、給与計算や就業規則の作成をしたりします。また法人や個人からの依頼で、コンサルティングや企業内研修を行います。年金や労災の手続きを行ったり、相談・アドバイスを行ったりもします。

近年、多様な働き方や労働環境に対する関心が高まり、手続きや書類作成だけでなく、専門知識を生かした人事・採用コンサルティングや企業研修ができる社会保険労務士の需要が高まっています。