「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 20 万円
平均年収 707 万円

警察官は、治安を守るために個人の生命や財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う職業です。

警察官になるには、警察官採用試験に合格することが必要です。警察庁の警察官になるには国家公務員試験を、都道府県警察の場合は各都道府県が実施する公務員試験を受験します。警察官に採用された後は、全員が剣道や柔道の初段以上の資格や普通二輪免許、無線免許を取得することになります。

近年、犯罪捜査に用いられる手法は高度化しており、IT知識に長けたサイバー犯罪対策スタッフなど専門警察官を求めて理系人材を積極的に採用する動きがあります。また、外国人就労者や観光客の増加に伴い、語学力や国際感覚にすぐれた人材のニーズも高くなっています。

警察官の仕事内容

  • 警察行政を計画・管理し都道府県警察の監督や調整を行います(警視庁キャリアの場合)
  • 交番で管轄区域のパトロール、地理案内、遺失物・拾得物の受理を行います
  • 盗難事件の捜査、交通事故防止のための交通指導取締り等、地域と密着した活動を行います
  • 子供・女性の安全対策、サイバー犯罪対策を行います
  • 防犯教室などを通じて犯罪や不審者の情報提供を行い、犯罪が起きにくい街づくりを行います
  • 交番・駐在所を拠点にパトロールを行い、事件・事故発生時には現場に急行して初動捜査を行います
  • 事件の捜査、聞き込み、犯人の取り調べ、鑑識、検視を行い事件の解決と犯人の検挙にあたります
  • 街頭での交通指導取り締まり、交通事故捜査、交通整理や交通規制を行います
  • 災害時の救助活動や、イベント等における警備を行います
  • 空港や港湾施設など重要施設の警戒・警備、テロの防圧・検挙、要人の警護などを行います
  • 広報、予算管理、留置管理、職員の採用、犯罪被害者の支援などを行います

警察官の業務スキル

  • 人の役に立ちたいという強い使命感
  • 自分に出来ることは何かを模索する役割認識能力
  • 危険な現場にも冷静に立ち向かえるタフな精神力と状況把握能力
  • 困難な課題にも決してあきらめることなく取り組む問題解決能力
  • 多くの人と協力して業務を遂行するための高度なチームワーク力
  • 自身の考えを相手にわかりやすく伝え、多くの人を説得し巻き込む働きかけ力
  • 長時間・夜通しの任務にも耐えられる体力
  • 柔道・剣道・射撃・逮捕術

警察官の専門知識

  • 公務員に必要な社会常識
  • 憲法
  • 刑法
  • 刑事訴訟法
  • 道路交通法
  • 警察官職務執行法

警察官の実務能力

  • コミュニケーション力
  • 情況把握力
  • 体力
  • 判断力
  • 自己管理力

警察官の基礎能力TOP3

  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力

警察官の働く場所

  • 都道府県警察
  • 警察本部
  • 警視庁
  • 警察庁

警察官の作業方法とツール

  • 警察手帳
  • 拳銃
  • 帯革
  • 手錠
  • 警棒
  • 警笛
  • 無線機(トランシーバー)
  • 制服
  • 制帽
  • 白バイ
  • パトカー
  • パソコン
  • メール
  • Microsoft Office
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール

警察官の活動内容

  • 警察行政の計画・管理
  • 都道府県警察の監督・調整
  • 交番での生活安全警察活動
  • 防犯指導・未然防止活動
  • 交番・駐在所を拠点としたパトロールや初動捜査
  • 犯人の検挙と事件の解決
  • 交通指導取り締まり事
  • 故捜査
  • 交通整理
  • 災害時の救助活動
  • イベント警備
  • 重要施設の警戒・警備
  • テロの防圧・検挙
  • 要人の警護
  • 広報
  • 予算管理
  • 留置管理
  • 職員採用
  • 犯罪被害者の支援

警察官の人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 正義感が強く行動力がある人
  • 相手を思いやり献身的に尽くす人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 頭の回転が速く分析力のある人

警察官の給与

初任給:20万円
平均年収:707万円

参考:
<警視庁キャリア>
平均:37.49万円
平均年収:614.46万円(賞与:164.58万円)

※賞与(期末手当、勤勉手当)は、4.39か月分
※「平成30年国家公務員給与等実態調査の結果」に基づく。
 (公安職俸給表(一))

<都道府県警察>

平均:45.62万円
平均年収:707.71万円(賞与:160.27万円)

※賞与(期末手当、勤勉手当)は、4か月分と仮定

巡査(21~24歳):20.44万円

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

警察官の必須資格

  • 国家公務員採用総合職試験
  • 警察官採用試験

警察官の推奨資格

  • 普通自動車免許
  • 普通二輪免許
  • 剣道初段
  • 柔道初段
  • 無線従事者免許

警察官の付帯条件・制限

次のいずれかに該当する人は受験不可。

・日本国籍を有しない人

・成年被後見人又は被保佐人

・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人

・都道府県職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人

・日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

かつ、身長や体重視力その他身体の運動機能等に制限あり。

かつ、国家公務員総合職採用試験には年齢・学力要件あり。

・Ⅰ類(大学卒業程度)

35歳未満で大学(学校教育法による大学(短期大学を除く)を卒業、または、21歳以上35歳未満で大学卒業程度の学力を有する人

・Ⅲ類(高校卒業程度)

35歳未満で高校(学校教育法による高等学校)を卒業、または、17歳以上35歳未満で高校卒業程度の学力を有する人

警察官の就業者数推定

294,669人(2015年度)

・警視庁 都道府県警察官採用案内
https://www.npa.go.jp/about/recruitment/police/index.htm

・警視庁 警視庁採用サイト
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyo/31/

・警察庁 警察職員の定員
https://www.npa.go.jp/hakusyo/h27/honbun/html/r6110000.html

・人事院 平成30年国家公務員給与等実態調査の結果
https://www.jinji.go.jp/kankoku/kokkou/30kokkou.html

・総務省 平成30年地方公務員給与実態調査結果等の概要
http://www.soumu.go.jp/main_content/000608478.pdf

・スタディサプリ 警察官の仕事内容
https://shingakunet.com/bunnya/w0001/x0003/sigotonaiyo/

・公安職給料表
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/732256.pdf

・警察官の年収・ボーナス・退職金・都道府県別年収・年齢別年収推移・生涯賃金
https://www.nenshuu.net/shoku/koumuin/keisatukan.php
Indeed からの求人
テーマパークスタッフ

カンドゥー - 千葉県 千葉市 美浜区 海浜幕張駅

カンドゥー(kandu)は親子3世代で楽しめる仕事体験テーマパークです☆ モデルや警察官、科学者やパイロットなど約30種類の仕事体験ができる素敵な場所。このテーマパークではお客さま...

2021新卒採用 公務員・団体職員

京都府警察本部 - 京都府 京都市

会を実現します。 採用職種:警察官・警察事務職員 仕事内容:【警察官】 京都府警察官として、個人の生命・身体及び財産の... 4合地 事業内容:【警察官】 京都府警察官として、個人の生命...

2021 新卒採用 公務員

群馬県警察 - 群馬県 前橋市

い警察~ 採用方法 ○警察官 第1次試験~教養試験、論... 年度) 警察官A(男性) 61名 警察官A(女性) 14名 警察官B(男性) 33名 警察官B(女性) 8名...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収772万円

弁護士とは、依頼者の抱えるトラブルを法律を用いて解決する、法律事務の専門家です。

仕事内容は、まず金銭トラブルや離婚、相続をめぐる争いなどの民事事件の代理人業務があります。次に、窃盗や傷害、殺人などの刑事事件の弁護人業務です。他にも、企業に対して契約や知的財産権、M&Aなどのサポートを行うビジネスサポートの仕事もあります。

弁護士になるには、大学卒業後、法科大学院(ロースクール)に進むのが一般的です。法科大学院を修了すると、司法試験の受験資格が与えられます。司法試験に合格後、約1年間の司法修習を経て、司法修習考試という試験に合格することで、晴れて弁護士となることができます。

平均年収673万円

裁判所事務官とは、裁判事務の効率的な運用を図るため、裁判部門の事務や司法行政に関わる事務を担当する職業です。裁判所には裁判部門だけでなく、事務局(総務課・人事課・会計課など)業務を行う司法行政部門も設置されており、裁判所事務官は両部門の事務全般をサポートします。

裁判所事務官として一定期間在職すると、裁判所書記官となるための養成所に入る試験を受験する資格を得ます。裁判所書記官が立ち会わないと、法廷を開くことができないので、裁判所書記官は、どの裁判所にも配置されています。

また、裁判所事務官は10年以上職務に従事し法務大臣の認定を受ければ、司法書士の資格を取得することができます。そのため、退職後、司法書士として独立開業という道も開かれています。

平均年収671万円

検察事務官とは、検察官の指揮を受けて犯罪の捜査に関わるサポートを行うほか、総務・会計などの事務仕事を担う職業です。

被疑者の取調べや逮捕状による逮捕、緊急逮捕とこれに伴う逮捕状の請求、差押え・捜索・検証または身体検査の令状請求とその執行など、検察官をサポートするために必要なさまざまな職務権限が与えられています。

検察事務官として経験を積み重ね、一定の受験資格基準に達した後、昇進試験に合格すると、副検事や検事(検察官)へとキャリアアップすることも可能です。

平均年収673万円

官僚・国家公務員とは、福祉や医療、教育、財政運営、産業振興、外交、防衛など、あらゆる分野で国家の運営に携わる職業です。特別職と一般職に大別され、各府省庁によって担当する職務が異なります。採用試験合格後、各府省庁での面接(官庁訪問)を経て採用先が決まります。

中央官庁で働くのは、難関試験として知られる総合職試験に合格した国家公務員であり、官僚と呼ばれます。出世コースに乗った「キャリア官僚」は、国の政策立案や国会答弁作成など、国政に直に関わります。その他、多くの国家公務員は行政官や外交官、技官、税務職員、研究職員などとして国家の土台を支えています。

安定した給与や福利厚生など、充実した諸制度に守られながら、スケールの大きなプロジェクトに携わることができる魅力的な仕事です。政治に深く関わるので、国会議員を目指すことも可能です。実際に、官僚から転身した政治家の数は400人以上にのぼります。

平均年収470万円

裁判官は、法曹三者(裁判官,検察官,弁護士)に属し、権力から独立し中立的な立場で、裁判を経て、判決・決定を言い渡す仕事です。

裁判には大きく分けて「民事裁判」と「刑事裁判」があり、裁判官は事前に提出された資料を読み込んでから裁判に臨みます。
裁判においては当事者や弁護士、検察官、証人などの話を聞き、判決を言い渡します。
逮捕状や捜索差押令状を発布するのも裁判官の役割です。

裁判官の判決は人生を左右する重大なものであり、また判例として後の裁判にも影響を与えるものであるため、大きな責任が伴います。

検察官は、法曹三者(裁判官,検察官,弁護士)に属し、犯罪の起訴をする権限を持ちます。起訴の判断から刑執行の指揮・監督までを行う仕事です。

事件の捜査、検討を重ね、起訴・不起訴を判断します。被疑者を起訴する必要がある場合は公訴し、裁判所で冒頭陳述・証拠提・証人喚問を行い、求刑を行います。有罪が確定したら、法の執行までを指揮・監督します。

国際化が進む現代では、国境を超えた犯罪も増えています。そのため検察官には、語学理解など国際犯罪にも立ち向かうことのできる能力が求められています。

平均年収718万円

消防士(消防官)とは、地方自治体の消防本部や消防署に所属し、火災の消火や救急によって、人々の安全を守る職業です。

消防士は、火災が起きた際に行う消火活動や、事故や災害が発生した際に行う救助活動、怪我人や病人を搬送する救急活動、事故や災害による被害が増えないようにする防災活動、建造物が事故を起こしにくい構造になっていることを確認する予防活動の5つの活動が主な任務となります。 それ他にも、日々規則正しい生活や自己管理を行い、技術を磨く訓練や体力づくりを行うことも大切な仕事です。

その技術を持って模範となる隊員を育成するため、昭和47年から毎年、全国消防救助技術大会なども開催され各地の隊員が切磋琢磨を続けています。

平均年収688万円

海上保安官とは、海上保安庁に所属する国家公務員で、日本近海の治安と安全を守る職業です。仕事の特性上「海の警察官」と呼ばれています。

業務内容は、不審船の取り締まりなどを行う「警備救難業務」、安全な航海のための情報を集める「海洋情報業務」、海上交通を管理する「海上交通業務」の3つに大別されます。巡視船や航空機を使って常に日本の海域を監視しています。

似ている職業に海上自衛隊がありますが、海上自衛隊は他国の侵略から日本を守ることを目的にしているのに対して、海上保安官は警察官と同じように治安保全を目的としています。そのため、逮捕権も有しています。

平均年収855万円

法医学医とは遺体の解剖や薬毒物検査などを行うことで、犯罪捜査や裁判に貢献する職業です。法医学とは、犯罪捜査や裁判のために行われる医学のことで、犯罪や事故の再発防止に取り組む仕事だといえます。

具体的には、死因や身元を特定するための司法解剖、親子鑑定、血液型鑑定などを行います。法医学医になるには、医師免許が必要です。それに加えて死体解剖資格や法医学教室での200例以上の法医解剖経験、日本法医学会の認定を受けるなどの要件を満たす必要があります。

現在、法医学医は全国で140人ほどしかおらず、慢性的に不足しているといわれているのです。しかし、最近では法医学をテーマとしたテレビドラマが数多く制作されているので、今後、法医学医を目指す医師が増えることが期待されています。