「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

OA機器サービスエンジニア

初任給 26 万円
平均年収 560 万円

OA機器サービスエンジニアは、デジタル複合機やビジネスフォン、サーバー、パソコンなど、IT機器の納品先あるいはリース先に派遣され、機器の保守メンテナンス及びITサポートを行う職業です。

依頼者のもとへ出向き、機器の故障やトラブルの解決を行ないます。顧客の困り事を現場で聞ける立場であることから、メンテナンス業務だけでなく、追加部品や機器類の販売につなげる営業サポートの役割を与えられることもあります。

未経験から始められますが、基本的なITスキル(パソコン、ネットワーク構築)が求められることもあり、IT系の資格を持っているとキャリアアップにつながります。近年では、3Dプリンターなどの最新機器の保守メンテナンスを依頼されることもあります。また、主に社用自動車で契約先企業や官公庁などを訪問するため、普通自動車運転免許が必須とされることが一般的です。

OA機器サービスエンジニアの仕事内容

  • OA機器類の新設に際しては、依頼先オフィスのインフラ状況を事前に調べて、LAN構築から機器類の設置、導入、アフターフォローまで幅広く対応します。
  • OA機器の修理や保守運用の依頼が入ると、社用車で顧客先に向かい、トラブル内容を把握します。
  • 修理対象のOA機器でトラブルを再現し、状況確認後、メンテナンスメニューやエラーログを調べたり、製造メーカーに連絡をしたりして、原因を特定します。
  • 必要に応じて、OA機器を解体し、汚れをとったり部品を交換したりします。在庫がなければ、後日部品交換をすることもあります。
  • 自社から離れた場所で依頼を受けた場合は、電話でトラブル状況を確認しながら、対応策の指示を行います。

OA機器サービスエンジニアの業務スキル

  • OA機器のメンテナンススキル
  • LAN構築スキル
  • ネットワーク保守・運用スキル
  • リモート対応スキル
  • 基本的なITスキル
  • 安全運転

OA機器サービスエンジニアの専門知識

  • OA機器類の基本構造
  • 電気工学
  • システム運用
  • システム管理
  • クラウド構築

OA機器サービスエンジニアの実務能力

  • 傾聴力
  • 課題発見力
  • 論理的思考力
  • 粘り強さ
  • 手先の器用さ

OA機器サービスエンジニアの基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力

OA機器サービスエンジニアの働く場所

  • 事務機器メーカー
  • 電気設備会社
  • 機器メンテナンス会社
  • セキュリティ企業

OA機器サービスエンジニアの作業方法とツール

  • 自動車
  • パソコン
  • ビデオ通話サービス
  • デジタルカメラ
  • スマートフォン
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • 工具
  • OA機器マニュアル

OA機器サービスエンジニアの活動内容

  • ヒアリング
  • ネットワーク設計
  • 自動車移動
  • トラブル対応
  • 保守、運用

OA機器サービスエンジニアの人間性

  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 正義感が強く行動力がある人
  • 相手を思いやり献身的に尽くす人
  • コミュニケーションが得意な人

OA機器サービスエンジニアのキャリアステップ

  • 営業職
  • ネットワークエンジニア

OA機器サービスエンジニアの給与

初任給:26万円
平均年収:560万円

参考:
初任給:26.34万円(企業規模計、20~24歳)
平均:36.12万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収:560.4万円(賞与:126.96万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

OA機器サービスエンジニアの必須資格

  • 自動車運転免許
CAREER INDEX からの求人
OA機器サービスエンジニア

吉村タイプ株式会社 - 山口県宇部市若松町3-24屋内の受動喫煙対策あり(禁煙)屋内の受動喫煙対策に関する特記事項屋外に喫煙場所あり

・キャノンカスタマーエンジニアの資格取得及び業務を行う ・キャノンOA機器のメンテナンス、修理、機械設置、消耗品配達 ・山口県内(宇部・山陽小野田・一部山口・下関・長門)の 企業を担当件数受けもっても...

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収781万円

営業職とは、製品やサービスなどの商材を顧客に売り込み、注文を受ける(受注・成約する)職業です。顧客が来店するのを待つ販売職とは違い、基本的に社外で活動します。

営業職は大きく、企業向けに商材を販売する「法人営業」と、一般消費者向けに商材を売り込む「個人営業」に分かれます。また担当する顧客によって、既存の顧客を担当する場合は「ルート営業」、新規顧客を獲得する場合は「新規開拓営業」というように分類されます。

会社の売上を左右する職種のため、成果報酬などインセンティブがつくこともあり、収入は比較的高めです。また、さまざまな人々と出会うことで良い刺激をもらえることや、会社に寄らずに直行直帰できるといった自由な勤務スタイルも魅力の一つです。

平均年収679万円

ネットワークエンジニアとは、インターネットやLANなどのネットワークに関する「要件定義」「設計」「構築」「運用・保守」を行う職業です。

依頼者の要求やネットワークを使用するシステムの要件により、最適なシステムの開発・増強の計画を作成する”キャパシティプランニング”を行い、使用するサービスの選定やネットワークの構成を決定します。導入後の運用フェーズにおいても機器の構成や設定の変更、障害対応などの運用・保守を行います。年々ネットワークトラフィックは増加の一途をたどっているため、パーフォーマンスの改善や運用の効率化を継続的に実施する必要があります。

任されるのはインターネットに接続されるWEBサービスやオフィス内LANなどから、銀行ネットワークや通信会社の基幹となるバックボーンといった大規模なものまで幅広くあります。近年ではクラウドサービスを多用する企業が増えていることで、業務範囲も拡大し、開発領域まで行うネットワークエンジニアも増えています。

平均年収679万円

セキュリティエンジニアとは、情報セキュリティのプロフェッショナルとして「設計」「開発」「テスト」「運用・保守」を行う職業です。悪意を持ったサイバー攻撃からコンピュータやネットワークを守ることから、”ホワイトハッカー”と呼ばれることもあります。

システム上の安全面だけでなく、システムを使用する人の動きや流れも含めて安全性を検証します。依頼者と入念に打ち合わせを行い、どのようなシステムを求めているのか把握し、要件の分析や定義、システム構成を設計します。設計書にもとづきプログラミングを行い、システム完成後テストや対策を行うことで、不具合やミスがないことを確認します。

インターネットの急速な普及と発展とともに情報セキュリティは益々重要になってきており、セキュリティエンジニアを求める企業は多く、今後も需要が高まることが予想されます。非常に高度なエンジニアスキルと最新のセキュリティ知識を求められる領域であるため、人材の数も少なく、重宝される職種でもあります。

平均年収679万円

システムエンジニアとは、依頼者と開発スタッフの間に立ち、両者のパイプ役としてシステム開発現場をマネジメントする職業です。通称SEと呼ばれます。

依頼者と打ち合わせを行い、どのようなシステムを求めているか把握し、要求分析や要件定義を行い提案書などを作成します。さらに、基本的なシステム構成を設計したり、プログラミングを行うための詳細設計を行なったりし、プログラマーに指示を出します。システムが完成したらテストを行い、不具合やミスがないことが確認できたら納品します。

企業やプロジェクトの規模により、上位職種であるプロジェクトリーダーの仕事(予算やメンバーの管理)やプログラミングを自ら行うこともあり、幅広い知識と経験に加え、コミュニケーション能力も身につきます。そのため、企業で経験を積んだ後、独立する人もいます。