「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

地域おこし協力隊

初任給 -
平均年収 199 万円

地域おこし協力隊は、総務省が2009年度に創設した、地方の活性化を目指す制度です。隊員は、都市部から人口減少や高齢化が著しい地方の過疎地へ移住してきた人で、地方自治体から給料をもらいながら地域協力活動を行います。

活動期間は概ね1~3年で、自治体の非常勤職員として、地域ブランド化や地場産品のプロモーション、都市住民の移住支援、農林水産業への従事など、さまざまな活動に従事し定住を検討します。隊員が起業をする場合は、起業支援補助金が交付されることもあります。

都市部から入ってきた新たな活力が地域に暮らす住民たちを刺激し、隊員自身も豊かな自然と温かい人々に囲まれて暮らすことで、真の”地域興し”が期待されています。

地域おこし協力隊の仕事内容

  • 農業管理や指導、普及活動を行います。
  • 伝統食文化や特産品の製造と販売を行います。
  • 地場産品の販売や地産地消の推進などに関わります。
  • 水源地の整備や道路の清掃などを行います。
  • 高齢者の見守りサービスや通院・買い物時の移動サポートなどを行います。
  • 地域の魅力をアピールし、観光ルートの企画立案や観光客のサポートを行います。
  • 学校行事を支援し、スポーツを通じて子供と交流します。
  • SNSや動画などによる情報発信を通じて、情報通信技術の普及活動を行います。
  • 地域行事や伝統芸能の応援、都市との交流事業を行います。
  • 空き家を補修したり、村営宿泊施設を運営したりして、移住者促進事業を支援します。
  • 消防団や青年団へ参加し、地域施設の運営補助を行います。

地域おこし協力隊の業務スキル

  • 人の輪に憶することなく入れる社交性
  • 「郷に入れば郷に従え」の精神
  • 農業管理や指導、普及活動などのスキル
  • 伝統芸能や地域行事、民族、文化などへの関心
  • 情報通信技術を使って、地域の魅力をアピールする情報発信力
  • スポーツなどを通じて子供と交流できるコミュニケーション力
  • 目立たない仕事や雑務でも地道に取り組むことができる忍耐力
  • 高齢者サポートや地域の困り事などに率先して関わる積極性

地域おこし協力隊の専門知識

  • 農業
  • 林業
  • 土木
  • 水産
  • 教育
  • 観光
  • 情報技術

地域おこし協力隊の実務能力

  • チームワーク力
  • 主体性
  • 実行力
  • 体力
  • コミュニケーション力

地域おこし協力隊の基礎能力TOP3

  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力

地域おこし協力隊の働く場所

  • 過疎地域などの条件不利地域

地域おこし協力隊の作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • スマートフォン
  • SNS
  • デジタルカメラ
  • 農業機械
  • 調理機器

地域おこし協力隊の活動内容

  • 農林水産・産業支援
  • 環境整備支援
  • 医療・福祉支援
  • 観光支援
  • 教育支援
  • 情報通信支援
  • 地域づくり支援
  • スポーツ振興支援
  • 空き家補修支援

地域おこし協力隊の人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 相手を思いやり献身的に尽くす人

地域おこし協力隊のキャリアステップ

  • 農家
  • 酪農家
  • 市議会議員

地域おこし協力隊の給与

平均年収:199万円

参考:
※給与と活動費(隊員1人につき400万円上限(=報酬等(上限200万円)+活動費(上限200万円))。
隊員の給与は16万6千円のところが多く、まれに20万円のところもあったりと、自治体によって変わります。
出典:一般社団法人 移住・交流推進機構

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

あなたの適正年収は?
年収査定で適正年収を知ろう! 転職なら【キャリアインデックス】

地域おこし協力隊の推奨資格

  • 普通自動車免許

地域おこし協力隊の付帯条件・制限

・任命後、都市地域から過疎地域等の条件不利地域に住民票を移動し、生活の拠点を移すことができる

※上記以外は受け入れ地方公共団体、職種によって違う。以下、参考例。

(年齢)満20歳以上~50歳以下

(その他)

・心身が健康で、かつ、地域協力活動に意欲と情熱を持って取り組める

・日常的にパソコンを使用、電子メール等情報の受発信ができる

・土日及び祝日の行事参加や夜間の会合等、不規則な職に対応できる

地域おこし協力隊の就業者数推定

5530

出典:総務省
CAREER INDEX からの求人
【移住者歓迎求人】農業(トルコギキョウ栽培)※業務委託

川俣町役場 - 川俣町山木屋地区

◆移住支援金/最大200万円◆「あぶくまカットフラワーグループ」の支援を受けて、山木屋地区でトルコギキョウ等の栽培技術を学び、新規就農を目指す地域おこし協力隊を募集します。【具体的には】トル...

【起業型求人】福島県川俣町地域おこし協力隊※業務委託

川俣町役場 - 川俣町内

◆移住支援金/最大200万円◆福島県川俣町地域おこし協力隊(起業・個人事業主型)・川俣シャモを活用した起業者の募集です。【具体的には】川俣町地域おこし協力隊設置要綱及び本募集要項に基づき、【地...

観光地域おこし協力隊★秋保町など仙台西部エリアで活動!|地域の魅力の発掘や、観光PRなどをお任せ!

株式会社アキウツーリズムファクトリー - ■本社/仙台市太白区秋保町湯元字除9-4アキウ舎◎転勤はありません。<秋保町ってどんなところ?>仙台市から車で30分ほどの場所にある、美しい自然が残る温泉郷です。伊達政宗公...

仙台市西部地区における観光資源の発掘や、観光地域としての魅力づくりをお任せします。広報やマーケティングにも挑戦しながら、観光で訪れるお客様を増やしたり、地域ブランド力のアップを目指しましょう。<活...

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収499万円

カメラマンとは、新聞社や出版社、広告代理店、WEBメディアなどから依頼を受けて、主に商業用の写真を撮る職業です。動画カメラマンと区別するために、”フォトグラファー”とも呼ばれます。

多くのカメラマンが自身の専門分野を持っており、新聞などに載る報道写真やポスターなどの広告用の写真、スポーツ選手の一瞬の動きを捉えるスポーツ写真、風景写真、動物写真など、さまざまな分野で活躍することができます。

なかには、戦場の様子を世界に伝えることを専門にしている戦場カメラマンなどもおり、優れた報道に贈られる米国のピューリッツァー賞を獲得している日本人戦場カメラマンもいます。

平均年収478万円

商工会議所は、商工会議所法に基づき設置された特別認可法人で、地域で商工業を営む企業や小規模事業者を会員とする「地域総合経済団体」です。全国各地の商工会議所職員は、地域の会員に対して経営支援や国際支援を行ったり、行政機関に対して政策提言を行ったりしています。

日本商工会議所は各地の商工会議所と連携して、政府や政党に対して政策提言・要望活動などを行います。

創設は1878年で、東京商工会議所の初代会頭は、新1万円札の顔になった渋沢栄一、大阪商工会議所の初代会頭は、NHKの連続テレビ小説「あさが来た」で有名になった五代友厚など、名を馳せた実業家です。

平均年収478万円

広報・PRは、プレスリリースなどを通じて自社製品やサービスの最新情報を発表したり、社会活動などの取り組みを伝えたりすることで、自社のイメージアップを図り、ステークホルダーからの信頼獲得を担う職業です。

仕事内容は、大きく【社外広報】【社内広報】【IR】の3つに分けられます。社外広報は、自社のブランディング目的で、主に顧客や消費者に対して情報発信を行います。社内広報は、社内報を作成するなどして、社内での情報共有を図ります。IRは、Investor Relations(インベスターリレーションズ)の略で、株主や投資家への情報提供を行うものです。

なお、広報・PRの”PR”とは、Public Relations(パブリックリレーションズ)の略語で、”社会との関係”を築くという意味です。宣伝のPRとは違い、売上アップが目的ではありません。関係者に向けて正確な情報を開示することで、企業の信頼度を高める役割を担っています。

平均年収348万円

パティシエは、「お菓子を作る職人」という意味を持ち、ケーキやクッキーなどさまざまな洋菓子を作る仕事です。

洋菓子店やレストラン、ホテルのカフェなどに所属して洋菓子の製造を行います。人気パティシエは複数店舗のオーナーやレストランのデーザートの監修、お菓子メーカーとのコラボ商品の監修などを行います。またスイーツを作るだけでなく、各種コンテストに出場したり、講習会の講師を行う場合もあります。

洋菓子の本場であるヨーロッパで修行を行い、日本に戻り人気パティシエとなる方々が増えています。

プロブロガーとは、自身のブログに専門的な記事を書いてアクセスを集め、広告を貼ったり、記事本文に対して課金したりして収入を得る職業です。

広告により収益を得るということではアフィリエイターと似ていますが、違いもあります。アフィリエイターが、広告する商品のための記事を書くことを目的としているのに対して、ブロガーは広告に関係なく、自身の興味や読者のニーズに沿って記事を書き、ブログを軸にしてさまざまな形で収益を発生させることが目的となります。得意とする専門分野の記事を公開し、広告を掲載したり、記事の閲覧自体を有料にしたり、自身のブログに企業の記事広告を書いたりして、収益を得ることができます。

その他にも、得意分野に関連した情報サイトやWEBメディアへコラムを提供したり、ブログに関する知識やノウハウを活かしたセミナーやコンサルティングを行うこともあります。

平均年収816万円

フリーライターとは、組織に所属せずフリーランスで新聞や雑誌、WEBメディアなどの記事を書く職業です。

企画のコンセプトや読者層を把握し構成を考え、文章を書くだけでなく、必要に応じてインタビューや写真撮影を行い記事を作成していきます。クラウドソーシングプラットフォームに登録したり、企画を出版社やメディア企業へ売り込んだり、SNSなどで実績(ポートフォリオ)を発信したりして、仕事を獲得していきます。読者や時代にマッチした記事を作成するために、日頃から世の中の変化にアンテナを張り、トレンドを把握しておくことが求められます。

最近では写真撮影も兼務するカメライターや、SNSなどで活躍するインフルエンサーなどもフリーライターとして参入してきています。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収706万円

酪農家とは、主に乳牛を飼育して乳製品の原料になる生乳を生産する職業です。

乳牛の育成や牛舎の清掃、管理、搾乳、出荷をすることを日課としています。乳牛の世話だけでなく、飼料となる牧草を自ら育てたり、牛のお産の補助を行ったりもします。また、自ら採取した生乳を加工して、バターやチーズなどの乳製品を作る酪農家もいます。

搾乳は回数が少ないと、牛の乳頭から細菌が侵入し死に至る「乳房炎」という病気になってしまうため、1日たりとも休むことはできません。また近年、乳牛の価値が高騰しており、子牛を無事に出産させることも重要になっています。そのため、24時間インターネットによる監視体制を整備している酪農家も増加しています。

平均年収348万円

農家とは、食用の米や野菜、果物、観賞用の花やハーブなどを育てて出荷する職業です。

土づくりから始め、種まきや田植え、収穫まで、私たちの日々の食卓に並ぶ食材をつくり育てています。農作物の生産の他、出荷作業や農業機械の操作実習、営業や販売業務など、生産から販売まで幅広い業務をこなします。また、より美味しい農作物を安定して収穫できるよう、品種改良や栽培方法の研究なども行います。「減農薬栽培」「無農薬栽培」「有機栽培」など、生産方法も多様化しています。

最近では農業法人として安定的な経営基盤を構築することで、人材を確保する動きが活発になってきています。