「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

中小企業診断士は、中小企業の経営課題を診断し、助言を行う専門家です。独占業務を持たない国家資格ですが、公的な中小企業支援機関が業務を委託する際に指定されることが多いなど、社会的な評価の高い職業です。

企業で関連業務を行う「企業内診断士」と、資格取得後に開業する「独立診断士」がいます。経営改善や販路拡大、事業承継などの一般的な経営コンサルタント業務に加え、IT化、海外展開、特許取得、新エネルギー参入など、各人の得意分野を強みとして中小企業の経営をバックアップします。

中小企業診断士は経営コンサルタント職の唯一の国家資格ということができ、日本版MBAと呼ばれることもあります。

業務内容

  • 中小企業の現状分析を実施し、経営状況を診断します。
  • 中小企業に応じた成長戦略やアクションプランの策定・経営改善に向けた助言を行います。
  • 策定したアクションプランを実行するにあたって、具体的な経営計画を立案します。
  • 経営改善状況の実績を評価し、経営環境の変化を踏まえたサポートを実施します。
  • 経営状況に応じて、中小企業と行政・金融機関などを繋ぎます。
  • 商工会議所などが主催する講演会などで専門的知識を活用した、中小企業に関わる施策を提言します。

業務スキル

  • 丁寧なヒアリングによる実務の把握
  • 問題点の分析と経営状況の診断
  • 個々の中小企業に応じた成長戦略やアクションプランの策定
  • 経営改善に向けた専門的な助言
  • 具体的な経営計画の立案
  • 中小企業を取り巻く経営環境の変化を読み取る力
  • 行政や金融機関などの活用
  • 中小企業支援に必要な諸施策を公的機関などに提言できる発信力

専門知識

  • 経済学
  • 経済政策
  • 財務・会計
  • 企業経営理論
  • 運営管理(オペレーション・マネジメント)
  • 経営法務
  • 経営情報システム
  • 中小企業経営
  • 中小企業政策
  • 組織・人事
  • マーケティング・流通
  • 生産・技術
  • 財務・会計
  • 中小企業基本法
  • 中小企業支援法
  • 労働基準法
  • 労働安全衛生法
  • 労働契約法
  • 労働民法
  • 労働者派遣法
  • 男女雇用機会均等法
  • 育児・介護休業法
  • パートタイム労働法
  • 雇用保険法
  • 労災保険法

実務能力

  • コンサルティング力
  • プレゼンテーション力
  • フォローアップ力
  • 情況把握力
  • 分析力
  • 論理的思考力
  • 課題発見力
  • 計画力

基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力

働く場所

  • 一般企業
  • 行政機関
  • 中小企業支援団体
  • 銀行系シンクタンク
  • 税理士事務所
  • コンサルティング会社
  • 商工会議所
  • 大学
  • 予備校
  • 個人事務所

作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • ビジネスチャットツール
  • Microsoft Office
  • 会計ソフト、システム
  • デジタルカメラ
  • スマートフォン
  • 複合機
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • ファイル
  • 電卓

活動内容

  • 経営診断
  • 経営指導
  • 事業計画の策定支援
  • マーケティングの助言
  • 情報システムの活用支援
  • 事業再生支援
  • 事業承継支援
  • 創業支援
  • 融資支援
  • 調査研究
  • 政策提言
  • 講演
  • 教育訓練
  • 原稿執筆

人間性

  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 正義感が強く行動力がある人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

キャリアステップ

  • 経営コンサルタント

給与

平均年収:739万円

参考:
ウィキペディア(Wikipedia)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

必須資格

  • 中小企業診断士

推奨資格

  • 社会保険労務士
  • 税理士
  • 公認会計士
  • ファイナンシャルプランナー
  • MBA
  • 行政書士
  • 司法書士
  • 弁護士
  • 情報処理安全確保支援士
  • ITパスポート
  • MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)
  • 日商簿記検定
  • ビジネス実務マナー検定
  • 普通自動車免許

付帯条件・制限

※試験合格後、以下のいずれかで有資格者として登録できる。

1. 専門機関による実務補修を受講する

2. 必要要件を満たした実務に従事する

就業者数推定

26000

Indeed からの求人
経営コンサルタント

有限責任監査法人トーマツ - 東京都

企業経営全般に渡る“経営者の良き相談相手”になること」を志向している方を望みます。 求める資格(以下があれば尚可) ・中小企業診断 ・社会保険労務 待遇 【勤務時間】9...

財務経営コンサルタント(公認会計士)

株式会社わかば経営会計 - 東京都 中央区 新日本橋駅

を提供しています。また「中小企業の未来を創造する」という経営理念のもと、単なる専門知識の外注という位置づけではなく、企業... います。) その他、中小企業診断の資格取得支援制度(試験...

経営コンサルタント

Soogol Management株式会社 - 東京都 台東区 上野

直さ」「成長・勉強意欲」「中小企業の社長の役に立ちたいという... トになる ・社労や司法書などの資格を取って、その分野で活躍する ・中小企業診断を取って、顧問先の経営アドバイザーに...

求人検索 by Indeed job search
コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

更新履歴
  • 2019年05月20日 18:23
    「画像」を更新しました
  • 2019年05月08日 10:59
    「備考」を更新しました
  • 2019年05月08日 10:58
    「備考」を更新しました
  • 2019年05月08日 10:45
    「備考」を更新しました
  • 2019年05月08日 10:45
    「給与レンジ(備考)」を更新しました
  • 2019年05月08日 10:15
    「備考」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:57
    「備考」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:56
    「備考」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:39
    「画像」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:37
    「画像」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:34
    「給与レンジ(備考)」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「備考」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「就業者数推定」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「付帯条件・制限」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「推奨資格」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「必須資格」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「給与レンジ(備考)」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「給与レンジ(平均年収)(万円)」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「関連する職業」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「キャリアパス(ステップ)」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「人間性」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「活動内容」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「作業方法とツール」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「働く場所」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「基礎能力要素」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「実務能力」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「専門知識(ナレッジ)」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「業務スキル」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「業務内容」を更新しました
  • 2019年05月07日 19:28
    「要約説明」を更新しました
もっと見る閉じる
関連する職業
平均年収781万円

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、個人や中小企業に対して、資産や資金計画に関するアドバイスを行う職業です。

家計の見直しや住宅ローン、保険、教育資金、老後の生活、相続、税金など、暮らしにおけるお金の悩みは尽きません。そのようなライフステージごとのお金に関する相談に乗り、ライフプランニング(生涯生活設計)を行うのがファイナンシャルプランナーの仕事です。FPの9割は企業内で仕事をしていますが、経験をつめば独立開業も目指せる夢のある職業です。

ファイナンシャルプランナーになるには、資格を取得するのが一般的です。とくに、「ファイナンシャル・プラニング技能検定」は国家資格であるため、取得していると信用度が高くなります。

平均年収478万円

企画・経営職は、企業で経営幹部を補佐しながら経営業務を直接的に担当する職業です。中長期的な経営戦略を練り、各種情報の収集と分析を重ねて、コスト削減などの経営改善や経営計画の策定、内部統制業務などを行います。経営企画や事業企画などと呼ばれることもあります。

組織の規模や形態、上場の有無などによって担当業務は大きく異なりますが、経営者の視点に立ち、社外との交渉役を担います。関連業界や社会動向全般について自ら調査し、多角的な分析力を備えていくことで、出世コースに乗りやすくなります。

企画業務型裁量労働制を導入している企業も増えてきており、この場合、自分の都合に合わせて勤務時間を調整し、効率の良い時間配分で仕事を進められるなどのメリットがあります。

平均年収269万円

経理は、企業や組織におけるお金の出入りを記録と管理をする仕事です。

パソコンで会計ソフトや表計算ソフトなどを使用して、収支、銀行預金、給与や保険、税金などの計算や管理を行います。決算書の作成にも携わり、月次・年次などの決算業務を行います。
取引き先の与信管理や、会社全体の経理ルールの作成・改善を行います。

会社の利益が出ているかなど、経営状況を知ることができる仕事であり、企業規模によっては経営者との距離が近く参謀的なポジションとなります。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収410万円

キャリアコンサルタントとは、職業の選択や職業生活設計、職業能力の開発及び向上に関する相談を受け、助言や指導を行う職業です。

面談を通して、相談者が自身の適性や能力などを自覚する手助けをします。また、自己理解を深めるとともに、さまざまな職種やそれらの業務内容について説明することで、自分に合った仕事を主体的に選択できるようサポートします。また、職場や仕事に関する悩みを聞くという立場から、メンタルヘルスケアを担うこともあります。

キャリアコンサルタントは平成28年4月から国家資格となり、現在では有資格者のみが「キャリアコンサルタント」という名称を用いることができます。

平均年収458万円

社会保険労務士とは、社会保険と労働に関する法律をもとに、企業に所属する従業員の労働に関する業務を代行する職業です。社会保険や労働法に精通したプロフェッショナルです。

企業に代わって従業員の社会保険や労働保険関係の手続きや書類作成をしたり、給与計算や就業規則の作成をしたりします。また法人や個人からの依頼で、コンサルティングや企業内研修を行います。年金や労災の手続きを行ったり、相談・アドバイスを行ったりもします。

近年、多様な働き方や労働環境に対する関心が高まり、手続きや書類作成だけでなく、専門知識を生かした人事・採用コンサルティングや企業研修ができる社会保険労務士の需要が高まっています。

平均年収957万円

公認会計とは、企業や学校法人、公益法人などさまざまな法人を対象に、独立した立場から経営状況をチェックし、専門家として財務情報を検証・提言する監査業務を行う職業です。

専門家として第三者の決算書を確認し、企業の財務情報の信頼性を担保します。監査業務には、法令などの規定によって義務付けられた法定監査と、法定監査以外の自主的に実施する監査とがあります。監査業務だけでなく、コンサルタントとして経営全般にわたる相談・助言を行ったり、一般企業の経営企画室や財務部門で働いたりする人もいます。

公認会計士は会計系最高峰の国家試験となっており、医師・弁護士に並んで三大士業と言われ、主要業務である監査業務は会計士のみが許された独占業務になります。試験の合格率は10%程度と狭き門なので、公認会計士を目指す場合は、相当量の学習時間が求められます。

平均年収957万円

経営コンサルタントとは、企業の経営戦略や人事戦略の策定、M&A(企業の合併と買収)などの支援を行う職業です。

経営改善や事業立案、企業の買収など、コンサルティング分野は多岐にわたります。経営状態を把握し、問題点を調査・分析することで原因を追究し、解決を提案します。また、企業向けに経営セミナーを行ったり、従業員の能力開発セミナーの講師を務めたりすることもあります。

コンサルティングファームに所属したり、個人で活動したりと、業務形態はさまざまです。経営コンサルタントになるための資格はなく、中小企業診断士の資格やMBA(経営学修士号)の学位を取得することで基礎的なスキルの証明としている傾向があります。

平均年収639万円

不動産鑑定士とは、土地や建物などの不動産の経済価値を見極め、価格を算出する職業です。

登記簿や地質などの情報や土地の利用計画などから、その不動産の価値を調べます。依頼者から預かった不動産の運用や活用コンサルティングを行ったり、公的機関から業務を請け負ったりします。また、個人の相続税や固定資産税に関する不動産の評価や、企業の資産評価も行う場合があります。

文系三大国家資格と呼ばれる弁護士・公認会計士・不動産鑑定士の中では、需要と供給のバランスがもっともとれていると言われ、仕事も増加傾向にあります。