「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 24 万円
平均年収 706 万円

飲料商品開発は、飲料メーカーで新商品や原料の開発を行う仕事です。各メーカーが得意とする飲料製品の開発技術を応用し、お茶やアルコール飲料、清涼飲料、コーヒー飲料、乳酸菌飲料、炭酸飲料、果実飲料、スポーツドリンクなどの開発を行います。

研究開発だけでなく、世の中のトレンドや消費者ニーズのリサーチと分析をするのも、飲料商品開発者の仕事です。時代のニーズをくみ取り、新しい価値を持った飲料商品の開発が、日々行われています。

例えば、2019年3月11日に江崎グリコが全国販売を開始した、日本初の乳児用液体ミルク「アイクレオ赤ちゃんミルク」は、これまでの「乳性飲料」カテゴリではなく、「乳児用ミルク」として初めて厚生労働省に認可されたことで話題となりました。

飲料商品開発の仕事内容

  • 営業担当者に同行したり、展示会などに参加したりして、市場ニーズについて調査します
  • 新商品のコンセプトや容器包装のデザインを企画・立案します。
  • 商品化に向けた研究・技術開発を行い、試作品を製造します。
  • 試作品の製品評価試験(官能評価)を実施します。
  • 関係者と最終検討を重ね、新商品を開発します。
  • 原材料の調達先を検討します。
  • 生産部門と連携し、生産・製造技術を開発します。  
  • 生産部門と連携し、生産・品質管理・メンテナンス法を確立します。

飲料商品開発の業務スキル

  • 営業部門と連携し、消費者が求めるニーズを調査結果から判断できるマーケティング感覚
  • 新商品のコンセプトやデザインを企画・立案する企画力
  • 新商品のコンセプトや利点をわかりやすく伝えるプレゼンテーションスキル
  • 商品化に向けた技術開発力
  • 素材の吟味や健康づくりなどに配慮した成分配合ができるバランス感覚
  • 商品の品質を損なわず、環境に配慮した保存容器を開発するアイデア発想力
  • 試作品の製品評価試験(官能評価)の実施スキル
  • 関係者の意見を柔軟に取り入れられる素直さ
  • 生産部門と連携し、原材料の調達先を幅広く調べられる調査能力
  • 生産部門と連携し、製造現場の規模や設備に応じた生産・製造技術を検討するスキル  
  • 生産部門と連携し、企業規模に応じた生産や品質管理、メンテナンスを検討するスキル

飲料商品開発の専門知識

  • 生物・生命科学
  • 化学・物質工学
  • 農業・農学
  • 畜産・酪農
  • 医歯薬学系
  • 衛生医療・介護
  • 食品表示基準
  • 機能性表示食品の届出等に関するガイドライン
  • 栄養管理
  • 食品衛生管理
  • アレルギー対策
  • 食品添加物
  • 製品評価試験(官能評価)
  • 食品臨床試験
  • 知的財産権

飲料商品開発の実務能力

  • 分析力
  • 仮説設定力
  • 創造力
  • 計画力
  • モニタリング力
  • 粘り強さ
  • 洞察力、察知力

飲料商品開発の基礎能力TOP3

  • 創造力:新しい価値を生み出す力
  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力

飲料商品開発の働く場所

  • 飲料メーカーおよび附属研究所
  • 飲料類の受託製造メーカー

飲料商品開発の作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • 統計、解析ソフト
  • Microsoft Office
  • 実験道具
  • 研究道具
  • 調理機器

飲料商品開発の活動内容

  • 市場調査
  • 新商品の企画・立案
  • 商品化に向けた技術開発
  • レシピや試作品の製造
  • 試作品の製品評価試験(官能評価)
  • 安全性試験
  • 経営陣あるいはクライアントとの打ち合わせと提案
  • 原材料の評価・分析・調達
  • 生産・製造技術開発  
  • 生産管理
  • 品質管理
  • メンテナンス
  • 既存商品の改良

飲料商品開発の人間性

  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

飲料商品開発の必要とされる教育レベル

  • 学士

飲料商品開発の給与

初任給:24万円
平均年収:706万円

参考:
初任給:24.78万円(企業規模計、20~24歳)
平均:45.64万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収:706.35万円(賞与:158.67万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

飲料商品開発の推奨資格

  • 栄養士
  • 管理栄養士
  • 調理師免許
  • 食品衛生責任者
  • 普通自動車免許
Indeed からの求人
2021 新卒採用 食品

UCC上島珈琲株式会社 - 日本

極の味と香りを追い求める】 研究開発職 コーヒーの成分・効能などの基礎研究、新製品の開発・管理を行うための応用研究、そし... 用し新製法の開発、ISO認証取得をはじめ研究開発によりUCC...

PB商品企画開発/営業《ピルクル、十勝のむヨーグルトなど》

日清ヨーク株式会社 - 東京都 中央区 東日本橋

【職務内容】 PB(プライベートブランド)の商品企画・開発営業をお任せします。PB開発で、売上に貢献して頂く事を期待します... 商品】 •乳酸菌飲料/はっ酵乳(のむヨーグルト)/清涼飲料...

飲料商品の企画・製造

株式会社ジャパネットサービスイノベーション - 東京都 港区

ル等の新商品開発に関わる仕事です。 新しい商品開発から製... 経験 ビール等飲料の企画・開発経験 «歓迎» 飲料メーカーでの製造経験 工場立ち上げなど企画経験 商品開発マーケティ...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収1,159万円

私立大学教員とは、学校教育法で定められた学校法人に所属する教授や准教授、講師、助教、ポストドクター(ポスドク)などを指します。自然科学系や人文社会系など各専門分野に関する研究・教育活動を行います。

私立学校は、国公立とは違い私人等の寄附によって設立された法人であるため、独自の教育理念に則って運営されています。しかし、公教育の一翼を担っている点で「公の性質」を有するため、国の法令に基づき交付された私学助成の配分を受けて活動を行っています。

私立大学の教授として有名になると、国立大学教授よりも高い収入を得ることも可能です。また、なかには企業の顧問や社外役員といった兼業を行っている教員もいます。

平均年収917万円

国立大学准教授とは、学校教育法で定められた国立大学法人に所属し、自然科学系や人文社会系など、各専門分野に関する教育と研究を行う職業です。研究室を主宰する教授と連携しながら、独自の研究活動と、実質的な研究室運営に携わります。

公募情報は各大学の公式ウェブサイトやJREC-IN Portalなどの研究人材向けポータルサイトなどに掲載され、各機関の部局単位で置かれる教授会での審議などを経て採用が決まります。

かつては助教授と呼ばれていましたが、2007年4月の改正学校教育法施行に伴い、准教授に名称が変わりました。

平均年収1,159万円

国立大学教授とは、学校教育法で定められた国立大学法人に所属し、自然科学系や人文社会系など、各専門分野に関する教育と研究を行う職業です。他にも入試委員や公開講座講師など、さまざまな活動を通じて大学の運営に携わります。

国立大学教授は国立大学法人の職員という立場なので、公務員ではありません。しかし、公共性の高い職種であることから、「みなし公務員」として、公務員と同じような待遇を受けられます。

知を愛し、学問を深く希求する哲人の姿になぞらえて、自らをアカデミアと称することがあります。これは紀元387年頃、哲学者プラトンが創設した学園名に由来します。

平均年収706万円

食品メーカー研究職は、原料を食品に加工する食品メーカーで、新商品や食品素材の開発・研究を行う職業です。健康志向の高まりを受けて、各メーカーが得意とする食品開発技術を応用し、健康食品や機能性食品、美容関連食品、サプリメント、医薬品など、より付加価値の高い商品を開発しています。

食品メーカーの研究開発は大きく、【基礎研究】【応用研究】【開発研究】の3つに分かれます。基礎研究では新素材の研究開発を行い、応用研究では新たに開発された素材を商品に応用できるかどうかを研究します。そして、開発研究では、基礎・応用研究で得た知識をもとに、実際に新商品の開発を行います。食品メーカー研究職は、これらの研究開発全てに関わります。

大学などの研究機関で勤務する研究職とは違い、最終的には商品化がミッションであるため、商品開発を見据えた研究活動が行われています。また食品を扱うことから衛生管理やアレルギー対策、栄養バランス、美味しさ、香り、消費期限、食品添加物などへの配慮も欠かせません。

平均年収478万円

広報・PRは、プレスリリースなどを通じて自社製品やサービスの最新情報を発表したり、社会活動などの取り組みを伝えたりすることで、自社のイメージアップを図り、ステークホルダーからの信頼獲得を担う職業です。

仕事内容は、大きく【社外広報】【社内広報】【IR】の3つに分けられます。社外広報は、自社のブランディング目的で、主に顧客や消費者に対して情報発信を行います。社内広報は、社内報を作成するなどして、社内での情報共有を図ります。IRは、Investor Relations(インベスターリレーションズ)の略で、株主や投資家への情報提供を行うものです。

なお、広報・PRの”PR”とは、Public Relations(パブリックリレーションズ)の略語で、”社会との関係”を築くという意味です。宣伝のPRとは違い、売上アップが目的ではありません。関係者に向けて正確な情報を開示することで、企業の信頼度を高める役割を担っています。

平均年収781万円

商社マンは、三菱商事や伊藤忠商事、丸紅などの総合商社や、特定分野に特化した専門商社で働く営業などを行う総合職の社員です。国内外のモノやサービスについて輸出入の商取引(トレード)を仲介したり、高い配当収入が見込まれる国内外の企業に事業投資や経営参画したりすることで、利益を生み出します。

商社マンが取り扱う商材は多岐に渡り、特に総合商社では、”ミネラルウォーターから通信衛星まで”といわれるほど、幅広い製品やサービスの仲介を行います。

他業界と比較して、給料などの待遇面でとても恵まれており、世界を相手にダイナミックな仕事ができる商社マンは人気の職業です。しかし、専門商社は60社以上ありますが、総合商社は7社しかありませんので、狭き門であるといえます。

平均年収781万円

営業職とは、製品やサービスなどの商材を顧客に売り込み、注文を受ける(受注・成約する)職業です。顧客が来店するのを待つ販売職とは違い、基本的に社外で活動します。

営業職は大きく、企業向けに商材を販売する「法人営業」と、一般消費者向けに商材を売り込む「個人営業」に分かれます。また担当する顧客によって、既存の顧客を担当する場合は「ルート営業」、新規顧客を獲得する場合は「新規開拓営業」というように分類されます。

会社の売上を左右する職種のため、成果報酬などインセンティブがつくこともあり、収入は比較的高めです。また、さまざまな人々と出会うことで良い刺激をもらえることや、会社に寄らずに直行直帰できるといった自由な勤務スタイルも魅力の一つです。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収706万円

医薬品開発者とは、新薬開発に必要な研究や臨床試験などを行う職業です。

化学研究や生物研究などの「基礎研究」と、実際に動物や人に投与しての「臨床試験」を行い、効果や安全性が確認されれば新薬としての申請を行います。また、患者の声や医療機関からのニーズを薬の開発や改良に反映させるために、他部門とも密接に連携し、医薬品の開発を行います。

新薬の開発には、約10年以上もの長い開発期間と200~300億円もの費用がかかるといわれ、財政負担も大きいことから、後発薬であるジェネリック薬品が増加しています。