「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 27 万円
平均年収 640 万円

建設コンサルタントは、ダムや防波堤、道路などの大規模な建設事業に際して、専門知識や高度な技術を駆使しながら事前調査や計画、企画立案を行い、総合アドバイザーとして依頼者をサポートする職業です。

同じ建設コンサルタントという職業でも仕事内容は細分化されています。主に土木に関する21部門の全部あるいは一部について、一定の要件を満たした場合には、国土交通大臣の登録が受けられます。登録をしなくても建設コンサルタントとして営業活動を行うことはできますが、発注者の大半が地方自治体を含む官公庁であるため、公共事業の競争入札に参加するためには登録が必要です。

打ち合わせや調査のため、国内出張や海外出張が多いため、旅行好きの人にはお勧めの仕事です。

建設コンサルタントの仕事内容

  • 国土・地域・都市整備事業の政策立案などにおいて、建設技術の専門家として、都市計画や防災、環境保全などに配慮しながら、構想・計画段階で実行可能性について調査(フィージビリティ・スタディ)を実施します。
  • 事前調査結果を踏まえた事業計画案を作成します。
  • 限られた予算や工期の中で、いかに効率的に建造物を新設し、長く維持管理していくのか、考えうるリスクや対応すべき課題について検討を重ねながら、開発コストを試算します。
  • 依頼者に対して調査報告書を提出し、問題点の指摘や改善点の提案など、専門家としての意見を伝えます。
  • 必要に応じて事業計画を練り直し、依頼者の事業計画が完全に実施されるまで全面的にサポートします。
  • 他の専門分野のスペシャリストやマスメディア、建設予定地の住民など、さまざまな人々と関わりながら社会的合意の形成を図ります。

建設コンサルタントの業務スキル

  • 課題の発見と解決
  • 調査報告等のプレゼンテーション
  • プロジェクトマネジメント
  • 地域住民とのコミュニケーション・合意形成
  • 専門家とのディスカッション
  • 環境調査
  • 環境保全
  • フィージビリティ・スタディ
  • 開発コストの試算
  • メディア対策

建設コンサルタントの専門知識

  • エネルギー
  • 資源
  • 工学
  • 土木
  • 地質
  • 造園
  • 都市計画
  • 設計
  • 建築
  • 測量
  • 調査・研究

建設コンサルタントの実務能力

  • 論理的思考力
  • プレゼンテーション力
  • 情況把握力
  • 傾聴力
  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力
  • コミュニケーション力

建設コンサルタントの基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力

建設コンサルタントの働く場所

  • シンクタンク
  • 建設コンサルティング会社
  • 調査会社
  • 総合建設業(ゼネコン)
  • 建築設計事務所

建設コンサルタントの作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • Microsoft Office
  • 統計、解析ソフト
  • デジタルカメラ
  • ノート、データ保管ツール
  • 筆記用具
  • CAD
  • 製図道具

建設コンサルタントの活動内容

  • フィージビリティ・スタディの実施
  • 調査報告書の作成
  • 開発コストの試算
  • 事業計画書の作成
  • プレゼンテーション
  • 専門家とのディスカッション
  • 地域住民とのコミュニケーション・合意形成
  • メディア対策
  • 事業評価

建設コンサルタントの人間性

  • 正義感が強く行動力がある人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • コミュニケーションが得意な人

建設コンサルタントのキャリアステップ

  • 一級建築士

建設コンサルタントの給与

初任給:27万円
平均年収:640万円

参考:
初任給:27.04万円(企業規模計、20~24歳)
平均:40.64万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収:640.07万円(賞与:152.39万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

建設コンサルタントの推奨資格

  • 普通自動車免許
  • 一級建築士
  • 測量士
  • 土木施工管理技士
  • 技術士
  • 環境カウンセラー
  • 環境計量士
  • 環境アセスメント調査員
  • 港湾海洋調査士
  • 公害防止管理者
  • ビオトープ管理士
  • エネルギー管理士
Indeed からの求人
航空機操縦士【空間・建設コンサルタント】

株式会社エリートネットワーク - 大阪府 八尾市

データ】 会社名 空間・建設コンサルタント 設立 1949... 事業内容 空間・建設コンサルティング ひとことコメント 業界内トップ3に入る大手優良建設コンサルタント。顧客は官公庁お...

広報スタッフ/教育業界

学校法人実務学園 - 東京都 豊島区

インテリア分野の専門学校【広報スタッフ】未経験歓迎! 正社員 業種:教育/設計/建設コンサルタント/建設・土木 設立:1982年4月 資本金:- 東京都 情報更新日:2020/10...

事務総合職/建設コンサルタント業界

株式会社ネクスコ・エンジニアリング東北 - 宮城県 仙台市

事務経験を活かして働く!【事務総合職】※東北エリア限定募集 正社員 業種:建設コンサルタント/設計/建設・土木 従業員数:555名 設立:2006年6月 資本金:9,000万円...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収589万円

一般計量士は、計量法に基づく経済産業省所管の国家資格であり、計量機器の精度管理や正確な数値測定を行う職業です。

計量士の資格を取得するには、計量に関する実務経験を経たのち、所定の教習を受講するか、国家試験に合格する必要があります。試験の合格率が20%前後と、難易度の高い資格といえます。資格がなくても計量業務を行うことはできますが、計量士の資格があれば「計量管理者」として高度な役割を担うことができます。

企業の製品生産工場や百貨店、スーパーマーケットなどで使用される計量機器類(長さ計・質量計・体積計・温度計など)の精度管理や測定計画の策定、実施など、計量管理を担います。もし都道府県による立入検査などで、計量法で許される範囲の誤差(量目公差)を超えて量目が少ない商品があった場合、販売事業者などに勧告・公表・改善命令を行うことがあります。

平均年収589万円

環境計量士は、計量法に基づく経済産業省所管の国家資格であり、振動、騒音、その他公害に関わる数値を正確に計量・管理する職業です。

計量士の資格を取得するには、計量に関する実務経験を経たのち、所定の教習を受講するか、国家試験に合格する必要があります。資格がなくても計量業務を行うことはできますが、計量士の資格があれば「計量管理者」として高度な役割を担うことができます。

環境計量士には、主に化学知識をベースに化学物質の濃度を計量する「環境計量士(濃度関係)」と、主に物理知識をベースに騒音・振動を計量する「環境計量士(騒音・振動関係)」の二種類があります。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収640万円

環境コンサルタントとは、建設及び開発工事にともなう社会環境や自然環境への影響について、調査・予測を行い、影響を最小限に抑える環境保全策を企画立案する職業です。

環境コンサルタントが活躍する分野は多岐にわたります。工事以外にも、製品そのものや企業活動が環境に及ぼす影響について検討して対策を立てたり、企業としての環境保全の取り組みをサポートしたりするコンサルタントもいます。また、法令違反がないか調査し、必要があれば改善指導をします。そのほかにも、自治体や一般企業の環境政策をはじめ、環境ビジネスの企画提言や、地域住民の相談業務を行います。

近年、二酸化炭素の排出規制を行うカーボンオフセットなど、環境保全に対する意識が地球規模で高まり、規制も増えています。特に大規模開発において、環境コンサルタントは、クリーンな環境を未来に残すための重要な役割を担っています。

平均年収739万円

一級建築士とは、建築法に基づき、ビルや商業施設、住宅などの建築物の設計および工事の監理を行う職業です。

設計業務は主に、建物の基礎となる骨組みの設計を行う「構造設計」と、空調設備や電気設備などの設計を行う「設備設計」、内観や外観を美しくデザインする「意匠設計」の3つに分かれます。また、設計図通りに工事が進んでいるかチェックを行う工事管理も大事な仕事です。

2級建築士が主に戸建て住宅などの小規模な建築物の設計を行うのに比べて、一級建築士はマンションやビル、病院、学校、公共施設などの大規模な建造物の設計を行うことが多くなります。大きなプロジェクトになると、建造物だけでなく街や地域全体のデザインを行うこともあります。