「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

映画監督は、映画制作現場の責任者として、作品の質を管理し責任を負う職業です。テレビ業界ではディレクターと呼ばれます。

主に予算管理などを行うプロデューサーとともに、企画立案から関わったり、出演者や脚本家、カメラマンなどの技術スタッフを指揮して、作品制作の方向性を決めます。映画監督になるには、映像関係の専門学校や大学の映画学部を卒業し、映像制作会社で実務経験を積むのが一般的です。

監督の他にも、「助監督」「撮影監督」「美術監督」などのポストも存在します。さまざまな関係者が制作現場に出入りし、撮影期間も長期にわたるため、良い作品を作り上げられるかどうかは、監督の力量にかかっています。

業務内容

  • 企画段階から参加することもありますが、主に脚本ができた段階で参加します。必要であれば脚本家と打ち合わせを重ねながら、映画化に向けて準備を進めます。
  • 予算管理を担当するプロデューサーとともに、興行会社や配給会社、制作会社、芸能事務所、広告代理店、テレビ局など、エンターテインメント産業各社が参加する「製作委員会」を立ち上げ、資金を調達します。
  • 俳優のキャスティングを行います。
  • カメラマンや音声、美術、衣装、照明、音響、小道具、大道具など、さまざまな専門分野のスタッフを編成します。
  • カメラマンや照明技師、製作部などと共にロケ-ションハンティング(ロケ地を探して選定する作業:通称ロケハン)を行い、撮影場所を確保します。
  • 撮影が始まると、演出イメージに沿って俳優やスタッフに指示を出し、制作全体の指揮をとります。
  • 撮影後は技術スタッフとともに編集作業に携わり、作品全体の方向性がぶれていないか、イメージ通りに仕上がっているかなどチェックし、最終調整を行います。
  • 映画が公開段階に入れば、俳優陣とともにプロモーション活動を行います。テレビでの宣伝活動や各種メディアの取材対応、一般人向けイベントでの登壇、劇場での舞台挨拶などで全国を回ることもあります。

業務スキル

  • 映画制作の企画立案
  • 脚本の良し悪しを判断できる選定眼
  • 演出・演技指導
  • 映像編集
  • カメラワーク
  • 映像美術
  • プロジェクトマネジメント
  • 全体統括

専門知識

  • 脚本
  • 撮影機材
  • 演技
  • 録音
  • 美術
  • 特殊効果
  • 音響
  • 照明
  • 映像編集
  • 映画史

実務能力

  • 想像力
  • 創造力
  • リーダーシップ力
  • 審美眼
  • 実行力
  • ディレクション力
  • 体力
  • 根気

基礎能力TOP3

  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
  • 主体性:物事に進んで取り組む力

働く場所

  • ロケ現場
  • 撮影スタジオ
  • 編集所
  • 日本映画監督協会
  • 映画製作会社
  • 映像制作会社
  • 個人事務所
  • テレビ局

作業方法とツール

  • ビデオカメラ
  • パソコン
  • メール
  • 筆記用具
  • スケッチブック

活動内容

  • 映画製作の企画立案
  • 脚本のチェック・修正
  • 俳優のキャスティングや演技指導
  • 技術スタッフの編成と、各分野についての打ち合わせ
  • 技術スタッフとともに撮影場所の選定・確保
  • 制作現場の指揮
  • 撮影後、映像や音声のチェックと編集
  • 俳優陣とともにプロモーション活動

人間性

  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 強い意志で理想を実現する人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • コミュニケーションが得意な人

給与

初任給:22万円
平均年収:465万円

参考:
初任給:22.06万円(企業規模計、20~24歳)
平均:33.62万円(10人以上、年齢計)
平均年収:465.37万円(賞与:61.93万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

Indeed からの求人
映画・書籍等の宣伝スタッフ

株式会社SDP - 東京都 渋谷区 恵比寿駅

職種 (1)映画・書籍等の宣伝スタッフ (2)劇場配給スタッフ (3)書籍の編集スタッフ (4)映画やテレビドラマのプロ... ーティスト・アイドル・監督などを通じ、映画の製作・配給、書籍...

制作スタッフ

株式会社カートエンターテイメント - 東京都

種名】 映画や舞台などの制作スタッフ(世界各国の映画祭で様々... ル世界映画祭正式招待上映、ロンドン国際フィルムメイカー映画祭2018にて最優秀編集賞受賞、ミラン国際フィルムメーカー映画...

イラストレーター

株式会社enish - 東京都 港区 六本木

ションなどの最新トレンドをキャッチアップできる方 ・漫画/映画/アニメから最新トレンドをキャッチアップできる方 ・協調性... ポーツクラブ割引利用可 管理監督者の採用の有無 無し 募集者...

求人検索 by Indeed job search
コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

更新履歴
  • 2019年05月23日 20:19
    「関連する職業」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「人間性」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「作業方法とツール」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「実務能力」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「職種名」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「給与レンジ(備考)」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「給与レンジ(平均年収)(万円)」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「給与レンジ(初任給月額)(万円)」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「賃金構造基本統計調査適用区分」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「活動内容」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「働く場所」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「基礎能力要素」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「専門知識(ナレッジ)」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「業務スキル」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「業務内容」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「要約説明」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「職系統」を更新しました
  • 2019年05月23日 20:19
    「画像」を更新しました
  • 2019年05月23日 19:36
    「職業名」を更新しました
もっと見る閉じる
関連する職業
平均年収679万円

映画プロデューサーとは、映画の企画から資金調達、制作、著作権管理、プロモーション、売り上げの回収まで、映画製作すべての責任を負う職業です。

映画監督が映画制作の現場責任者であるのに対して、映画プロデューサーは、企画立案から予算管理、キャスティング、劇場ブッキング、プロモーション、資金回収までを含めた映画ビジネスの全てのプロセスに関わる総責任者であるといえます。映画プロデューサーは、クオリティの高い映画を製作するだけでなく、映画をビジネスとして成り立たせる責任があります。

日本アカデミー賞では最優秀作品賞を映画監督が受け取ることが多いですが、アメリカのアカデミー賞では映画プロデューサーがオスカー像を受け取ります。

平均年収816万円

フリーライターとは、組織に所属せずフリーランスで新聞や雑誌、WEBメディアなどの記事を書く職業です。

企画のコンセプトや読者層を把握し構成を考え、文章を書くだけでなく、必要に応じてインタビューや写真撮影を行い記事を作成していきます。クラウドソーシングプラットフォームに登録したり、企画を出版社やメディア企業へ売り込んだり、SNSなどで実績(ポートフォリオ)を発信したりして、仕事を獲得していきます。読者や時代にマッチした記事を作成するために、日頃から世の中の変化にアンテナを張り、トレンドを把握しておくことが求められます。

最近では写真撮影も兼務するカメライターや、SNSなどで活躍するインフルエンサーなどもフリーライターとして参入してきています。

平均年収679万円

イラストレーターとは、ゲームのキャラクターや本のカバー、挿絵、Webサイトのイメージ、アイコンなど、さまざまなイラストを作成する職業です。

手書き、またはグラフィックソフトを使用して作品を制作します。独自のタッチやセンスは求められますが、イラストを使用する商品のコンセプトや依頼者の要望を把握し、ニーズに合った表現をする能力が求められます。

最近では、ソーシャルゲームやカードゲームなど、多数のキャラクターやアイテムを使用するサービスが多くなったことで、イラストレーターの需要も増加しています。作品をSNSで紹介して仕事の受注に繋げるなど、フリーランスで活躍するイラストレーターも増えています。

平均年収679万円

漫画家とは、アイデアをもとにストーリーやキャラクターを企画し、必要に応じて取材を行い、原稿に向かって漫画を描く職業です。

映像作品であれば、監督や脚本、カメラマン、美術、役者など、それぞれ別の人が担う役割を、漫画家はひとりで行わなければなりません。そのため、人一倍の体力と精神力が求められます。しかし、最近では原作と作画を分担して漫画を制作することもあります。ストーリーを考える人と漫画を描く人とが別にいて、作業を分担して漫画を完成させていくということです。このように、長時間労働のイメージが強い漫画家ですが、メインの作業を分担したり、手作業だった部分をデジタル機器で処理できるようになったりして、以前より格段に効率化できるようになりました。

漫画家になるには、出版社に漫画を持ち込んで雑誌に掲載してもらう方法や、出版社が企画する新人賞への応募、SNSやWEBサイトに漫画を掲載し、電子書籍として出版するなど、さまざまな方法があります。SNSでの作品紹介やファンとの交流イベントなどにより、個人でプロモーションを行う漫画家も増えてきています。

平均年収679万円

アニメーターは、アニメ制作の要である「作画」を担当する職業です。

テレビで放映されているアニメでは1秒間に約24枚の絵が使われています。アニメーターには、主要な絵(原画)を描く「原画マン」と、原画をもとに少しずつポーズを変えた絵を描き足し、動きを加える「動画マン」がいます。「原画マン」は脚本家が書いたシナリオや演出家が描いた絵コンテをもとに、カットのレイアウトを考えます。動きや背景などを描いたラフ原画を作成し、監督の修正指示に従い原画を仕上げていきます。「動画マン」は原画と原画の間に入れる動画を描き、自然なアニメーションになるよう調整を行います。

原画や動画は複数のアニメーターで手分けして描いており、個々の癖や力量により絵にばらつきが出るのを防ぐため、作画監督が全体の指揮や微調整を行っています。

平均年収679万円

グラフィックデザイナーとは、ポスターやチラシ、書籍、雑誌、商品パッケージ、看板など、平面的なもののデザインを行う職業です。広告宣伝や販売に関わり、ビジュアル効果を高めることで、”伝えたいこと”を表現するのが仕事です。

グラフィックデザイナーの仕事内容は、広告代理店や広告制作会社での宣伝物のデザインがメインとなります。コピーライターやカメラマン、イラストレーターなど、他のクリエイターとチームを組んで仕事をしていきます。

グラフィックデザイナーになるには資格は必要ありませんが、AdobeのPhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトを使いこなせると有利になります。

平均年収679万円

サウンドクリエイターとは、ゲームやアニメ、映画などのBGMやエフェクトなど、サウンドを作る仕事です。

ディレクターの演出意図に沿い、テーマ曲やBGMだけでなく、ドアを開ける音やボタンを押す音など、細かな効果音も制作します。声優の声や演奏楽曲はスタジオでレコーディングします。BGMや効果音一つでゲームの印象が一変するため、現場と綿密な打ち合わせを行った上で、納得のいくサウンドを作り上げる必要があります。

有名作品ではサウンドトラックが販売される場合があり、作品が有名になることでサウンドクリエイターの人気に火がつくこともあります。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収679万円

音楽プロデューサーとは、CDやネット配信用の音源製作からライブや映画で使われる音楽製作まで、音楽ビジネスの全般的な指揮をとる最高責任者です。

楽曲の製作からライブの企画、ミュージシャンの発掘・育成、プロモーション、予算管理など、音楽ビジネスの川上から川下までほとんど全ての工程に関わります。

プロデューサーが生み出すサウンドを目的にしたファンも多く、販売や興行においてプロデューサーの役割が大きくなっています。実力のある音楽プロデューサーは、複数の人気アーティストをプロデュースしていることもあります。