「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給24万円 平均年収781万円

証券アナリストとは、証券会社や投資顧問会社などの金融機関に所属し、企業動向や経営状態、国内外の政治・経済情勢などの幅広い情報を集めて分析し、株価の評価や金融の将来予測を行う職業です。

証券アナリストは、「セルサイド(売る側)」と「バイサイド(買う側)」の2種類に分かれます。セルサイド・アナリストは証券会社に所属し、投資家向けにマーケット情報を提供します。証券アナリストという場合には、セルサイドを指すことが一般的です。バイサイド・アナリストは投資顧問会社などに所属し、自社のファンドマネージャーが投資先を選定する際の判断材料としてレポートを作成します。

証券アナリストになるには資格は必須ではありませんが、CMA(日本証券アナリスト協会認定アナリスト)を取得することが一般的です。また、新卒で証券アナリストとして働けることは希ですが、証券会社によっては部門別採用を行っており、「リサーチ部門」で採用されれば近道となります。

証券アナリストの仕事内容

  • 毎朝、経済新聞やニュースなどから経済やマーケット情報を収集します
  • 企業の収益・経営状態を分析調査します
  • 企業の増資、新製品開発の動向を分析調査します
  • 国内外の経済政治情勢などを分析調査します
  • 為替や原油価格、金利の動向を分析調査します
  • 投資に関するアドバイスを行います
  • 投資判断基準となる基礎的材料を提供します
  • 短期の株価予想をレポートにまとめて社内に展開します
  • 長期目線の株価予想をレポートを作成します
  • 社内営業向け会議に出席します
  • 公開済みレポートへの質問に回答します
  • 企業を訪問して、業績などについてヒアリングします
  • 機関投資家とミーティングを行います

証券アナリストの業務スキル

  • 企業の業績や動向、世界情勢などから金融の将来予測をするための分析力
  • 株価に影響を与える要因を分析するために必要な情報収集力
  • 経営者や投資家などとのディスカッションや分析に必要な論理的思考力
  • レポート作成に必要な文章作成能力と表現力
  • 情報収集や分析などを長時間行うことができる集中力
  • 海外の文献を読んだり、海外の投資家とコミュニケーションをとるための英語力

証券アナリストの専門知識

  • 基本統計量、正規分布(証券分析とポートフォリオ理論の基礎)
  • 現在価値と将来価値
  • 証券市場の機能と仕組み
  • ファンダメンタル分析
  • 株式分析
  • 債券分析
  • デリバティブ分析
  • ポートフォリオ・マネジメント
  • 証券アナリストと財務分析
  • 主要な財務諸表
  • 企業会計の仕組み
  • 収益・費用の測定
  • その他の主要会計分野
  • 財務諸表分析の基礎
  • 株式価値評価モデル
  • ミクロ経済学
  • 消費者行動の分析
  • 企業行動の分析
  • 市場均衡と市場の効率性
  • マクロ経済学
  • 国民経済計算と財市場
  • 金融市場と金融政策
  • 資産市場と利子率の決定
  • 財政政策と金融政策の効果
  • 中長期的なマクロ経済
  • 為替レートの見方・考え方
  • 国際収支の見方・考え方
  • マクロ政策と為替レート

証券アナリストの実務能力

  • 分析力
  • 相場観
  • コンサルティング力
  • 論理的思考力
  • 情況把握力

証券アナリストの基礎能力TOP3

  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

証券アナリストの働く場所

  • 証券会社
  • 信託銀行
  • 銀行
  • 投資顧問会社
  • 生命保険会社
  • 損害保険会社
  • 一般企業のIR部門
  • 経済研究所
  • リサーチ会社

証券アナリストの作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • Microsoft Office
  • ビジネスチャットツール
  • 電卓
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • 複合機

証券アナリストの活動内容

  • 経済やマーケットの情報収集
  • 企業の経営状態の分析調査
  • 企業動向の分析調査
  • 経済政治情勢の分析調査
  • 為替や原油価格、金利動向の分析調査
  • 投資アドバイス
  • 投資判断基準となる基礎的材料の提供
  • 短期株価予想レポートの作成
  • 長期株価予想レポートの作成
  • 社内営業向け会議への出席
  • 公開済みレポートの質問への回答
  • 企業訪問・ヒアリング
  • 機関投資家とのミーティング

証券アナリストの人間性

  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人
  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人

証券アナリストの必要とされる教育レベル

  • 学士

証券アナリストのキャリアステップ

  • 経営コンサルタント
  • エコノミスト
  • 投資ストラテジスト
  • クオンツアナリスト
  • クレジットアナリスト
  • ファンドマネージャー
  • ベンチャーキャピタリスト
  • インベストメントバンカー
  • M&Aアドバイザー
  • CFO

証券アナリストの給与

初任給:24万円
平均年収:781万円

参考:
初任給:24.37万円(企業規模計、20~24歳)
平均:58.13万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収781.55万円(賞与:83.99万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

証券アナリストの推奨資格

  • 日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)
  • CFA協会認定証券アナリスト
  • 国際公認投資アナリスト(CIIA)
  • TOEIC
  • ファイナンシャルプランナー

証券アナリストの就業者数推定

40,976名(2019年現在、日本証券アナリスト協会認定アナリスト延べ合格者数)

・公益社団法人 日本証券アナリスト協会
https://www.saa.or.jp/cma_program/cma2/data/index.html
Indeed からの求人
暗号資産取扱い審査・モニタリング担当

株式会社ビットポイントジャパン - 東京都 港区 六本木

証券業協会一種外務員資格(内部管理責任者資格保有者尚可) •金融先物取引業協会外務員資格(内部管理責任者資格保有者尚可) •日本証券アナリスト協会検定会員資格 勤務時間 フレックス...

仲介業者サポート業務

楽天証券株式会社 - 東京都 港区

要業務経験 必須経験 証券外務員資格(1種、2種) 金融... ンターでの経験など) エクセル・パワーポイント、ワード等 歓迎経験 証券会社での営業の経験、証券アナリスト、FP資格

リサーチアナリスト

株式会社アイ・アールジャパン - 東京都 千代田区 霞ケ関駅

アナリスト業務に従事して頂きます。 必要業務経験 アナリスト... 人でのミドルバック経験 学歴 大卒以上 資格 アナリスト資格、証券外務員資格を有する方歓迎 給与 800万~3,000...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収781万円

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、個人や中小企業に対して、資産や資金計画に関するアドバイスを行う職業です。

家計の見直しや住宅ローン、保険、教育資金、老後の生活、相続、税金など、暮らしにおけるお金の悩みは尽きません。そのようなライフステージごとのお金に関する相談に乗り、ライフプランニング(生涯生活設計)を行うのがファイナンシャルプランナーの仕事です。FPの9割は企業内で仕事をしていますが、経験をつめば独立開業も目指せる夢のある職業です。

ファイナンシャルプランナーになるには、資格を取得するのが一般的です。とくに、「ファイナンシャル・プラニング技能検定」は国家資格であるため、取得していると信用度が高くなります。

平均年収596万円

銀行員(総合職)は、融資の取引獲得や金融商品の販売など銀行内での審査や事務業務だけでなく、個人や法人に対する営業を行う仕事です。

個人や法人に対して金融商品販売などの営業活動を行い、資金を必要としている依頼者を探し融資の契約や資産の活用などのコンサルティングを行います。

総合職は本部の幹部候補生として、全国転勤や部署異動を繰り返しながら幅広い分野の知識やスキルを身に付け、キャリアを積み重ねながら管理職へと昇進していきます。

平均年収781万円

保険外交員とは、一般家庭や企業を訪問し、顧客一人ひとりのライフスタイルやニーズに合わせて、保険商品のコンサルティング・販売をする職業です。

保険や税金の知識をもとに、お客様の不安や疑問を解消しながら、適切な保険商品の情報を提供し保険の加入を勧めます。また保険加入後のアフターサービスも大切で、ライフスタイルの変化に合わせ契約内容を見直し、必要に応じて特約や新商品を紹介するなど、顧客と長期に渡る信頼関係を築いていきます。

契約は知人や顧客からの紹介など人脈に依存する部分が大きく、日頃から幅広い人間関係を構築するための活動が求められます。

平均年収781万円

証券リテール営業とは、個人の顧客向けに株式や投資信託、債券などの金融商品を販売する職業です。

新規顧客開拓を行い、資産運用を目的とした個人の顧客に証券会社の口座を開設してもらいます。その後、金融商品の売買により手数料を稼ぐことが証券リテール営業の大きな仕事です。

新規顧客開拓や営業ノルマがあるのでハードな仕事である一方、営業成績によっては20代のうちから年収1,000万円以上を稼ぐこともできる夢のある仕事といえます。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収957万円

公認会計とは、企業や学校法人、公益法人などさまざまな法人を対象に、独立した立場から経営状況をチェックし、専門家として財務情報を検証・提言する監査業務を行う職業です。

専門家として第三者の決算書を確認し、企業の財務情報の信頼性を担保します。監査業務には、法令などの規定によって義務付けられた法定監査と、法定監査以外の自主的に実施する監査とがあります。監査業務だけでなく、コンサルタントとして経営全般にわたる相談・助言を行ったり、一般企業の経営企画室や財務部門で働いたりする人もいます。

公認会計士は会計系最高峰の国家試験となっており、医師・弁護士に並んで三大士業と言われ、主要業務である監査業務は会計士のみが許された独占業務になります。試験の合格率は10%程度と狭き門なので、公認会計士を目指す場合は、相当量の学習時間が求められます。

平均年収957万円

経営コンサルタントとは、企業の経営戦略や人事戦略の策定、M&A(企業の合併と買収)などの支援を行う職業です。

経営改善や事業立案、企業の買収など、コンサルティング分野は多岐にわたります。経営状態を把握し、問題点を調査・分析することで原因を追究し、解決を提案します。また、企業向けに経営セミナーを行ったり、従業員の能力開発セミナーの講師を務めたりすることもあります。

コンサルティングファームに所属したり、個人で活動したりと、業務形態はさまざまです。経営コンサルタントになるための資格はなく、中小企業診断士の資格やMBA(経営学修士号)の学位を取得することで基礎的なスキルの証明としている傾向があります。