「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

人事は、企業などで人材の採用や育成、評価、労務管理などを行う職業です。小規模な組織では総務などの管理部門が兼務することもあります。

「ヒト」という経営資源を最大限に活用した、強い組織を構築するため、人事に関わる諸制度を企画立案し、適材適所の異動や配置転換、採用などのオペレーションを実施します。人や組織に関わる仕事を一手に引き受けるので、業務内容は多岐にわたります。

人事に関わる事柄は秘密保持が前提であり、評価の公平性やコンプライアンスの徹底から、タフな精神力が求められます。しかし、福利厚生の充実やメンタルヘルス対策を実施したり、在宅勤務制度を採り入れたりと、労働者が働きやすい環境を整える頼もしい存在であり、やりがいのある仕事です。

業務内容

  • 新卒や中途、アルバイト、パート社員の求人・採用業務を行います。
  • 採用にあたり、説明会や試験、適性検査、面接の準備を行います。
  • 各部門の業務に支障が出ないよう、人材派遣の登録や業務請負契約などで必要人員の補充を行います。
  • 新入社員研修などの階層別研修やセキュリティ研修などの目的別研修、職種別研修など、各種研修を実施し、社員のスキルアップを図ります。
  • 裁量労働制やフレックスタイム制など、社員のワークライフバランスを考慮した制度設計を整えます。
  • 評価・考課制度に則って社員評価を実施し、職務・職責基準の賃金データなどを参照しながら給料や役職などの処遇を決定します。
  • 事業戦略や経営状況に応じた人事異動・や配置転換、退職勧奨などを実施します。
  • 社会保険手続きや勤怠管理、給与計算、健康診断の実施、福利厚生業務などの労務管理を行います。
  • 人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)などの事業主向け各種助成金や補助金を申請し、労働生産性を向上させます。
  • 労働基準法第36条に基づく労使協定(36協定)などの労使交渉に関連する業務を行います。

業務スキル

  • 採用計画に基づく人材の選定眼
  • 機密情報の保持
  • 採用・評価・処遇決定時の公平さ
  • 人事制度の企画立案
  • 人事権の適切な運用
  • 人事評価システムの運用
  • 能力開発のサポート
  • 労務管理や社会保険、福利厚生など、諸制度の適切な運用
  • リスクマネジメント
  • コンプライアンス
  • ドキュメント作成・編集
  • コミュニケーション力
  • リサーチ&分析

専門知識

  • 労働基準法
  • 労働安全衛生法・規則
  • 労働契約法
  • 労働民法
  • 労働者派遣法
  • 男女雇用機会均等法
  • 育児・介護休業法
  • パートタイム労働法
  • 雇用保険法
  • 労災保険法
  • 労働事情(就業構造、労働需給、労働時間・賃金、労使関係、労働安全衛生)
  • 労働経済
  • 社会保障
  • 社会学
  • 人材採用
  • 人材育成
  • 人事評価
  • 労務管理
  • 社会保険
  • 福利厚生
  • 個人情報保護
  • リスクマネジメント
  • コンプライアンス

実務能力

  • 傾聴力
  • チームワーク力
  • フォローアップ力
  • 情況把握力
  • 判断力
  • 計画力
  • コミュニケーション力

基礎能力TOP3

  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力

働く場所

  • 一般企業
  • 官公庁
  • 独立行政法人
  • 団体
  • NPO
  • NGO

作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • Microsoft Office
  • ビジネスチャットツール
  • デジタルカメラ
  • 複合機
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • 電卓
  • ノート、データ保管ツール
  • 筆記用具
  • SNS
  • ブログ

活動内容

  • 人材派遣の登録
  • 業務請負契約
  • 採用イベントの企画・実施
  • 採用試験や適性検査、面接の準備・実施
  • 階層別研修や職種別研修、目的別研修などの実施
  • 人事制度設計
  • 評価・考課制度に則った評価と処遇の決定
  • 人事異動や配置転換、退職勧奨などの実施
  • 社会保険手続き
  • 勤怠管理
  • 給与計算
  • 健康診断の実施
  • 福利厚生業務
  • 労務管理全般
  • 事業主向け各種人材開発助成金の申請
  • 労使協定(36協定)など労使交渉関連業務

人間性

  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 正義感が強く行動力がある人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 相手を思いやり献身的に尽くす人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人

キャリアステップ

  • 中小企業診断士
  • 社会保険労務士

給与

平均年収:533万円

参考:
平均:38.04万円(10人以上、年齢計)
平均年収:533.68万円(賞与:77.2万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

推奨資格

  • ビジネスキャリア検定
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士
  • 情報処理安全確保支援士
  • TOEIC
  • MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)
  • 日商簿記検定
  • ビジネス実務マナー検定
Indeed からの求人
総務・人事・法務/通信大手の健保で給付業務男性スタッフ活躍 経験者限定

株式会社KSKデータ - 東京都 千代田区

職種:総務・人事・法務・特許事務 業界:その他 仕事内容: 健康保険組合での給付のお仕事です!経験者限定 資格喪失後受診対象者への回収業務などの経験があれば尚ベター長期派遣 駅か...

大手CRO でグローバルな環境でキャリアアップが目指せる 40代半ばまでOKのCRA を募集

IQVIAサービシーズジャパン株式会社 - 東京都 港区 高輪

属先平均年齢・離職率・マイカー通勤) 選考プロセス(面接地/期間) 書類選考 電話面接 適性試験 人事面接 内定 その他募集における特記事項 履歴書と職務経歴書の添付をお願いします。

労務担当スタッフ

MASH HOLDINGS - 東京都 千代田区

労務管理業務 就業規則、給与・人事制度の企画・立案・実施 など 【職場環境】 人事部では30代前半を中心に年齢・性別... 経験】 ・事業会社での人事関連業務経験 ・人事業務のアウトソ...

求人検索 by Indeed job search
コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

更新履歴
  • 2019年05月21日 16:58
    「画像」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「職業名」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「要約説明」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「業務内容」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「業務スキル」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「専門知識(ナレッジ)」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「実務能力」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「基礎能力要素」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「働く場所」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「作業方法とツール」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「活動内容」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「人間性」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「キャリアパス(ステップ)」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「関連する職業」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「賃金構造基本統計調査適用区分」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「給与レンジ(平均年収)(万円)」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「給与レンジ(備考)」を更新しました
  • 2019年05月10日 14:42
    「推奨資格」を更新しました
もっと見る閉じる
関連する職業
平均年収739万円

中小企業診断士は、中小企業の経営課題を診断し、助言を行う専門家です。独占業務を持たない国家資格ですが、公的な中小企業支援機関が業務を委託する際に指定されることが多いなど、社会的な評価の高い職業です。

企業で関連業務を行う「企業内診断士」と、資格取得後に開業する「独立診断士」がいます。経営改善や販路拡大、事業承継などの一般的な経営コンサルタント業務に加え、IT化、海外展開、特許取得、新エネルギー参入など、各人の得意分野を強みとして中小企業の経営をバックアップします。

中小企業診断士は経営コンサルタント職の唯一の国家資格ということができ、日本版MBAと呼ばれることもあります。

平均年収478万円

広報・PRは、プレスリリースなどを通じて自社製品やサービスの最新情報を発表したり、社会活動などの取り組みを伝えたりすることで、自社のイメージアップを図り、ステークホルダーからの信頼獲得を担う職業です。

仕事内容は、大きく【社外広報】【社内広報】【IR】の3つに分けられます。社外広報は、自社のブランディング目的で、主に顧客や消費者に対して情報発信を行います。社内広報は、社内報を作成するなどして、社内での情報共有を図ります。IRは、Investor Relations(インベスターリレーションズ)の略で、株主や投資家への情報提供を行うものです。

なお、広報・PRの”PR”とは、Public Relations(パブリックリレーションズ)の略語で、”社会との関係”を築くという意味です。宣伝のPRとは違い、売上アップが目的ではありません。関係者に向けて正確な情報を開示することで、企業の信頼度を高める役割を担っています。

平均年収470万円

司法書士は、身近な法律家として、不動産登記や商業登記、供託、裁判事務など法的な書類を作成する仕事です。

主な仕事として、不動産に関する不動産登記、法人に関する商業登記など登記業務を行います。また、民事事件の裁判事務業務、任意整理や自己破産などの債務整理業務、供託所へ寄託する供託業務、検察庁へ犯罪の告訴や告発業務を行います。

少子高齢化が進む今後の日本においては、財産侵害や尊厳侵害などを支援する成年後見業務が多くなると考えられています。

平均年収470万円

行政書士は、書類作成のプロとして、個人や法人から依頼を受け様々な書類の相談・作成・申請手続きを行う仕事です。

相談・作成・申請する書類は、「官公署に提出する書類」「権利義務に関する書類」「事実証明に関する書類」など10,000種類を超えるを言われ、専門的な知識や経験が必要な仕事です。
書類を作成する際、顧客との打ち合わせを行い要望を把握しますが、必要に応じて関係者への確認や現地調査を行い、事実に基づいた書類の作成・申請を行います。

行政書士は書類の作成・申請だけを行っているイメージが強いですが、実は行政書士の管理下なら誰でも書類作成を行なえるため、行政書士自身はコンサルティング業務が多くなります。

平均年収269万円

総務は、社員の働きやすい環境を整え、仕事の成果が出せるようサポートする仕事です。

会社全体の備品や建物の管理をしたり、福利厚生など社内制度を検討・運用します。
組織や業務を合理化する取り組みを行いつつ、コンプライアンスやリスクマネジメントの仕組みを構築します。
また株主総会、入社式、納会など、全社で行うイベントの企画・運営を行います。

社内で最も多くの部署とかかわりを持つ総務は、組織の潤滑油として会社の成長に大きく関わる仕事です。

平均年収269万円

秘書は、政治家や企業の幹部などの上司が本業に注力できるよう、事務作業や調整業務を補佐する仕事です。

担当する上司がスムーズに仕事ができるよう、社内外の人との連絡や来客の調整、文書や資料の作成、スケジュールを管理、出張の際の宿泊手配、冠婚葬祭の対応、経費精算などあらゆる業務を代行します。

中には事務や周辺業務を補佐するだけでなく、経営者のブレーンとしての役割を担う秘書もいます。

仕事を通して、企業の役員や政治家、弁護士、大学教授など、各界の著名人とやり取りをすることがあるため、相手に好印象を与える人間性やビジネスマナーを身につける必要があります。

平均年収269万円

経理は、企業や組織におけるお金の出入りを記録と管理をする仕事です。

パソコンで会計ソフトや表計算ソフトなどを使用して、収支、銀行預金、給与や保険、税金などの計算や管理を行います。決算書の作成にも携わり、月次・年次などの決算業務を行います。
取引き先の与信管理や、会社全体の経理ルールの作成・改善を行います。

会社の利益が出ているかなど、経営状況を知ることができる仕事であり、企業規模によっては経営者との距離が近く参謀的なポジションとなります。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収458万円

社会保険労務士とは、社会保険と労働に関する法律をもとに、企業に所属する従業員の労働に関する業務を代行する職業です。社会保険や労働法に精通したプロフェッショナルです。

企業に代わって従業員の社会保険や労働保険関係の手続きや書類作成をしたり、給与計算や就業規則の作成をしたりします。また法人や個人からの依頼で、コンサルティングや企業内研修を行います。年金や労災の手続きを行ったり、相談・アドバイスを行ったりもします。

近年、多様な働き方や労働環境に対する関心が高まり、手続きや書類作成だけでなく、専門知識を生かした人事・採用コンサルティングや企業研修ができる社会保険労務士の需要が高まっています。

平均年収957万円

経営コンサルタントとは、企業の経営戦略や人事戦略の策定、M&A(企業の合併と買収)などの支援を行う職業です。

経営改善や事業立案、企業の買収など、コンサルティング分野は多岐にわたります。経営状態を把握し、問題点を調査・分析することで原因を追究し、解決を提案します。また、企業向けに経営セミナーを行ったり、従業員の能力開発セミナーの講師を務めたりすることもあります。

コンサルティングファームに所属したり、個人で活動したりと、業務形態はさまざまです。経営コンサルタントになるための資格はなく、中小企業診断士の資格やMBA(経営学修士号)の学位を取得することで基礎的なスキルの証明としている傾向があります。