「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給-平均年収478万円

法務とは企業が事業を行ううえで必要となる法務関係の業務を専門的に行う職種です。契約書のチェックや知的財産の管理、コンプライアンスの体制作りなど、企業の法務に関する仕事を一手に引き受けます。

法務として働くにはとくに資格は必要ありませんが、法律に関する深い知識を持っている必要があります。そのため、企業の法務部で働いている人は大学の法学部を卒業していることが多いようです。

近年、企業のコンプライアンスが重要視されてきており、問題が発生する前に法的なトラブルを回避するための予防法務が求められています。そのため、法務を担える人材は今後も需要が増していく考えられます。

法務の仕事内容

  • 契約書を作成します
  • 契約書の法的妥当性をチェックする「リーガルチェック」を行います
  • 営業担当など他部署からの法務相談に答えます
  • 特許など知的財産権の管理を行います
  • 株主総会の運営を行います
  • 取締役会の運営を行います
  • コンプライアンスの周知徹底を行います
  • 顧客や消費者とのトラブルに対応します
  • 紛争訴訟に対応します
  • 専門的な法務は弁護士と相談をしながら解決します
  • 海外の法令も含めて、最新法制度の調査を行います

法務の業務スキル

  • 法律の専門知識をビジネスの場で活用する実践力
  • 契約書を事細かにチェックする集中力ときめ細かさ
  • 法律に詳しくない人にもわかりやすくアドバイスできるコミュニケーション力
  • 法的なトラブルにも落ち着いて対応できる冷静さ
  • 事業をスムーズに進めるために法的な障害を取り除く課題解決力
  • 法令順守を徹底させる規律性
  • コンプライアンスを守りながら企業利益を最大かさせるバランス感覚
  • 法令に従い事業課題を解決するための論理的思考力

法務の専門知識

  • 民法
  • 商法
  • 労働法
  • 特例法
  • 企業取引法務
  • 債権の管理・回収
  • 企業財産の管理と法律
  • 企業活動に関する法規制
  • 企業と会社のしくみ
  • 株式会社の組織と運営
  • 企業と従業員の関係
  • ビジネスに関連する家族法
  • 紛争の解決方法
  • 国際法務(渉外法務)

法務の実務能力

  • コミュニケーション力
  • きめ細やかさ
  • 集中力
  • 論理的思考力
  • 課題発見力

法務の基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

法務の働く場所

  • 一般企業

法務の作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • スマートフォン
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • Microsoft Office
  • 六法全書
  • 印鑑

法務の活動内容

  • 契約・取引法務
  • 機関法務
  • 法務相談
  • 知的財産権管理
  • 紛争訴訟対応
  • 法制度調査
  • コンプライアンス・社内規定

法務の人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 正義感が強く行動力がある人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人

法務の必要とされる教育レベル

  • 学士

法務のキャリアステップ

  • 司法書士
  • 行政書士
  • 弁理士
  • 弁護士

法務の給与

平均年収:478万円

参考:
平均:33.97万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収:478.29万円(賞与:70.65万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

法務の推奨資格

  • ビジネス実務法務検定
  • ビジネスコンプライアンス検定
  • 法務検定試験
  • マイナンバー実務検定
  • 個人情報保護士
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 弁理士
  • 弁護士
Indeed からの求人
2021 新卒採用 【事務系】営業・マーケティング、経理、人事、法務、知的財産、調達、広報・宣伝、ロジスティクス、生産管理、カスタマーサービス 等 【技術系】研究開発、設計開発、生産技術、SE/技術営業、知的財産、情報システム、調達、品質管理 等

パナソニック株式会社 - 日本

て常に挑戦を続けていく。 募集職種/部門 【事務系】営業・マーケティング、経理、人事、法務、知的財産、調達、広報・宣伝、ロジスティクス、生産管理、カスタマーサービス 等 【技術系...

未経験OK 化粧品メーカーで法務部門の一般事務職を募集中

ノエビアホールディングス 東京本社 - 東京都 中央区 銀座駅

ーで法務部門の一般事務職を募集中 ノエビアグループ 正社員【ノエビアホールディングス】東証一部上場の成長中企業の法務... があり、企業法務に興味がある方を歓迎します。 法務実務の経験...

【障がい者採用】総務、人事、経理・財務、購買・調達、生産管理、法務、知的財産

本田技研工業株式会社 - 埼玉県 狭山市

職務内容 各管理間接部門における専門業務、企画業務等。 応募資格 募集職種に対する専門性、業務経験を有する方。 勤務地 埼玉(朝霞市・狭山市・和光市)

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収772万円

弁護士とは、依頼者の抱えるトラブルを法律を用いて解決する、法律事務の専門家です。

仕事内容は、まず金銭トラブルや離婚、相続をめぐる争いなどの民事事件の代理人業務があります。次に、窃盗や傷害、殺人などの刑事事件の弁護人業務です。他にも、企業に対して契約や知的財産権、M&Aなどのサポートを行うビジネスサポートの仕事もあります。

弁護士になるには、大学卒業後、法科大学院(ロースクール)に進むのが一般的です。法科大学院を修了すると、司法試験の受験資格が与えられます。司法試験に合格後、約1年間の司法修習を経て、司法修習考試という試験に合格することで、晴れて弁護士となることができます。

平均年収533万円

人事は、企業などで人材の採用や育成、評価、労務管理などを行う職業です。小規模な組織では総務などの管理部門が兼務することもあります。

「ヒト」という経営資源を最大限に活用した、強い組織を構築するため、人事に関わる諸制度を企画立案し、適材適所の異動や配置転換、採用などのオペレーションを実施します。人や組織に関わる仕事を一手に引き受けるので、業務内容は多岐にわたります。

人事に関わる事柄は秘密保持が前提であり、評価の公平性やコンプライアンスの徹底から、タフな精神力が求められます。しかし、福利厚生の充実やメンタルヘルス対策を実施したり、在宅勤務制度を採り入れたりと、労働者が働きやすい環境を整える頼もしい存在であり、やりがいのある仕事です。

平均年収478万円

企画・経営職は、企業で経営幹部を補佐しながら経営業務を直接的に担当する職業です。中長期的な経営戦略を練り、各種情報の収集と分析を重ねて、コスト削減などの経営改善や経営計画の策定、内部統制業務などを行います。経営企画や事業企画などと呼ばれることもあります。

組織の規模や形態、上場の有無などによって担当業務は大きく異なりますが、経営者の視点に立ち、社外との交渉役を担います。関連業界や社会動向全般について自ら調査し、多角的な分析力を備えていくことで、出世コースに乗りやすくなります。

企画業務型裁量労働制を導入している企業も増えてきており、この場合、自分の都合に合わせて勤務時間を調整し、効率の良い時間配分で仕事を進められるなどのメリットがあります。

平均年収781万円

営業職とは、製品やサービスなどの商材を顧客に売り込み、注文を受ける(受注・成約する)職業です。顧客が来店するのを待つ販売職とは違い、基本的に社外で活動します。

営業職は大きく、企業向けに商材を販売する「法人営業」と、一般消費者向けに商材を売り込む「個人営業」に分かれます。また担当する顧客によって、既存の顧客を担当する場合は「ルート営業」、新規顧客を獲得する場合は「新規開拓営業」というように分類されます。

会社の売上を左右する職種のため、成果報酬などインセンティブがつくこともあり、収入は比較的高めです。また、さまざまな人々と出会うことで良い刺激をもらえることや、会社に寄らずに直行直帰できるといった自由な勤務スタイルも魅力の一つです。

平均年収470万円

司法書士は、身近な法律家として、不動産登記や商業登記、供託、裁判事務など法的な書類を作成する仕事です。

主な仕事として、不動産に関する不動産登記、法人に関する商業登記など登記業務を行います。また、民事事件の裁判事務業務、任意整理や自己破産などの債務整理業務、供託所へ寄託する供託業務、検察庁へ犯罪の告訴や告発業務を行います。

少子高齢化が進む今後の日本においては、財産侵害や尊厳侵害などを支援する成年後見業務が多くなると考えられています。

平均年収470万円

行政書士は、書類作成のプロとして、個人や法人から依頼を受け様々な書類の相談・作成・申請手続きを行う仕事です。

相談・作成・申請する書類は、「官公署に提出する書類」「権利義務に関する書類」「事実証明に関する書類」など10,000種類を超えるを言われ、専門的な知識や経験が必要な仕事です。
書類を作成する際、顧客との打ち合わせを行い要望を把握しますが、必要に応じて関係者への確認や現地調査を行い、事実に基づいた書類の作成・申請を行います。

行政書士は書類の作成・申請だけを行っているイメージが強いですが、実は行政書士の管理下なら誰でも書類作成を行なえるため、行政書士自身はコンサルティング業務が多くなります。

平均年収269万円

経理は、企業や組織におけるお金の出入りを記録と管理をする仕事です。

パソコンで会計ソフトや表計算ソフトなどを使用して、収支、銀行預金、給与や保険、税金などの計算や管理を行います。決算書の作成にも携わり、月次・年次などの決算業務を行います。
取引き先の与信管理や、会社全体の経理ルールの作成・改善を行います。

会社の利益が出ているかなど、経営状況を知ることができる仕事であり、企業規模によっては経営者との距離が近く参謀的なポジションとなります。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収957万円

公認会計とは、企業や学校法人、公益法人などさまざまな法人を対象に、独立した立場から経営状況をチェックし、専門家として財務情報を検証・提言する監査業務を行う職業です。

専門家として第三者の決算書を確認し、企業の財務情報の信頼性を担保します。監査業務には、法令などの規定によって義務付けられた法定監査と、法定監査以外の自主的に実施する監査とがあります。監査業務だけでなく、コンサルタントとして経営全般にわたる相談・助言を行ったり、一般企業の経営企画室や財務部門で働いたりする人もいます。

公認会計士は会計系最高峰の国家試験となっており、医師・弁護士に並んで三大士業と言われ、主要業務である監査業務は会計士のみが許された独占業務になります。試験の合格率は10%程度と狭き門なので、公認会計士を目指す場合は、相当量の学習時間が求められます。