「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

初任給-平均年収559万円

サウンドクリエイターとは、ゲームやアニメ、映画などのBGMやエフェクトなど、サウンドを作る仕事です。

ディレクターの演出意図に沿い、テーマ曲やBGMだけでなく、ドアを開ける音やボタンを押す音など、細かな効果音も制作します。声優の声や演奏楽曲はスタジオでレコーディングします。BGMや効果音一つでゲームの印象が一変するため、現場と綿密な打ち合わせを行った上で、納得のいくサウンドを作り上げる必要があります。

有名作品ではサウンドトラックが販売される場合があり、作品が有名になることでサウンドクリエイターの人気に火がつくこともあります。

業務内容

  • 映像作品にサウンドを載せる仕事であるため、単に良い音を制作するだけでなく、映像やシーン、キャラクターに合わせたサウンドを制作します。
  • 作品のプロデューサーやディレクターなどと綿密な打ち合わせを行い、作品の演出意図を把握したうえで制作を行います。
  • 必要に応じて、音源の採集を行います。
  • テーマ曲やBGMだけでなく、ドアを開ける音やボタンを押す音など、細かな効果音も制作します。
  • 声優の声や演奏楽曲などはスタジオでレコーディングします。レコーディングに立会いミキシングなど音響面の調整も行います。
  • プログラミングによる音のデータ化を行います。
  • 自身の専門領域以外のサウンド制作に関しては、外注を行うこともあります。

業務スキル

  • 作曲や効果音の作成
  • 楽器演奏
  • レコーディング
  • 音楽編集ソフトの操作
  • ミキサーの操作

専門知識

  • さまざまな音や音楽に関する知識
  • プログラミング言語
  • 映画
  • ドラマ
  • ゲーム
  • アニメ

実務能力

  • プレゼンテーション力
  • 表現力
  • 傾聴力
  • 想像力
  • 創造力

基礎能力TOP3

  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 創造力:新しい価値を生み出す力

働く場所

  • ゲームメーカー
  • ゲーム制作会社
  • IT系企業
  • 映像制作会社
  • アニメ制作会社
  • 個人事務所

作業方法とツール

  • パソコン
  • 楽器
  • ビジネスチャットツール
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • 音楽制作ツール
  • マイク
  • 録音機

活動内容

  • 企画打ち合わせ
  • 音源採集
  • 作曲
  • レコーディング
  • 編集
  • 修正
  • 納品

人間性

  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 強い意志で理想を実現する人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人

キャリアステップ

  • ゲームディレクター
  • ゲームプランナー
  • ゲームプロデューサー

給与

平均年収:559万円

参考:
出典:「デジタルコンテンツ制作の先端技術応用に関する調査研究 報告書」

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

推奨資格

  • MIDI検定

付帯条件・制限

なし

就業者数推定

不明

Indeed からの求人
サウンドクリエイター職

株式会社バンダイナムコスタジオ - 東京都

インターンシップ サウンドクリエイター編「ゲーム動画の効果音制作・MA作業」 職種:サウンドクリエイター職 勤務地:東京... えるゲームサウンド制作体験! サウンドクリエイターを目指す学...

サウンドクリエイター

任天堂株式会社 - 東京都 台東区 浅草橋

業務内容 ゲームソフトのサウンド制作 適性 【必須条件... 望に (東京)と明記のない【サウンドクリエイター】を入力ください。 音楽制作(作曲・編曲)、効果音制作(サウンドデザイ...

サウンドクリエイター

任天堂株式会社 - 京都府 京都市 南区

京都 業務内容 ゲームソフトのサウンド制作 適性 【必須条件... の職種第2希望に【(東京)サウンドクリエイター】を入力ください。 音楽制作(作曲・編曲)、効果音制作(サウンドデザイン...

求人検索 by Indeed job search
コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

更新履歴
  • 2019年09月13日 15:17
    「賃金構造基本統計調査適用区分」を更新しました
  • 2019年09月13日 15:17
    「給与レンジ(初任給月額)(万円)」を更新しました
  • 2019年09月13日 15:17
    「給与レンジ(平均年収)(万円)」を更新しました
  • 2019年09月13日 15:17
    「給与レンジ(備考)」を更新しました
  • 2019年05月29日 14:51
    「要約説明」を更新しました
  • 2019年05月27日 20:21
    「業務内容」を更新しました
  • 2019年05月27日 20:21
    「要約説明」を更新しました
  • 2019年05月27日 20:21
    「画像」を更新しました
  • 2019年05月27日 20:21
    「専門知識(ナレッジ)」を更新しました
  • 2019年05月27日 20:21
    「働く場所」を更新しました
  • 2019年05月27日 20:21
    「作業方法とツール」を更新しました
  • 2019年05月27日 20:21
    「活動内容」を更新しました
  • 2019年05月27日 20:21
    「人間性」を更新しました
  • 2019年05月27日 20:21
    「関連する職業」を更新しました
  • 2019年05月27日 20:21
    「給与レンジ(初任給月額)(万円)」を更新しました
  • 2019年05月27日 20:21
    「給与レンジ(平均年収)(万円)」を更新しました
  • 2019年05月27日 20:21
    「給与レンジ(備考)」を更新しました
  • 2019年05月27日 20:21
    「SEOキーワード」を更新しました
  • 2019年02月27日 09:52
    「付帯条件・制限」を更新しました
  • 2019年02月25日 12:59
    「給与レンジ(平均年収)(万円)」を更新しました
  • 2019年02月22日 12:19
    「業務スキル」を更新しました
  • 2019年02月18日 14:55
    「画像」を更新しました
  • 2019年02月18日 14:55
    「業務内容」を更新しました
  • 2019年02月18日 14:55
    「掲載状態」を更新しました
もっと見る閉じる
関連する職業
平均年収465万円

映画監督は、映画制作現場の責任者として、作品の質を管理し責任を負う職業です。テレビ業界ではディレクターと呼ばれます。

主に予算管理などを行うプロデューサーとともに、企画立案から関わったり、出演者や脚本家、カメラマンなどの技術スタッフを指揮して、作品制作の方向性を決めます。映画監督になるには、映像関係の専門学校や大学の映画学部を卒業し、映像制作会社で実務経験を積むのが一般的です。

監督の他にも、「助監督」「撮影監督」「美術監督」などのポストも存在します。さまざまな関係者が制作現場に出入りし、撮影期間も長期にわたるため、良い作品を作り上げられるかどうかは、監督の力量にかかっています。

平均年収679万円

映画プロデューサーとは、映画の企画から資金調達、制作、著作権管理、プロモーション、売り上げの回収まで、映画製作すべての責任を負う職業です。

映画監督が映画制作の現場責任者であるのに対して、映画プロデューサーは、企画立案から予算管理、キャスティング、劇場ブッキング、プロモーション、資金回収までを含めた映画ビジネスの全てのプロセスに関わる総責任者であるといえます。映画プロデューサーは、クオリティの高い映画を製作するだけでなく、映画をビジネスとして成り立たせる責任があります。

日本アカデミー賞では最優秀作品賞を映画監督が受け取ることが多いですが、アメリカのアカデミー賞では映画プロデューサーがオスカー像を受け取ります。

平均年収816万円

テレビディレクターとは、テレビ番組の制作現場における企画・編集責任者です。

企画の立案から台本作成、出演者のキャスティング、番組の演出、編集指示まで、テレビ番組の制作現場を統括するポジションです。予算やスケジュール、コンプライアンスなどを管理するプロデューサーとは異なり、番組のクオリティに責任を負います。番組が面白いものになるかどうかは、テレビディレクターの腕にかかっています。

最近ではテレビディレクターが直接番組に出演するケースも多く、とくにバラエティ番組では、体当たりのロケを行い爆発的な人気が出るディレクターもいます。

平均年収816万円

ゲームキャスターとは、eスポーツなどの対戦型のゲーム大会などで試合をわかりやすく解説しながら観客や視聴者を盛り上げる職業です。

スポーツと同じようeスポーツにも実況や解説がないと、スーパープレイや心理的かけひき、ゲームの展開などが観客にわかりずらくなってしまいます。そのため、ゲームの面白さを伝え、より関心を持ってもらうためにも、ゲームキャスターの仕事は重要なのです。

eスポーツの拡大により、アナウンサーなどがゲームキャスターになる機会も増えていますが、ゲームの知識が豊富なゲームキャスターの育成が求められています。

平均年収423万円

グラフィックデザイナーとは、ポスターやチラシ、書籍、雑誌、商品パッケージ、看板など、平面的なもののデザインを行う職業です。広告宣伝や販売に関わり、ビジュアル効果を高めることで、”伝えたいこと”を表現するのが仕事です。

グラフィックデザイナーの仕事内容は、広告代理店や広告制作会社での宣伝物のデザインがメインとなります。コピーライターやカメラマン、イラストレーターなど、他のクリエイターとチームを組んで仕事をしていきます。

グラフィックデザイナーになるには資格は必要ありませんが、AdobeのPhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトを使いこなせると有利になります。

平均年収464万円

ゲームプログラマーとは、企画書や仕様書をもとに企画を実現するためのロジックやアルゴリズムを設計し、プログラミング行い、ゲームを制作する職業です。

企画段階でそのゲームが実現可能どうかを判断する重要な役割も担っています。キャラクターの動きやサウンドの設定、ゲームシステムの構築など、ゲームが意図したとおりに動くようにプログラミムを組んでいきます。プログラミングをチェックするチームもあり、プログラムが意図したとおりに動くか確認をします。発見された不具合をゲームプログラマーが繰り返し修正していき、最終チェックが終われば、はれてゲームが完成します。

近年では処理技術やネットワークの発達により、複雑なアルゴリズムや、3D・VRなどのリアルなビジュアルを求められるゲームが増えてきており、ゲームプログラマーに多くのスキルが求められるようになっています。

平均年収409万円

ゲームプランナーとは、主にゲームの企画立案を行い、仕様書の作成とプロジェクトの進行管理を担う職業です。

市場調査や分析を行い、プロデューサーやディレクターとともに企画を立案します。企画をもとにゲームの設計図である仕様書を作成し、クリエイタースタッフに共有します。いざ制作がスタートすれば、プロジェクトの進行管理を行い、ゲームが完成するまで携わります。完成後にユーザーの反応をもとにゲームの改善を行うのも、ゲームプランナーの仕事です。

業務内容は写真素材の調達や攻略本のチェックなど多岐に渡り、「ゲームを作るため、売るために必要なこと全て」が仕事だと言っても過言ではありません。プロデューサーやディレクターの指示のもと、具体的な施策を実行するのが主な仕事であり、ゲームのヒットを左右する重要な役割です。

平均年収563万円

ゲームディレクターとは、ゲーム制作現場における、クリエイターチームの総監督です。

ゲーム制作には、デザイナーやプログラマー、シナリオライター、サウンドクリエイターなど、数十人の専門クリエイターが関わりますが、チームのまとめ役として、各担当者に指示を出したり、問題解決の相談に乗ったりしながら、良い作品ができるように指揮をとるのが主な仕事です。ゲームの発売予定時期はあらかじめ決められているので、プロジェクトの進捗状況を正しく把握して、スケジュール管理を行います。

ゲーム開発における代表的なポジションであり、ヒットするゲームを作れるかどうかは、ゲームディレクターの腕次第といっても過言ではありません。また、個性的なクリエイターが集うゲーム業界において、スタッフをまとめる調整役として、強靭な精神力が求められる職業でもあります。

平均年収692万円

ゲームプロデューサーとは、ゲームの企画から完成までの全工程を統括する職業です。

市場調査や分析を行い、どのようなジャンルのゲームをどのような方法で販売するかなど、企画を検討し決定します。ゲーム開発を成功させるために必要な制作スタッフの選定や開発費の調達、スケジュール管理、販売促進などを担当し、全体を統括します。

近年では、スマートフォンによるソーシャルゲームが拡大しており、ゲームプロデューサーの需要が高まっています。また「ゲーミフィケーション」など、ゲームの考え方を取り入れたサービス設計なども増えており、ゲーム以外にも活躍の場が広がっています。

平均年収679万円

音楽プロデューサーとは、CDやネット配信用の音源製作からライブや映画で使われる音楽製作まで、音楽ビジネスの全般的な指揮をとる最高責任者です。

楽曲の製作からライブの企画、ミュージシャンの発掘・育成、プロモーション、予算管理など、音楽ビジネスの川上から川下までほとんど全ての工程に関わります。

プロデューサーが生み出すサウンドを目的にしたファンも多く、販売や興行においてプロデューサーの役割が大きくなっています。実力のある音楽プロデューサーは、複数の人気アーティストをプロデュースしていることもあります。