「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

スポーツインストラクター

初任給 22 万円
平均年収 410 万円

スポーツインストラクターとは、スポーツジムやフィットネスクラブ、競技団体などで、利用者に対しスポーツやエクササイズの指導を行う職業です。

身体のスタイルを美しく保ちたい、健康増進、ストレス解消したいといったさまざまな目的でトレーニングをする人に対して、水泳・ヨガ・ダンスなどの指導やトレーニングプログラムの企画・構成、ケガなどが起きないよう安全面での指導、施設運営にかかわる事務仕事などを行います。

スポーツインストラクターになるには、とくに必須の資格はなく、スポーツジムやフィットネスクラブに就職することでスポーツインストラクターとして働くことができます。人気のあるスポーツインストラクターは、パーソナルトレーナーとして独立したり、スポーツチームの専属インストラクターになるという道もあります。

スポーツインストラクターの仕事内容

  • 施設の掃除やトレーニング機械の点検を行います
  • 予約の受付や管理を行います
  • 全体プログラムの企画や改定を行います
  • 個別の顧客のためのトレーニングプログラムを編成します
  • 顧客へのトレーニング指導を行います
  • フリーランスのインストラクターの契約やシフト調整を行います
  • 場合によってエクササイズ動画を撮影してプロモーションを行います
  • 閉店後の施設の掃除を行います

スポーツインストラクターの業務スキル

  • 顧客のモチベーションを高めるコミュニケーション力
  • ファンを増やすためのきめ細やかな接客力
  • 楽しく続けられるような工夫や、安全を守るための指導力
  • 個々人のニーズを汲んでトレーニングプログラムの作成に活かす提案力
  • 新しいトレンドへのアンテナを常に張り勉強を続けられる向上心
  • 地味な裏方仕事もきめ細やかに行える事務処理能力

スポーツインストラクターの専門知識

  • スポーツプログラマーの役割
  • 運動と健康
  • フィットネストレーニング(基本的方法含む)
  • 体操系
  • エアロビクス系
  • レクリエーション・スポーツ系
  • 対象別フィットネスプログラム
  • フィットネスと体調
  • フィットネスと安全
  • 体力測定の方法
  • 測定結果の処理
  • 体力評価とスポーツプログラム
  • スポーツ相談の意義
  • スポーツ相談の実際
  • 運動生理学
  • スポーツ運動学

スポーツインストラクターの実務能力

  • カウンセリング力
  • 提案力
  • 計画力
  • 事務処理能力
  • 自己管理力

スポーツインストラクターの基礎能力TOP3

  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力

スポーツインストラクターの働く場所

  • スポーツジム
  • フィットネスクラブ
  • スポーツ団体

スポーツインストラクターの作業方法とツール

  • トレーニング機器
  • トレーニングウェア
  • ストップウォッチ
  • タオル
  • テーピング
  • コールドスプレー
  • ヨガマット
  • パソコン
  • メール
  • Microsoft Office
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール

スポーツインストラクターの活動内容

  • 施設の掃除
  • トレーニング機械の点検
  • 予約受付や管理
  • 全体プログラムの企画や改定
  • トレーニングプログラム編成
  • トレーニング指導
  • インストラクターの契約やシフト調整

スポーツインストラクターの人間性

  • 強い意志で理想を実現する人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 相手を思いやり献身的に尽くす人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人

スポーツインストラクターの給与

初任給:22万円
平均年収:410万円

参考:
初任給:22.43万円(企業規模計、20~24歳)
平均:30.09万円(1,00010人以上、年齢計)
平均年収:410.69万円(賞与:49.61万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

スポーツインストラクターの推奨資格

  • スポーツプログラマー
  • ジュニアスポーツ指導員
  • フィットネストレーナー
  • JATI認定トレーニング指導者資格(JATI-ATI)
  • トレーニング指導士
  • 健康運動指導士

スポーツインストラクターの就業者数推定

個人教師(スポーツ):103,060人(2015年現在)

・公益財団法人 日本スポーツ協会 公認スポーツ指導者
https://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid58.html

・NHK平成若者仕事図鑑 スポーツインストラクター
https://www.nhk.or.jp/u29design/zukan/041/top.html

・国勢調査 / 平成27年国勢調査 / 抽出詳細集計(就業者の産業(小分類)・職業(小分類)など) 全国結果
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200521&tstat=000001080615&cycle=0&tclass1=000001104855&tclass2=000001108965&stat_infid=000031643878&second2=1
Indeed からの求人
警察官/官公庁業界

警視庁 - 東京都 千代田区

歴等の評定について】 皆さんがお持ちの「語学」「情報処理」関連の各種資格、武道の段位やスポーツ大会の出場経歴を申請していただき、証明書類に基づいてその内容を評定し、第1次試験の成績...

スポーツインストラクター

FEELCYCLE(フィールサイクル)福岡天神店 - 福岡県 福岡市 中央区 天神

ヨガインストラクタースポーツジム、スポーツクラブ、フィット... 待遇充実のスポーツクラブスタッフ、スポーツインストラクターです。 ★自社のアパレルも制作しており、スタジオではスポーツ...

監査トレーニー

EY新日本有限責任監査法人 - 東京都 千代田区 有楽町

出張の場合) 総合福祉団体定期保険 クラブ活動 ベビーシッター利用料補助制度 法人契約スポーツクラブ等 選考の流れ 書類選考→面接複数回実施予定 ご応募に当たり下記もご参照くだ...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収967万円

内科医は、内臓を中心とした臨床科学の専門医で、薬や栄養など体の内側から病気の改善や治療を行う仕事です。

不調の原因を探るため、患者さんから症状の聞きとりや検査を行います。病名が特定できたら処置を検討し、怪我や病気の治療に必要な注射や点滴の投与、薬の処方箋を作成します。

精密検査や手術が必要な際、小さな診療所では対応できないことが多いため、大学病院などの設備が整った病院に紹介状を書くこともあります。

平均年収417万円

理学療法士とは、身体に障害がある人や高齢により身体機能の衰えた人に対して、医師の指示のもとでリハビリテーションを行い、運動能力の回復を援助する職業です。動作練習や歩行練習、あるいは温熱や電気を用いた治療を行い、「立つ」「座る」「歩く」といった日常動作が行えるようにサポートをします。

理学療法士になるには、理学療法の養成課程がある大学や短大、専門学校を修了し、国家資格である理学療法士を取得することが必要です。作業療法士の資格を保有していれば、養成課程に2年間通うことで、受験資格が得られます。

作業療法士や言語聴覚士、視能訓練士とともに、リハビリテーション専門職と称されるうちのひとつであり、高齢化が進む社会における需要はますます高まっていくでしょう。職場もこれまでの病院だけでなく、リハビリテーションセンターや老人ホーム、在宅医療現場など広がりを見せています。

平均年収417万円

作業療法士とは、身体に障害がある人や高齢により身体機能の衰えた人に対して、医師の指示のもとでリハビリテーションを行い、日常生活に必要な能力の回復を援助する職業です。手芸や工芸などのさまざまな作業を通じて心身の回復を促します。

作業療法士になるには、作業療法の養成課程がある大学や短大、専門学校を修了し、国家資格である作業療法士を取得することが必要です。理学療法士の資格を保有していれば、養成課程に2年間通うことで、受験資格が得られます。

理学療法士や言語聴覚士、視能訓練士とともに、リハビリテーション専門職と称されるうちのひとつであり、高齢化が進む社会における需要はますます高まっていくでしょう。職場も病院だけでなく、リハビリテーションセンターや老人ホーム、在宅医療現場など広がりを見せています。

平均年収1,220万円

スポーツドクターとは、スポーツ医科学の知識と診療技術で、スポーツをする人の健康管理や競技力向上を援助する職業です。選手の健康管理や外傷の治療のみでなく、競技会における医事運営、チームドクターとしてのサポートのほか、一般のスポーツ愛好家への診察・治療を行います。

スポーツドクターになるには国家資格である医師免許を取得しなくてはなりません。その後、日本に3つあるスポーツドクターの資格認定試験を受けることとなります。たとえば、「日本スポーツ協会公認スポーツドクター」は、5年以上の経験を持つ医師に対し、協会が講習と審査を行いスポーツドクターに認定します。他にも、整形外科医がスポーツ医学に関する講習を受けて資格を得る「日本整形外科学会認定スポーツ医」、一般人の健康維持・増進をはかるために講習を受けて認定される「日本医師会認定健康スポーツ医」があります。

スポーツドクターとしての実績が認められれば、プロスポーツの帯同ドクターとして、日本代表戦で選手のサポートを行うなど、国際的に活躍することができます。

現在作成しております。しばらくお待ちください。