「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 21 万円
平均年収 330 万円

ドッグトレーナーは、しつけ教室などで子犬のしつけ方を飼い主に教えたり、飼い主の手に負えない問題犬を調教したり、人間と犬が一緒に暮らせるように飼い主に指導したりする職業です。アジリティー(障害物競争)やフライボール(ボール競技)など、犬と愛犬家が楽しめるドッグスポーツを提供する役割も担います。

犬は社会性があり、個性豊かな動物です。犬の個性を的確に把握し、上位者として毅然とした態度で適切な距離を保ちながらも、愛情と情熱を持ってトレーニングすることで、犬と心を通じ合わせる喜びを感じられます。

ドッグトレーナーになるには資格は必須ではありませんが、専門ライセンスを発行している民間資格も存在します。なお、警察犬や麻薬探知犬などの使役犬を育成する仕事は訓練士と呼ばれており、公務員試験に合格し、警察官や税関職員になる必要があります。

ドッグトレーナーの仕事内容

  • 飼い主に家庭での犬の様子をヒアリングし、飼い主の悩みを把握します。
  • 実際に犬と触れ合い、遊びと褒美(ドッグフード)を通して関係性を築きながら、トレーニングの方向性を決めます。
  • トイレや散歩、留守番など、人間と共生するために最低限必要なマナーを繰り返ししつけます。
  • トレーニングを通じて分かったこと、とりわけ犬の個性に合ったしつけ方について飼い主にアドバイスします。
  • トレーニング終了後、トレーニング場を清掃し、場内を清潔に保ちます。
  • トレーニング結果を日誌に記録し、スタッフ間で情報共有します。
  • 新規のトレーニング依頼メールに回答するなど事務作業を行います。

ドッグトレーナーの業務スキル

  • 問題行動を起こす犬や見た目が怖い犬に対して恐怖心を抱かないマインド
  • 犬に対して思いやりや愛情を持ちつつも、状況に応じて毅然とした態度を取れる姿勢
  • 犬に対して穏やかで、おおらかさを持ち合わせた態度
  • 犬の性格や変化、エネルギー、病的サイン、老化サインなどを見逃さない観察力
  • 飼い主から情報を収集し、犬に必要なしつけを想定できる予測力
  • 犬に最も相応しいトレーニング方法を選択できる判断力
  • 飼い主に応じたモラルやしつけ方を提案できるコーチング力
  • 飼い主の質問に対して、犬の本質を踏まえた的確なアドバイスができるコミュニケーション力
  • 犬に合わせて動き回ることができる、相応の体力
  • 思い通りにトレーニングが進まなくても、方法を見直しながら忍耐強く続けられる根気
  • 狂犬病予防などの危険性を十分に認識し、健康管理・衛生管理を徹底できる管理スキル

ドッグトレーナーの専門知識

  • 犬の本質
  • ドックトレーニングの基本指示(オビディエンストレーニング)と、その応用知識
  • 安全確認とマナー
  • ボディランゲージとカーミングシグナル(行動などに現れる犬の気持ち)
  • 犬との接し方や個々の犬に合わせたしつけ方の知識
  • 犬に指示を教える手順
  • 散歩を利用したレッスン
  • 狂犬病予防

ドッグトレーナーの実務能力

  • 指導力
  • フォローアップ力
  • 情況把握力
  • 創造力
  • 体力
  • コミュニケーション力
  • 洞察力、察知力

ドッグトレーナーの基礎能力TOP3

  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

ドッグトレーナーの働く場所

  • 犬のしつけ教室
  • ペットショップ
  • ドッグラン
  • 動物病院
  • ブリーダー
  • ペットホテル
  • 動物関連施設
  • ペット用品関連業界
  • 自宅開業※
  • 出張訓練※

ドッグトレーナーの作業方法とツール

  • 掃除道具
  • パソコン
  • メール
  • スマートフォン

ドッグトレーナーの活動内容

  • 犬の様子について飼い主にヒアリング
  • 犬と触れ合いながら、トレーニングの方向性を決定
  • 人間との共生に必要なマナーの反復トレーニング
  • 犬の個性に合ったしつけ方について飼い主にアドバイス
  • トレーニング場の清掃
  • トレーニング結果を日誌に記録
  • スタッフ間で情報共有
  • 新規トレーニング依頼メールへの回答など事務作業

ドッグトレーナーの人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 相手を思いやり献身的に尽くす人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人

ドッグトレーナーの給与

初任給:21万円
平均年収:330万円

参考:
初任給:21.41万円(企業規模計、20~24歳)
平均:24.83万円(10人以上、年齢計)
平均年収:330.04万円(賞与:32.08万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

ドッグトレーナーの推奨資格

  • 普通自動車免許

ドッグトレーナーの付帯条件・制限

犬に対してアレルギーがないこと

ドッグトレーナーの就業者数推定

JKC訓練士資格登録者数 3,241人(2017年時点)

※自宅や出張で仕事を行う場合、「第一種動物取扱業」の届け出が必要

環境省・第一種動物取扱業者の規制
Indeed からの求人
トレーナー

株式会社ドッグスクールK.T. - 埼玉県 本庄市 沼和田

トレーナー 私達はわんちゃんのライフステージに合わせたケアを行っております ドッグトレーナー募集 昇給有り 車通勤... 険完備 勉強会あり ドッグトレーナーを募集しています。 しつ...

トレーナー

dog hotel & salon cocoro - 大阪府 大阪市 都島区 善源寺町

大阪府 トレーナー 雑誌に紹介されましたドッグホテル・サロンです♪ 【都島区】愛犬同伴可☆経験者トレーナーさん、トリ... 年7月15日にオープンしたドッグホテル&サロンです。先日ファ...

トレーナー

丸八殖産株式会社 - 東京都 目黒区 上目黒

丸八殖産株式会社 東京都 トレーナー ワンちゃんのため、飼い... 作りなど、トレーニング以外の技術も学ぶことができます。 トレーナーさん・トリマーさんが一緒になってワンちゃんと飼い主様の...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収281万円

ペットトリマーは、犬などの長毛ペットの被毛をカットして見た目を整える職業です。トリミング(毛を刈って整えること)を行うことからトリマーと呼ばれますが、スキンケアや爪切り、耳掃除など、グルーミング(手入れ全般)も行います。

優れた理容技術と美容センスを生かして、飼い主の多様な要望にも柔軟に応えながら、ペットの健康管理と衛生管理をサポートします。全身を丁寧に触ることでさまざまな病気の予兆を発見しやすくなります。

ペットトリマーになるには必須の資格はありませんが、「JKC認定トリマー」「一般社団法人日本ペット技能検定協会認定トリマー」などの民間資格を取得しておくと、ペットサロンなどへの就職に有利になります。

平均年収513万円

動物看護師は、動物病院などで獣医師をサポートし、病気の動物を看護する職業です。動物の病気や治療法、服薬に関する基礎知識を持ち、入院動物の健康管理や診察・手術の補助、検査の実施、カルテ管理、飼い主への服薬説明、受付・会計などさまざまな業務を担当します。

最近は高齢ペットや肥満などの生活習慣病を患ったペットが増えています。動物看護師は、飼い主に老化のサインや介護技術、生活改善などをアドバイスしながら、動物たちの健康管理に関するトータルケアを担っています。

動物看護師はになるには、国家資格などの資格を取得する必要はありません。しかし、一般財団法人動物看護師統一認定機構が行う試験に合格すると「認定動物看護師」と称することができます。

平均年収330万円

盲導犬訓練士は、視覚障害者が使用する盲導犬を育成する職業です。さらに勉強と経験を積み重ねると、視覚障害者に盲導犬との歩き方を指導する盲導犬歩行指導員になれます。

盲導犬候補の子犬は約10か月間、パピーウォーカー(家庭で候補犬を預かるボランティア)の元で育てられた後、盲導犬に向けた訓練を開始します。

年齢や性格が異なるさまざまな視覚障害者のために、想像力を駆使して”見えない世界”をイメージし、より安全・快適にユーザーをサポートする盲導犬を育成する、社会貢献度が高くやりがいのある仕事です。

平均年収404万円

獣医は、飼育動物の病気や怪我の診察・予防・治療などの診療や野生生物の保護や捕獲を行う仕事です。

国家公務員や地方公務員として勤める獣医もおり、伝染病の検査や予防、飼育動物や野生動物の中にいる希少生物や絶滅危惧種の保護や繁殖など幅広い業務を行います。
また研究機関に勤める獣医は、動物用医薬品の研究開発分野にも携わります。

近年のペットブームから、動物病院では珍しい種類の動物の診察も増えており、幅広い知識や技術が求められます。