「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

初任給38万円 平均年収1,220万円

スポーツドクターとは、スポーツ医科学の知識と診療技術で、スポーツをする人の健康管理や競技力向上を援助する職業です。選手の健康管理や外傷の治療のみでなく、競技会における医事運営、チームドクターとしてのサポートのほか、一般のスポーツ愛好家への診察・治療を行います。

スポーツドクターになるには国家資格である医師免許を取得しなくてはなりません。その後、日本に3つあるスポーツドクターの資格認定試験を受けることとなります。たとえば、「日本スポーツ協会公認スポーツドクター」は、5年以上の経験を持つ医師に対し、協会が講習と審査を行いスポーツドクターに認定します。他にも、整形外科医がスポーツ医学に関する講習を受けて資格を得る「日本整形外科学会認定スポーツ医」、一般人の健康維持・増進をはかるために講習を受けて認定される「日本医師会認定健康スポーツ医」があります。

スポーツドクターとしての実績が認められれば、プロスポーツの帯同ドクターとして、日本代表戦で選手のサポートを行うなど、国際的に活躍することができます。

スポーツドクターの仕事内容

  • スポーツ選手の普段の健康管理や外傷の治療、予防のアドバイスを行います
  • 怪我をしたスポーツ選手のリハビリテーションの指導を行います
  • チームドクターとして試合中の救急治療などのサポートを行います
  • 一般のスポーツ愛好家への普段の健康管理や外傷の治療、予防のアドバイスを行います
  • 競技会や学校、地域のレクリエーションのスタッフとして医事運営を担当します
  • スポーツ医科学のテーマでの研究・発表を行います
  • 特定健診や健康診断の結果をもとに行う疾病の予防や治療のための運動指導・運動療法を行います
  • 学校保健・産業医活動における運動指導や助言を行います
  • 自治体などが主催する運動に関する講演会における講師活動を行います
  • 運動療法の啓発やスポーツ大会での活動におけるコーディネーターとしての役割を果たします

スポーツドクターの業務スキル

  • スポーツ選手が怪我をしないように日常的に健康管理を行うマネジメント力
  • 選手が怪我をした際に、迅速に手当てを行い回復させる医術
  • スポーツマッサージ、テーピングなどの高度な技術
  • チームドクターとして、コーチやトレーナーと協力して選手をサポートするチームワーク力
  • スポーツ選手のメンタル面も親身になって支えることのできるフォローアップ力
  • 競技会の医事運営など多くの関係者と関わってイベントを推進する調整力
  • あたらしい知識を常に学び、診療に取り入れる向上心と応用力

スポーツドクターの専門知識

  • スポーツ医学概論
  • 神経・筋、呼吸・循環系、内分泌・代謝系の運動整理とトレーニング効果
  • 運動と栄養・食事・飲料
  • 女性と運動
  • 発育期と運動
  • 中高年者と運動
  • メンタルヘルスと運動
  • 運動のためのメディカルチェック
  • 運動と内科的障害(急性期・慢性期)
  • スポーツによる外傷と障害
  • 運動負荷試験と運動処方の基本
  • 運動療法とリハビリテーション
  • ドーピング防止
  • 障害者とスポーツ
  • 保健指導
  • スポーツ現場での応急処置
  • スポーツと環境
  • スポーツによる精神的障害
  • メンタルトレーニング
  • 筋力トレーニングの理論と実際
  • 持久性トレーニング
  • スポーツバイオメカニクス
  • アスリートの体力評価
  • スポーツによる内科的障害
  • 循環器・呼吸器・腎・肝・消化器疾患とスポーツ
  • スポーツ外傷・障害の最新情報
  • アスレティック・リハビリテーション
  • アスリートの健康管理の実態
  • ドーピング・コントロールの実際
  • 大会救護と救急医療
  • 競技と安全対策
  • テーピング・ブレース
  • スポーツと海外遠征
  • スポーツと歯科・眼科・アレルギー疾患

スポーツドクターの実務能力

  • コミュニケーション力
  • カウンセリング力
  • チームワーク力
  • 業務管理能力
  • 洞察力、察知力

スポーツドクターの基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力

スポーツドクターの働く場所

  • 病院
  • クリニック
  • スポーツクラブ
  • スポーツ団体
  • 地方自治体

スポーツドクターの作業方法とツール

  • 聴診器
  • 体温計
  • 注射器
  • ハサミ
  • パソコン
  • メール
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール

スポーツドクターの活動内容

  • スポーツ選手への健康管理、治療、予防のアドバイス
  • 怪我をしたスポーツ選手のリハビリテーション指導
  • チームドクターとしてのサポート
  • 一般のスポーツ愛好家への健康管理、治療、予防のアドバイス
  • 競技会などでの医事運営
  • スポーツ医科学分野の研究・発表
  • 疾病の予防や治療のための運動指導・運動療法
  • 学校保健・産業医活動における運動指導や助言
  • 運動に関する講演会における講師活動
  • 運動療法の啓発やスポーツ大会でのコーディネーター業務

スポーツドクターの人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 社交的で感性豊かな人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 頭の回転が速く分析力のある人

スポーツドクターの必要とされる教育レベル

  • 専門学位
  • 学士

スポーツドクターのキャリアステップ

  • 国立大学教授

スポーツドクターの給与

初任給:38万円
平均年収:1,220万円

参考:
初任給:38.43万円(企業規模計、20~24歳)
平均月給:93.69万円(企業規模計、年齢計)
平均年収:1220.46万円(賞与:96.18万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

スポーツドクターの必須資格

  • 医師免許

スポーツドクターの推奨資格

  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医

スポーツドクターの付帯条件・制限

以下の認定資格のうち最低ひとつを取得することが必要。

・日本スポーツ協会公認スポーツドクター

・日本整形外科学会認定スポーツ医

・日本医師会認定健康スポーツ医

スポーツドクターの就業者数推定

日本スポーツ協会公認スポーツドクター:約5,500人(2017年7月現在)

Indeed からの求人
リサーチャー【メディカル領域】

株式会社マクロミル - 東京都 港区 港南

ルケアネットの特徴】 ケアネット社が保有する10万人強のドクターパネルと マクロミル社が保有する20万人強の疾患パネルを... 京都、神戸、福岡など)やスポーツ施設、 レストランなどの優待...

バックオフィス統括マネージャー

株式会社スピック - 神奈川県 鎌倉市 小町

強みは、医療現場のドクターや美容関係者からの圧倒的な支持に現れています。仕事ではなく、個人的に愛用いただいているため、表に顔や名前が出ることはありませんが、スポーツ選手やタレントの...

【安定した正社員】PC作業だけじゃない一般事務(飯田橋/後楽園)

医療法人社団ビーズメディカル いわぶち歯科 - 東京都 文京区 後楽

もあり!)の女性に優しい、働きやすい職場です。 ※臨時のドクターは除いています 【しごと内容】 ≪受付業務≫ 来院者の... ボランティア休暇(災害やスポーツイベントのボランティアです...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収413万円

看護師は、病院や診療所、介護施設などに常駐し、医療チームの一員として患者の診察や治療の援助を行う仕事です。

患者さんの体調の測定や採血を行ったり、注射や点滴など患者さんに必要なケアを行い、それらの内容をカルテに記録します。
また入院患者さんに対しては、入浴介助や食事介助を行います。病院の場合には、日勤、夜勤があります。

近年、医療の専門化が進んでおり、看護師も医師や薬剤師、栄養士などとチームを組んで治療を行う「チーム医療」も進んでおり、看護師は患者さんに一番近い存在として重要な役割を担います。
ひと昔前までは「白衣の天使」と呼び女性中心の職業でしたが、近年では体力の必要な業務であるため男性の数が飛躍的に伸びています。

平均年収417万円

理学療法士とは、身体に障害がある人や高齢により身体機能の衰えた人に対して、医師の指示のもとでリハビリテーションを行い、運動能力の回復を援助する職業です。動作練習や歩行練習、あるいは温熱や電気を用いた治療を行い、「立つ」「座る」「歩く」といった日常動作が行えるようにサポートをします。

理学療法士になるには、理学療法の養成課程がある大学や短大、専門学校を修了し、国家資格である理学療法士を取得することが必要です。作業療法士の資格を保有していれば、養成課程に2年間通うことで、受験資格が得られます。

作業療法士や言語聴覚士、視能訓練士とともに、リハビリテーション専門職と称されるうちのひとつであり、高齢化が進む社会における需要はますます高まっていくでしょう。職場もこれまでの病院だけでなく、リハビリテーションセンターや老人ホーム、在宅医療現場など広がりを見せています。

平均年収417万円

作業療法士とは、身体に障害がある人や高齢により身体機能の衰えた人に対して、医師の指示のもとでリハビリテーションを行い、日常生活に必要な能力の回復を援助する職業です。手芸や工芸などのさまざまな作業を通じて心身の回復を促します。

作業療法士になるには、作業療法の養成課程がある大学や短大、専門学校を修了し、国家資格である作業療法士を取得することが必要です。理学療法士の資格を保有していれば、養成課程に2年間通うことで、受験資格が得られます。

理学療法士や言語聴覚士、視能訓練士とともに、リハビリテーション専門職と称されるうちのひとつであり、高齢化が進む社会における需要はますます高まっていくでしょう。職場も病院だけでなく、リハビリテーションセンターや老人ホーム、在宅医療現場など広がりを見せています。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。