「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 21 万円
平均年収 330 万円

フードコーディネーターとは、「食の開発」「食の演出」「食の運営」といった幅広い分野で、食に関わるビジネスをプロデュースしたりアドバイスする職業です。

レストランなどの飲食店プロデュースやメニューの開発、料理教室の運営、料理番組出演、レシピ本の出版など、実力次第で幅広い仕事を行うことができます。資格がなくても名乗ることはできますが、「フードコーディネーター」は日本フードコーディネーター協会が発行する民間資格です。幅広く専門的な分野を取り扱う職種柄、スキルの証明のためにも取得しておくと有利でしょう。

フードコーディネーターの多くはフリーランスとして働いています。そのほかにも、フードコンサルティングを専門とする企業や、スポーツ関連施設、スポーツチームに所属するなど、活躍のフィールドが幅広いだけに、自分の強みをしっかりと磨いてアピールすることが重要になってきます。

フードコーディネーターの仕事内容

  • 新しいオリジナルレシピを開発します
  • 食材の仕入れと整理をします
  • 料理の撮影に向けた準備をします
  • 自ら調理をして料理を作ります
  • 飲食店向けにレシピや調理器具、キッチンコーディネートなどのプロデュースを行います
  • 料理教室を運営します
  • レシピ本の出版をします
  • 料理雑誌にコラムを執筆します
  • 料理番組のために調理をしたり、料理のスタイリングをしたり、自ら出演したりします
  • 料理のイベントで講演を行います

フードコーディネーターの業務スキル

  • 思い描いたレシピをかたちにする調理スキル
  • 飲食店プロデュース能力
  • 自らのレシピを世の中に広める情報発信力
  • フードビジネスを創造し、貢献するための企画力
  • 磨き上げた自分の強みをアピールするマーケティング力
  • さまざまな関係者とひとつのものを作り上げるためのコミュニケーション力
  • 食に関連する幅広い知識と説得力
  • 新しい知識を自ら学び、取り入れる向上心と応用力

フードコーディネーターの専門知識

  • 料理に関する幅広い知識
  • レストランプロデュース
  • 商品開発
  • イベント・メディア
  • 食の生産・流通・消費
  • ホスピタリティ&ライフサポート
  • 文化
  • 科学
  • デザイン・アート
  • 経済・経営

フードコーディネーターの実務能力

  • プレゼンテーション力
  • マーケティング力
  • コミュニケーション力
  • ディレクション力
  • 創造力

フードコーディネーターの基礎能力TOP3

  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力

フードコーディネーターの働く場所

  • 食品メーカー
  • 飲料メーカー
  • 飲食店
  • テレビ局
  • 出版社
  • 料理教室
  • 個人事務所
  • 自宅

フードコーディネーターの作業方法とツール

  • デジタルカメラ
  • 三脚
  • 照明
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • スケッチブック
  • パソコン
  • メール
  • Microsoft Office
  • グラフィックソフト
  • 調理機器
  • 食器

フードコーディネーターの活動内容

  • レシピ開発
  • 調理
  • 料理のスタイリング
  • 飲食店プロデュース
  • 料理教室運営
  • 執筆活動
  • テレビ出演
  • イベント講演
  • 食品関連企業アドバイス
  • 飲食店マネジメント
  • 経営コンサルティング

フードコーディネーターの人間性

  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
  • 好奇心旺盛で明るく活動的な人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

フードコーディネーターのキャリアステップ

  • 管理栄養士
  • 調理師
  • 料理人
  • コラムニスト
  • 料理研究家

フードコーディネーターの給与

初任給:21万円
平均年収:330万円

参考:
初任給:21.41万円(企業規模10人以上、20~24歳)
平均:24.83万円(個人教師の年収から推計)
平均年収:330.04万円

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

フードコーディネーターの必須資格

  • フードコーディネーター

フードコーディネーターの推奨資格

  • 調理師免許
  • 栄養士
  • 管理栄養士
  • 製菓衛生師
  • 栄養教諭免許
  • 食品衛生責任者

フードコーディネーターの付帯条件・制限

■フードコーディネーター3級

・中学校卒業以上

■フードコーディネーター2級

・フードコーディネーター3級資格認定登録者

・2017年度までの2級1次試験合格者および2018年度の2級試験合格者および他分野合格者

■フードコーディネーター1級

・フードコーディネーター2級資格認定登録者(取得分野に限る)

フードコーディネーターの就業者数推定

フードコーディネーター資格認定試験合格者 1級~3級累計:30,370人(2018年度)

・特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会
https://www.fcaj.or.jp/
Indeed からの求人
ショールームスタッフ/販売・サービス系(ファッション、フード、小売)

マナトレーディング株式会社 - 東京都 23区

ムを訪れるのは、建物の建築に携わる設計士やインテリアコーディネーターなど、インテリアに関して深い知識を持っている方がほと... お客様?》 インテリアコーディネーターや設計士、インテリアデ...

ショールームスタッフ/販売・サービス系(ファッション、フード、小売)

マナトレーディング株式会社 - 愛知県 名古屋市

ムを訪れるのは、建物の建築に携わる設計士やインテリアコーディネーターなど、インテリアに関して深い知識を持っている方がほと... お客様?》 インテリアコーディネーターや設計士、インテリアデ...

フード コーディネーター募集(ケータリング)

株式会社 プラチナスタイル - 東京都 大田区 大森北

2020年02月12日 フードコーディネーター募集(ケータ... あり 職種 テーブル・フードコーディネーター 経験 / 未経験 【業界経験者大歓迎!】 テーブルコーディネート・フード...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収274万円

料理研究家とは、料理について研究し、新しいレシピを生み出したり、世の中に情報発信したりする職業です。

お客さんに料理を提供することを仕事としている料理人とは違い、料理教室で生徒に教えたり、レシピ本を出版したりすることが主な仕事です。人気が出ると、テレビの料理番組に出演したり、料理雑誌で特集が組まれたりすることもあります。ブログやインスタグラムなどでレシピを公開して情報発信を行うことも一般的になってきました。

最近では、ローカーボ(低糖質)専門の料理研究家や、オリジナルで制作した健康食品を販売している料理研究家もいます。

平均年収987万円

テレビプロデューサーとは、テレビ番組制作の予算やスタッフ、キャスティングなどを管理し、制作全体を統括する総責任者です。

現場の責任者であるTVディレクターとは違い、基本的にデスクワークの多い仕事ですが、現場に立ち会うこともあります。複数の番組を同時に抱えているため、スケジュール管理も大事な役目です。他にも重要な仕事ととして企画立案があります。時代のニーズをとらえて、視聴率を稼げる企画を提案し、番組枠を勝ち取ります。

テレビプロデューサーになるには、テレビ局や制作会社に入社して、AD(アシスタントディレクター)やAP(アシスタントプロデューサー)から始めることが一般的です。最近では、テレビと映画の垣根が低くなってきているので、映画製作に携わることもできる職業です。

平均年収465万円

カメラマンとは、新聞社や出版社、広告代理店、WEBメディアなどから依頼を受けて、主に商業用の写真を撮る職業です。動画カメラマンと区別するために、”フォトグラファー”とも呼ばれます。

多くのカメラマンが自身の専門分野を持っており、新聞などに載る報道写真やポスターなどの広告用の写真、スポーツ選手の一瞬の動きを捉えるスポーツ写真、風景写真、動物写真など、さまざまな分野で活躍することができます。

なかには、戦場の様子を世界に伝えることを専門にしている戦場カメラマンなどもおり、優れた報道に贈られる米国のピューリッツァー賞を獲得している日本人戦場カメラマンもいます。

平均年収409万円

料理人とは、レストランやホテル、居酒屋などで食材を調理し、お客様に料理を提供する職業です。仕事内容は調理だけでなく、食材の仕入れや仕込み、メニュー開発など多岐にわたります。

日本料理の場合は板前、西洋料理の場合はコックやシェフと呼ばれます。とくにシェフと呼ばれる場合は、ただの料理人ではなく、コックをまとめる”総料理長”を意味します。そのため、シェフの仕事にはスタッフや料理のクオリティのマネジメントも含まれます。

料理人になるには、調理師の専門学校に通ったり、飲食店で下積みをして技術を身につけたりする方法があります。最近では、料理に関することだけでなく、売上や原価計算などの経営感覚を持った料理人が求められています。

平均年収706万円

食品メーカー研究職は、原料を食品に加工する食品メーカーで、新商品や食品素材の開発・研究を行う職業です。健康志向の高まりを受けて、各メーカーが得意とする食品開発技術を応用し、健康食品や機能性食品、美容関連食品、サプリメント、医薬品など、より付加価値の高い商品を開発しています。

食品メーカーの研究開発は大きく、【基礎研究】【応用研究】【開発研究】の3つに分かれます。基礎研究では新素材の研究開発を行い、応用研究では新たに開発された素材を商品に応用できるかどうかを研究します。そして、開発研究では、基礎・応用研究で得た知識をもとに、実際に新商品の開発を行います。食品メーカー研究職は、これらの研究開発全てに関わります。

大学などの研究機関で勤務する研究職とは違い、最終的には商品化がミッションであるため、商品開発を見据えた研究活動が行われています。また食品を扱うことから衛生管理やアレルギー対策、栄養バランス、美味しさ、香り、消費期限、食品添加物などへの配慮も欠かせません。

平均年収706万円

飲料商品開発は、飲料メーカーで新商品や原料の開発を行う仕事です。各メーカーが得意とする飲料製品の開発技術を応用し、お茶やアルコール飲料、清涼飲料、コーヒー飲料、乳酸菌飲料、炭酸飲料、果実飲料、スポーツドリンクなどの開発を行います。

研究開発だけでなく、世の中のトレンドや消費者ニーズのリサーチと分析をするのも、飲料商品開発者の仕事です。時代のニーズをくみ取り、新しい価値を持った飲料商品の開発が、日々行われています。

例えば、2019年3月11日に江崎グリコが全国販売を開始した、日本初の乳児用液体ミルク「アイクレオ赤ちゃんミルク」は、これまでの「乳性飲料」カテゴリではなく、「乳児用ミルク」として初めて厚生労働省に認可されたことで話題となりました。

平均年収816万円

テレビディレクターとは、テレビ番組の制作現場における企画・編集責任者です。

企画の立案から台本作成、出演者のキャスティング、番組の演出、編集指示まで、テレビ番組の制作現場を統括するポジションです。予算やスケジュール、コンプライアンスなどを管理するプロデューサーとは異なり、番組のクオリティに責任を負います。番組が面白いものになるかどうかは、テレビディレクターの腕にかかっています。

最近ではテレビディレクターが直接番組に出演するケースも多く、とくにバラエティ番組では、体当たりのロケを行い爆発的な人気が出るディレクターもいます。

平均年収816万円

編集者は、本や雑誌を出版する際に、企画や構成、記事の編集など、出版物ができ上がるまでの過程すべてに携わる仕事です。

作家やライター、デザイナー、カメラマンなどと共に企画を検討し、企画実現に必要な体制の編成や、作成された原稿や制作物の品質の確認、修正依頼などの業務を行います。紙媒体の場合は、制作物を印刷所に納品し、印刷物に問題がないかチェックを行い、出版や掲載までの全ての工程を管理します。

最近ではWebメディアの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。

現在作成しております。しばらくお待ちください。