「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 22 万円
平均年収 679 万円

イラストレーターとは、ゲームのキャラクターや本のカバー、挿絵、Webサイトのイメージ、アイコンなど、さまざまなイラストを作成する職業です。

手書き、またはグラフィックソフトを使用して作品を制作します。独自のタッチやセンスは求められますが、イラストを使用する商品のコンセプトや依頼者の要望を把握し、ニーズに合った表現をする能力が求められます。

最近では、ソーシャルゲームやカードゲームなど、多数のキャラクターやアイテムを使用するサービスが多くなったことで、イラストレーターの需要も増加しています。作品をSNSで紹介して仕事の受注に繋げるなど、フリーランスで活躍するイラストレーターも増えています。

イラストレーターの仕事内容

  • 商品やサービスのコンセプトや依頼者の要望を把握し、イラストのサンプルを作成し提案します。
  • 依頼者より提出される指示書をもとに、ラフ制作(一本線にする前のスケッチ)、線画制作(ラフから一本線にする)、着色(色を塗っていく)、仕上げ(色やバランス調整)を行い完成させます。
  • 各工程では依頼者に適宜確認を行い、内容に齟齬がないか確認をしながら制作を進めます。
  • オンラインで作品を販売する場合、WEBサイトやアプリに作品の登録をします。
  • プローモーション活動として、SNSやブログなどにオリジナル作品や依頼者から許可を得た作品などを掲載し、自身のファンを獲得する活動を行います。

イラストレーターの業務スキル

  • デッサン
  • 構図
  • 色彩
  • 配色
  • 表現
  • グラフィックソフトの操作(Illustrator、Photoshop)
  • イラストの企画・提案

イラストレーターの専門知識

  • デザイン全般の知識
  • イラストをするプロダクトの知識
  • 印刷知識
  • デジタル知識
  • カラーコーディネート

イラストレーターの実務能力

  • 表現力
  • 傾聴力
  • 情況把握力
  • 想像力
  • 集中力
  • デッサン力

イラストレーターの基礎能力TOP3

  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • 創造力:新しい価値を生み出す力

イラストレーターの働く場所

  • 広告代理店
  • 出版社
  • デザイン事務所
  • 印刷会社
  • WEB制作会社
  • 個人事務所

イラストレーターの作業方法とツール

  • タブレット端末
  • パソコン
  • 画材
  • Photoshop
  • Illustrator
  • 筆記用具
  • スケッチブック
  • メール

イラストレーターの活動内容

  • ヒアリング
  • サンプル作成
  • イラスト作成
  • 修正
  • 納品
  • 販売
  • プロモーション

イラストレーターの人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
  • 強い意志で理想を実現する人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人

イラストレーターのキャリアステップ

  • アートディレクター
  • グラフィックデザイナー
  • クリエイティブディレクター

イラストレーターの給与

初任給:22万円
平均年収:679万円

参考:
初任給:22.1万円(企業規模計、20~24歳)
平均月給:40.34万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収:679.19万円(賞与:110.51万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

イラストレーターの推奨資格

  • 色彩検定
  • カラーコーディネート検定試験
  • アドビ認定エキスパート
  • Photoshopクリエイター能力認定試験
  • Illustratorクリエイター能力認定試験
  • CGクリエイター検定

イラストレーターの付帯条件・制限

なし

イラストレーターの就業者数推定

3,000~5,000人

Indeed からの求人
POPライター

MEGAドン・キホーテ_渋谷本店 - 東京都 渋谷区 渋谷駅

ターはドンキで人気の職種!イラストや文字を駆使してドンキ流の... を教えてくれるので、 焦らず覚えていきましょう。普段からイラストを書いたりするの が好きな方ならすぐ上達!ドンキ文字はコ...

イラストレーター

株式会社ジェーピーツーワン - 静岡県 三島市 一番町

歓迎する経験・スキル Photoshop、Illustratorを使用したイラスト制作実務経験 マンガ制作経験 LINEスタンプ販売経験 勤務時間 8:30~17:30 給与...

コンテライター&イラストレーター

有限会社イラストレーターズモコ - 東京都 港区 赤坂

制作においての絵コンテ制作 2.広告用・印刷物のイラストレーション制作 採用資格条件: 1.絵(デッサン、イラストなど)を描ける方 2.PhotoshopやIllustrator...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収465万円

カメラマンとは、新聞社や出版社、広告代理店、WEBメディアなどから依頼を受けて、主に商業用の写真を撮る職業です。動画カメラマンと区別するために、”フォトグラファー”とも呼ばれます。

多くのカメラマンが自身の専門分野を持っており、新聞などに載る報道写真やポスターなどの広告用の写真、スポーツ選手の一瞬の動きを捉えるスポーツ写真、風景写真、動物写真など、さまざまな分野で活躍することができます。

なかには、戦場の様子を世界に伝えることを専門にしている戦場カメラマンなどもおり、優れた報道に贈られる米国のピューリッツァー賞を獲得している日本人戦場カメラマンもいます。

平均年収679万円

WEBディレクターは、WEBコンテンツの制作や運用現場における、クリエイターチームの総監督です。

WEBコンテンツの制作には、社内外のデザイナーやシスエムエンジニア、プログラマー、コーダー、ライターなど、複数人の専門クリエイターが関わります。WEBディレクターの仕事内容は、チームのまとめ役として、各担当者に指示を出したり、制作工程の進捗状況やコンテンツの品質を管理したりすることです。トラブルが起きた際には解決に向けてさまざまな調整を行い、プロジェクト進行管理の指揮をとるのも主な仕事です。

プロジェクト全体を統括するWEBプロデューサーや、依頼者との打ち合わせや企画提案を行うWEBプランナーと兼務することもあります。業界や企業、プロジェクト案件、職場環境によって、WEBディレクターに求められる役割は大きく異なります。そのため、全体を俯瞰できる視点やさまざまな専門分野を概括できる技術的な知識、ビジネス経験、高いコミュニケーション能力など、幅広いスキルが求められます。

平均年収679万円

Webデザイナーは、WebメディアやECサイト、アプリなどのページのデザインやコーディングを行う職業です。

ディレクターが作成したサイトマップやワイヤーフレームを確認しながら、依頼者のイメージや目的に合ったデザインを作成します。デザインだけでなく、実際にWebサイトを表示するためのコーディングも行います。さらに、システムエンジニアやプログラマーと協力しながらWebサイトやアプリを完成させます。

最近では、CMSやクラウドサービスなどによりWEBサイトの立ち上げが容易になっており、デザインセンスもさることながら、UI(ユーザーインターフェイス)やUX(ユーザーエクスペリエンス)を考慮したユーザービリティの高いデザインが求められています。

平均年収816万円

編集者は、本や雑誌を出版する際に、企画や構成、記事の編集など、出版物ができ上がるまでの過程すべてに携わる仕事です。

作家やライター、デザイナー、カメラマンなどと共に企画を検討し、企画実現に必要な体制の編成や、作成された原稿や制作物の品質の確認、修正依頼などの業務を行います。紙媒体の場合は、制作物を印刷所に納品し、印刷物に問題がないかチェックを行い、出版や掲載までの全ての工程を管理します。

最近ではWebメディアの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。

平均年収679万円

クリエイティブディレクターとは、広告物の企画から制作など全ての業務における総責任者です。

依頼者のクリエイティブに対する要望や意図を把握し、企画を立案します。企画が決定したら専門のクリエイティブチームを編成し、制作物の質を担保しつつ、期日までに滞りなく制作物が完成するよう、プロジェクトをマネジメントします。

個性的なクリエイターをまとめるため、デザインに関する幅広い知見と全体を見渡せる視点、リーダーシップを発揮できるだけの豊富な知識が必要です。最近では、経営にもデザイン思考を取り入れるようになってきており、クリエイティブだけでなく、さまざまな事業経営にも活躍の場が広がっています。