「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給30万円 平均年収772万円

弁護士とは、依頼者の抱えるトラブルを法律を用いて解決する、法律事務の専門家です。

仕事内容は、まず金銭トラブルや離婚、相続をめぐる争いなどの民事事件の代理人業務があります。次に、窃盗や傷害、殺人などの刑事事件の弁護人業務です。他にも、企業に対して契約や知的財産権、M&Aなどのサポートを行うビジネスサポートの仕事もあります。

弁護士になるには、大学卒業後、法科大学院(ロースクール)に進むのが一般的です。法科大学院を修了すると、司法試験の受験資格が与えられます。司法試験に合格後、約1年間の司法修習を経て、司法修習考試という試験に合格することで、晴れて弁護士となることができます。

弁護士の仕事内容

  • 依頼者の法律相談に応じます。
  • 法律相談に関わる書面を作成します。
  • 民事事件の相手方の代理人と和解や示談の交渉を行います。
  • 民事裁判に出ます。
  • 刑事事件では被疑者や被告人に接見します。
  • 刑事裁判で弁護を行います。
  • 企業に対して、契約書のチェックや作成の代行をします。
  • 企業に対して、法律面での助言を行います。

弁護士の業務スキル

  • 依頼者の悩みを聞き出す傾聴力
  • 法的なアドバイスをわかりやすく伝える説明力
  • 法律事務を効率よくこなす事務処理能力
  • 民事事件で裁判前に落としどころを探る交渉力
  • 刑事事件で依頼人に有利な証拠を集める情報収集力
  • 裁判所で弁護を行うための弁論力
  • 裁判官や裁判員を納得させるための論理を組み立てる論理的思考力

弁護士の専門知識

  • 憲法
  • 行政法
  • 民法
  • 商法
  • 民事訴訟法
  • 刑法
  • 刑事訴訟法
  • 判例

弁護士の実務能力

  • 傾聴力
  • 交渉力
  • 論理的思考力
  • 事務処理能力
  • コミュニケーション力

弁護士の基礎能力TOP3

  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

弁護士の働く場所

  • 弁護士事務所
  • 大学
  • 法科大学院
  • 一般企業
  • 官公庁
  • 個人事務所

弁護士の作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • スマートフォン
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • タブレット端末
  • レコーダー
  • 印鑑
  • 契約書
  • ファイル
  • 複合機
  • スキャナー
  • 六法全書
  • 判例ソフト

弁護士の活動内容

  • 法律相談
  • 法律書面作成
  • 和解・示談交渉
  • 民事裁判
  • 接見
  • 刑事裁判
  • 契約書のチェック・作成
  • 企業への法的な助言

弁護士の人間性

  • 正義感が強く行動力がある人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 相手を思いやり献身的に尽くす人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

弁護士の必要とされる教育レベル

  • 専門学位
  • 学士

弁護士のキャリアステップ

  • 国立大学教授
  • 法務

弁護士の給与

初任給:30万円
平均年収:772万円

参考:
初任給:30万円(企業規模計、25~29歳)
平均:51.11万円(10人以上、年齢計)
平均年収:772.84万円(賞与:159.52万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

弁護士の必須資格

  • 司法試験

弁護士の就業者数推定

40,066人(2018年)

Indeed からの求人
弁護士(66期-69期)

第一芙蓉法律事務所 - 東京都 千代田区 霞が関

弁護士募集について 当事務所は、66期から69期までの経験弁護士を募集しております。面接をご希望される方は、履歴書... 階 第一芙蓉法律事務所 弁護士採用担当者 弁護士 古賀桃子

弁護士秘書

弁護士法人心 名古屋駅法律事務所 - 愛知県 名古屋市 中村区 椿町

土日※月に数回程度,土日出社あり。出社分は,平日に振替休日を取得),国民の休日,その他夏休み等 仕事内容 弁護士のスケジュール調整 依頼者の電話対応 各種書類の作成 会議の準備

弁護士秘書

シティユーワ法律事務所 - 東京都 千代田区 丸の内

募集要項 弁護士秘書 弁護士がスムーズに執務できるようサポートを行います。 業務内容は電話対応、スケジュール管理、クライアント対応、請求書作成といった秘書業務に加えて、担当する弁護士...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収1,159万円

私立大学教員とは、学校教育法で定められた学校法人に所属する教授や准教授、講師、助教、ポストドクター(ポスドク)などを指します。自然科学系や人文社会系など各専門分野に関する研究・教育活動を行います。

私立学校は、国公立とは違い私人等の寄附によって設立された法人であるため、独自の教育理念に則って運営されています。しかし、公教育の一翼を担っている点で「公の性質」を有するため、国の法令に基づき交付された私学助成の配分を受けて活動を行っています。

私立大学の教授として有名になると、国立大学教授よりも高い収入を得ることも可能です。また、なかには企業の顧問や社外役員といった兼業を行っている教員もいます。

平均年収917万円

国立大学准教授とは、学校教育法で定められた国立大学法人に所属し、自然科学系や人文社会系など、各専門分野に関する教育と研究を行う職業です。研究室を主宰する教授と連携しながら、独自の研究活動と、実質的な研究室運営に携わります。

公募情報は各大学の公式ウェブサイトやJREC-IN Portalなどの研究人材向けポータルサイトなどに掲載され、各機関の部局単位で置かれる教授会での審議などを経て採用が決まります。

かつては助教授と呼ばれていましたが、2007年4月の改正学校教育法施行に伴い、准教授に名称が変わりました。

平均年収1,159万円

国立大学教授とは、学校教育法で定められた国立大学法人に所属し、自然科学系や人文社会系など、各専門分野に関する教育と研究を行う職業です。他にも入試委員や公開講座講師など、さまざまな活動を通じて大学の運営に携わります。

国立大学教授は国立大学法人の職員という立場なので、公務員ではありません。しかし、公共性の高い職種であることから、「みなし公務員」として、公務員と同じような待遇を受けられます。

知を愛し、学問を深く希求する哲人の姿になぞらえて、自らをアカデミアと称することがあります。これは紀元387年頃、哲学者プラトンが創設した学園名に由来します。

平均年収673万円

裁判所事務官とは、裁判事務の効率的な運用を図るため、裁判部門の事務や司法行政に関わる事務を担当する職業です。裁判所には裁判部門だけでなく、事務局(総務課・人事課・会計課など)業務を行う司法行政部門も設置されており、裁判所事務官は両部門の事務全般をサポートします。

裁判所事務官として一定期間在職すると、裁判所書記官となるための養成所に入る試験を受験する資格を得ます。裁判所書記官が立ち会わないと、法廷を開くことができないので、裁判所書記官は、どの裁判所にも配置されています。

また、裁判所事務官は10年以上職務に従事し法務大臣の認定を受ければ、司法書士の資格を取得することができます。そのため、退職後、司法書士として独立開業という道も開かれています。

平均年収671万円

検察事務官とは、検察官の指揮を受けて犯罪の捜査に関わるサポートを行うほか、総務・会計などの事務仕事を担う職業です。

被疑者の取調べや逮捕状による逮捕、緊急逮捕とこれに伴う逮捕状の請求、差押え・捜索・検証または身体検査の令状請求とその執行など、検察官をサポートするために必要なさまざまな職務権限が与えられています。

検察事務官として経験を積み重ね、一定の受験資格基準に達した後、昇進試験に合格すると、副検事や検事(検察官)へとキャリアアップすることも可能です。

平均年収470万円

裁判官は、法曹三者(裁判官,検察官,弁護士)に属し、権力から独立し中立的な立場で、裁判を経て、判決・決定を言い渡す仕事です。

裁判には大きく分けて「民事裁判」と「刑事裁判」があり、裁判官は事前に提出された資料を読み込んでから裁判に臨みます。
裁判においては当事者や弁護士、検察官、証人などの話を聞き、判決を言い渡します。
逮捕状や捜索差押令状を発布するのも裁判官の役割です。

裁判官の判決は人生を左右する重大なものであり、また判例として後の裁判にも影響を与えるものであるため、大きな責任が伴います。

検察官は、法曹三者(裁判官,検察官,弁護士)に属し、犯罪の起訴をする権限を持ちます。起訴の判断から刑執行の指揮・監督までを行う仕事です。

事件の捜査、検討を重ね、起訴・不起訴を判断します。被疑者を起訴する必要がある場合は公訴し、裁判所で冒頭陳述・証拠提・証人喚問を行い、求刑を行います。有罪が確定したら、法の執行までを指揮・監督します。

国際化が進む現代では、国境を超えた犯罪も増えています。そのため検察官には、語学理解など国際犯罪にも立ち向かうことのできる能力が求められています。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収707万円

警察官は、治安を守るために個人の生命や財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う職業です。

警察官になるには、警察官採用試験に合格することが必要です。警察庁の警察官になるには国家公務員試験を、都道府県警察の場合は各都道府県が実施する公務員試験を受験します。警察官に採用された後は、全員が剣道や柔道の初段以上の資格や普通二輪免許、無線免許を取得することになります。

近年、犯罪捜査に用いられる手法は高度化しており、IT知識に長けたサイバー犯罪対策スタッフなど専門警察官を求めて理系人材を積極的に採用する動きがあります。また、外国人就労者や観光客の増加に伴い、語学力や国際感覚にすぐれた人材のニーズも高くなっています。

平均年収957万円

経営コンサルタントとは、企業の経営戦略や人事戦略の策定、M&A(企業の合併と買収)などの支援を行う職業です。

経営改善や事業立案、企業の買収など、コンサルティング分野は多岐にわたります。経営状態を把握し、問題点を調査・分析することで原因を追究し、解決を提案します。また、企業向けに経営セミナーを行ったり、従業員の能力開発セミナーの講師を務めたりすることもあります。

コンサルティングファームに所属したり、個人で活動したりと、業務形態はさまざまです。経営コンサルタントになるための資格はなく、中小企業診断士の資格やMBA(経営学修士号)の学位を取得することで基礎的なスキルの証明としている傾向があります。