「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 20 万円
平均年収 344 万円

屏風職人とは、ホテルや旅館、結婚式場などから依頼を受けて屏風を作る職業です。伝統工芸品の一つに数えられる屏風ですが、人数は少ないものの、現在でも屏風一筋の職人が全国にいます。

基本的には和装の結婚式やホテル・旅館に飾る屏風の受注生産をしますが、個人の依頼者からオリジナル制作を依頼されたり、屏風作りの体験教室を開催したりすることもあります。近年は外国人観光客が増えている影響で、海外からも屏風が注目されています。

古くは奈良時代から続く日本の屏風作りですが、最近ではアニメのキャラクターを印刷した屏風が作られるなど、伝統と革新が融合した新たな作品が作られています。

屏風職人の仕事内容

  • 依頼者の要望をヒアリングします。
  • 屏風絵を選びます。
  • 木枠を作ります。
  • 和紙でできた羽根を木枠に貼る蝶番を行います。
  • 蝶番をつけた枠に基礎となる紙を貼る下貼りを行います。
  • 枠同士を組み合わせます。
  • 本紙貼りを行います。
  • 裁断した布地を裏面に貼る裏紙を行います。
  • 本紙の四方にへりを付けます。
  • 椽を枠の上下左右に打ち付けます。
  • 椽の上に金具を付けます。
  • 完成した屏風を梱包し出荷します。
  • 古くなった屏風の修理・修復を行います。
  • 体験教室で生徒に屏風作りを教えます。
  • 後輩職人の指導をし、技を伝えます。

屏風職人の業務スキル

  • 依頼者のニーズをくみ取り形にする力
  • 屏風作りという伝統的な技術
  • 天候や気温、湿度によって糊の水分量を調節する技術
  • 木材から木枠を作る技術
  • 繊細な和紙を取り扱う技術
  • しわにならないように紙を貼り付ける技術

屏風職人の専門知識

  • 屏風全般の知識
  • 伝統工芸に関する知識
  • 木材の知識
  • 糊の知識
  • 和紙の知識

屏風職人の実務能力

  • 集中力
  • 体力
  • 根気
  • 審美眼
  • 手先の器用さ
  • きめ細やかさ

屏風職人の基礎能力TOP3

  • 創造力:新しい価値を生み出す力
  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力

屏風職人の働く場所

  • 屏風店
  • 屏風工房
  • 表具店
  • 体験教室

屏風職人の作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • ノート
  • 筆記用具

屏風職人の活動内容

  • 打ち合わせ
  • 木枠づくり
  • 蝶番
  • 骨縛り(下貼り)
  • みの貼り(下貼り)
  • みのおさえ(下貼り)
  • 組み合わせ
  • 本紙貼り
  • 裏紙
  • へり
  • 椽打ち(仕上げ)
  • 金具打ち(仕上げ)
  • 梱包・出荷
  • 修理・修復
  • 体験教室開催

屏風職人の人間性

  • 強い意志で理想を実現する人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人

屏風職人の給与

初任給:20万円
平均年収:344万円

参考:
初任給:20.23万円(企業規模計、20~24歳)
平均:25.69万円(10人以上、年齢計)
平均年収:344.32万円(賞与:36.04万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収294万円

旅館の女将は、旅館の現場責任者として仲居や板前などの従業員を統括し、全体を俯瞰しながら経営および運営管理を行う職業です。

四季折々の風情をたたえる日本庭園、”おもてなし”が行き届いたサービスの数々。老舗旅館には、館内装飾から食事の味付けまで細やかな気配りができる女将の存在が欠かせません。伝統美を重んじつつも、客室や露店風呂などの大規模修繕を行い、機能性を高める努力をしています。近年では海外からのゲストが増加傾向にあります。

なお、旅館は家族経営が多く、男性の経営者は「(若)旦那」、女性は「(若)女将」と呼ばれます。

平均年収400万円

ホテル支配人とは、ホテル経営の現場責任者として各部門のスタッフを統括し、全体を俯瞰しながらホテル運営を管理する職業です。大規模ホテルでは宿泊部門や料飲部門、宴会部門、調理部門など、各部門に支配人が配され、全部門の統括者を総支配人と呼ぶこともあります。

客室などの稼働率を上げるため、さまざまな営業戦略やイベント案を吟味し、ゲストの満足度を高めながらも利益を出せる仕組みを常に模索しています。

通常、ホテル支配人になるには、ホテルマンとしての経験が求められます。しかし、大手チェーンホテルなどでは、ホテル業務未経験の夫婦が支配人・副支配人としてホテル運営を手掛けることもあります。業界ノウハウやホテル経営を一から学びながら、独立・開業を目指す道として注目されています。

平均年収370万円

ブライダルコーディネーターとは、顧客の理想とする結婚式や披露宴を実現するため、内外の専門スタッフを取りまとめ、婚礼をマネジメントする職業です。ウエディングプランナーと呼ばれることもあります。

伝統的な神前式やキリスト教式だけでなく、海外でのゲストハウスウェディングのような人前式など、挙式・披露宴スタイルは多様化しています。顧客の予算やスケジュールに応じてブライダル市場のトレンドを取り入れながら、顧客の希望に合ったブライダルをコーディネートします。

さまざまな形の人生の慶事に立ち合い、多くの笑顔や嬉し涙を前に、繁忙期の苦労も忘れるほど大きなやりがいを感じられる仕事です。

平均年収370万円

ウェディングプランナーとは、新郎新婦の理想とする結婚式や披露宴を実現するため、専門スタッフを取りまとめ、婚礼をマネジメントする仕事です。新規顧客の成約までを担当する営業が仕事内容に含まれる場合もあります。

伝統的な神前式やキリスト教式だけでなく、海外でのゲストハウスウェディングのような人前式など、挙式や披露宴スタイルの形態が多様化しています。顧客の予算やスケジュールに応じてブライダル市場のトレンドも取り入れながら、顧客の希望に合ったブライダルをコーディネートします。

様々な形の人生の慶事に立ち合い、多くの笑顔や嬉し涙を前に、繁忙期の苦労も忘れるほど大きなやりがいを感じられる仕事です。

平均年収199万円

地域おこし協力隊は、総務省が2009年度に創設した、地方の活性化を目指す制度です。隊員は、都市部から人口減少や高齢化が著しい地方の過疎地へ移住してきた人で、地方自治体から給料をもらいながら地域協力活動を行います。

活動期間は概ね1~3年で、自治体の非常勤職員として、地域ブランド化や地場産品のプロモーション、都市住民の移住支援、農林水産業への従事など、さまざまな活動に従事し定住を検討します。隊員が起業をする場合は、起業支援補助金が交付されることもあります。

都市部から入ってきた新たな活力が地域に暮らす住民たちを刺激し、隊員自身も豊かな自然と温かい人々に囲まれて暮らすことで、真の”地域興し”が期待されています。

平均年収679万円

インテリアコーディネーターとは、依頼者の好みやライフスタイルに合った室内空間をコーディネートする職業です。

見た目やデザインだけでなく、実際の生活や使用シーンをイメージし、機能性も兼ね備えた家具や調度品を選定していきます。インテリアの仕入れから搬入、セッティング、納品後のメンテナンスなど、アフターフォローまで行います。顧客の幅広い要望に応えるため、日頃から住宅やインテリアに関する知識を深めていく必要があります。

最近では、3Dソフトを活用することにより、バーチャル空間の中で、インテリアを実際の部屋に合わせて立体的に配置することができるようになり、顧客に最適な提案が可能となってきています。