「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

初任給22万円 平均年収369万円

キャンドルアーティストとは、オリジナルキャンドルの制作やデザインを行う職業です。

ただ作って終わりではなく、制作した作品をネットショップやインテリア雑貨店で販売して収入を得ます。人気が出てくれば、イベントへの出演依頼やキャンドル教室の講師を依頼されることもあります。将来的には自らのサロンを開くこともできる、華やかで夢のある仕事です。

キャンドルアーティストになるには資格取得は必須ではありませんが、「社団法人日本キャンドル協会(JCA)」が発行している認定資格などを取得していると、専門家としての信用が高くなります。

業務内容

  • オリジナルキャンドルのデザインを行います。
  • オリジナルキャンドルを制作します。
  • 制作した作品をネットショップに掲載したり、インテリア雑貨ショップに持ち込みます。
  • キャンドル教室で講師をします。
  • イベントへ出演して講演を行います。
  • キャンドル教室やサロンを運営します。
  • 材料の仕入れや管理を行います。
  • 作品を綺麗いディスプレイします。
  • SNSやブログに作品を掲載し、方法発信・告知を行います。

業務スキル

  • 華やかで人々に癒しを与えられるキャンドルを作るデザイン力
  • 作品の色彩やディスプレイをコーディネートするスキル
  • 安全に火器を取り扱う注意力
  • 自らの作品を売り込む営業力
  • キャンドル制作を丁寧に生徒に教える指導力
  • イベントでの講演を行うトーク力
  • 教室やサロンを運営する経営力

専門知識

  • キャンドル制作に関する知識
  • ワックスに関する知識
  • モールドに関する知識
  • 顔料・染料に関する知識
  • アロマ・香料に関する知識
  • インテリアコーディネート
  • カラーコーディネート
  • マーケティング
  • 商品管理

実務能力

  • 審美眼
  • 手先の器用さ
  • きめ細やかさ
  • 指導力
  • コミュニケーション力

基礎能力TOP3

  • 創造力:新しい価値を生み出す力
  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

働く場所

  • キャンドルショップ
  • キャンドル教室・サロン
  • インテリア雑貨ショップ
  • 個人のアトリエ
  • ワークショップ

作業方法とツール

  • パソコン
  • ノート
  • 筆記用具
  • スケッチブック
  • スマートフォン
  • SNS
  • ブログ

活動内容

  • キャンドルの制作・デザイン
  • 作品の営業・販売
  • キャンドル教室での生徒への指導
  • イベントでの講演
  • キャンドル教室・サロンの運営
  • SNSやブログでの情報発信

人間性

  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 社交的で感性豊かな人

給与

初任給:22万円
平均年収:369万円

参考:
初任給:22.74万円(企業規模計、20~24歳)
平均:27.46万円(10人以上、年齢計)
平均年収369.73万円(賞与:40.21万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

推奨資格

  • インテリアコーディネーター
  • カラーコーディネーター
Indeed からの求人
その他法人営業

株式会社明来エンタープライズ - 東京都 港区

セプト&デザイン」も担当しています。 •同社の魅力 ・キャンドルサービス一辺倒の文化を変えた光の演出「フェアリーイリュ... 販売レンタル、施行運営、アーティスト・パフォーマー派遣、音響...

その他法人営業

株式会社明来エンタープライズ - 大阪府 大阪市 北区

セプト&デザイン」も担当しています。 •同社の魅力 ・キャンドルサービス一辺倒の文化を変えた光の演出「フェアリーイリュ... 販売レンタル、施行運営、アーティスト・パフォーマー派遣、音響...

キッチンスタッフ

NicolaiBergmann株式会社 - 東京都 港区 南青山

しい。 世界的なフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン... 空間には、デンマーク家具がゆったりと配され、テーブルにはキャンドルの光。 そして、季節の移ろいを感じるディスプレイやフラ...

求人検索 by Indeed job search
コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

更新履歴
  • 2019年05月10日 21:35
    「画像」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「要約説明」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「業務内容」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「業務スキル」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「専門知識(ナレッジ)」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「実務能力」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「基礎能力要素」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「働く場所」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「作業方法とツール」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「活動内容」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「人間性」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「関連する職業」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「賃金構造基本統計調査適用区分」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「給与レンジ(初任給月額)(万円)」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「給与レンジ(平均年収)(万円)」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「給与レンジ(備考)」を更新しました
  • 2019年05月10日 21:35
    「推奨資格」を更新しました
もっと見る閉じる
関連する職業
平均年収465万円

カメラマンとは、新聞社や出版社、広告代理店、WEBメディアなどから依頼を受けて、主に商業用の写真を撮る職業です。動画カメラマンと区別するために、”フォトグラファー”とも呼ばれます。

多くのカメラマンが自身の専門分野を持っており、新聞などに載る報道写真やポスターなどの広告用の写真、スポーツ選手の一瞬の動きを捉えるスポーツ写真、風景写真、動物写真など、さまざまな分野で活躍することができます。

なかには、戦場の様子を世界に伝えることを専門にしている戦場カメラマンなどもおり、優れた報道に贈られる米国のピューリッツァー賞を獲得している日本人戦場カメラマンもいます。

平均年収679万円

WEBディレクターは、WEBコンテンツの制作や運用現場における、クリエイターチームの総監督です。

WEBコンテンツの制作には、社内外のデザイナーやシスエムエンジニア、プログラマー、コーダー、ライターなど、複数人の専門クリエイターが関わります。WEBディレクターの仕事内容は、チームのまとめ役として、各担当者に指示を出したり、制作工程の進捗状況やコンテンツの品質を管理したりすることです。トラブルが起きた際には解決に向けてさまざまな調整を行い、プロジェクト進行管理の指揮をとるのも主な仕事です。

プロジェクト全体を統括するWEBプロデューサーや、依頼者との打ち合わせや企画提案を行うWEBプランナーと兼務することもあります。業界や企業、プロジェクト案件、職場環境によって、WEBディレクターに求められる役割は大きく異なります。そのため、全体を俯瞰できる視点やさまざまな専門分野を概括できる技術的な知識、ビジネス経験、高いコミュニケーション能力など、幅広いスキルが求められます。

平均年収679万円

インテリアコーディネーターとは、依頼者の好みやライフスタイルに合った室内空間をコーディネートする職業です。

見た目やデザインだけでなく、実際の生活や使用シーンをイメージし、機能性も兼ね備えた家具や調度品を選定していきます。インテリアの仕入れから搬入、セッティング、納品後のメンテナンスなど、アフターフォローまで行います。顧客の幅広い要望に応えるため、日頃から住宅やインテリアに関する知識を深めていく必要があります。

最近では、3Dソフトを活用することにより、バーチャル空間の中で、インテリアを実際の部屋に合わせて立体的に配置することができるようになり、顧客に最適な提案が可能となってきています。

平均年収816万円

プロブロガーとは、自身のブログに専門的な記事を書いてアクセスを集め、広告を貼ったり、記事本文に対して課金したりして収入を得る職業です。

広告により収益を得るということではアフィリエイターと似ていますが、違いもあります。アフィリエイターが、広告する商品のための記事を書くことを目的としているのに対して、ブロガーは広告に関係なく、自身の興味や読者のニーズに沿って記事を書き、ブログを軸にしてさまざまな形で収益を発生させることが目的となります。得意とする専門分野の記事を公開し、広告を掲載したり、記事の閲覧自体を有料にしたり、自身のブログに企業の記事広告を書いたりして、収益を得ることができます。

その他にも、得意分野に関連した情報サイトやWEBメディアへコラムを提供したり、ブログに関する知識やノウハウを活かしたセミナーやコンサルティングを行うこともあります。

インスタグラマーとは、写真共有SNSの「Instagram」にプライベートの写真を投稿したり、企業からの依頼により商品紹介をしたりすることでスポンサー収入を得る職業です。

自身の特技やビジュアルを生かした”インスタ映え”する写真を撮影する技術と、編集アプリなどを活用した画像加工技術が求められます。とくにフォロワー数や閲覧数が多く、たくさんの人に影響力を持つユーザーをインフルエンサーと呼び、得意分野に関連した専門誌やWEBメディアへコラムを提供したり、セミナーやコンサルティングを行ったりすることもあり、Instagramを軸にしつつも仕事内容は多岐に渡ります。

インスタグラマーになるには、一般的に1万人以上のフォロワーが必要だといわれます。各ジャンルのトップインスタグラマーは何百万人というフォロワーを抱え、その道のオピニオンリーダーとなっています。

YouTuberとは、オリジナルの動画を制作したり、企業と契約して商品紹介動画を制作したりして、動画共有サイトの「YouTube」に投稿する職業です。

オリジナル動画を撮影し編集したら、広告を設定してYouTubeへ投稿します。これにより、広告収入を得ます。また、知名度の高いYouTuberの場合、メーカーなどの企業と契約を結び、コマーシャル動画や商品紹介動画を制作する人もいます。これにより、企業からスポンサー料を得ることができます。

他のYouTuberとの差別化や個性が重要なため、音楽やスポーツなどの特技を極めたり、奇抜なビジュアルで個性を演出したりするなど、さまざまなYouTuberがおり、子供の憧れの職業として注目を集めています。

平均年収816万円

編集者は、本や雑誌を出版する際に、企画や構成、記事の編集など、出版物ができ上がるまでの過程すべてに携わる仕事です。

作家やライター、デザイナー、カメラマンなどと共に企画を検討し、企画実現に必要な体制の編成や、作成された原稿や制作物の品質の確認、修正依頼などの業務を行います。紙媒体の場合は、制作物を印刷所に納品し、印刷物に問題がないかチェックを行い、出版や掲載までの全ての工程を管理します。

最近ではWebメディアの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。

平均年収816万円

フリーライターとは、組織に所属せずフリーランスで新聞や雑誌、WEBメディアなどの記事を書く職業です。

企画のコンセプトや読者層を把握し構成を考え、文章を書くだけでなく、必要に応じてインタビューや写真撮影を行い記事を作成していきます。クラウドソーシングプラットフォームに登録したり、企画を出版社やメディア企業へ売り込んだり、SNSなどで実績(ポートフォリオ)を発信したりして、仕事を獲得していきます。読者や時代にマッチした記事を作成するために、日頃から世の中の変化にアンテナを張り、トレンドを把握しておくことが求められます。

最近では写真撮影も兼務するカメライターや、SNSなどで活躍するインフルエンサーなどもフリーライターとして参入してきています。

平均年収543万円

WEBプロデューサーとは、Webビジネスにおける上流から下流工程までのフロー全体を把握し、責任者として統括を行う職業です。

WebメディアやECサイト、オンラインゲーム、スマートフォンアプリなどのWEBサービスやコンテンツの企画立案と戦略策定を行い、必要な体制を構築します。 製作過程においては品質管理やリスクマネジメントを行いながらサービスを公開し、公開後も成長に必要な施策を継続的に検討し実施を指揮します。

一見華やかに思われますが、プロジェクトメンバーや関係する企業などの調整業務が多く、ときには嫌われ役も担いながらプロジェクトの成功に向けてメンバーのモチベーションを上げ、パフォーマンスを引き出す指揮官としての役割を担います。

現在作成しております。しばらくお待ちください。