「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 -
平均年収 -

ミニニュア写真家は、ミニチュアのフィギュアと身の回りの日用品などを使い、人間の生活シーンの一コマを見立てたアート作品を制作し写真を撮影する仕事です。

主に、カタログやポスター、コマーシャルやドラマのオープニングカットとして使用されます。単に人間の生活に似せるだけでなく、文房具や服飾品、キッチン用品など意外な物を使い、それを擬似的に使って家具や飛行機や自然の景色などを表現をするなど、アイデアと見せる技術が求められます。

インスタグラムで200万人近いフォロワーを抱え世界的に有名なミニチュア写真家が現れ、今後、この分野に進出する写真家やクリエイターが多く出て来ることが予想されます。

ミニチュア写真家の仕事内容

  • 依頼者からの要望や、自らなアイデアなどを形にするために日頃からアイデア出しや流行のリサーチなどを行い企画を考えます。
  • 写真で使用するミニチュアや小物のフィギュア、その他活用できそうな日用品など道具の収集や整理などを行います。
  • アイデアが固まったら、フィギュアと道具を選定し、見立ての作成を行い、写真を撮影します。写真は単に撮影するのではなく、あたかも人間が生活しているように角度やカットを調整します。
  • 完成した写真はインスタグラムなどのSNSへ発信したり依頼者へ納品するなどを行います。
  • 主催する個展や依頼者からのイベントなどでの製作依頼などの企画や打ち合わせを行います。
  • ミニチュア写真を制作するだけでなく、映像作品や写真集などの企画やプロデュースなども行います。

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する