「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 24 万円
平均年収 781 万円

保険外交員とは、一般家庭や企業を訪問し、顧客一人ひとりのライフスタイルやニーズに合わせて、保険商品のコンサルティング・販売をする職業です。

保険や税金の知識をもとに、お客様の不安や疑問を解消しながら、適切な保険商品の情報を提供し保険の加入を勧めます。また保険加入後のアフターサービスも大切で、ライフスタイルの変化に合わせ契約内容を見直し、必要に応じて特約や新商品を紹介するなど、顧客と長期に渡る信頼関係を築いていきます。

契約は知人や顧客からの紹介など人脈に依存する部分が大きく、日頃から幅広い人間関係を構築するための活動が求められます。

保険外交員の仕事内容

  • 一般家庭や企業を訪問し、お客様一人ひとりのライフスタイルやニーズに合わせて、保険商品のコンサルティング・販売を行います。
  • チラシやパンフレットを用いて保険商品の説明をしたり、身につけた保険や税金の知識をもとにお客様の不安や疑問を解消したりしながら、適切な保険商品の情報を提供し保険の加入を勧めます。
  • 人脈を重要視するので、幅広い交友関係を作るために、イベントの参加やメールマガジンの配信、SNSでの交流などを行います。
  • 保険加入後のアフターサービスとして支払いの確認を行ったり、お客様の年齢や変化するライフスタイルに合わせ契約内容を見直したりし、必要に応じて特約や新商品を紹介するなど、顧客と長期に渡る信頼関係を築いていきます。

保険外交員の業務スキル

  • ドキュメント編集(MS、Google等)
  • シミュレーター操作(PC、タブレット)
  • 対話コミュニケーション
  • 商品説明
  • 提案・交渉
  • 顧客の悩みに真摯に寄り添う姿勢
  • セールストーク

保険外交員の専門知識

  • 金融商品知識
  • ライフプラン
  • 税制
  • 年金
  • 社会保険
  • 相続、贈与
  • 事業承継
  • 不動産
  • リスク管理
  • 法律

保険外交員の実務能力

  • プレゼンテーション力
  • 傾聴力
  • カウンセリング力
  • チームワーク力
  • フォローアップ力
  • 情況把握力
  • 課題発見力
  • ストレス耐性

保険外交員の基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力

保険外交員の働く場所

  • 日系保険会社
  • 外資系保険会社
  • 保険代理店
  • 個人事務所
  • 自宅

保険外交員の作業方法とツール

  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • パソコン
  • パンフレット
  • 筆記用具
  • ライフプランソフト
  • 契約書
  • 朱肉
  • 万年筆
  • メール
  • SNS
  • ブログ
  • Microsoft Office
  • ノート、データ保管ツール
  • 手帳やスケジュール管理ソフト

保険外交員の活動内容

  • 顧客管理
  • アポイント
  • 営業
  • アンケート
  • 保険の設計
  • 提案
  • 成約
  • 顧客フォロー

保険外交員の人間性

  • 好奇心旺盛で明るく活動的な人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 社交的で感性豊かな人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人

保険外交員のキャリアステップ

  • 経営コンサルタント

保険外交員の給与

初任給:24万円
平均年収:781万円

参考:
初任給:24.37万円(企業規模計、20~24歳)
平均:58.13万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収781.55万円(賞与:83.99万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

保険外交員の必須資格

  • 損害保険募集人資格
  • 生命保険外交員資格
  • 少額短期保険募集人資格

保険外交員の推奨資格

  • ライフコンサルタント
  • ファイナンシャルプランナー
  • トータルライフコンサルタント

保険外交員の付帯条件・制限

なし

保険外交員の就業者数推定

1,291,318人

Indeed からの求人
販売・接客・売り場担当

株式会社ぬし与仏壇店 - 三重県 四日市市

ウントショップ・家具・運送・保険・ホテルなど)からのご応募も... も多数!!》 現在当社に在籍しているスタッフの前職は、 保険外交員・製造職・銀行員・貴金属販売職・飲食スタッフ・事務職...

購買担当

株式会社DECENCIA - 東京都 品川区 西五反田

ーカー(業界不問)での購買担当としてのご経験 ・取引先との外交のご経験 ・コミュニケーションスキル、データを読み解くスキ... ます 待遇・福利厚生 各種保険完備 長期休暇制度年1回(連続...

総合的な政策立案のリサーチャー(総合政策、通商政策、外交、各国経済状況/政策、金融・財政、社会保障など)

株式会社日立製作所 - 東京都 千代田区 外神田

政策、外交、各国経済状況/政策、金融・財政、社会保障など) 募集業務 将来にわたる社会課題の抽出、および社会課題の解決を図るための政策提言や事業方向性提言 総合政策、通商政策、外交...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収772万円

弁護士とは、依頼者の抱えるトラブルを法律を用いて解決する、法律事務の専門家です。

仕事内容は、まず金銭トラブルや離婚、相続をめぐる争いなどの民事事件の代理人業務があります。次に、窃盗や傷害、殺人などの刑事事件の弁護人業務です。他にも、企業に対して契約や知的財産権、M&Aなどのサポートを行うビジネスサポートの仕事もあります。

弁護士になるには、大学卒業後、法科大学院(ロースクール)に進むのが一般的です。法科大学院を修了すると、司法試験の受験資格が与えられます。司法試験に合格後、約1年間の司法修習を経て、司法修習考試という試験に合格することで、晴れて弁護士となることができます。

平均年収781万円

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、個人や中小企業に対して、資産や資金計画に関するアドバイスを行う職業です。

家計の見直しや住宅ローン、保険、教育資金、老後の生活、相続、税金など、暮らしにおけるお金の悩みは尽きません。そのようなライフステージごとのお金に関する相談に乗り、ライフプランニング(生涯生活設計)を行うのがファイナンシャルプランナーの仕事です。FPの9割は企業内で仕事をしていますが、経験をつめば独立開業も目指せる夢のある職業です。

ファイナンシャルプランナーになるには、資格を取得するのが一般的です。とくに、「ファイナンシャル・プラニング技能検定」は国家資格であるため、取得していると信用度が高くなります。

平均年収500万円

起業家は、独創的なアイディアや新しい技術をもとに、自ら事業を起こす人のことで、英語でアントプレナーとも言いいます。飛躍的な成長が期待される企業体はスタートアップやベンチャーなどと呼ばれ、経済の活性化を推進する存在として注目を集めます。

起業家になるには、卓越した行動力が必要で、仕事においても人生においてもリスクをとることが求められます。そのため、起業家に向いている人はリスクテイカーであるといえます。

2019年1月、Appleは女性起業家をサポートするアプリケーション開発プログラム「Entrepreneur Camp」を開始しました。社会の諸問題をイノベーションで解決する試みの一つです。かつてのスティーブ・ジョブズのように、社会に新しい価値・モノ・サービスを提示し、人々を驚かせ、心躍らせる存在が世界規模で待たれています。

平均年収470万円

司法書士は、身近な法律家として、不動産登記や商業登記、供託、裁判事務など法的な書類を作成する仕事です。

主な仕事として、不動産に関する不動産登記、法人に関する商業登記など登記業務を行います。また、民事事件の裁判事務業務、任意整理や自己破産などの債務整理業務、供託所へ寄託する供託業務、検察庁へ犯罪の告訴や告発業務を行います。

少子高齢化が進む今後の日本においては、財産侵害や尊厳侵害などを支援する成年後見業務が多くなると考えられています。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収957万円

経営コンサルタントとは、企業の経営戦略や人事戦略の策定、M&A(企業の合併と買収)などの支援を行う職業です。

経営改善や事業立案、企業の買収など、コンサルティング分野は多岐にわたります。経営状態を把握し、問題点を調査・分析することで原因を追究し、解決を提案します。また、企業向けに経営セミナーを行ったり、従業員の能力開発セミナーの講師を務めたりすることもあります。

コンサルティングファームに所属したり、個人で活動したりと、業務形態はさまざまです。経営コンサルタントになるための資格はなく、中小企業診断士の資格やMBA(経営学修士号)の学位を取得することで基礎的なスキルの証明としている傾向があります。