「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

庶民文化研究家

初任給 -
平均年収 410 万円

庶民文化研究家とは、主に近現代の一般庶民の生活様式を研究対象とし、起源や歴史を調査・分類したり、博物館や出版物などを通して情報発信をしたりする職業です。

研究以外にも、昔の雑貨品を収集したり、古い建築物を撮影して保存するなどして、後世に文化を伝えていくことも重要な仕事です。最近は、古民家や銭湯、駄菓子屋などの失われつつある庶民文化が再評価されてきています。そのため、テレビや雑誌などのメディアで取り上げられることも多々あり、その際に専門家として解説を求められることもあります。

時代設定の古い映画やドラマの製作において、時代考証を担当するのも庶民文化研究家の仕事の一つです。

庶民文化研究家の仕事内容

  • 日々、庶民の生活に根差した雑貨品を収集し、整理分類します。
  • 建築物や風景などの収集できないものは、写真や動画に記録し保存します。
  • 庶民文化の起源や歴史を調査します。
  • 自身の収集物を展示公開します。
  • 庶民文化に関わる書籍を執筆します。
  • すでに失われてしまった時代の建築物や風景のジオラマを制作して再現します。
  • 映画やドラマの時代考証や美術セットの助言を行います。
  • テレビや雑誌、WEBなどのメディアで、庶民文化について情報発信を行います。
  • イベントで講演をします。

庶民文化研究家の業務スキル

  • 庶民の暮らしや文化を捉える観察力
  • 雑貨品の収集力
  • 写真や動画の撮影スキル
  • 整理・分類スキル
  • 資料をもとに庶民文化の起源や歴史を調べる調査力
  • 執筆能力
  • メディアを通した情報発信力
  • 人前で講演を行う発信力
  • 時代考証力
  • ジオラマ制作スキル
  • 人々にわかりやすく庶民文化を解説する表現力

庶民文化研究家の専門知識

  • 近現代の庶民文化に関する知識
  • 博物学
  • 歴史学
  • 情報・メディア論

庶民文化研究家の実務能力

  • 表現力
  • 主体性
  • 実行力
  • 想像力
  • 洞察力、察知力

庶民文化研究家の基礎能力TOP3

  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力

庶民文化研究家の働く場所

  • 個人事務所
  • 資料館
  • 博物館
  • テレビ局
  • 自宅

庶民文化研究家の作業方法とツール

  • 筆記用具
  • 原稿
  • ノート、データ保管ツール
  • デジタルカメラ
  • ファイル
  • パソコン
  • メール
  • SNS
  • ブログ

庶民文化研究家の活動内容

  • 雑貨品の収集・整理・分類
  • 建築物や風景の撮影
  • 庶民文化の歴史調査
  • 収集物の展示・公開
  • 執筆活動
  • ジオラマ制作
  • 映画やドラマの時代考証
  • メディアでの情報発信
  • 講演活動

庶民文化研究家の人間性

  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
  • 好奇心旺盛で明るく活動的な人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 知的好奇心があり向上心の強い人

庶民文化研究家のキャリアステップ

  • ツアープランナー

庶民文化研究家の給与

平均年収:410万円

参考:
平均:30.09万円(10人以上、年齢計)
平均年収:410.69万円(賞与:49.61万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

庶民文化研究家の推奨資格

  • 学芸員

庶民文化研究家の就業者数推定

1人

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収987万円

テレビプロデューサーとは、テレビ番組制作の予算やスタッフ、キャスティングなどを管理し、制作全体を統括する総責任者です。

現場の責任者であるTVディレクターとは違い、基本的にデスクワークの多い仕事ですが、現場に立ち会うこともあります。複数の番組を同時に抱えているため、スケジュール管理も大事な役目です。他にも重要な仕事ととして企画立案があります。時代のニーズをとらえて、視聴率を稼げる企画を提案し、番組枠を勝ち取ります。

テレビプロデューサーになるには、テレビ局や制作会社に入社して、AD(アシスタントディレクター)やAP(アシスタントプロデューサー)から始めることが一般的です。最近では、テレビと映画の垣根が低くなってきているので、映画製作に携わることもできる職業です。

平均年収679万円

映画プロデューサーとは、映画の企画から資金調達、制作、著作権管理、プロモーション、売り上げの回収まで、映画製作すべての責任を負う職業です。

映画監督が映画制作の現場責任者であるのに対して、映画プロデューサーは、企画立案から予算管理、キャスティング、劇場ブッキング、プロモーション、資金回収までを含めた映画ビジネスの全てのプロセスに関わる総責任者であるといえます。映画プロデューサーは、クオリティの高い映画を製作するだけでなく、映画をビジネスとして成り立たせる責任があります。

日本アカデミー賞では最優秀作品賞を映画監督が受け取ることが多いですが、アメリカのアカデミー賞では映画プロデューサーがオスカー像を受け取ります。

平均年収816万円

テレビディレクターとは、テレビ番組の制作現場における企画・編集責任者です。

企画の立案から台本作成、出演者のキャスティング、番組の演出、編集指示まで、テレビ番組の制作現場を統括するポジションです。予算やスケジュール、コンプライアンスなどを管理するプロデューサーとは異なり、番組のクオリティに責任を負います。番組が面白いものになるかどうかは、テレビディレクターの腕にかかっています。

最近ではテレビディレクターが直接番組に出演するケースも多く、とくにバラエティ番組では、体当たりのロケを行い爆発的な人気が出るディレクターもいます。

平均年収816万円

アナウンサーとは、テレビやラジオのニュース番組などで、事前に用意されたニュース原稿をもとに視聴者に分かりやすく内容を伝えたり、番組の司会進行を行ったりする職業です。

ニュースでは正確に情報を伝達することが重要になるため、正しい言使いの勉強や発声トレーニングなどを日々行います。また、情報番組を担当することが多いため、日頃からアンテナを高く張り、世の中の変化やトレンド情報を収集しておくことも重要です。バラエティ番組に出演する際は、司会進行だけでなく、気の利いたコメントを求められることも多く、ユーモアのセンスも求められます。

人気アナウンサーになるとフリーランスとして活躍したり、タレント活動をしたりする道もあり、人気の高い職業となっています。

平均年収816万円

プロブロガーとは、自身のブログに専門的な記事を書いてアクセスを集め、広告を貼ったり、記事本文に対して課金したりして収入を得る職業です。

広告により収益を得るということではアフィリエイターと似ていますが、違いもあります。アフィリエイターが、広告する商品のための記事を書くことを目的としているのに対して、ブロガーは広告に関係なく、自身の興味や読者のニーズに沿って記事を書き、ブログを軸にしてさまざまな形で収益を発生させることが目的となります。得意とする専門分野の記事を公開し、広告を掲載したり、記事の閲覧自体を有料にしたり、自身のブログに企業の記事広告を書いたりして、収益を得ることができます。

その他にも、得意分野に関連した情報サイトやWEBメディアへコラムを提供したり、ブログに関する知識やノウハウを活かしたセミナーやコンサルティングを行うこともあります。

インスタグラマーとは、写真共有SNSの「Instagram」にプライベートの写真を投稿したり、企業からの依頼により商品紹介をしたりすることでスポンサー収入を得る職業です。

自身の特技やビジュアルを生かした”インスタ映え”する写真を撮影する技術と、編集アプリなどを活用した画像加工技術が求められます。とくにフォロワー数や閲覧数が多く、たくさんの人に影響力を持つユーザーをインフルエンサーと呼び、得意分野に関連した専門誌やWEBメディアへコラムを提供したり、セミナーやコンサルティングを行ったりすることもあり、Instagramを軸にしつつも仕事内容は多岐に渡ります。

インスタグラマーになるには、一般的に1万人以上のフォロワーが必要だといわれます。各ジャンルのトップインスタグラマーは何百万人というフォロワーを抱え、その道のオピニオンリーダーとなっています。

平均年収837万円

編集者は、本や雑誌を出版する際に、企画や構成、記事の編集など、出版物ができ上がるまでの過程すべてに携わる仕事です。

作家やライター、デザイナー、カメラマンなどと共に企画を検討し、企画実現に必要な体制の編成や、作成された原稿や制作物の品質の確認、修正依頼などの業務を行います。紙媒体の場合は、制作物を印刷所に納品し、印刷物に問題がないかチェックを行い、出版や掲載までの全ての工程を管理します。

最近ではWebメディアの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。

平均年収543万円

WEBプロデューサーとは、Webビジネスにおける上流から下流工程までのフロー全体を把握し、責任者として統括を行う職業です。

WebメディアやECサイト、オンラインゲーム、スマートフォンアプリなどのWEBサービスやコンテンツの企画立案と戦略策定を行い、必要な体制を構築します。 製作過程においては品質管理やリスクマネジメントを行いながらサービスを公開し、公開後も成長に必要な施策を継続的に検討し実施を指揮します。

一見華やかに思われますが、プロジェクトメンバーや関係する企業などの調整業務が多く、ときには嫌われ役も担いながらプロジェクトの成功に向けてメンバーのモチベーションを上げ、パフォーマンスを引き出す指揮官としての役割を担います。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。