「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

ボードゲームソムリエ

ボードゲームソムリエとは、豊富なボードゲームに対する知識を用い、様々な状況で最適なボードゲームを提案・提供する職業です。

クライアントの要望にあったボードゲームの選定だけでなく、オリジナルゲームの開発も行います。まだ認知度の低い職業であるため、自身のサービスを世の中に発信していく必要があります。ボードゲームが好き、良さを広めたいという強い熱意と、誰よりもボードゲームについて詳しいという知識量が求められます。

ボードゲームのプロとして、テレビ、雑誌、web媒体、講演会などあらゆる場面で活躍できます。娯楽を紹介するエンターテイナーとしての仕事だけでなく、企業から依頼を受けボードゲームデザイナーとして作成に携わることもあります。

業務内容

  • 世界中のボードゲームを探し出し、手に入れ、遊びます。
  • 常にボードゲームに関する情報にアンテナを張り、広く深い知識を蓄えます。
  • クライアントのために最適なボードゲームを選定・提案します。
  • 蓄えた知識を用いボードゲームのプロとして、テレビ、雑誌、web媒体、講演会に出演します。
  • 活動内容をまとめたホームページを作成し、更新します。
  • 知識と経験を用いて本を執筆します。
  • ボードゲームを制作します。
  • ボードゲームを販売します。

業務スキル

  • ボードゲームに関する深く広い知識
  • ボードゲームの良さをひとりでも多くの人に積極的に伝えようとする熱意
  • 相手のニーズにあったボードゲームを紹介するための提案力
  • ボードゲームの良さを正確に伝えるプレゼンテーション能力
  • 多くの人との関わりの中でビジネスチャンスを掴むコミュニケーション能力

専門知識

  • ボードゲームに関する幅広い知識

実務能力

  • 主体性
  • 想像力
  • マーケティング力
  • プレゼンテーション力
  • コミュニケーション力

基礎能力TOP3

  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • 創造力:新しい価値を生み出す力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力

働く場所

  • 個人事務所
  • 自宅
  • 講演会場
  • 出版社
  • ゲーム制作会社
  • 玩具メーカー
  • 玩具ショップ

作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • スマートフォン
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • タブレット端末

活動内容

  • 世界中のボードゲームを知り、遊ぶ
  • クライアントへのボードゲーム提案
  • 講演会、メディア出演
  • ホームページを作成、更新
  • ボードゲーム関連本の執筆
  • ボードゲーム制作
  • ボードゲーム販売

人間性

  • 強い意志で理想を実現する人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • コミュニケーションが得意な人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

キャリアステップ

  • ゲームプランナー
  • ゲームプロデューサー
  • ゲームディレクター

給与

平均年収:410万円

参考:
平均:30.09万円(10人以上、年齢計)
平均年収:410.69万円(賞与:49.61万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

推奨資格

  • Photoshopクリエイター能力試験
コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収987万円

テレビプロデューサーとは、テレビ番組制作の予算やスタッフ、キャスティングなどを管理し、制作全体を統括する総責任者です。

現場の責任者であるTVディレクターとは違い、基本的にデスクワークの多い仕事ですが、現場に立ち会うこともあります。複数の番組を同時に抱えているため、スケジュール管理も大事な役目です。他にも重要な仕事ととして企画立案があります。時代のニーズをとらえて、視聴率を稼げる企画を提案し、番組枠を勝ち取ります。

テレビプロデューサーになるには、テレビ局や制作会社に入社して、AD(アシスタントディレクター)やAP(アシスタントプロデューサー)から始めることが一般的です。最近では、テレビと映画の垣根が低くなってきているので、映画製作に携わることもできる職業です。

平均年収465万円

カメラマンとは、新聞社や出版社、広告代理店、WEBメディアなどから依頼を受けて、主に商業用の写真を撮る職業です。動画カメラマンと区別するために、”フォトグラファー”とも呼ばれます。

多くのカメラマンが自身の専門分野を持っており、新聞などに載る報道写真やポスターなどの広告用の写真、スポーツ選手の一瞬の動きを捉えるスポーツ写真、風景写真、動物写真など、さまざまな分野で活躍することができます。

なかには、戦場の様子を世界に伝えることを専門にしている戦場カメラマンなどもおり、優れた報道に贈られる米国のピューリッツァー賞を獲得している日本人戦場カメラマンもいます。

平均年収816万円

テレビディレクターとは、テレビ番組の制作現場における企画・編集責任者です。

企画の立案から台本作成、出演者のキャスティング、番組の演出、編集指示まで、テレビ番組の制作現場を統括するポジションです。予算やスケジュール、コンプライアンスなどを管理するプロデューサーとは異なり、番組のクオリティに責任を負います。番組が面白いものになるかどうかは、テレビディレクターの腕にかかっています。

最近ではテレビディレクターが直接番組に出演するケースも多く、とくにバラエティ番組では、体当たりのロケを行い爆発的な人気が出るディレクターもいます。

平均年収816万円

編集者は、本や雑誌を出版する際に、企画や構成、記事の編集など、出版物ができ上がるまでの過程すべてに携わる仕事です。

作家やライター、デザイナー、カメラマンなどと共に企画を検討し、企画実現に必要な体制の編成や、作成された原稿や制作物の品質の確認、修正依頼などの業務を行います。紙媒体の場合は、制作物を印刷所に納品し、印刷物に問題がないかチェックを行い、出版や掲載までの全ての工程を管理します。

最近ではWebメディアの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。

平均年収679万円

コピーライターは、商品やサービスが消費者の目に止まるように、パッケージやカタログ、ポスターなどに載せるキャッチコピーや、会社のブランド価値を高めるイメージジコピーを書く職業です。

ひとつのコピーを書くために、複数のコピー案を作成し、ターゲットとなる消費者に共感を得られるものを選定します。良いコピーを書くには、商品やサービスの特徴を把握するだけでなく、企業の理念やイメージ、消費者のメリット、時代背景などを理解しておくことが大切です。

最近ではAIがこれらを分析しコピーを自動作成するサービスも出てきています。そのため、今後は人間にしか書けない、感情に訴えるようなコピーライティングのスキルが求められるようになります。

平均年収679万円

ゲームシナリオライターとは、ゲームの内容やキャラクターのペルソナなどに合わせて脚本やストーリー、場面展開、セリフなどのシナリオを作成する職業です。

企画意図に沿ったうえで、システムを念頭にシナリオを書いていく必要があるため、ディレクターやプランナーが兼任することもあります。

ソーシャルゲームの広がりにより、アニメ業界などの他のエンタメ領域から移行してくるシナリオライターも多く、今後さらに注目される職種です。

平均年収409万円

ゲームプランナーとは、主にゲームの企画立案を行い、仕様書の作成とプロジェクトの進行管理を担う職業です。

市場調査や分析を行い、プロデューサーやディレクターとともに企画を立案します。企画をもとにゲームの設計図である仕様書を作成し、クリエイタースタッフに共有します。いざ制作がスタートすれば、プロジェクトの進行管理を行い、ゲームが完成するまで携わります。完成後にユーザーの反応をもとにゲームの改善を行うのも、ゲームプランナーの仕事です。

業務内容は写真素材の調達や攻略本のチェックなど多岐に渡り、「ゲームを作るため、売るために必要なこと全て」が仕事だと言っても過言ではありません。プロデューサーやディレクターの指示のもと、具体的な施策を実行するのが主な仕事であり、ゲームのヒットを左右する重要な役割です。

平均年収563万円

ゲームディレクターとは、ゲーム制作現場における、クリエイターチームの総監督です。

ゲーム制作には、デザイナーやプログラマー、シナリオライター、サウンドクリエイターなど、数十人の専門クリエイターが関わりますが、チームのまとめ役として、各担当者に指示を出したり、問題解決の相談に乗ったりしながら、良い作品ができるように指揮をとるのが主な仕事です。ゲームの発売予定時期はあらかじめ決められているので、プロジェクトの進捗状況を正しく把握して、スケジュール管理を行います。

ゲーム開発における代表的なポジションであり、ヒットするゲームを作れるかどうかは、ゲームディレクターの腕次第といっても過言ではありません。また、個性的なクリエイターが集うゲーム業界において、スタッフをまとめる調整役として、強靭な精神力が求められる職業でもあります。

平均年収692万円

ゲームプロデューサーとは、ゲームの企画から完成までの全工程を統括する職業です。

市場調査や分析を行い、どのようなジャンルのゲームをどのような方法で販売するかなど、企画を検討し決定します。ゲーム開発を成功させるために必要な制作スタッフの選定や開発費の調達、スケジュール管理、販売促進などを担当し、全体を統括します。

近年では、スマートフォンによるソーシャルゲームが拡大しており、ゲームプロデューサーの需要が高まっています。また「ゲーミフィケーション」など、ゲームの考え方を取り入れたサービス設計なども増えており、ゲーム以外にも活躍の場が広がっています。