「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

トレイルランナー

初任給-平均年収-

トレイルランナーとは、山などの舗装されていない自然の路面を走るトレイルランニングのプロアスリートです。主にトレイルランニングのレースに参加し、そこで実績を残すことによって企業からスポンサードを受けたり、競技の普及活動を通して得られる資金によって生計を立てます。

近しい競技にクロスカントリーがありますが、クロスカントリーは舗装されていない路面と人口的な障害物があるコースで行われるのに対し、トレイルランニングは舗装されてない路面と自然の障害物、また激しい高低差がある路面で行われます。そのため、山で起こりうるあらゆるストレスに耐え、トラブルを回避し、解決する能力は、トレイルランナーにとって必須能力となります。

クロスカントリーに比べて、トレイルランニングは日本での知名度がまだ低く、プロアスリートとして生計を立てることは容易ではありません。しかし、近年欧米を中心にトレイルランニングのオリンピック正式種目採用に向けて活発な活動が行われており、競技者人口も増加していることから、トレイルランナーは将来性のある職業だといえるでしょう。

業務内容

  • トレイルランニングを行うための体力的、技術的トレーニングを重ねます。
  • トレイルランニングに関する知識を得て、トレイルランナーとしての精神的意識を構築します。
  • 活動費用を得るために、スポンサーを探し、営業活動を行います。
  • トレイルランニング競技大会に参加します。
  • 後任育成に尽力します。
  • 講演会や取材依頼を受け、職業知名度向上のための諸活動を行います。
  • SNSで競技の写真や動画などを発信し、トレイルランニングの普及に努めます。

業務スキル

  • ハードなトレーニングをこなし、大会で成績を残す体力と精神力
  • 舗装されていない山道を走る特性上、瞬時に危険を察知し回避する危機管理能力
  • 山でのあらゆるトラブルに対し臨機応変に対応する能力と柔軟性
  • スポンサーを獲得し、円滑な関係を維持するコミュニケーション能力
  • 長い過酷な山道を諦めずに走りきる根気
  • トレイルランナーとしての成長のために、なにをすべきか明確にする課題発見力と、それを実行する行動力

専門知識

  • トレイルランニングに関する知識
  • 専門的な身体能力向上方に関する知識
  • スポンサー獲得に関する営業知識
  • 山での安全に関する知識
  • 有効な監視方法に関する知識
  • 後任の育成と指導法に関する知識

実務能力

  • 体力
  • 柔軟性
  • コミュニケーション力
  • 根気
  • 課題発見力

基礎能力TOP3

  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

働く場所

  • 山岳
  • 訓練施設
  • 競技会場
  • 講習会場
  • 活動支援団体
  • スポーツ施設

作業方法とツール

  • サングラス
  • 自動車
  • タオル、ハンカチ

活動内容

  • 筋力トレーニング
  • ランニングトレーニング
  • トレイルランニングに関する知識と経験を積む
  • 活動費用を得るために、スポンサーを探し、営業活動を行う
  • トレイルランニング競技大会に参加する
  • 後任の育成
  • 講演会や取材依頼を受ける
  • 職業知名度向上のための諸活動
  • 競技の普及活動

人間性

  • 強い意志で理想を実現する人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
Indeed からの求人
イベント企画営業

株式会社アールビーズ - 東京都

から地域密着型のイベント、トレイルランニング、さらに自転車大... に物事をとらえ、力強くテーマ課題を進めることができる ・ランナーとして、サイクリストとして、スポーツを実践している 歓迎...

求人検索 by Indeed job search
コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収987万円

テレビプロデューサーとは、テレビ番組制作の予算やスタッフ、キャスティングなどを管理し、制作全体を統括する総責任者です。

現場の責任者であるTVディレクターとは違い、基本的にデスクワークの多い仕事ですが、現場に立ち会うこともあります。複数の番組を同時に抱えているため、スケジュール管理も大事な役目です。他にも重要な仕事ととして企画立案があります。時代のニーズをとらえて、視聴率を稼げる企画を提案し、番組枠を勝ち取ります。

テレビプロデューサーになるには、テレビ局や制作会社に入社して、AD(アシスタントディレクター)やAP(アシスタントプロデューサー)から始めることが一般的です。最近では、テレビと映画の垣根が低くなってきているので、映画製作に携わることもできる職業です。

平均年収465万円

カメラマンとは、新聞社や出版社、広告代理店、WEBメディアなどから依頼を受けて、主に商業用の写真を撮る職業です。動画カメラマンと区別するために、”フォトグラファー”とも呼ばれます。

多くのカメラマンが自身の専門分野を持っており、新聞などに載る報道写真やポスターなどの広告用の写真、スポーツ選手の一瞬の動きを捉えるスポーツ写真、風景写真、動物写真など、さまざまな分野で活躍することができます。

なかには、戦場の様子を世界に伝えることを専門にしている戦場カメラマンなどもおり、優れた報道に贈られる米国のピューリッツァー賞を獲得している日本人戦場カメラマンもいます。

平均年収478万円

広報・PRは、プレスリリースなどを通じて自社製品やサービスの最新情報を発表したり、社会活動などの取り組みを伝えたりすることで、自社のイメージアップを図り、ステークホルダーからの信頼獲得を担う職業です。

仕事内容は、大きく【社外広報】【社内広報】【IR】の3つに分けられます。社外広報は、自社のブランディング目的で、主に顧客や消費者に対して情報発信を行います。社内広報は、社内報を作成するなどして、社内での情報共有を図ります。IRは、Investor Relations(インベスターリレーションズ)の略で、株主や投資家への情報提供を行うものです。

なお、広報・PRの”PR”とは、Public Relations(パブリックリレーションズ)の略語で、”社会との関係”を築くという意味です。宣伝のPRとは違い、売上アップが目的ではありません。関係者に向けて正確な情報を開示することで、企業の信頼度を高める役割を担っています。

平均年収781万円

営業職とは、製品やサービスなどの商材を顧客に売り込み、注文を受ける(受注・成約する)職業です。顧客が来店するのを待つ販売職とは違い、基本的に社外で活動します。

営業職は大きく、企業向けに商材を販売する「法人営業」と、一般消費者向けに商材を売り込む「個人営業」に分かれます。また担当する顧客によって、既存の顧客を担当する場合は「ルート営業」、新規顧客を獲得する場合は「新規開拓営業」というように分類されます。

会社の売上を左右する職種のため、成果報酬などインセンティブがつくこともあり、収入は比較的高めです。また、さまざまな人々と出会うことで良い刺激をもらえることや、会社に寄らずに直行直帰できるといった自由な勤務スタイルも魅力の一つです。

平均年収816万円

テレビディレクターとは、テレビ番組の制作現場における企画・編集責任者です。

企画の立案から台本作成、出演者のキャスティング、番組の演出、編集指示まで、テレビ番組の制作現場を統括するポジションです。予算やスケジュール、コンプライアンスなどを管理するプロデューサーとは異なり、番組のクオリティに責任を負います。番組が面白いものになるかどうかは、テレビディレクターの腕にかかっています。

最近ではテレビディレクターが直接番組に出演するケースも多く、とくにバラエティ番組では、体当たりのロケを行い爆発的な人気が出るディレクターもいます。

平均年収816万円

編集者は、本や雑誌を出版する際に、企画や構成、記事の編集など、出版物ができ上がるまでの過程すべてに携わる仕事です。

作家やライター、デザイナー、カメラマンなどと共に企画を検討し、企画実現に必要な体制の編成や、作成された原稿や制作物の品質の確認、修正依頼などの業務を行います。紙媒体の場合は、制作物を印刷所に納品し、印刷物に問題がないかチェックを行い、出版や掲載までの全ての工程を管理します。

最近ではWebメディアの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。

現在作成しております。しばらくお待ちください。