「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

初任給24万円 平均年収706万円

農業研究家とは、農業に関わる研究を行う職業です。バイオテクノロジーなどの最先端技術を農業に取り入れる技術を研究したり、作物の新しい品種を開発したりします。公的研究機関や、農業系の大学機関、農協、食品メーカーなど働く場所はさまざまで、その研究内容も農学、農業工学、農業科学など細分化されています。

就業のための必須資格は必要ありませんが、多くは関連する分野の大学や大学院を経て就業します。また、一般農家に技術指導を行う場合は、普及指導員資格を取得しなければなりません。また場合によっては海外の研究機関と連携したり、海外の論文を読んだりと、外国語能力も必要になります。

時代の変化と共に形を変えつつある農業。農業研究家は、最先端技術を農業に取り入れることにより、未来の農業を形作る重要な仕事です。

業務内容

  • 関係各所から来るメールをチェックします。
  • 研究チームでミーティングを行い進捗や内容の共有を行います。
  • 実験を行います。
  • 実験データをまとめた報告書を作成作成します。
  • 依頼を受け研究内容に関する講演会に出席したり、取材を受けたりします。
  • 一般農家にて直接技術指導を行います。

業務スキル

  • 仮説を立てそれを実験し、出た結果を検証する分析力
  • 期待に応えられなかったり思うように実感が進まなかったりする時に必要なストレス耐性
  • 何度も失敗し、正解が見えない中でも実験を行い続ける粘り強さ
  • あらゆるトラブルにも対応できる柔軟性
  • 長時間に及ぶ実験にも集中力を切らさずに取り組み続けるための集中力

専門知識

  • 農業に関わる専門的知識
  • 農学
  • 生物学

実務能力

  • 分析力
  • ストレス耐性
  • 粘り強さ
  • 柔軟性
  • 集中力

基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力

働く場所

  • 農業試験場
  • 研究機関
  • 大学
  • 農協
  • 農業機器メーカー
  • 一般農家
  • 食品メーカー

作業方法とツール

  • 実験道具
  • 研究道具
  • パソコン
  • メール
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール

活動内容

  • メールチェック
  • ミーティング
  • 実験
  • 実験データをまとめた報告書作成
  • 講演
  • 技術指導

人間性

  • 強い意志で理想を実現する人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

必要とされる教育レベル

  • 学士

キャリアステップ

  • 国立大学教授

給与

初任給:24万円
平均年収:706万円

参考:
初任給:24.7万円(企業規模計、20~24歳)
平均:45.6万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収:706.35万円(賞与:158.6万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

Indeed からの求人
2020 新卒採用 食品 商品企画・マーケティング関連職 研究・開発関連職 生産・品質管理・設計関連職 流通・サービス関連職 事務・スタッフ関連職

株式会社西利 - 東京都

料野菜からの一貫した管理・栽培、野菜残渣を堆肥化する循環型農業の実践、保存料・着色料を一切使用しない独自の技術によるおい... お客様と接する販売職は、服飾研究家の市田ひろみさんが西利のた...

2020 新卒採用 食品 商品企画・マーケティング関連職 研究・開発関連職 生産・品質管理・設計関連職 流通・サービス関連職 事務・スタッフ関連職

株式会社西利 - 神奈川県

料野菜からの一貫した管理・栽培、野菜残渣を堆肥化する循環型農業の実践、保存料・着色料を一切使用しない独自の技術によるおい... お客様と接する販売職は、服飾研究家の市田ひろみさんが西利のた...

2020 新卒採用 食品 商品企画・マーケティング関連職 研究・開発関連職 生産・品質管理・設計関連職 流通・サービス関連職 事務・スタッフ関連職

株式会社西利 - 埼玉県

料野菜からの一貫した管理・栽培、野菜残渣を堆肥化する循環型農業の実践、保存料・着色料を一切使用しない独自の技術によるおい... お客様と接する販売職は、服飾研究家の市田ひろみさんが西利のた...

求人検索 by Indeed job search
コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収1,159万円

私立大学教員とは、学校教育法で定められた学校法人に所属する教授や准教授、講師、助教、ポストドクター(ポスドク)などを指します。自然科学系や人文社会系など各専門分野に関する研究・教育活動を行います。

私立学校は、国公立とは違い私人等の寄附によって設立された法人であるため、独自の教育理念に則って運営されています。しかし、公教育の一翼を担っている点で「公の性質」を有するため、国の法令に基づき交付された私学助成の配分を受けて活動を行っています。

私立大学の教授として有名になると、国立大学教授よりも高い収入を得ることも可能です。また、なかには企業の顧問や社外役員といった兼業を行っている教員もいます。

平均年収917万円

国立大学准教授とは、学校教育法で定められた国立大学法人に所属し、自然科学系や人文社会系など、各専門分野に関する教育と研究を行う職業です。研究室を主宰する教授と連携しながら、独自の研究活動と、実質的な研究室運営に携わります。

公募情報は各大学の公式ウェブサイトやJREC-IN Portalなどの研究人材向けポータルサイトなどに掲載され、各機関の部局単位で置かれる教授会での審議などを経て採用が決まります。

かつては助教授と呼ばれていましたが、2007年4月の改正学校教育法施行に伴い、准教授に名称が変わりました。

平均年収1,159万円

国立大学教授とは、学校教育法で定められた国立大学法人に所属し、自然科学系や人文社会系など、各専門分野に関する教育と研究を行う職業です。他にも入試委員や公開講座講師など、さまざまな活動を通じて大学の運営に携わります。

国立大学教授は国立大学法人の職員という立場なので、公務員ではありません。しかし、公共性の高い職種であることから、「みなし公務員」として、公務員と同じような待遇を受けられます。

知を愛し、学問を深く希求する哲人の姿になぞらえて、自らをアカデミアと称することがあります。これは紀元387年頃、哲学者プラトンが創設した学園名に由来します。

平均年収549万円

市役所職員は、地方自治体の市役所で一般行政職や技術職に従事する地方公務員です。政令指定都市では人口が多いため区役所職員がその役割を担います。

一般行政職は戸籍や住民票に関する窓口業務などの事務を、技術職は道路工事や都市計画などに関するサポート業務を行います。市民と直接触れ合う仕事であり、地域住民の役に立っていることを肌で実感できる、やりがいのある仕事です。

多くの自治体では受験資格の中に住所要件を設けていないため、勤め先の自治体に住まずに、近隣の自治体から通勤することもできます。また、女性の育児休暇の取得率が99.1%と、女性が働きやすい職場であるといえます。

平均年収706万円

食品メーカー研究職は、原料を食品に加工する食品メーカーで、新商品や食品素材の開発・研究を行う職業です。健康志向の高まりを受けて、各メーカーが得意とする食品開発技術を応用し、健康食品や機能性食品、美容関連食品、サプリメント、医薬品など、より付加価値の高い商品を開発しています。

食品メーカーの研究開発は大きく、【基礎研究】【応用研究】【開発研究】の3つに分かれます。基礎研究では新素材の研究開発を行い、応用研究では新たに開発された素材を商品に応用できるかどうかを研究します。そして、開発研究では、基礎・応用研究で得た知識をもとに、実際に新商品の開発を行います。食品メーカー研究職は、これらの研究開発全てに関わります。

大学などの研究機関で勤務する研究職とは違い、最終的には商品化がミッションであるため、商品開発を見据えた研究活動が行われています。また食品を扱うことから衛生管理やアレルギー対策、栄養バランス、美味しさ、香り、消費期限、食品添加物などへの配慮も欠かせません。

平均年収348万円

農家とは、食用の米や野菜、果物、観賞用の花やハーブなどを育てて出荷する職業です。

土づくりから始め、種まきや田植え、収穫まで、私たちの日々の食卓に並ぶ食材をつくり育てています。農作物の生産の他、出荷作業や農業機械の操作実習、営業や販売業務など、生産から販売まで幅広い業務をこなします。また、より美味しい農作物を安定して収穫できるよう、品種改良や栽培方法の研究なども行います。「減農薬栽培」「無農薬栽培」「有機栽培」など、生産方法も多様化しています。

最近では農業法人として安定的な経営基盤を構築することで、人材を確保する動きが活発になってきています。