「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

初任給22万円 平均年収323万円

ディスパッチャーとは、航空機の運航に関わる情報を収集し、「フライトプラン」を作成する職業です。“地上のキャプテンとも呼ばれる運航管理のエキスパートで、ディスパッチャーなくして安全なフライトは実現しません。

ディスパッチャーが収集する情報は、目的地の気象情報や機体の整備情報、乗客および搭載貨物の重量などです。これらを元に、航空機を安全に定時運行させるためのフライトプランを立て、パイロットと情報共有します。離陸後は、気象情報や機体の揺れをリアルタイムで観測し、パイロットに指示を出します。

ディスパッチャーは、自分の仕事が安全運行に直結する職業です。お客様の命を預かる立場から、大きな責任感とプレッシャーに耐えうる精神力が求められます。なお、ディスパッチャーとして働くには、国土交通省が行う「運航管理者技能検定」と「航空無線通信士」という資格が必要です。

ディスパッチャーの仕事内容

  • 気象情報などを分析し、フライトプランを作成します
  • 運行中に機体の監視・サポートを行います
  • 運行後はパイロットとミーティングを行い、フライトに問題がなかったか確認します

ディスパッチャーの業務スキル

  • 優れた情報収集力
  • 数ある情報から正解を導き出す力
  • 実現可能性の高いプランニング力
  • いかなる事態にも動じない精神力
  • 合理的な判断ができる決断力
  • ささいな変化も見逃さない観察力
  • 人と空の安全を守る気概

ディスパッチャーの専門知識

  • 気象学の知識
  • 航空法の知識
  • 航空機の知識
  • 無線関連の操作知識

ディスパッチャーの実務能力

  • 情況把握力
  • 分析力
  • 目標設定力
  • 仮説設定力
  • 判断力

ディスパッチャーの基礎能力TOP3

  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力
  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

ディスパッチャーの働く場所

  • 空港

ディスパッチャーの作業方法とツール

  • パソコン

ディスパッチャーの活動内容

  • フライトプランの作成
  • フライトウォッチ
  • パイロットの運行サポート

ディスパッチャーの人間性

  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 強い意志で理想を実現する人
  • コミュニケーションが得意な人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人

ディスパッチャーの給与

初任給:22万円
平均年収:323万円

参考:
初任給:22.23万円(企業規模1000人、20~24歳)
平均月給:25.23万円(企業規模1000人、年齢計)
平均年収:323.05万円(賞与:20.29万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

Indeed からの求人
ロードコントローラー

Peach Aviation株式会社 - 大阪府 泉南郡 田尻町 関西空港駅

がらディスパッチャーを目指していただきます。ディスパッチャーになるための第一関門は国家資格の取得ですので、会社も全面的にサポートします。既に数名が国家試験に合格し、ディスパッチャー...

話応対・データ入力

有限会社 サイクレックス - 東京都 港区 西麻布

躍して頂きたいと考えています。 お客様の依頼に合わせメッセンジャーを手配する為に、ディスパッチャー(配車係)と呼ばれるセクションとの掛け合いがあるのですが、そのやり取りも慣れてくる...

Driver Trainer, AMZL

Amazon Japan G.K. - 東京都 府中市

Responsibilities: ・ドライバートレーナーは、ドライバーリソースマネージャー、ディスパッチャー等と協力して、ドライバーに関するトレーニングを調整、実施し、効果測定し...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収488万円

航空整備士は、航空機の点検や整備を行う職業です。整備した航空機について、強度や構造、性能が、国の定める安全基準に適合していることを確認するのも重要な仕事内容のひとつです。ちょっとした不注意が大事故につながりかねないため、重大な責任を負いながら、慎重に丁寧に確認作業を進めます。

航空整備士の資格には、一等航空整備士、一等航空運航整備士、二等航空整備士、二等航空運航整備士があり、航空機の種類や等級により携わる業務範囲が決まります。航空整備士になるには国家試験に合格する必要があります。高校卒業後、専門学校や大学の理工系学部に進学し、航空整備会社などで実務経験を積んだ後、受験するのが一般的です。

LCC(格安航空会社)の需要増加や、初の国産ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の開発により、国内の航空整備拠点における整備士の需要が、今後さらに高まると予想されます。

平均年収965万円

航空機パイロットは、旅客機や貨物機を操縦し、人や貨物を目的地まで安全に運ぶ仕事です。

出発前に気象データや空港の状態、航空機の整備状況などを把握し、機長と副操縦士の二人で分担して離陸の準備をします。
客室内の準備が整い、離陸の指示がでたら離陸します。
飛行中はフライトプランを基に、航空管制官と連絡を取り合いながら安全な航行を確保します。
着陸後は、飛行中の機体状態を整備担当者に共有し、フライトの振り返りと飛行日誌の記入を行います。

最近は自動運転システムの発展により、運転は比較的容易になっています。
パイロットへの負担が軽減される一方、従来より安価なプライベートジェットなどの開発も進み、航空機パイロットの需要がより一層進むものと思われます。

平均年収497万円

キャビンアテンダント(客室乗務員)は、旅客機に搭乗し、乗客が快適に過ごせるようサービスを提供したり、保安管理を行う仕事です。

旅客機へ搭乗する前に、運行管理者やパイロットとミーティングを行い、気象データやフライトプランなどを確認します。搭乗したら客室の準備を行い、乗客を迎え入れます。
乗客が搭乗から降りるまでの間、安心かつ快適に過ごすことができるよう、機内設備や機器の説明から運行状況のアナウンス、飲食や新聞・雑誌の提供を行います。
また乗客の安全を守ることも大切な仕事の一つで、パイロットと連携し機内での注意事項や緊急時の説明、急病人への救急処置や緊急時の誘導など行います。

キャビンアテンダントというと女性のイメージが強いですが、近年ではハイジャックなど緊急事態の際、より有効に対応できる男性のキャビンアテンダントの必要性が高まっています。