「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

初任給32万円 平均年収816万円

プロブロガーとは、自身のブログに専門的な記事を書いてアクセスを集め、広告を貼ったり、記事本文に対して課金したりして収入を得る職業です。

広告により収益を得るということではアフィリエイターと似ていますが、違いもあります。アフィリエイターが、広告する商品のための記事を書くことを目的としているのに対して、ブロガーは広告に関係なく、自身の興味や読者のニーズに沿って記事を書き、ブログを軸にしてさまざまな形で収益を発生させることが目的となります。得意とする専門分野の記事を公開し、広告を掲載したり、記事の閲覧自体を有料にしたり、自身のブログに企業の記事広告を書いたりして、収益を得ることができます。

その他にも、得意分野に関連した情報サイトやWEBメディアへコラムを提供したり、ブログに関する知識やノウハウを活かしたセミナーやコンサルティングを行うこともあります。

業務内容

  • 趣味や自分の専門分野に関しての情報を投稿するためのブログを開設します。
  • Google Adsenseなどのコンテンツ連動型広告を扱う事業者へ登録を行い、広告専用のタグを埋め込み、ブログ記事に広告を掲載します。
  • 掲載後にはサイトのアクセス数や読者の行動分析を行い、訪問者が増加するようにSEO対策を行ったり、より関心を引くような記事を作成したりしてトラフィックの改善を行います。
  • ブログにアクセス権限やパスワードを設定することにより、記事閲覧を有料化します。
  • 特集記事を別途PDFや「note」などのコンテンツ・プラットフォームにまとめて販売します。
  • 企業や他のブロガーからの依頼により、自身のブログに記事広告を書きます。
  • 質の良い記事を公開し読者を増やすことで、他の情報サイトやWEBメディアなどから記事寄稿依頼がくることもあります。
  • 人気ブロガーになると、ブログに関連するマーケティング知識やコンテンツ制作ノウハウを活かしたセミナーやコンサルティングを行うこともあります。

業務スキル

  • WEBマーケティング
  • ブログサイト構築
  • サイト運営
  • アクセス解析
  • ライティング
  • 写真や動画の撮影
  • 画像や動画の編集
  • SNSの運営

専門知識

  • WEBデザイン
  • コピーライティング
  • マーケティング理論
  • 専門分野に関する深い知識
  • SEO
  • CMS

実務能力

  • マーケティング力
  • 自己管理力
  • 創造力
  • 実行力
  • 主体性
  • 文章作成力
  • 表現力
  • 洞察力、察知力

基礎能力TOP3

  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • 創造力:新しい価値を生み出す力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

働く場所

  • 自宅
  • 個人事務所
  • カフェ

作業方法とツール

  • デジタルカメラ
  • スマートフォン
  • ブログ作成ツール
  • パソコン
  • ビジネスチャットツール
  • メール
  • Microsoft Office
  • 画像編集ソフト
  • 動画編集ソフト
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール

活動内容

  • 企画検討
  • ネタ集め
  • 取材
  • 構成
  • 執筆
  • 校正
  • 写真撮影
  • 画像編集
  • 動画撮影
  • 動画編集
  • 入稿
  • アクセス解析
  • SEO施策

人間性

  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
  • 強い意志で理想を実現する人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

キャリアステップ

  • フリーライター
  • 編集者
  • 経営コンサルタント

給与

初任給:32万円
平均年収:816万円

参考:
初任給:32.61万円(企業規模計、20~24歳)
平均:54.06万円(10人以上、年齢計)
平均年収:816.95万円(賞与:168.23万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

推奨資格

  • ビジネス著作権検定
  • Webリテラシー試験
  • Webライティング能力検定
  • WEBライティング技能検定
コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

更新履歴
  • 2019年05月29日 20:15
    「要約説明」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「業務内容」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「要約説明」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「業務スキル」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「専門知識(ナレッジ)」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「実務能力」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「働く場所」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「作業方法とツール」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「活動内容」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「人間性」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「キャリアパス(ステップ)」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「関連する職業」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「給与レンジ(初任給月額)(万円)」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「給与レンジ(平均年収)(万円)」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「給与レンジ(備考)」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「付帯条件・制限」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「就業者数推定」を更新しました
  • 2019年05月29日 19:26
    「SEOキーワード」を更新しました
  • 2019年02月27日 10:06
    「付帯条件・制限」を更新しました
  • 2019年02月25日 13:04
    「給与レンジ(平均年収)(万円)」を更新しました
  • 2019年02月22日 12:54
    「業務スキル」を更新しました
  • 2019年02月18日 16:36
    「画像」を更新しました
  • 2019年02月18日 16:36
    「業務内容」を更新しました
  • 2019年02月18日 16:36
    「付帯条件・制限」を更新しました
  • 2019年02月18日 16:36
    「掲載状態」を更新しました
もっと見る閉じる
関連する職業
平均年収465万円

カメラマンとは、新聞社や出版社、広告代理店、WEBメディアなどから依頼を受けて、主に商業用の写真を撮る職業です。動画カメラマンと区別するために、”フォトグラファー”とも呼ばれます。

多くのカメラマンが自身の専門分野を持っており、新聞などに載る報道写真やポスターなどの広告用の写真、スポーツ選手の一瞬の動きを捉えるスポーツ写真、風景写真、動物写真など、さまざまな分野で活躍することができます。

なかには、戦場の様子を世界に伝えることを専門にしている戦場カメラマンなどもおり、優れた報道に贈られる米国のピューリッツァー賞を獲得している日本人戦場カメラマンもいます。

平均年収679万円

Webデザイナーは、WebメディアやECサイト、アプリなどのページのデザインやコーディングを行う職業です。

ディレクターが作成したサイトマップやワイヤーフレームを確認しながら、依頼者のイメージや目的に合ったデザインを作成します。デザインだけでなく、実際にWebサイトを表示するためのコーディングも行います。さらに、システムエンジニアやプログラマーと協力しながらWebサイトやアプリを完成させます。

最近では、CMSやクラウドサービスなどによりWEBサイトの立ち上げが容易になっており、デザインセンスもさることながら、UI(ユーザーインターフェイス)やUX(ユーザーエクスペリエンス)を考慮したユーザービリティの高いデザインが求められています。

インスタグラマーとは、写真共有SNSの「Instagram」にプライベートの写真を投稿したり、企業からの依頼により商品紹介をしたりすることでスポンサー収入を得る職業です。

自身の特技やビジュアルを生かした”インスタ映え”する写真を撮影する技術と、編集アプリなどを活用した画像加工技術が求められます。とくにフォロワー数や閲覧数が多く、たくさんの人に影響力を持つユーザーをインフルエンサーと呼び、得意分野に関連した専門誌やWEBメディアへコラムを提供したり、セミナーやコンサルティングを行ったりすることもあり、Instagramを軸にしつつも仕事内容は多岐に渡ります。

インスタグラマーになるには、一般的に1万人以上のフォロワーが必要だといわれます。各ジャンルのトップインスタグラマーは何百万人というフォロワーを抱え、その道のオピニオンリーダーとなっています。

YouTuberとは、オリジナルの動画を制作したり、企業と契約して商品紹介動画を制作したりして、動画共有サイトの「YouTube」に投稿する職業です。

オリジナル動画を撮影し編集したら、広告を設定してYouTubeへ投稿します。これにより、広告収入を得ます。また、知名度の高いYouTuberの場合、メーカーなどの企業と契約を結び、コマーシャル動画や商品紹介動画を制作する人もいます。これにより、企業からスポンサー料を得ることができます。

他のYouTuberとの差別化や個性が重要なため、音楽やスポーツなどの特技を極めたり、奇抜なビジュアルで個性を演出したりするなど、さまざまなYouTuberがおり、子供の憧れの職業として注目を集めています。

平均年収816万円

フリーライターとは、組織に所属せずフリーランスで新聞や雑誌、WEBメディアなどの記事を書く職業です。

企画のコンセプトや読者層を把握し構成を考え、文章を書くだけでなく、必要に応じてインタビューや写真撮影を行い記事を作成していきます。クラウドソーシングプラットフォームに登録したり、企画を出版社やメディア企業へ売り込んだり、SNSなどで実績(ポートフォリオ)を発信したりして、仕事を獲得していきます。読者や時代にマッチした記事を作成するために、日頃から世の中の変化にアンテナを張り、トレンドを把握しておくことが求められます。

最近では写真撮影も兼務するカメライターや、SNSなどで活躍するインフルエンサーなどもフリーライターとして参入してきています。

平均年収679万円

イラストレーターとは、ゲームのキャラクターや本のカバー、挿絵、Webサイトのイメージ、アイコンなど、さまざまなイラストを作成する職業です。

手書き、またはグラフィックソフトを使用して作品を制作します。独自のタッチやセンスは求められますが、イラストを使用する商品のコンセプトや依頼者の要望を把握し、ニーズに合った表現をする能力が求められます。

最近では、ソーシャルゲームやカードゲームなど、多数のキャラクターやアイテムを使用するサービスが多くなったことで、イラストレーターの需要も増加しています。作品をSNSで紹介して仕事の受注に繋げるなど、フリーランスで活躍するイラストレーターも増えています。