「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

空港案内・旅客サービス

初任給21万円 平均年収286万円

空港案内・旅客サービスは、空港ビル内の案内所で働く総合サービススタッフです。フライトインフォメーションの情報提供や施設案内、遺失物の捜索から迷子の呼び出し案内など、その仕事は多岐にわたります。

案内業務に加え、周辺エリアの交通案内や在来線、リムジンバスの乗車券も販売します。案内所によっては、ホテル予約を請け負うこともあります。さらに国内・国外旅行保険を取り扱う案内所もあり、旅客の空の旅を総合的にサポートします。

空港案内・旅客サービスに必須資格はなく、未経験でも挑戦しやすい仕事といえます。ただし、国際ターミナル内の案内所で働く場合は、一定の語学力が求められます。英語・中国後・韓国語のいずれかに長けている人は、採用されやすくなります。

空港案内・旅客サービスの仕事内容

  • 航空機の運航状況を案内します
  • 発着便の時刻を案内します
  • 空港ビル内の施設案内を行います
  • 空港ビル内の販売物を案内します
  • 遺失物を捜索します
  • 周辺エリアの交通案内を行います
  • 迷子の呼び出し案内を行います
  • ホテル予約を請け負います
  • 各種乗車券を販売します
  • 各種傷害保険を取り扱います

空港案内・旅客サービスの業務スキル

  • 日本の“おもてなし”を具現化するきめ細やかな接客
  • 旅客のニーズを瞬時に察知する状況把握力
  • 誰にでもわかりやすく案内・説明できる情報伝達力
  • 他スタッフとのスムーズな連携を実現する協調性
  • 当該空港の国内・国際線知識
  • 英語・中国語・韓国語などの語学力(日常会話レベル)

空港案内・旅客サービスの専門知識

  • 主要各国の語学知識
  • 国内・国際線知識

空港案内・旅客サービスの実務能力

  • 接客力
  • 情況把握力
  • フォローアップ力
  • 傾聴力
  • コンサルティング力

空港案内・旅客サービスの基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

空港案内・旅客サービスの働く場所

  • 空港

空港案内・旅客サービスの作業方法とツール

  • パソコン
  • スマートフォン
  • 筆記用具
  • ノート

空港案内・旅客サービスの活動内容

  • 施設案内
  • 交通案内
  • 遺失物捜索
  • ベビーカーや車椅子の貸し出し
  • 各種販売業務
  • 迷子対応

空港案内・旅客サービスの人間性

  • 相手を思いやり献身的に尽くす人
  • コミュニケーションが得意な人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人

空港案内・旅客サービスの給与

初任給:21万円
平均年収:286万円

参考:
初任給:21.37万円(企業規模計、20~24歳)
平均:22.28万円(10人以上、年齢計)
平均年収:286.54万円(賞与:19.18万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

空港案内・旅客サービスの推奨資格

  • TOEIC
  • 実用英語技能検定
  • ハングル能力検定
  • 手話技能検定
  • サービス介助士
Indeed からの求人
空港グランドスタッフ(旅客カウンターなど)/海運・鉄道・空輸・陸運業界のフライトアテンダント(CA・FA)・グランドスタッフ

株式会社 Kスカイ - 東京都 大田区

して 羽田空港や関西国際空港旅客サービスや航務サービスを展... 仕事内容:空港における旅客サービス業務または航務サービス業務をお任せします。《 旅客サービス業務(羽田空港・関西国際空港...

空港グランドスタッフ(旅客カウンターなど)/海運・鉄道・空輸・陸運業界のフライトアテンダント(CA・FA)・グランドスタッフ

株式会社 Kスカイ - 大阪府 泉南郡 田尻町

して 羽田空港や関西国際空港旅客サービスや航務サービスを展... 仕事内容:空港における旅客サービス業務または航務サービス業務をお任せします。《 旅客サービス業務(羽田空港・関西国際空港...

2020 新卒採用 空港サービス 、 空輸、サービス(その他)

ANA大阪空港株式会社 - 大阪府

募集業務 (1)旅客サービス業務(航空券の予約・発券・搭乗手続き、搭乗案内・到着案内等) (2)グランドハンドリング業務... ついて 【旅客サービス業務】 「空港の顔」ともいえる旅客スタ...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収323万円

空港管理・運営職員は、空港ビル運営におけるさまざまな業務に携わる職業です。旅客ターミナルの建設・運営をはじめ、テナント物件の不動産賃貸や直営レストラン・ショップの運営、駐車の管理運営など、業務は多岐にわたります。

人によっては、航空会社の担当スタッフを任されます。空港ビルに新たな航空会社の新規誘致を行ったり、民間企業や自治体とPR活動を打ち出したりと、マーケティング業務に携わることもあるでしょう。基本はビル管理会社の従業員として働くため、事務仕事が中心です。

空港管理・運営職員は、配属先によって求められる知識・スキルが異なります。必須と呼べる資格もなく、“空の玄関口”を盛り上げる気持ちさえあれば、誰でも従事できます。ただし、語学力があると就職活動で有利に働きます。航空会社の担当スタッフになった場合、セールス目的の海外出張が増えるためです。自身の語学力を活かし、グローバルに働きたい人にもおすすめします。

平均年収312万円

空港警備員は、空港内における警備・保安のスペシャリストです。「警備業務」「検査業務」「接客業務」を中心に、利用客と空の安全を守ります。

「警備業務」は、空港内のパトロールがメインです。不審者や盗難被害、置き引きなどのトラブルを未然に防ぐべく、365日24時間体制で巡回します。また「検査業務」とは、保安検査場や手荷物カウンターで行う「手荷物検査」のことです。機内に危険物を持ち込まぬよう、検査には細心の注意を払います。

迷子や落とし物の捜索など、利用客と直に接する場面は少なくありません。これは「接客業務」に相当し、困っている人を助けるのも空港警備員の仕事です。なお、空港警備員の多くは、民間企業の従業員です。警備保障会社が求人を出しているため、興味のある人は探してみましょう。

平均年収278万円

グランドスタッフとは、空港での接客業務に従事する職業です。広義においては、航空整備士やキャビンアテンダントもこれに含まれますが、搭乗カウンター・搭乗ゲートで接客を行うスタッフをグランドスタッフと呼ぶのが一般的です。

グランドスタッフの業務内容は、「搭乗手続き」「搭乗案内」「荷物管理」の3つに大別できます。「搭乗手続き」は、チェックインカウンターで航空券の発行、座席の指定、乗り継ぎ案内を行います。さらにパスポートやビザの確認、荷物の計量、必要に応じて超過手荷物料金のお預かりも行います。

搭乗ゲートで「搭乗案内」を行うのも、グランドスタッフの仕事。出発時刻になっても見当たらないお客様は、アナウンスで呼びかけたり、空港内を走り回って探したりします。見かけによらず、体力勝負な職業ともいえます。

グランドスタッフの中には、「手荷物係」として配属される人もおり、万が一、お客様の荷物が紛失、破損した場合、「手荷物係」が対応をします。荷物の捜索、補償、修理など、後の対応をお客様と話し合います。空港には、イレギュラーな事態がつきものです。不測の事態が発生しても、お客様のスムーズな搭乗をサポートするのが、グランドスタッフの使命といえます。

平均年収541万円

税関職員は、主要な空港や港に設置されている税関で、輸出入の通関や密輸入の取り締まりを行う職業です。

私たちにもっとも身近な税関職員のごとは、空港の入国カウンターでの手荷物検査です。銃や薬物など違法な物品の密輸を取り締まる監視と、一定額以上のお土産に課される税の徴収を行っています。税関職員になるには、国家公務員試験に合格したうえで、選考を経て採用されることが必要です。

試験は進みたいキャリアによって、幹部候補で転勤ありの総合職と、転勤のない一般職の2つにに分かれており、国家公務員総合職試験を受験するには大卒以上の学歴が必要です。国家公務員一般職試験は高校卒業以上で受験することができます。

グローバル化の進展でヒト・モノ・カネが国境を越えて移動する機会が増えており、テロ対策強化などの必要性も増す中で、税関職員の需要・存在感は増しています。

平均年収497万円

キャビンアテンダント(客室乗務員)は、旅客機に搭乗し、乗客が快適に過ごせるようサービスを提供したり、保安管理を行う仕事です。

旅客機へ搭乗する前に、運行管理者やパイロットとミーティングを行い、気象データやフライトプランなどを確認します。搭乗したら客室の準備を行い、乗客を迎え入れます。
乗客が搭乗から降りるまでの間、安心かつ快適に過ごすことができるよう、機内設備や機器の説明から運行状況のアナウンス、飲食や新聞・雑誌の提供を行います。
また乗客の安全を守ることも大切な仕事の一つで、パイロットと連携し機内での注意事項や緊急時の説明、急病人への救急処置や緊急時の誘導など行います。

キャビンアテンダントというと女性のイメージが強いですが、近年ではハイジャックなど緊急事態の際、より有効に対応できる男性のキャビンアテンダントの必要性が高まっています。