「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

初任給-平均年収-

楽師(がくし)とは、日本の古典音楽である雅楽の演奏者です。神事を執り行う際、笙(しょう)、琵琶(びわ)、龍笛(りゅうてき)、和琴(わごん)、太鼓などの和楽器により、さまざまな古典音楽を演奏します。身近な例では、神社や和装結婚式の神前挙式において、伶人の生演奏を聴くことができます。

その歴史を遡ると、楽師という職業の功績が見えてきます。明治時代、宮内省(後の宮内庁)に設置された「雅楽局(後の宮内省雅楽部)」において、一部の楽師達が雅楽と西洋音楽の融合を試みます。結果、日本の国家として歌われる「君が代」が誕生しました。

楽師になる最初のステップは、雅楽演奏家に弟子入りし、修行を積むことです。独立後は楽師だけでなく、雅楽演奏家や講師などの選択肢もあります。

楽師の業務スキル

  • 卓越した和楽器の演奏技術

楽師の専門知識

  • 日本の古典音楽に関する知識
  • 和楽器に関する専門知識
  • 神道全般の知識

楽師の実務能力

  • 表現力
  • 想像力
  • 手先の器用さ
  • 集中力
  • 粘り強さ

楽師の基礎能力TOP3

  • 創造力:新しい価値を生み出す力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

楽師の働く場所

  • 神社

楽師の活動内容

  • 和楽器の演奏
  • 稽古指導
  • 楽器制作

楽師の人間性

  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
Indeed からの求人
案内係 劇場係 楽屋係

新橋演舞場 - 東京都 中央区 築地市場駅

職種 (A)案内係 (B)劇場係 (C)屋係 雇用形態 アルバイト... 接客サービス及び運営サポート (C)屋内における諸業務全般 (屋受付、舞台・屋内清掃、備品管理等) 勤務地 新橋演...

正社員・宮古島|ホテル総合職

the rescape(ザ・リスケープ) - 沖縄県 宮古島市

しむ力」。UDSで働く社員の大 きなキーワードです。決してな仕事ではありません。ですが、 やりたいと手を上げれば応援してくれる環境があります。しむ ため、しませるため、全力...

新しいクリニックの*受付事務スタッフ

ヒロクリニック - 神奈川県 川崎市 中原区

オープンのクリニック アクセス々 日勤のみ 週休2.5日制... 電子カルテ入力・清掃など。 ※電子カルテを導入しており、入力々です。 スムーズに治療や診療が受けられるようにサポート...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収323万円

巫女とは、特定の神社に所属し、神様に仕える女性のことです。普段は神職の業務補佐を務め、神事においては“神楽”を舞うのが仕事です。神職ではないものの、適切な服装や身だしなみ、振る舞いが求められます。

主な業務内容として、境内の清掃、参拝者の対応、神職の手伝い、おみくじ・お守りの在庫管理、神事における神楽・舞などがあります。一見おしとやかなイメージがありますが、見た目以上に体力のいる職業です。参拝者が増える年末年始は多忙を極め、それに合わせて求人も増える傾向にあります。

巫女になる絶対条件は2つ、「女性であること」「10代後半〜20代後半までの若い女性であること」です。年齢条件に関しては、巫女の定年年齢に理由があります。神社によりますが、早ければ22歳〜23歳、遅くても30歳を定年年齢に設けるのが一般的だからです。これにより、本職の巫女は極めて少なく、多くが「助勤」あるいは「助務」という名目の“アルバイト巫女”となります。

平均年収423万円

神主とは、古来より神社に祀られた神様に仕え、奉仕する宗教職のことです。参拝者への対応や社務所での受付、祭祀・儀式の執行、施設の維持管理など、神主の仕事は多岐にわたります。さらにおみくじの発注やWebサイトの更新、社内報の作成など、パソコンを用いた事務仕事を担うこともあります。

神主には「職階」という役職順位が存在します。階級が高い順から、各神職や巫女をまとめる「宮司」、宮司の代理職にあたる「権宮司」、宮司を補佐する「禰宜(ねぎ)」、一般的な社務に従事する「権禰宜(ごんねぎ)」となります。これは一般企業の社長、副社長、部長~課長、社員といった役職順位に近い仕組みです。

神主として働くには、神道系大学および神職養成所を卒業し、「神社本庁」が発行する「神職資格」を取得しなければなりません。その後、人づてを頼って奉職先を見つけるのが一般的です。

住職は、寺院の最高責任者として住み込みでお寺の管理や維持、運営を行う職業です。

僧侶を取りまとめて葬儀や法事で読経を行うなどして故人を供養し、安らかに成仏させる役割を担います。僧侶から住職になるためには、まず僧侶になる必要があります。僧侶になるには、まず自身のなかで仏教への理解や信仰心を深めたうえで、仏門に入る許可を得るための得度と呼ばれる儀式を受けます。仏教への知識を深めるためには仏教系の専門学部のある大学で学ぶことが一般的です。得度を受けた後に、寺院に奉職し厳しい修行を終えると晴れて僧侶になることができます。

これまで寺院の大きな収入源であったお布施や檀家制度は、だんだんと時代に合わなくなってきました。もっと気軽に仏教に親しんでもらうため、マインドフルネスやメンタル・マネジメントの観点などと合わせて勉強会やイベントを開く住職や僧侶もいます。