「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給24万円 平均年収408万円

プロボディデザイナーとは、美容や健康を目的として、他人の身体作りをサポートする職業です。“プロボディデザイン”と呼ばれる美容造形術の施術師を指す場合もありますし、ヨガや筋力トレーニングを用いいたトレーナーを指すこともあります。

前者の場合、整体、骨格矯正、スポーツマッサージ、エステティックなどの技術を応用し、女性の身体をデザインするマッサージメソッドを用います。骨格、筋肉、皮膚、筋膜、リンパをコントロールし、利用客が求める理想の身体作りをサポートします。後者の場合はヨガや食事指導、ストレッチ、筋力トレーニング、ときには瞑想を用いて指導を行います。

一般的な整体師やマッサージと違うのは、“治療”ではなく“ボディデザイン(身体作り)”を目的とすることです。よって各種民間療法の実践スキルに加え、人体構造の知識、食事や栄養管理の知識などが求められます。

プロボディデザイナーの仕事内容

  • プロボディデザインによる身体作りをサポートします
  • 運動方法を指導します
  • ヨガや瞑想を指導します
  • マッサージを行います
  • 利用客一人ひとりに栄養管理方法や食事メニューを指導します
  • 知名度向上にともない書籍を出版することもあります

プロボディデザイナーの業務スキル

  • 利用客とコミュニケーションを取り、問題点を見極める課題発見力
  • 丁寧にヒアリングし、最適なプランを提示する提案力
  • 激しい運藤や、指や腕を酷使する仕事に耐えうる体力
  • 利用客の悩みやコンプレックスを解消したいという責任感
  • さまざま民間療法の実践スキル
  • 些細な変化に気がつける観察眼

プロボディデザイナーの専門知識

  • 民間療法の専門知識
  • 人体構造の基礎知識
  • 栄養学の知識
  • 心理学の知識

プロボディデザイナーの実務能力

  • カウンセリング力
  • 体力
  • 手先の器用さ
  • 課題発見力
  • フォローアップ力

プロボディデザイナーの基礎能力TOP3

  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力

プロボディデザイナーの働く場所

  • サロン
  • スタジオ
  • ジム

プロボディデザイナーの作業方法とツール

  • パソコン
  • スマートフォン
  • SNS
  • ヨガマット
  • ヨガウェア
  • ブログ
  • 筆記用具
  • ノート

プロボディデザイナーの活動内容

  • ボディデザイン
  • コンサルティング業務
  • 情報発信
  • 書籍執筆

プロボディデザイナーの人間性

  • 相手を思いやり献身的に尽くす人
  • コミュニケーションが得意な人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人

プロボディデザイナーの給与

初任給:24万円
平均年収:408万円

参考:
初任給:24.86万円(企業規模10人、20~24歳)
平均:28.52万円(企業規模10人以上、年齢計)
平均年収:408.46万円(賞与:66.22万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

プロボディデザイナーの推奨資格

  • AEA認定エステティシャン

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収330万円

ヨガインストラクターは、ヨガの正しいポーズや呼吸法などを指導し、生徒の心と身体の健康をサポートする職業です。

ヨガのポーズには様々な効果があり、それらの解説をしながら、自ら実演しアドバイスをします。また、生徒の年代や健康状態などに合わせて、指導計画を練り、ヨガの楽しさを伝えていきます。

ヨガサロンで社員として働く以外にも、フリーランスとしてスポーツジムや老人ホームなど、さまざまな場所で出張レッスンを行うインストラクターもいます。人気のインストラクターになると、個人サロンを開業したり、本を出版したりして、大きな収入を得ることも可能です。

平均年収298万円

エステティシャンは、フェイシャルやボディなどの部位ごとに全身の手入れを行う仕事です。

お客様の要望やライフスタイルの確認を行い、肌の状態や普段のケア方法などを細かく把握します。
サロンでの施術とともに、生活習慣とケア方法の改善を提案し、フェイシャルエステ、ボディケア、脱毛など行います。
お客様に合ったスキンケア商品を販売したり、キャンペーンやイベントを案内することも業務のひとつです。

また、お客さまにリラックスしてもらうため、施術中の会話やサロンの空間づくりなどに配慮することも大切です。
エステティシャンは約70,000人いると言われており、エステティックサロンの他、ブライダルサロンや美容室、ホテルなど幅広い活躍の場があります。

平均年収417万円

カイロプラクターとは、「カイロプラクティック」という手技療法によって、骨格のゆがみ、とくに背骨の機能異常を調整することで神経の働きの回復を促進する職業です。「カイロプラクティック」は医学的な治療とは異なり、自然治癒力を高めることを目的にした施術で、日本では厚生労働省によって「医業類似行為」に分類されています。

カイロプラクターになるには、国家資格は必要ありませんが、専門技能を身につけるための講座を受講して民間資格を取得し、カイロプラクティック専門のサロンや施術院、整骨院で働くのが一般的です。

日本ではまだ認知度が低い職業ですが、アメリカではカイロプラクターになるには政府認定の大学で博士号を取得し、国家試験に合格しなければならないので、「カイロプラクター=ドクター」という認識が広まっています。

平均年収410万円

スポーツインストラクターとは、スポーツジムやフィットネスクラブ、競技団体などで、利用者に対しスポーツやエクササイズの指導を行う職業です。

身体のスタイルを美しく保ちたい、健康増進、ストレス解消したいといったさまざまな目的でトレーニングをする人に対して、水泳・ヨガ・ダンスなどの指導やトレーニングプログラムの企画・構成、ケガなどが起きないよう安全面での指導、施設運営にかかわる事務仕事などを行います。

スポーツインストラクターになるには、とくに必須の資格はなく、スポーツジムやフィットネスクラブに就職することでスポーツインストラクターとして働くことができます。人気のあるスポーツインストラクターは、パーソナルトレーナーとして独立したり、スポーツチームの専属インストラクターになるという道もあります。