「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

防災・危機管理コンサルタント

初任給-平均年収410万円

防災・危機管理コンサルタントとは、行政組織や企業の防災計画を支援する職業です。災害対策マニュアルの作成、事業継続計画(以下、BCP)の策定・改訂、防災研修・訓練指導の実施、関連書類作成・届け出を中心に、さまざまな防災関連業務の作成支援を行います。

企業の防災計画には、自然災害に備えて人命および企業資産を守る防災と、有事の際に事業を継続するためのBCPの策定、双方が求められます。一方で、これらの業務は専門性が高く、外部にアウトソーシングする企業が増えています。それを一括して請け負うのが防災・危機管理コンサルタントです。

防災・危機管理コンサルタントに特定の資格は不要です。ただし、自ら消防設備の設置工事、保守・点検を行う場合には、消防設備士または消防設備点検資格者の資格が必要です。災害大国と呼ばれる日本において、今後もニーズが高まる職業と考えられます。

防災・危機管理コンサルタントの仕事内容

  • 社内向け防災マニュアルの策定支援を行います
  • BCPの策定・改訂支援を行います
  • 防災研修・訓練指導を行います
  • 消防設備点検・保守を行います
  • 消防設備の設置工事を行います
  • セカンドオピニオンや顧問として、BCP運用のアドバイスを行います
  • 防災グッズに関する企画・監修を請け負います

防災・危機管理コンサルタントの業務スキル

  • クライアントの防災計画の課題を引き出すヒアリング力
  • 説得性の高い提案を実現するプレゼン力
  • グループワークを円滑に進めるためのファシリーテーション能力
  • 常に最新の防災・危機管理分野における情報を蓄える情報収集能力
  • 適切な対応力を身につけさせる指導力
  • 人命と企業資産を守る責任感

防災・危機管理コンサルタントの専門知識

  • 最新の防災・危機管理に対する専門知識
  • 消防法に関する知識

防災・危機管理コンサルタントの実務能力

  • 傾聴力
  • コンサルティング力
  • フォローアップ力
  • 指導力
  • 情況把握力

防災・危機管理コンサルタントの基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力

防災・危機管理コンサルタントの働く場所

  • 防災関連会社
  • クライアント企業
  • 行政機関

防災・危機管理コンサルタントの作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • タブレット端末
  • スマートフォン
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • 手帳やスケジュール管理ソフト

防災・危機管理コンサルタントの活動内容

  • 防災・危機管理の総合コンサルティング業務

防災・危機管理コンサルタントの人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 社交的で感性豊かな人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人

防災・危機管理コンサルタントの給与

平均年収:410万円

参考:
平均:30.09万円(10人以上、年齢計)
平均年収:410.69万円(賞与:49.61万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

防災・危機管理コンサルタントの推奨資格

  • 防火管理者
Indeed からの求人
リスクコンサルタント

SOMPOリスクマネジメント株式会社 - 東京都 新宿区 西新宿

動対応マニュアル作成) ・危機管理体制構築構築・メディアトレ... アリング コンサルティング内容の提案 コンサルティング実施 レポート等の作成/実施報告 求める人材 【コンサル...

防災情報システムのコンサルタント

株式会社建設技術研究所 - 東京都 中央区

計画・設計、ITS技術調査検討 【防災危機管理部門】防災計画、災害対策、危機管理計画、防犯対策、企業防災 <<応募資格... 管理計画実務経験 ・防災、リスクマネジメント、防犯、企業防災...

総務

イーソル 株式会社 - 東京都 中野区

社外広報、社内広報、施設・資産管理、規程管理危機管理(防火防災含む)、稟議管理、業務支援ツールの管理、購買などの総務... 経験(施設・資産管理、規程管理危機管理、稟議管理、購買など...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収739万円

中小企業診断士は、中小企業の経営課題を診断し、助言を行う専門家です。独占業務を持たない国家資格ですが、公的な中小企業支援機関が業務を委託する際に指定されることが多いなど、社会的な評価の高い職業です。

企業で関連業務を行う「企業内診断士」と、資格取得後に開業する「独立診断士」がいます。経営改善や販路拡大、事業承継などの一般的な経営コンサルタント業務に加え、IT化、海外展開、特許取得、新エネルギー参入など、各人の得意分野を強みとして中小企業の経営をバックアップします。

中小企業診断士は経営コンサルタント職の唯一の国家資格ということができ、日本版MBAと呼ばれることもあります。

平均年収478万円

企画・経営職は、企業で経営幹部を補佐しながら経営業務を直接的に担当する職業です。中長期的な経営戦略を練り、各種情報の収集と分析を重ねて、コスト削減などの経営改善や経営計画の策定、内部統制業務などを行います。経営企画や事業企画などと呼ばれることもあります。

組織の規模や形態、上場の有無などによって担当業務は大きく異なりますが、経営者の視点に立ち、社外との交渉役を担います。関連業界や社会動向全般について自ら調査し、多角的な分析力を備えていくことで、出世コースに乗りやすくなります。

企画業務型裁量労働制を導入している企業も増えてきており、この場合、自分の都合に合わせて勤務時間を調整し、効率の良い時間配分で仕事を進められるなどのメリットがあります。

平均年収781万円

営業職とは、製品やサービスなどの商材を顧客に売り込み、注文を受ける(受注・成約する)職業です。顧客が来店するのを待つ販売職とは違い、基本的に社外で活動します。

営業職は大きく、企業向けに商材を販売する「法人営業」と、一般消費者向けに商材を売り込む「個人営業」に分かれます。また担当する顧客によって、既存の顧客を担当する場合は「ルート営業」、新規顧客を獲得する場合は「新規開拓営業」というように分類されます。

会社の売上を左右する職種のため、成果報酬などインセンティブがつくこともあり、収入は比較的高めです。また、さまざまな人々と出会うことで良い刺激をもらえることや、会社に寄らずに直行直帰できるといった自由な勤務スタイルも魅力の一つです。