「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

初任給21万円 平均年収330万円

みそソムリエとは、1300年続く味噌の歴史や魅力、醸造方法を後世に伝える“みその伝承者”です。「みそソムリエ認定協会」が認定する新しい民間資格であり、その資格保持者をみそソムリエと呼びます。

みそソムリエの活動は、多岐にわたります。ブログやSNSでオリジナルみそレシピを公開したり、メディアに出演して醸造方法を解説したり、手作りみそのワークショップを開いたりします。人によって活動方針は異なりますが、みその魅力を伝える点は共通します。

みそソムリエに受験資格はなく、誰でも受験・資格取得可能です。みその醸造家、料理研究家、サラリーマンやOLなど、これまでさまざまな職業の人達が資格を取得しています。難関資格ではないので、試験1か月前に届く専用テキストでしっかりと勉強すれば、合格は難しくないでしょう。

みそソムリエの仕事内容

  • “みその伝承者”としてみその普及・情報発信を行います
  • ブログやSNSでオリジナルレシピを公開します
  • ワークショップを開いてみその作り方を広めます
  • 味噌を用いたフードディレクションを行います
  • レシピ本の監修を行います
  • 小中学校で食育の課外授業を行います

みそソムリエの業務スキル

  • みその基礎知識や魅力を多方面に広める情報発信力
  • ワークショップで受講者にわかりやすく伝える指導力
  • みその新たな楽しみ方を追求する好奇心
  • みそ文化を後世に伝える使命感
  • 種類のさまざまな味噌の違いを捉える味覚

みそソムリエの専門知識

  • みその歴史や醸造方法に関する専門知識
  • みその作り方に関する知識

みそソムリエの実務能力

  • プレゼンテーション力
  • 表現力
  • 指導力
  • 味覚
  • コミュニケーション力

みそソムリエの基礎能力TOP3

  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
  • 創造力:新しい価値を生み出す力

みそソムリエの働く場所

  • 自宅
  • みそ醸造所
  • みそ販売店
  • 個人事務所
  • 小中学校

みそソムリエの作業方法とツール

  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • SNS
  • ブログ
  • エプロン

みそソムリエの活動内容

  • みそに関する総合的な情報発信
  • メディア出演
  • ワークショップの開催
  • レシピ考案
  • フードディレクション
  • 味噌づくり

みそソムリエの人間性

  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 好奇心旺盛で明るく活動的な人
  • コミュニケーションが得意な人

みそソムリエの給与

初任給:21万円
平均年収:330万円

参考:
初任給:21.41万円(企業規模計、20~24歳)
平均:24.83万円(10人以上、年齢計)
平均年収:330.04万円(賞与:32.08万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

Indeed からの求人
みそ醸造及びみそ加工品、漬物等の製造

有限会社 酢屋亀本店(すや亀) - 長野県 長野市 長野駅

みそ加工品、漬物等の製造 仕事内容 ・みそ醸造及びみそ加工... みそみそ加工品、漬物等の製造卸 ・みそみそ加工品、漬物等の小売、通販 ・飲食店の営業 会社の特長 ・経営理念「みそ...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収274万円

フードディレクターとは、レシピ開発やパッケージデザインを通して、食品メーカーや飲食店に対してコンサルティングを行う職業です。他にも、飲食店プロデュースや料理教室の運営、食に関するイベントの企画・開催を行うこともあります。

料理人というよりも食の魅力を引き出す演出家という役割が強いので、「食」にまつわる幅広い知識が要求されます。料理番組やグルメ雑誌など、メディア向けのレシピや料理を提供するのもフードディレクターの仕事です。

フードディレクターという資格はなく、調理師やフードコーディネーターなど、飲食従事者から転身することが一般的です。フードディレクターとして有名になると、テレビや雑誌などから依頼を受けて、番組の出演やコラムの執筆を行うこともあります。

平均年収274万円

料理研究家とは、料理について研究し、新しいレシピを生み出したり、世の中に情報発信したりする職業です。

お客さんに料理を提供することを仕事としている料理人とは違い、料理教室で生徒に教えたり、レシピ本を出版したりすることが主な仕事です。人気が出ると、テレビの料理番組に出演したり、料理雑誌で特集が組まれたりすることもあります。ブログやインスタグラムなどでレシピを公開して情報発信を行うことも一般的になってきました。

最近では、ローカーボ(低糖質)専門の料理研究家や、オリジナルで制作した健康食品を販売している料理研究家もいます。

平均年収288万円

お米マイスターとは、日本米穀小売商業組合連合会によって「米の専門家」として認定された人や販売店に与えられる資格です。認定マークは五つ星と三つ星の2種類があります。

主食用米として日本全国で330品種以上の水稲うるち米が栽培されています。環境や肥料、育て方などによる米の特性(品種・精米・ブレンド・保管・炊飯)を見極め、その米の特長を最大限に活かした「商品づくり」を行い、その米の良さを購入者との対話を通じて伝えます。

マイスターのマイには「米」、スターには「星」の意味がかけられていて、“米に明るい人”を表しています。

平均年収409万円

料理人とは、レストランやホテル、居酒屋などで食材を調理し、お客様に料理を提供する職業です。仕事内容は調理だけでなく、食材の仕入れや仕込み、メニュー開発など多岐にわたります。

日本料理の場合は板前、西洋料理の場合はコックやシェフと呼ばれます。とくにシェフと呼ばれる場合は、ただの料理人ではなく、コックをまとめる”総料理長”を意味します。そのため、シェフの仕事にはスタッフや料理のクオリティのマネジメントも含まれます。

料理人になるには、調理師の専門学校に通ったり、飲食店で下積みをして技術を身につけたりする方法があります。最近では、料理に関することだけでなく、売上や原価計算などの経営感覚を持った料理人が求められています。

現在作成しております。しばらくお待ちください。