「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 22 万円
平均年収 342 万円

ショコラティエとは、チョコレートでさまざまなスイーツを作るチョコレート専門の洋菓子職人です。男性はショコラティエ、女性はショコラティエールといいます。フランスやベルギーなどでは、古くから存在する定番職業のひとつですが、近年はバレンタインをきっかけに日本でも知名度が高まっています。

ショコラティエになるには、製菓専門学校に入学し、お菓子作りの基本や衛生管理の知識・ノウハウを身につける必要があります。卒業後は洋菓子店に就職し、数年から数十年かけて修行を積むのが一般的です。その後、ショコラティエとして自分の店を持つ人もいます。

ショコラティエはパティシエと混同されがちですが別物です。パティシエは洋菓子全般、ショコラティエはチョコ−レート菓子をメインとするため、専門分野が異なります。洋菓子の本場・フランスでは、パティシエとショコラティエを明確に分けるための国家資格があるほどです。

ショコラティエの仕事内容

  • 材料や製造行程にこだわり、世界でひとつだけのチョコレート菓子を作ります
  • 海外からカカオ豆を買い付けます
  • 新作のデザインやコンセプトを考えます
  • バレンタインシーズンに合わせ、新作スイーツを考案します

ショコラティエの業務スキル

  • デリケートな食材を扱う手先の器用さ
  • カカオ豆の風味を殺さない高度なチョコレート加工技術
  • 見た目の美しさを追求する美的センス
  • チョコレートを通じて感動を伝えるアイデア力
  • 長い修行期間に耐えうる忍耐力
  • バレンタインシーズンの忙しさに耐えうる体力

ショコラティエの専門知識

  • チョコレートの歴史や配合割合などの専門知識
  • 食品衛生に関する知識
  • チョコレートに関する最新トレンド

ショコラティエの実務能力

  • 表現力
  • 集中力
  • 手先の器用さ
  • きめ細やかさ
  • 味覚

ショコラティエの基礎能力TOP3

  • 創造力:新しい価値を生み出す力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力

ショコラティエの働く場所

  • 洋菓子店
  • チョコレート専門店
  • ホテル
  • カフェ
  • ブライダル会場

ショコラティエの作業方法とツール

  • ホイッパー
  • へら
  • ボール
  • ふるい
  • 計量器
  • 計量カップ
  • パレットナイフ
  • オーブン
  • コックコート
  • コック帽
  • チョコレート所作

ショコラティエの活動内容

  • チョコレート菓子製造
  • カカオ買い付け

ショコラティエの人間性

  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人
  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

ショコラティエのキャリアステップ

  • 経営者

ショコラティエの給与

初任給:22万円
平均年収:342万円

参考:
初任給:22.20万円(企業規模10人、20~24歳)
平均:25.37万円(企業規模10人以上、年齢計)
平均年収:342.15万円(賞与:37.71万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

あなたの適正年収は?
年収査定で適正年収を知ろう! 転職なら【キャリアインデックス】

ショコラティエの推奨資格

  • 菓子製造技能士
  • 製菓衛生師
  • 食品衛生責任者

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収348万円

パティシエは、「お菓子を作る職人」という意味を持ち、ケーキやクッキーなどさまざまな洋菓子を作る仕事です。

洋菓子店やレストラン、ホテルのカフェなどに所属して洋菓子の製造を行います。人気パティシエは複数店舗のオーナーやレストランのデーザートの監修、お菓子メーカーとのコラボ商品の監修などを行います。またスイーツを作るだけでなく、各種コンテストに出場したり、講習会の講師を行う場合もあります。

洋菓子の本場であるヨーロッパで修行を行い、日本に戻り人気パティシエとなる方々が増えています。