「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

ダンサー

初任給-平均年収-

ダンサーとは、音楽や演出に合わせて踊ることにより収入を得る職業です。ダンスによって舞台やイベントをより華やかにしたり、人に感動を与えたり、新たな価値を生みだすことのできる仕事といえます。

基本的なダンスステップや身体の使い方はもちろん、表現力や個性も必要で、ダンスの専門学校や個人スクールなどでその技術を学ぶのが一般的です。激しいダンスにも耐えうる体力やストレス耐性、ダンスで芸術を表現しようという情熱も求められます。

プロダクションやダンススタジオへ所属したり、フリーランスで活躍したりと、働き方はさまざまです。しかし共通していることは、完全実力主義であること。実力が認められたダンサーは仕事が増え、労働単価も上昇します。一方で実力が認められていないダンサーは仕事も収入も少ないことが現実です。ダンスに関する正しい知識を蓄えれば、自らが第一線でパフォーマンスを行うのではなく、振付師やダンス指導者の道を選ぶこともできます。

ダンサーの仕事内容

  • ステージが予定されている日は、事前にダンサー、スタッフ全員で打ち合わせをします
  • ストレッチや練習をしてリハーサルに備えます
  • リハーサルを行います
  • 音響や照明などの打ち合わせを行います
  • ヘアーメイクと着替えを行います
  • 本番でパフォーマンスを行います
  • ミスがなかったかを確認し、再ステージがある場合は改善点を打ち合わせます
  • 控え室の清掃を行います
  • トレーニングを行い、常にパフォーマンスを発揮できる身体を保ちます
  • ストレッチやマッサージを行い、体のメンテナンスをします
  • ステージやレッスン、映像などで新しいダンス技術を学び、スキルを磨きます
  • レッスンに通うなどして常日頃からダンスの練習を行います

ダンサーの業務スキル

  • 自らの身体を使ってダンスをし、観客に価値を提供するために必要な表現力
  • オーディションなど目標を設定し、そこに向かって努力するために必要な目標設定力
  • 安定しない収入や仕事内容にも耐え、ひたむきに努力を続けるために必要なストレス耐性
  • 激しいダンスを一日に何度も行うために必要な健康的な心身と体力
  • 多くの人とコネクションを作ったり、オーディションで自らを魅力的に見せたりなど、仕事を得るために必要なコミュニケーション力

ダンサーの専門知識

  • ダンスに関する知識
  • 人体に関する知識
  • 音楽に関する知識

ダンサーの実務能力

  • 表現力
  • 目標設定力
  • ストレス耐性
  • 体力
  • コミュニケーション力

ダンサーの基礎能力TOP3

  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

ダンサーの働く場所

  • 劇場
  • 撮影スタジオ
  • ダンススタジオ
  • ライブ会場
  • テーマパーク
  • イベント会場
  • レッスンブース

ダンサーの作業方法とツール

  • ジャージ
  • タオル、ハンカチ
  • 衣装

ダンサーの活動内容

  • 講演前の打ち合わせ
  • リハーサル
  • 音響や照明などの打ち合わせ
  • ヘアーメイクと着替え
  • 本番パフォーマンス
  • 改善点の打ち合わせ
  • 控え室清掃
  • トレーニング
  • 体のメンテナンス
  • ダンス技術習得
  • ダンスレッスン

ダンサーの人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 強い意志で理想を実現する人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
Indeed からの求人
ダンサー、歌手

株式会社スター - 東京都 新宿区 新宿三丁目駅

ダンサー・歌手募集!らくらく18時まで勤務!接客ナシ... 円(練習中の時給) 時給5000円(ショー出演の時給) ダンサー正社員も同時募集 週5日 月給20万円以上 歌手正社...

秘書

株式会社ジョブエージェント - 東京都 新宿区 新宿三丁目駅

マンション寮完備 PR イベントやショーの企画運営やダンサーやシンガーの育成や衣装制作などエンターテインメントな企業... 等使えなくてもOKです。 ダンサーやミュージシャンの衣装を作...

ショーダンサー

ロボットレストラン - 東京都 新宿区 歌舞伎町

女性限定 / 高校生不可 応募職種 ショーダンサー 応募形態 正社員 / アルバイト 給料 正社員... 上記のいずれかの窓口へ、女性ダンサー応募の件とお伝えください。

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収987万円

テレビプロデューサーとは、テレビ番組制作の予算やスタッフ、キャスティングなどを管理し、制作全体を統括する総責任者です。

現場の責任者であるTVディレクターとは違い、基本的にデスクワークの多い仕事ですが、現場に立ち会うこともあります。複数の番組を同時に抱えているため、スケジュール管理も大事な役目です。他にも重要な仕事ととして企画立案があります。時代のニーズをとらえて、視聴率を稼げる企画を提案し、番組枠を勝ち取ります。

テレビプロデューサーになるには、テレビ局や制作会社に入社して、AD(アシスタントディレクター)やAP(アシスタントプロデューサー)から始めることが一般的です。最近では、テレビと映画の垣根が低くなってきているので、映画製作に携わることもできる職業です。

平均年収465万円

カメラマンとは、新聞社や出版社、広告代理店、WEBメディアなどから依頼を受けて、主に商業用の写真を撮る職業です。動画カメラマンと区別するために、”フォトグラファー”とも呼ばれます。

多くのカメラマンが自身の専門分野を持っており、新聞などに載る報道写真やポスターなどの広告用の写真、スポーツ選手の一瞬の動きを捉えるスポーツ写真、風景写真、動物写真など、さまざまな分野で活躍することができます。

なかには、戦場の様子を世界に伝えることを専門にしている戦場カメラマンなどもおり、優れた報道に贈られる米国のピューリッツァー賞を獲得している日本人戦場カメラマンもいます。

ミュージシャンとは、歌手や楽器を演奏する音楽家のことです。とくに、ロックやポップス、ジャズ、ヒップホップなど、大衆音楽の演奏家を指すことが一般的です。

仕事は主に、作詞作曲を行う「創作活動」と、実際に音楽を奏でる「演奏活動」の2つがあります。どちらか片方を行うミュージシャンもいますし、両方行う人もいます。テレビの音楽番組などで演奏を行うような有名なミュージシャンは”アーティスト”と呼ばれることもあります。

CDやダウンロード配信などでオリジナルの楽曲を販売したり、ライブハウスなどで演奏をしたりして収入を得ます。他にも、アーティストのバックでレコーディングやライブのサポートを行う、スタジオミュージシャンという働き方もあります。

平均年収816万円

テレビディレクターとは、テレビ番組の制作現場における企画・編集責任者です。

企画の立案から台本作成、出演者のキャスティング、番組の演出、編集指示まで、テレビ番組の制作現場を統括するポジションです。予算やスケジュール、コンプライアンスなどを管理するプロデューサーとは異なり、番組のクオリティに責任を負います。番組が面白いものになるかどうかは、テレビディレクターの腕にかかっています。

最近ではテレビディレクターが直接番組に出演するケースも多く、とくにバラエティ番組では、体当たりのロケを行い爆発的な人気が出るディレクターもいます。

平均年収816万円

編集者は、本や雑誌を出版する際に、企画や構成、記事の編集など、出版物ができ上がるまでの過程すべてに携わる仕事です。

作家やライター、デザイナー、カメラマンなどと共に企画を検討し、企画実現に必要な体制の編成や、作成された原稿や制作物の品質の確認、修正依頼などの業務を行います。紙媒体の場合は、制作物を印刷所に納品し、印刷物に問題がないかチェックを行い、出版や掲載までの全ての工程を管理します。

最近ではWebメディアの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。

平均年収281万円

ヘアメイクアップアーティストは、テレビや映画、CM、雑誌、舞台、ファッションショー、イベント、ブライダルサロンなどで、タレントやモデル、出演者、一般の人に対しヘアメイクを施す職業です。

ヘアスタイリングとメイクアップの仕事はとくに分業されていないため、ヘアメイクアップアーティストは両方の知識と技術を持っていることが必要です。また、単に美しいだけでなく、TPOや依頼者のニーズに合ったヘアメイクを行います。ヘアメイクアップアーティストになるには、まず美容系専門学校に入学し、その後ヘアメイクアッププロダクションやブライダルサロンなどに就職するルートが一般的です。

華やかな業界ですが、裏方としての体力勝負な一面もあり、地道な仕事をこなしながらスキル・経験を磨き、人脈を築いていきます。向上心を持ち続けて売れっ子になれば、フリーランスとして幅広く活躍することも可能です。

現在作成しております。しばらくお待ちください。