「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

プロゲーマー

初任給27万円 平均年収679万円

プロゲーマーは、eスポーツなどのゲーム大会に参加し報酬や賞金を稼ぐ職業です。

得意分野のゲーム内容や攻略方法を研究し、ゲーム操作の腕をみがきます。またゲーム会社とスポンサー契約をして、イベント実演や講師を行うことも。攻略本の出版やゲームの開発に携わることもあります。

最近ではeスポーツとしてゲーム競技が世界的に広がっており、大会での賞金が数億円に及ぶこともあるのです。アメリカ、中国、韓国など強豪国のプレイヤーとの競争も激化しています。

プロゲーマーの仕事内容

  • 自分の好きなゲームや得意なゲームなどからプレイするゲームを選定します
  • ゲームの内容や攻略方法を研究し、ゲーム操作を練習します
  • フリーもしくはチームに所属してプレイ技術を磨き大会に出場します
  • ゲーム会社など、スポンサー獲得のためのプロモーションや交渉などを行います
  • スポンサーの広告塔としてプロモーションやイベントでの実演、講師活動などを行います
  • プロプレイヤーとして、サイン会や握手会などファンとの交流イベントを開催します
  • SNSやYoutubeなどで動画を配信するなどファン対応を行います
  • ゲームの開発に携わることもあり、企画のアドバイスやテストプレイなどを行います
  • ゲームの広報役としてゲームの内容や攻略法をブログやWEBサイトなどで情報発信します

プロゲーマーの業務スキル

  • 活動資金を獲得したり、活躍の場を広げたりするために必要なスポンサーを得るための情報発信力
  • 刻々と変わるゲーム内の状況を把握し、個人あるいはチームを有利に導くために必要な情況把握能力と判断力
  • 気力を途切れさせることなく、長時間ゲームを続けることができる集中力
  • 高度なゲーム操作スキルを実現させる、手先の器用さ
  • 他のプロゲーマーとの差別化のために、動画作成や配信、SNSの運営など積極的に行うことができる実行力
  • 大会でチームを勝利に導くためのチームワーク力

プロゲーマーの専門知識

  • ゲーム全般に関する知識
  • ゲーム攻略法

プロゲーマーの実務能力

  • プレゼンテーション力
  • 情況把握力
  • 実行力
  • 集中力
  • 手先の器用さ

プロゲーマーの基礎能力TOP3

  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力

プロゲーマーの働く場所

  • プロゲームチーム
  • 個人事務所
  • ゲーム会社
  • ゲーム大会会場
  • 講演会場

プロゲーマーの作業方法とツール

  • ゲーム機、ソフト
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • SNS
  • 動画共有サイト
  • 動画編集ソフト

プロゲーマーの活動内容

  • ゲームの練習
  • 大会出場
  • 講演会登壇
  • メディア出演
  • ファン対応
  • ゲーム関連動画作成、配信
  • ゲーム関連書籍執筆

プロゲーマーの人間性

  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
  • 頭の回転が速く分析力のある人

プロゲーマーのキャリアステップ

  • ゲームキャスター
  • ゲームプランナー

プロゲーマーの給与

初任給:27万円
平均年収:679万円

参考:
初任給:27.29万円(企業規模計、20~24歳)
平均:41万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収:679.19万円(賞与:146.19万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

Indeed からの求人
人気ゲームをリリース前にプレイできるテスター

リアリゼーション株式会社 - 東京都

ているコンシューマーゲーム。 「これが仕事になったらいいのになぁ」 「とはいってもプロゲーマーになれるほどでもないし…」 なんて思っているならぜひ当社へ! ・テスターのお仕事っ...

物流管理

MSY株式会社 - 東京都 杉並区

職種名】 【渉外担当】海外含めたプロゲーマーのマネジメント/海外取引先との契約 【仕事内容(概要)】 【渉外担当】海外含めたプロゲーマーのマネジメント/海外取引先との契約...

人気ゲームをリリース前にプレイできるテスター

リアリゼーション株式会社 - 神奈川県

ているコンシューマーゲーム。 「これが仕事になったらいいのになぁ」 「とはいってもプロゲーマーになれるほどでもないし…」 なんて思っているならぜひ当社へ! ・テスターのお仕事っ...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収781万円

営業職とは、製品やサービスなどの商材を顧客に売り込み、注文を受ける(受注・成約する)職業です。顧客が来店するのを待つ販売職とは違い、基本的に社外で活動します。

営業職は大きく、企業向けに商材を販売する「法人営業」と、一般消費者向けに商材を売り込む「個人営業」に分かれます。また担当する顧客によって、既存の顧客を担当する場合は「ルート営業」、新規顧客を獲得する場合は「新規開拓営業」というように分類されます。

会社の売上を左右する職種のため、成果報酬などインセンティブがつくこともあり、収入は比較的高めです。また、さまざまな人々と出会うことで良い刺激をもらえることや、会社に寄らずに直行直帰できるといった自由な勤務スタイルも魅力の一つです。

平均年収816万円

ゲームキャスターとは、eスポーツなどの対戦型のゲーム大会などで試合をわかりやすく解説しながら観客や視聴者を盛り上げる職業です。

スポーツと同じようeスポーツにも実況や解説がないと、スーパープレイや心理的かけひき、ゲームの展開などが観客にわかりずらくなってしまいます。そのため、ゲームの面白さを伝え、より関心を持ってもらうためにも、ゲームキャスターの仕事は重要なのです。

eスポーツの拡大により、アナウンサーなどがゲームキャスターになる機会も増えていますが、ゲームの知識が豊富なゲームキャスターの育成が求められています。

YouTuberとは、オリジナルの動画を制作したり、企業と契約して商品紹介動画を制作したりして、動画共有サイトの「YouTube」に投稿する職業です。

オリジナル動画を撮影し編集したら、広告を設定してYouTubeへ投稿します。これにより、広告収入を得ます。また、知名度の高いYouTuberの場合、メーカーなどの企業と契約を結び、コマーシャル動画や商品紹介動画を制作する人もいます。これにより、企業からスポンサー料を得ることができます。

他のYouTuberとの差別化や個性が重要なため、音楽やスポーツなどの特技を極めたり、奇抜なビジュアルで個性を演出したりするなど、さまざまなYouTuberがおり、子供の憧れの職業として注目を集めています。

平均年収464万円

ゲームプログラマーとは、企画書や仕様書をもとに企画を実現するためのロジックやアルゴリズムを設計し、プログラミング行い、ゲームを制作する職業です。

企画段階でそのゲームが実現可能どうかを判断する重要な役割も担っています。キャラクターの動きやサウンドの設定、ゲームシステムの構築など、ゲームが意図したとおりに動くようにプログラミムを組んでいきます。プログラミングをチェックするチームもあり、プログラムが意図したとおりに動くか確認をします。発見された不具合をゲームプログラマーが繰り返し修正していき、最終チェックが終われば、はれてゲームが完成します。

近年では処理技術やネットワークの発達により、複雑なアルゴリズムや、3D・VRなどのリアルなビジュアルを求められるゲームが増えてきており、ゲームプログラマーに多くのスキルが求められるようになっています。

平均年収679万円

ゲームシナリオライターとは、ゲームの内容やキャラクターのペルソナなどに合わせて脚本やストーリー、場面展開、セリフなどのシナリオを作成する職業です。

企画意図に沿ったうえで、システムを念頭にシナリオを書いていく必要があるため、ディレクターやプランナーが兼任することもあります。

ソーシャルゲームの広がりにより、アニメ業界などの他のエンタメ領域から移行してくるシナリオライターも多く、今後さらに注目される職種です。

平均年収409万円

ゲームプランナーとは、主にゲームの企画立案を行い、仕様書の作成とプロジェクトの進行管理を担う職業です。

市場調査や分析を行い、プロデューサーやディレクターとともに企画を立案します。企画をもとにゲームの設計図である仕様書を作成し、クリエイタースタッフに共有します。いざ制作がスタートすれば、プロジェクトの進行管理を行い、ゲームが完成するまで携わります。完成後にユーザーの反応をもとにゲームの改善を行うのも、ゲームプランナーの仕事です。

業務内容は写真素材の調達や攻略本のチェックなど多岐に渡り、「ゲームを作るため、売るために必要なこと全て」が仕事だと言っても過言ではありません。プロデューサーやディレクターの指示のもと、具体的な施策を実行するのが主な仕事であり、ゲームのヒットを左右する重要な役割です。

平均年収563万円

ゲームディレクターとは、ゲーム制作現場における、クリエイターチームの総監督です。

ゲーム制作には、デザイナーやプログラマー、シナリオライター、サウンドクリエイターなど、数十人の専門クリエイターが関わりますが、チームのまとめ役として、各担当者に指示を出したり、問題解決の相談に乗ったりしながら、良い作品ができるように指揮をとるのが主な仕事です。ゲームの発売予定時期はあらかじめ決められているので、プロジェクトの進捗状況を正しく把握して、スケジュール管理を行います。

ゲーム開発における代表的なポジションであり、ヒットするゲームを作れるかどうかは、ゲームディレクターの腕次第といっても過言ではありません。また、個性的なクリエイターが集うゲーム業界において、スタッフをまとめる調整役として、強靭な精神力が求められる職業でもあります。

平均年収692万円

ゲームプロデューサーとは、ゲームの企画から完成までの全工程を統括する職業です。

市場調査や分析を行い、どのようなジャンルのゲームをどのような方法で販売するかなど、企画を検討し決定します。ゲーム開発を成功させるために必要な制作スタッフの選定や開発費の調達、スケジュール管理、販売促進などを担当し、全体を統括します。

近年では、スマートフォンによるソーシャルゲームが拡大しており、ゲームプロデューサーの需要が高まっています。また「ゲーミフィケーション」など、ゲームの考え方を取り入れたサービス設計なども増えており、ゲーム以外にも活躍の場が広がっています。